人気ブログランキング |

<   2018年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

AAC対応と謳っている中華完全ワイヤレスイヤホンがほとんどAACに対応してない件について

割と中華イヤホンあるあるネタ。
まあ、たかだか5000円ぐらいのイヤホンで文句を言うなとも言えますけど、最近アマゾンであまりにも多い案件なので、ちょっと記事にしておこうかなと。

---2018/06/08、具体的対策を書いてみました---


「AAC対応」とはiPhone対応という意味合いなのか?
まず、iPhoneではAACで接続されているか、という話がそもそも確認できないため、Android8.0以上のスマホ(HTC U11とXPERIA XZ1 Compact)で開発者モードによる強制コーデック固定、それとこの前買ったShanling M0での接続でAACコーデックに対応しているかどうかを確認してみたけど、結局M0がインジケーターとして一番わかりやすかったので、その写真を載せていこうと思います。

まずLDAC(MDR-1000X)
b0237530_21182196.jpg
見えるかな?ちゃんとLDACって出てくる。

次にaptX(XHA-9000)
b0237530_21182014.jpg
aptX HDに対応してくれたら最高だったんだけど、残念ながらaptXまでなんだよね。

AACにきちんと対応したイヤホン(WF-1000X)
b0237530_02514319.jpg
AACでもちゃんとインジケーター出てきますね。

で、中華イヤホンのSBC接続を2例
b0237530_22132619.jpg
b0237530_21181973.jpg
型番は敢えて書かないですが、形とペアリングネームでわかると思うので、まあそう思ってください。

実は販売元にAAC対応と確認した上で購入したんですけど、現実にはSBCにしか対応していないという問題です。
で、AAC対応って書いてあるイヤホンって、大抵の場合iPhone対応と書いてあるんです。が、先程書いたとおりiPhoneではコーデックの固定や確認が一切できないため、「iPhoneに接続したからAACで接続してるんだよね」という思い込みで書かれている可能性が非常に高いのではないかという疑念があります。


販売元ですら確認できないイヤホンのスペック
なぜ、こんなことになっているのか?という疑問を販売元とともに探ってみることになったんですけど、これが非常に根深いものでして。
まず販売元がそもそもイヤホンのスペックを理解していない。そもそもOEM製品とかでもなく、メーカーが大量生産したものを買い付けるような方式のため、単純にそれらがどのようなスペックか?というのが生産元から明かされないということらしいのです。いわゆる日本風に言えば転売ヤー的な売り方のため、詳細なスペックはわからないというのが本音のようです。
更に追求していくと、コーデックチップのスペック表を送ってきました。転載で申し訳ないですが、
b0237530_22360564.png
AAC-LCとは書かれているものの、メーカーが必ずしもAACに対応させて作っているわけではないため、これが正確なAAC対応のソースにはならないわけです。
そのため、製造元にAACでテストしたのは、どんなデバイスか?と確認してみたところ、「すまん、俺たちは売ってるだけだから製造元のテスト環境がわからないんだ」と帰ってきたと。いや、まあ期待通りの返答を頂いて感謝したいところですけどねw
んじゃ製造元に聞いてくれよと連絡した結果が、上のコーデックチップのスペック表だったわけですね。まあ、不良率もさることながら、品質管理もへったくれもない世界なんだから、大目に見てくださいよってことなんでしょうね。(片方は7種ものデバイスで接続して、そもそもSBCですら使い物にならなかったわけだがw)
さらに言ってしまうと、bluetoothのバージョンも、このチップ採用しているイヤホンでは4.2と5.0で分かれており、果たしてこのコーデックチップのスペックですら合ってるかどうかすらわからないという有様です。(この程度のイヤホンレベルではそこまで距離が必要ではないので、大差はないと思うけど)


結局の所、製造元の採用しているコーデックチップがAACに対応してるんだから、AACコーデック使って接続してるんじゃね?っていうのが結論のようですね。


ま、ちなみになんでAAC対応に疑問を持ったのかというと、SONYのHeadphones Connectで、WF-1000XをAACで接続したとき、割と安定して音楽が聞けるようになったことと、それならばiPhoneでもSBCとの使い分けができて、AACのほうが音がきれいに聞こえたからという、なんともプラシーボな話です。
でもAndroid版だと明らかにAACのがきれいに聞こえる上に、ブチブチ切れない、本家iPhoneと同じ特性があったもんだから困ったもんですね。


製品情報を鵜呑みにしない、でも信じるのはコーデック表記と自分の耳しかない。
とはいえ、2016年に出たW800BTなどのように、SBCにしか対応しないけど、大型ダイナミックドライバーを搭載することで出力に全フリしちゃったような面白い商品があるのも事実なんですよね。W800BTはWF-1000Xより明らかに音質がいいんですけど、bluetooth接続に難ありという問題があったりして、結局手放しちゃったんですよね。そのWF-1000Xも音切れは起こるんだけど、それと5000円ぐらいの中華モデルを比べるのも良くないとは思うけど、性能が上がっているとはいえ、やはり接続が優秀というわけでもなく、さらにカタログスペックすら不明というのは、ちょっと日本では通じないんじゃないかなと思いますね。弁護はしておくと、中華イヤホンのレベルが異様に上がってきた昨今、このような完全ワイヤレスイヤホンも決して音は悪くないんですよね。ただ、売るなら、販売元のほうでAAC対応かどうかを検証して、それを商品説明として掲載すべきなんじゃないかなと思うわけですよね。
販売元には今回の一件、こちらとしても代替機を送ってもらった上でいろいろ検証できたので、感謝しております。が、やっぱり虚偽記載はいかんよねと。

あと商品サンプルを提供してもらってるアフィブロガーの皆さんも、その記事でメーカーが迷惑を被る可能性だってあるんですから、きちんとこの辺は検証して記事書かないとダメだと思いますよ。ましてその記事でお金を稼いでる以上はその発信情報に責任を持たないといかんわけだから、販売元に媚びるだけでは、虚偽記載してるのと一緒になってしまいますからね。


ハイレゾと同じで、分かる人ですらプラシーボなんじゃないかと思っちゃうレベルの話ではあるんだけど、そもそもSBCで接続が途切れなければ問題ない話でもあるので、その辺は伸び盛りの中華イヤホン市場ですし、時間が解決して...くれると思うんだよなあ。
できればeイヤホンでもヨドバシでもビックでも行って実機を聞ければいいんだけど...なかなか地方だと完全ワイヤレスイヤホンの展示すらないからなあ。それどころか、アマゾンで購入するとなると、完全に運の世界だから、難しいところですよね。

まあ、結論として、対策するとすれば、
  • 知ってるメーカーのものを買う。もしくはカタログスペックがしっかり明記されているものを買う。
  • アマゾンやアフィブロガーのレビューの数が多いものは、極力疑う。
  • 接続環境がiPhoneだけしか書かれていない場合はコーデックが確認できないので、メーカーに聞いてみる。
  • 搭載bluetoothチップを明記しているものを買う。(出来ればQualcommチップが好ましい)
  • 出来れば複数接続できる、しかも確認可能なAndroidやオーディオプレーヤーなども用意しておく。
  • 接続できなければ、必ず証拠を残す。

ちなみに、AAC対応と謳っていて、SBCしか対応できない商品は、論より証拠を提出しましょう。少なくともアマゾンやヤフーショッピングでは、だいたい返品できると思います。(あまり良くないけど、アマゾンレビューで同じ写真を載せて、詳細を書くと言うと、なぜか効果がある)
残念ながら、SOUL ELECTRONICSぐらいのブランドでも、カタログスペックと違うことすらありましたし、こっちはAliExpressだったこともあって、結局写真を送っても認めてもらえないままなんですけど、海外ではそういうレベルだと思ってください。






とはいえ、どっかのメーカーで多少サイズや稼働時間は無視したLDAC対応の完全ワイヤレスイヤホンを作って欲しい。
LDACに対応するということはそれ相応に音も良くないと意味を成さないので、それはそれは面白いものが出来ると思うんだけどね。







おしまい

by aru32to | 2018-05-30 23:31 | 雑談

VENTION Type C to 3.5mm ステレオオーディオケーブルというオーディオアンプ?なケーブルの話

例年、この時期はサッカーのチャンピオンズリーグ決勝です。

生で見るのに起きてるので、blog書いてますアピールしようw

これを買ったんさ。


理由はなんとなく、NCヘッドホンだったりNCイヤホンだったりをスマホで使うにも3.5mmのケーブルは使うにしても、これからイヤホンジャックがなくなってUSB type-Cアダプターに挿すわけだし、ならいっその事3.5 to 3.5を省略して、ダイレクトにオスが挿せるケーブル買っちゃえという変な発想で買ってます。

まあ、これの何が面白いかというと、
b0237530_02513799.jpg
b0237530_02513625.jpg
なんかUSBオーディオデバイスとして認識する点。
(MDR-1000XはLDAC使えるんだからケーブル使わないでいいじゃんというツッコミはあるがw)

どうしてもこの手の変換アダプタというのはXPERIA XZ1 CompactのようにUSBがAudio Adapter Accessory Modeに対応していない場合は、接続しても音が出ないのが基本なんですね。で、このケーブルにはJieLi Audio Decoderというオーディオチップが搭載されているらしく、なぜかこのようにUSB OTG経由でのオーディオデバイスと認識するようです。USB接続自体はなぜか電源供給のみしか行っていないのも謎ですけど、チップ入ってるんだからそりゃそうかと。
内蔵のチップを調べてみたんだけど、どうも有力な情報がなく、試しにPCにも挿してみたんだけど、USBの標準オーディオデバイスとして認識してしまい、ハードウェアIDなどからも一切情報が出てこないという非常に謎なチップです。

HF PlayerではまんべんなくPCMの48KHzで出力されるので、おそらく単純にハイレゾ対応と謳われている3.5mm変換アダプタと変わらない、もしくは劣る気はします。ちなみにMusic Centerでは音量操作が出来ないものの、USB DAC接続時のDSD変換などが選択可能。XPERIA標準のミュージックアプリだと特にこれと言って変化はなく、普通のヘッドホンと同じ操作が出来ます。ClearAudio+、DSEE HXも選択可能なので、一応USB DACとしての機能は備えている模様。

nubia Z17SだとDTS Headphone:Xは使用できなくなるため、やはりAudio Adapter Accessory Modeではなく完全にDACモードで接続されているようです。こっちは標準の音楽プレイヤーにバグがあって時間表示がおかしいので、PowerAMP(アンロック版)で試してみたところ、イコライザも含め特に操作出来ない箇所はなかったです。
HTC U11はちゃんとヘッドホン表示出るのですが、この機種は特にオーディオエフェクトはない、しかも面白いことに音楽プレイヤーはGoogle Play Music使えっていうのもどうなのかなって話。レビューでも書いたけど、オーディオが見どころの一つなのに、Play Musicだけというのは寂しい。

で、肝心の音はどうなのよ?という話なのですが、オーディオアダプターを使った場合とそんなに変わらないです。HF Player以外のオーディオデバイスの対応出力がわからないため、データとして出せないのはあるのですが、いわゆるイヤホンやヘッドホンに即した特性がストレートに出てきます。MDR-1000XはワイヤードNCとして使えるので、バッテリー消費という点ではメリットはありますね。
一方でスマホのバッテリー消費も緩やかながら、再生ソースにもよりますけど、おおよそ20~30分に1%程度と通常のUSB DACよりは少ないかなと思います。

実はその3日前にZDC-205A-SGを買っていて、これもESSっぽいアナログチックな中音域の温かみがある感じの音が結構いいかなと思いつつ、バッテリー消費などの面で、最初のお話に戻ったわけですけど、もともとゲーム用のZ17Sでデレステだったりシャニマスだったりをヘッドホンやイヤホンでやるためという目的は達成したわけですし、嬉しい副産物だったと思います。(ちなみデレステはタップタイミングが若干遅くなるので調整が必要だった。)




おまけ
b0237530_02514319.jpg
ちゃんとコーデック表示するぞ。

おしまい

by aru32to | 2018-05-27 05:13 | 雑談

ちょっとした話題を取り上げて書いてみる回 2018/05/22

ここんところ、イヤホン底なし沼にハマっていて、XHA-9000を買ってからMMCXの2.5mmバランスケーブルを買い、それがXBA-300とどうも相性が良くないというところで出張3連戦。
そして5/12に自宅でようやく落ち着いたら、出張中にTRN V10をタイムセールで買ってたらしく、それの音の元気さにちょっと感動しつつ、MMCX対応の2DD+2BAのイヤホンを買おうと思い、同じくタイムセールでZODIC AudioのET2201を買ってしまい、エージング中という凄まじい無駄使いをしています。ぶっちゃけこんなに使わないよね的なw
このあとSHANLING M0も来るんだよなあと思うと、なんとなく何を求めてるのかわからないけど、bluetoothのコーデックでLDAC、aptX HD、AACに全部対応したオーディオプレーヤーってなにげにまだこれしかない気がするんよね。

涙を流しながらウォークマンだったりいらないイヤホンだったりを売る仕事しないといけないのか。


ドコモ2018夏モデル(インプレス)

割に驚いたのはLG Q7+のカスタマイズモデルL-03K。なかなか良くできた端末でdocomo withモデルなのですが、4万か。悩むよね。
あとはXPERIA XZ2 Compactなんだけど、これも8万するんだよな。d-02KがKirin960だったら即買いだったんだけどなあ。
P20 Proは後述しますけど、なんだかんだでいいと思いますよ。ここまでよく来たよねって。


HuaweiのSIMフリー端末は今後どうなるのか?
というわけで、P20 Proをドコモ、P20 liteをau、UQ、ワイモバに供給。Mate 10 ProはSB版が登場と。今後P20 liteはなんとなくSIMフリーで発売する可能性はあるものの、P20 Proはドコモ専売という話になり、P20がSIMフリーになるという構図だと思うのですが...。

気になる点として、今年のHuaweiはMVNOにのみ端末供給をしている点ですね。
販売台数が横ばいにシフトしつつある現状で、キャリアやMVNOにまとまった台数を買い取ってもらうことで、売れようが売れまいが安定した売上を上げることに終始し始めたのではないかと思ったりします。

実際、P10 liteなんかはBCNランキングなんかにも入って、一見凄まじく売れてるように思われていますけど、週末のビックカメラやヨドバシカメラなんかに行くと、ほぼワイモバがばらまいているレベルなんですよね。一応SIMフリーのP10+ワイモバのSIMカード契約で一括0円って扱いなんだけど、レジを通した回数でのランキングが果たして売れているというレベルなのか?それこそiPhoneと同じじゃないかともいいたいですね。

まあ、個人的にはここまで来たことに素直に凄さを感じるとともに、回線契約しない購入方法でここまで来たのだから、少しでもいいから回線契約なしのSIMフリー版を選択肢として残してほしいという気持ちが強いですね。ましてASUSが強力な刺客を送り込んできたわけですしね。


Zenfone 5Zは文句なしに買っていいレベルじゃないのか?
税抜き69800円...どっかにカメラフォンとか言って6万で売ってたメーカーがありましたよね。
S845、DSDV、6GBメモリに128GBストレージ、キャリアのVoLTEにすべて対応するなど、流行りは一通り抑えているとは思うのですが、問題はその発売時期ですね。
まあ、日本国内ではあまり関係ないですが、海外ではこのあとmi7、nubia Z18、さらには発表済みのONEPLUS 6やSmartisan R1、mi MIX2sなどと価格的にはいい勝負すると思うんですよね。これらはおそらくいいところ6万そこそこになってしまうと思うので、技適通してこの値段は大いに讃えるべきだと思うんですけどね。
その6月30日頃、AQUOS R2やXPERIA XZ2、HTC U12、LG G7 ThinQ(出るか知らないけど)なども含め、日本国内もS845の選択肢は一気に増えると思いますけど、やはり価格だけで見れば圧倒的な安さだと思いますね。

ちなみに、店舗未確認ですけどauのGALAXY S9がMNP一括0にもうなっているという情報もあり、MNPの諸経費2万近くはかかるものの、メーカーにこだわらないで、回線契約なども厭わないなら即座にS845の恩恵を受けられるという点では、やはり日本はおかしい国だと思いますね。損得を超えて、果たして何のための回線契約なのか?という話にも発展しかねないです。MNPももうブラックとかいう訳のわからない基準を作らずに、ルール化しちゃったほうがいいのかもしれないですね。


あ、ちなみに俺はnubia Z18待ちですが、ここに来てmi MAX3の話がちょこっと出てきたのが悩みですね。またMVNOか、タブレットやPCからSIMを抜くか。
あといつになったら出るんだmi band3。これじゃあAmazfitもう一個買ってしまう勢いだわ。割とあれがないと不便なんですよね時計とか。




おしまい

by aru32to | 2018-05-22 01:41 | ちょっとした話題を取り上げて書いてみる

続々続々続・デレステの使用感を書きあげてみる

デレステ動作環境確認のコーナーです。

レギュレーション
MV対象曲:Yes! Party Time!!
衣装:パーティタイムゴールド

3Dリッチの環境
観客シルエット:ON
解像度設定:高画質(ただしHD解像度の場合は無効)
歌詞表示:ON
紙吹雪:ON
60fps
映像フィルタ:ノーマル 

3D標準の環境
歌詞表示:ON
紙吹雪:ON
60fps
映像フィルタ:ノーマル 

(ただし、紙吹雪やフィルタが選べないモデルに関しては動作環境内で表記します)
今回はここまで購入した機種ということで、相変わらずのラインナップとなりますね。

以下、46番目からHTC U11まで
特に断りが無い限り、2Dの音ゲー的なものは問題ないと考えてください。

46.SONY XPERIA A4 SO-04G(Snapdragon 801AC/2GB/Android6.0)
さすがに3年前なのか。当時は周回遅れのZ3cのガワ違いとして、最後のマグネット充電モデルですね。
サイズ的にアドバンテージはあるものの、S801はそろそろ厳しいのかな。イリュージョニスタ以降の一部の3D標準のMVがコマ送りになったりするので、あくまで動くといったレベル。下手するとS636とかのが3Dが行けるんじゃないかと思う気がしますね。もっとも同じ土俵に出す必要性はないですけどね。
今となっては1万以下で買えるし、ドコモのVoLTEも使えるので、予備として持っていてもいいんじゃないかと思う一台です。

47.Apple iPhone8(iOS11)
あーあ、やっちゃったよ。現行のiPhoneとか買っちゃダメだろ。
3Dリッチも問題ないですが、解像度の問題もあって高解像度モードはダメです。ガチな人はiPhone8 Plusを買いましょう。生活防水には対応していますが、お風呂などではなんとなくヤバそうなので注意が必要でしょうか。
現行世代ではS835かA11しかこれ以上快適な環境はないので、そういう意味ではプレイにもっとも適した一台です。
問題があるとすれば、イヤホンジャックがなくlightningアダプタを通す必要があることですが、iPhone7よりステレオスピーカーに変わっていることもあって、音出してやろうぜってことなんでしょうね。

48.SONY XPERIA XZ1 Compact SO-02K(Snapdragon 835/4GB/Android8.0)
解像度が低くて高解像度モードは使えませんが、3Dリッチでも音ゲーできるレベル。解像度などを考慮するとiPhone8と唯一タメを張れるであろう1台です。
こちらのアドバンテージとしてはイヤホンジャックがあり、更にステレオスピーカーであることで、特にアダプターなどを必要としない点はいいかもしれません。生活防水ではなく、ちゃんとした防水もあり、風呂でのちょいとした時間つぶしにも十分対応と、死角が少ないです。あらゆる状況でデレステに本気な人にはオススメかもしれません。
バッテリー持ちもAndroidとしてはかなり優良なほうですので、耐久プレイなどにも十分対処できると思います。

49.Apple iPad 5Gen 2017(iOS11)
スペックこそiPhone6s時代のA9となりますが、プレイする分にはなんら問題ないレベルです。さすがに3Dリッチで高解像度モードは厳しいレベルですが、それを求めるならiPad Pro、もしくは6Gen 2018モデル買えってことでしょうね。
ちょっと気になるのはスライドの認識がiPhoneほど良くない点です。スライド切れというか、反応しないボタンがあったりとか。タッチでは問題ないけど、スライドだと問題になるアレですね。これはどうもスライドという動作に対してiPadのハード的な問題が絡んでそうな気がします。Master+でなくても最近はスライドが派手だったりするので、その点を考慮すると、本音を言えばiPhoneなんでしょうね。

50.SONY XPERIA XZs SO-03J(Snapdragon 820/4GB/Android8.0)
S820搭載。もう何台紹介したでしょうかね。8.0以降のモデルは初めてかもしれません。
これと言って何かという感じではないですが、やはりS835に比べると3Dリッチで高解像度モードは荷が重すぎる感じはあります。ただ、非常に厳しいという感じは特にしないので、安くなったらどうぞといった感じでしょうか。元がいいだけにコメントしづらいけど、XZsはなかなか値段が下がらないのが難点ですよね。
ちなみにXZとはメインメモリとカメラモジュールが変わってるだけなので、S801世代ならともかく、特に機種変更などでこれにする必要性は低いと思われます。

51.Amazon Fire HD 8 2017(MT8163V/B/1.5GB/FireOS6.0・Android7.1.2)
1万そこらで買えるタブレットではかなり性能がいい方のタブレットだと思います。非公式ではありますが、Google Play経由でインストールしています。
Mali-T720に最適化されたことにより、思った以上に普通に動作する感じはします。当然ながら3Dリッチは動作しませんが、3D標準でもコマ送りになるケースは少なく、60fpsは怪しいけど30fpsならまず不満にはならないのではないかと思います。ステレオスピーカーも搭載しているので、ちょっとした合間にMV鑑賞などがいいのかな。念の為、できるけどあくまでセカンドプレイ用という感じがいいのかもしれないですね。
問題があるとすれば、ストレージ容量の少なさ。microSDがあるとはいえ、32GBならまだいいですが、16GBだとやりくりには厳しいかもしれないですね。
ちなみに、今回紹介の端末のうち、シャニマスに関しては通信の問題ではなく、本体の処理速度の問題で非常に厳しいプレイを強いられます。283プロの方は素直にPCなりiPadなりでやるのがいいと思います。

52.HTC U11 601HT(Snapdragon 835/4GB/Android8.0)
結構珍しいS835かつWQHDというモデル。S835の他モデルと大差ないので特筆すべき点は特にないですが、ステレオスピーカーがXPERIA以上に音がいい感じですので、MV鑑賞には非常に向いているといえます。プレイそのものにも問題はないのですが、背面が平らではないため、置きプレイには耐震ジェルなどで固定した上で行うのがベストかと思われます。
珍しく画面外にセンサーボタンがあるモデルのため、そこに触れると中断になってしまうケースが結構あったりするのは気になるかもしれません。


まとめ:次はS845...デレステの足切りラインはどう推移していくのか?
16:9問題のあとは、まんべんなく上がってきた性能に対して、旧ハードウェアがどこで足切りラインとされるか、という点ですね。ご存知のように、Kyroアーキテクチャ搭載の廉価モデルであるS636が発表され、基本的な3D性能もS801相当ぐらいまではアップされていますが、去年の3Dリッチ、高解像度モード以降の機能にようやくハードウェアが追いついてきたという見方を考えると、これ以上のアップデートは演出効果などでしか見いだせないのではないかと思います。

S845世代をいじってないためまだなんとも言えないのですが、S835でカクつくMVなどがスムーズに処理されるようになってしまうと、制作側ももっと派手な演出を作ってしまうのではないかと思います。一応2Dリッチなども演出によっては描画に3Dっぽい感じを使っている箇所を見ると、いわゆるローエンドのS400シリーズやS615などの世代ではもう対応が厳しいんじゃないかなと思うんですよね。あとはOSのバージョンがS801で6.0止まり、S810が7.1.2止まり、このあたりをどの時点で足切りするか、というロードマップは見せてほしいですよね。(もっとも、1年そこそこでいきなり非対応ということはありえないと思うけど)

iPhoneはそろそろ6が厳しい、普通にプレイする分には7以降が欲しいところですが、iPhone SE2を待っている人もいる人なんかは、5sで頑張ってる人も多いんじゃないかと思います。3D表示が最初からギリギリな感じで始まっているのと、iOS10までしか対応できないところも含め、ゲーム用スマホを検討したほうがいいのかもしれません。


とりあえず、次は年末でしょうかね。そのときに動作環境等含めて大きく変わっていたら怖いですけどw





この回、おしまい。

by aru32to | 2018-05-17 20:23 | デレステ動作環境確認

HTC Uソニック・ハイレゾイヤホンがどのスマホで使えるのかを調べてみる

レビューでは触れなかったのは、まあいろいろ理由があるんですよね。

あくまでも個人の見解、まず総評として。
付属品のイヤホンとして性能は抜群にいいと思うんですが、U11の機能込で、正直なところやはり付属品の域を超えてない感じはします。聴力特性プロファイルにもよりますが、NCの効きが非常に弱く、特に電車の中では逆にホワイトノイズが増えるような感じです。
音は悪くないですが、どうもメリハリの強いイヤホンを使っていると、かなり物足りないレベルですよね。すごく音が平坦で、癖もない代わりに、特に印象にも残らないイメージ。なんだろ、好みにもよるけど、概ねNCなしでいいなら3000円ぐらいの中華イヤホンやEHP-CH1000とかのほうがいいのかもしれない。(もっとも、定価で4,720円なんだけどね)

で、今回ちょっと気になったのは、このイヤホンが他の機種でも使えるのかどうか。
ものによるのですが、type-C接続のイヤホンはDAC内蔵となるため、OTGさえできればほぼ使えるんじゃないかと思うんですよね。

というわけで、手持ちの機種につなげてみました。

HTC U11:アプリ込みで使用可能(当たり前)
nubia Z17S:イヤホンとして使用可能(NCはおそらく使えてるけど効果は一定のまま)
XPERIA XZ Premium:使用不可
XPERIA XZ1 Compact:使用不可
XPERIA XZs:使用不可

と、推測の域ではあるものの、イヤホンジャックがなく、USBでアダプタを使うタイプであればほぼ使えるという可能性が高いです。(LeMAX2とか、Mate10とか。)
Xiaomi ANC type-CイヤホンがXPERIA XZ1で使えたりするらしいので、あるいはXPERIA XZ1までのモデルでも使う方法があるのかもしれませんが、USBのモード切り替えなども試してダメだったことも付け加えておきます。

予想どおりではありますが、USB DACが使える機種なら使えるんじゃないかと思ってただけに、ちょっと意外。
まあ、イヤホンジャックあるんだからイヤホンつけて使えよって話ですよね。



おしまい

by aru32to | 2018-05-17 18:33 | 雑談

ちょっとした話題を取り上げて書いてみる回 2018/05/15

先週10日、朝に北海道の釧路にいて、その日の午後に東京に到着、そして夕方前に用事で栃木の実家に帰る。
寒暖差もそうなんだけど、どうも毎日寝床が変わってるというのはかなりキツイですね。よく眠れない。

さ、今日は先に2キャリアの新機種の話でも書きましょうか。

au2018夏モデル(インプレス)

まずソフトバンクのMate 10 Pro。端末としてラインナップに加えるのはわかるんですが、キャリア版に去勢された上で、端末価格107,520円ですよ。なんなんこれ?
nova lite 2ねえ、SBのAPNが使えるだけで25,980円以上になるのかと思うと、誰が買うんだマジで感が特にありますね。
端末の方向性がブレまくってる気がする。Mate 10 Proとかはともかく、nova系はワイモバが扱うような機種だと思うんだよね。いやワイモバオンラインストアがすでにMate 10 Proを扱ってるけど、これはSIMフリー版なんだろうか。(96,984円)はっきり言って何が何だか分からないw

なお、今回XPERIA XZ2はめでたく102,720円と審査入りですね。

毎度思うんですがソフトバンクは、大抵の場合は端末価格がSIMフリー版や他のキャリア版の端末価格に比べて、値段が上がってるんですよね。未回収出来ないときの保険金として上乗せしてるのかな。あんまりいいことではないですよね。


一方で、au。あれLGとHTCはどこ行った?
下り最高速度958Mbpsとか、なんか凄まじい速度が出るんですね。恩恵を受けられるようになるのはいつ頃になるんでしょうかね。
XPERIA XZ2 Premium、うーん、よりによって一番まずい時期に取扱が始まってしまった感じですね。しかも8月中旬ってなんだろ。まあ、isaiシリーズやHTC U11なんかのように少数でも取り扱いあったスマホもあったし、同じく最小ロットで取り扱うつもりなのだろうか。全く読めないな。

GALAXY S9+が10万超え、XPERIA XZ2 Premiumも同様となる可能性がありますね。
その他はギリギリ10万を割る端末価格で、与信通さなくても行けるようにギリギリ設定がされていますね。

まあ、あとau +1 CollectionのXPERIAのアクセサリーのイヤホンがXiaomiのtype-C ANCイヤホンなんですけど。日本でもStarQで扱ってるので、比較的簡単にラインナップに加えられたのではないかと思います。結構Xiaomiのスマホがauから出るんじゃないか的な可能性を書いているところもありますけど、今のところ日本法人がないので、仮にラインナップに加わるとしても、まだ時間がかかるんじゃないかと思いますね。


総じて、順当な感じで、Mate 10 Proが意外だったぐらいでしょうかね。
どんでん返しが起こるとすればドコモなんだけど、果たして噂されているHuawei P20がラインナップに加わるようなことがあるのか。


MediaPad M5シリーズがちょっとほしい
SBの夏モデルと同日、こっちのが大きく見出しを飾るようになることが、Huaweiでかくなったな感ですね。
Kirin960搭載ということでパフォーマンスが大きく向上したのはいいんですが、スピーカーに注力しすぎたせいか、イヤホンジャックは廃止してtype-Cアダプタになったのは結構残念な点かもしれないですね。
あとProのLTEモデルが出ないのもどうなのかな。iPad Proを意識してるんだから、出してもいいと思うんですよね。(海外では一部地域で販売しているらしい)


なんか全然関係ない話なんですけど、ソースネクスト版のA列車で行こう7完全版を入手したんですね。
ご存知かどうか知りませんけど、サイバーフロント版A列車7というのはSafeDiscでプロテクトがかかっていて、Windows10以降のOSではインストール不能に陥ってしまうという問題がありました。単純にSafeDisc用のドライバーをWindowsがサポートしなくなっただけなのですが、これが結構な痛手で、地味に今アートディングのオンラインストアで売っているA列車7とは互換性がなく、さらに3本出ていたオプションパッケージは同梱されていないという、メーカー自ら別バージョンを作ってしまっている珍しいソフトなんですね。
MAD素材というか、いわゆる改造して車両などを手軽に導入したり出来るということもあり、俺鉄かつ箱庭ゲームとしては自由度が比較的高いゲームだっただけに、オンライン版を買った後の落胆たるや計り知れないですよ。(ましてWin10登場時点で10年の蓄積データあるしw)

まあ、インストールするためにはWindows 10の1511以前のリビジョンに細工を加えた上でインストールなんだけど、インストールごとにディスクを入れ替えるのも面倒だったのと、動作させているWindowsタブレットがなかなか壊れなかったので、放置プレイしてたんですね。
んで、ここに来てソースネクスト版が入手出来たんですが、大きな特徴としてSafeDiscがかかってない、ディスク1枚、しかもソースはサイバーフロント版と同じなので、過去データの引き継ぎも可能だった、ということでWindows 10 1709でもインストールが可能になりました。

さ、考えることはただ一つ。夢のポータブルA7マシンを買おうということで、これまで、A列車7が動かないなら買う必要もないと思っていたGPD WINをヤフオクで落としちゃった。Z3740とかでもパワー的に不足することはそれほどなかったので、X7-Z8750とかだと下手すりゃ快適動作の可能性すらあるわけですよね。恐ろしい。あ、いや別にシャニマスやるから元は取れるもんね。(S835スマホでやったほうが数倍快適)


ということで、nubia Z18はいつ買えることやら。今回はZ17Sを残しつつ買いたいものですがね。





おしまい

by aru32to | 2018-05-15 00:55 | ちょっとした話題を取り上げて書いてみる

出張に持っていくIT機器を考える

と、いうわけで、週末出張シリーズ最大の山場を迎えております。

5月の連休がまさかすべて仕事というのは、サービス業でもない限りはあまり多くないと思うんですけど、そういう人たちですらどこかしらで1日ぐらい休みを取れるはずなんですよね。
しかし、強制連行ってことになってますから、非常に長く感じる。

今回は、出張に持っていくべきIT機器をどうすべきなのか考える回です。

1.PC
これはノートPCでいいのですが、ちょっと考えると「会社のPCのほうがスペックいいんだからそっち使えばいいんじゃね」的な発想が生まれてしまいますね。
X1 Carbonは非常に出張向きなので、部屋の中でいじるにも、持ち運ぶにもちょうどいいんですよね。最悪LTEも入るしね。
どっちにしろ、これ1台で本格的に済ませたい場合、M.2 SSDを1TBぐらいにしておきたいところ。もしくはM.2 SSD+HDDの2ストレージ構成のノートかな。
とはいえ、ちょっと怖いので、仕方なしに外付けHDDも持ち歩いています。

ゲームとかやることになるとおそらくG-Tuneとかになるんだろうけど、13インチでGF1050Tiぐらい搭載してるノートPCってどっかで出してたっけか。

2.スマホとタブレットの構成
必然的に通話用端末、データ端末の2台、それとiPhoneはログインゲーの関係で持っていきます。
で、結局Fire HD8も買いましたけど、結論としてはXPERIA Z4 Tabletを持ち歩こうかなという話になりました。iPadもいいんですけど、そもそも放置するようなアイテムなので、意味ないと思うんですよね。風呂などに浸かりながらいじれるという点で、かなり有利かなと思います。
まあ、iOSが定数1台以上、あとAndroidは適時2~4台程度かなといった程度です。

3.充電器
いろいろ考えましたが、互換マルチACアダプターにUSB給電のついているものと、OAタップにUSB口があるものを使って間に合わせるというプランで、足りないところはキャリアのACを一つ持ち歩くことで対応しています。上記の台数で行くと最大でも5台となるので、出来ればOAタップ側に3~4口USB給電ポートがあると便利なんですけどね。今のはACとタップで合計4つなので、どうしても1台充電器は必要になってしまいますね。
ケーブルの本数が多くなることもあって合計60Wの10口充電器とかは使わないですが、ぶっちゃけスマホとタブが合計5台なら持っていってもいいかもしれないですね。

4.AP(ルータ)
まあ、そうなると基本的には部屋の中で6台を接続出来るAPが必要なので、割と普通にご家庭で使うルータであるWHR-1166DHP2が部屋の中に転がってたので、これをAP設定して使ってます。ルータはたいていハードオフに転がってるものか、NECのAtermを買うのですが、いったいいつ買ったのか。
ちょっと前にELECOMの小型ルータを持っていったのですが、こっちが頻繁に熱暴走を起こすのと、ルータの細かい設定が有線もしくは専用アプリで行う必要があり、そのソフトをインストールしたまま自宅に戻ると、なぜかネットワークセグメントを自動的に書き換えて大混乱することになることがわかり、結果としてめんどくさいので1回でお役御免となりました。というか、こんなの絶対おかしいよ、なんですけどね。
ちなみに、ELECOMのルータ、意外と高いモデルだと、ひかりTVに安定して接続出来るので、有線で設定できる環境さえあれば全然問題なさそうです。

なお、室内でもホテルのWiFiは拾えたりするところも多いのですが、ほぼ使わない、あるいはバイパスルートとして使う程度にしています。正直ホテルにもよるんですが、割と通信自体が途切れ途切れでなかなか実用的なレベルになっていないのが問題ですね。

5.OAタップ
地味に一番問題。というのは、ホテルによってはコンセントがたくさんある部屋もあれば、1個をすべて賄うようなところもあり、さらに口がどこにあるのか?なんかも関連してくるので、ミスできないというところです。
まあ、昔は延長ケーブルなどで対応してたんですけど、地味にコンセント延長とかが100円ショップで売ってないようになってしまったので、仕方なくOAタップの数珠つなぎで凌いでいくといった感じでしょうかね。

6.その他、移動中やなんかしらに使うもの
LANアダプタとLANケーブル、それとLAN延長コネクタはとりあえず持っています。最悪ルーターを治すのと、PCのネットワーク接続がどうしても安定しない場合に限って使います。そんな状況には陥らないんだけどね。マウス、これは普通に使える程度の小型のやつを持って歩いています。特に使う場面はないのですが、万が一の時に使えるのと、会社PCと兼用で使うようにしています。
それとMDR-1000X、NW-A45の組み合わせ、もしくはWF-1000XとXPERIA XZ1 Compactの組み合わせです。別に機器は逆でもいいんですが、WF-1000XはHeadphone Connectでの細かい詰めが可能なのと、AAC接続で使う場合、XPERIAしか対応していないというだけの話です。
他のイヤホンなどにはNCがなく、カナル型イヤホンでも耳障りな音は消せないため、新幹線か飛行機での長距離移動にはやむなしなところはあります。とはいえ、MDR-1000Xが一つあればほぼ何も心配することはないので、そういう点では問題なしですね。
あと必ずってわけでもないんですが、microUSBのケーブルは1本持っていってます。基本type-CとLightningしかないのですが、こういう小物類はmicroUSBなので、とりあえず緊急時に使えるように必ず持って歩いています。

モバイルバッテリーはどうなんだろうなあ。正直持ち歩いて充電するようなことはないので、別にいらないのかなと思います。今後通話しまくりでどうなるかというところはありますけど、それでも使うことはないだろうなあと思いますけどね。


いや、とりあえずこれを乗り切ればしばらくは暇そうなんだ。
別に休み取りまくるわけじゃないけど、少し遊びたいです。


おじまい

by aru32to | 2018-05-03 23:30 | 雑談

ちょっとした話題を取り上げて書いてみる回 2018/04/30

なんか勢い余ってSBのHTC U11の新規一括9800円という案件に飛びついてしまったわけです。
3234-2081=1153円*24ということなんですが、SIMの流用が出来ないので従量制にしてしまいました。どう使うのがベストなのか...。

ドコモのベーシックパックは得しないのか?
なんで突然現行のプランを即廃止、新プランを即適用って、毎回こう強引に進めようとするんでしょうかね。
繰り越しはしないけど従量制にしますよって話なんですが、ミニマムの人だけ安くなるサービスはおかしいのではないか、というのが大半の話なんですよね。ミニマムの人はそもそもドコモ使ってない。知ってればauなりワイモバなり、あるいはMVNOなりに行ってると思うんです。知らない人は養分になってるんだから、キャリアからしたら美味しい客なんですけどね。

確かに仕組みを理解して合わせて使ってきたユーザーからしたらこんなの絶対おかしいよなんですけど、シェアではなく、回線個々にパケットパックを持つ人ならそれなりにメリットは見いだせるのかなという気もしないでもないんですよね。
このプランって一人でスマホ+タブの場合、2台目プラスでパケット容量を共通に出来るんですかね。多分そういうところに活路はあるのかなと。

とりあえずプラン変更しなければパケットパックが切り替わることもないのでいいんですけど、なぜウルトラデータパックが20GBで6000円なのに、シェアパックの5GBが6500円なのかとか、いろいろ追随しようとして一貫性のない料金で振り回すのはやめてほしいんですよね。
パケットパックのシェア化なんて、シェアオプションの500円でまかなえる範疇だと思うんですよ。なんでそうなるのかわからない。


ZTEの話しとく?
なんか割と問題視されてるけど、なんとなくフェイクでやってるようにしか見えないんですよね。
ZTEだけじゃなくもっと問題視されるようなメーカーがあってもおかしくないんだけど、多分米国でそれなりに売られてるからたまたま目についた可能性があると。米国といえばHuaweiもなにかしら問題視されてるし、やはりネットワーク機器もそうだけど、根幹に中国製品を置きたくないということなんでしょうね。

一気に潰れる可能性もありますけど、Nubiaはあんまり関係ない話になってるので、割と対岸の火事的なw
Red Magicをindiegogoに出してるぐらいだし、本当に別会社になっちゃったんだなと実感。


どうしたもんかな。
時間があればHTC U11のレビュー書けるかなと思うんだけど、いかんせんGWは東京にいないという問題があるので(平日だけ東京にいるというw)、下手すると来週後半にしかU11を受け取れない可能性もあるんだなと。

あと、シャニマスやってますけど、本格的にこれ用のスマホにU11を収めようか迷うところ。ブラウザゲーだからなんでもいいんだけど、一応スペックのいいスマホをあてがってあげたい気はするんですよ。そこまで頑張れるかどうかは怪しいんですけどね。
今は目下とじともばっかりで、延々オートプレイしてる関係でまるまるZ17Sを使ってるんですけど、バッテリー消費が激しいのでちょっと考えものではあるんですけどね。XZ Premiumのバッテリー持ちが比較でそれほど悪くないのもまた腹立たしい。





おしまい

by aru32to | 2018-05-01 00:23 | ちょっとした話題を取り上げて書いてみる