<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

乗り遅れたようにOPPOと、2018年のスマホ価格を書こうと思った話

ドコモから華々しくデビューするとか、なんか結構話題に上がってるけど、そこまでしたらたいしたものです。

OPPOの件、色々読んでいてウェルカム感があるんだけど、R11sがいざ6万そこそこですという価格を出されたときに、現物にその対価を出せる出来なのか?という疑問は残ります。いや、別に出来が悪いわけではないですけど、正直なところ「カメラフォン」と名乗っちゃってるからには、R11s以外で勝負出来ないと思うんですよね。
じゃあ、いくらならメーカー的には売れますか?いくらなら消費者が買いますか?というマーケティング的な部分がどうなっているのかな?という疑問は残るんです。なんか報道としては世界4位のスマホメーカーがすごいカメラのスマホを投入してくるぞ!みたいな書き方ばっかりで、なんか不思議な違和感があるんですよね。

粗探しみたいで申し訳ないですけど、セルフィーに特化してる割に、フロントカメラ2000万画素というのは、Huawei nova2がすでにありますよね。
まあ、他のスペックを考えると、比べてくれるなとも思えなくはないけど、これはどっちを褒めたほうがいいんだろうか。

個人的にちょっと思ったのは、OPPOそのものがMVNOを展開して、基本的な通信費から補填する売り方もあるんじゃないか?と思ったんです。ドコモのラインナップとして発表されるという尾びれの付き方の元があるとすれば、MVNO数社から登場なんですけど、もう大体HuaweiとかASUSで占められてるじゃないですか。なら、どっかのMVNOを買収しちゃって、MVNO事業も同時展開すると。日本独自の販売戦略だけ考えちゃえば、その手も十分考慮されてるんじゃないかと思ったわけです。
まあ、現実には楽天モバイルか、どんなにキャリアに近づけてもワイモバイルまでかなとは思います。いずれにせよ、ドコモで使いやすい仕様には仕上がって来る可能性が非常に高いという感じでしょう。


で、そんなことを思ってしまった理由。
なんかスマホの値段、めちゃくちゃ上がってない?って思ったわけです。いやハイエンド志向の人間ですからそんなに感じるレベルにはいないんですけど、いわゆるZenfone3ぐらいのミッドレンジであるスペックのスマホが、国内/海外を問わず少なくなってきてる気がするんですよね。
Redmi Note 3 Proの時、S650/2GBメモリ/16GBストレージで初値が25000円ぐらいだったと思ったのですが、今はHelio P25あたりがそのレンジで、S625とかは3万ぐらいのレンジに入ってますよね。S625搭載でその価格はちょっと目を疑うのですが、海外でもそんなもんになってきてますよね。その上がすぐS660という感じ40000円ぐらいで、すぐS835の底値機種(Mi 6かnubia Z17)が45000円ぐらいと。OPPOやVivoのハイエンドモデルはそのレンジにS660で収まっていると。(ツッコミがあると思いますが、S625やS660搭載スマホでも探せば安いのは出てきますよ)
カメラスペックや液晶のスペックなどもそうなんですけど、停滞させずにスペックを上げていき、出荷台数が減っていくと、端末の価格が上がっていくんですよね。メモリ容量もストレージ容量も、液晶サイズもどんどん大きくなっていて、MTK6750とかに4GB/64GB、FHD+、背面デュアルカメラなんてモデルがガンガン量産されてます。これが1万円そこそこならともかく、2万するぐらいになってるんですよね。(特価とかでは1万そこそこというモデルもあったりするけど)

コンパチモデルが大量生産されてると、今度は各社面白い志向に走るようになると思うんですけど、出てきたのがM Z-01Kみたいなトンデモなモデルじゃあんまり意味がないんですよね。でも画面占有度の向上、フロントデュアルカメラ、モバイルバッテリーに迫る大容量バッテリー、指紋認証ディスプレイ、背面3カメラという話まで来て、さて価格はどうですかね?となるんですけど、結構基本スペックがギリギリのラインで作ってるモデルでも、なんの躊躇もなく値段を上げて来ると思うんです。
上から下まで価格帯に合ったスペックだったバランスが、この「質感という価値」にいい意味でも悪い意味でも惑わされてきて、結果的にデザインや質感が重視されたローエンドスマホと、同等の質感を持ったハイエンドスマホの差に、チップの価格の分ぐらいしか価格が違わないようになってきた気がするんです。

これがいいのか悪いのか、俺にはもうわかりません。

ただ、S660搭載スマホが6万と聞いて、今まで富士通やらシャープやらが高いという概念は捨てていいと思うんですよね。少なくとも、日本でのS660搭載スマホの価値はそのぐらいで、もっとスペックの低いスマホが新興国より高く売られてても、なんらおかしくはないというのを知ってほしいんですよね。思った以上に日本ローカライズは人手も財力も必要なんです。言語だけとっても1/70ぐらいしか使ってない上に、第二外国語の習得率も低い、しかも電子機器では目の肥えたユーザーの多い日本に、容易にローカライズして乗り込もうと諸国メーカーは思わないです。
その上で、今後日本に入ってくるメーカーもあるかもしれませんけど、決して安い価格がつけられることはないだろうと思います。

日本という国でスマホを普及させるべく安く売るためには、MNOに採用されるような機種を作って、キャリアから補填してもらうようなビジネスモデルだったから、今更ながらに一括で凄まじい値段を付けられても、そんなに違和感を感じることはなかったわけで、そこでMVNOが出てきて、SIMフリースマホが安いものという風潮を植え付けてしまったことで、今後は上下とも一括で凄まじいスマホが出てくると思います。全部が全部、それだけの価値を感じるものを持って生まれてるかは別ですけどね。


もうかれこれ半年以上前から日本語ページ作りながら、商品展開する気配すらないnubiaというメーカーがあってだなw
ZTEの連結子会社から抜けた途端にHP出来たのにもかかわらず、だから、やっぱり相当難しいことなんだと思いますよ。
毎度毎度、翻訳の怪しい日本語がグローバルROMに入ってるのは、まだメーカー側が可能性を捨てきれないのかな。

なんかスッキリしない終わり方だけど、書きたいことは書いたのでもういいです。





おしまい

[PR]

by aru32to | 2018-01-27 11:49 | 雑談

続々続々・デレステの使用感を書きあげてみる

年末年始のお約束、デレステ動作環境確認のコーナーです。

なんつか、2017年買ったスマホでだいたい試してみたけど、形状とかもあるんでそこで損しちゃってるのも結構あったりします。

レギュレーション
MV対象曲:Yes! Party Time!!
衣装:パーティタイムゴールド

3Dリッチの環境
観客シルエット:ON
解像度設定:高画質(ただしHD解像度の場合は無効)
歌詞表示:ON
紙吹雪:ON
60fps
映像フィルタ:ノーマル 

3D標準の環境
歌詞表示:ON
紙吹雪:ON
60fps
映像フィルタ:ノーマル 
(ただし、紙吹雪やフィルタが選べないモデルに関しては動作環境内で表記します)

以下、39番目よりnubia Z17Sまでの公開。

39.ZTE MONO MO-01J(Snapdragon 617/Android7.1)

3Dリッチ非対応。解像度を考えると当たり前といえばそうですね。
うーん、やっぱり2D軽量だと快適プレイだけど、3DのMV鑑賞は30fpsでもキツイ感じが否めないですね。
後継機のMO-01KはS435になってしまったため、下手するとこれより酷い可能性があるんですよね。


40.FUJITSU ARROWX NX F-05F(Snapdragon 801AB/Android5.0.2)

3Dリッチ非対応。S801ならまんべんなく動くんじゃね的な発想でもないですね。
正直なところ、(通常動作などにおいても)なぜか動作が散漫になりがちで、2D軽量で譜面落ちすることもあったりします。
メインメモリがこの時期で珍しい2GBと、少ないことが影響してるのかもしれないですね。
3D標準でMVを見る分には特にエフェクトをかけてもそれほど厳しそうな感じでもないのが謎。この辺がS801のパワーなんだと思う。

富士通、シャープはタッチパネル周りのオプションなんかを全部切ってプレイするとすごく快適になったりする話も聞くのですが、この機種に関してはどうもそういうわけでもなさそうです。


41.Apple iPhone7(iOS11)

これと言って欠点が見当たらない。強いて言えばサイズが小さいのが問題というぐらいで、3DリッチのMVでもゴリゴリ動きます。(解像度はHDだけど)
ちょっと気になるのが3DMVの一瞬の間みたいなもので、コマ落ちではないんだけど他の端末より間が長い感じがする時があって、これが何なのかがよくわからない感じです。とはいえ、2D軽量でのプレイなどはおおよそ問題なくサクサクとできて、概ね不満となるものはありません。
長い時間のプレイも発熱などは特に問題なく、比較的軽量で、バッテリーもそこそこ持つので、プレイスタイルさえ合えばベストに近い環境だと思います。

これは別に記事を書こうと思ってるのですが、サイズの割にイヤホンジャックがないため、プレイスタイルを若干変えるひつようがあったりするので、ヘッドホンプレイが主流の既存プレイヤーはどうすべきなのか?という点では、6Sのほうがいいんじゃないかという気もします。


42.SONY XPERIA XZ Premium SO-03J(Snapdragon 835/Android8.0)

キャリアモノではAndroid8.0へのアップデートがいち早く済んでしまったモデルですね。
前回の7.1.1の時期ほど譜面ズレのような現象はないのですが、タップ落ちっぽい感じがたまにします。ただ、貼ってあるガラスフィルムなどの影響も加味することができるので、その辺をどう見るべきかという感じですかね。ちなみに3Dリッチの高解像度モードはフルHD。当たり前ですが4Kコンテンツ認識にはならないですね。
電池持ちも悪くないと言いたいところなのですが、今回のS835搭載機ではワーストな感じはします。
質実剛健で非常に安定もしているし、イヤホンジャックも個人的には良い配置なんですが、何回も言いますけど、重い。こればっかりはちょっと弁護出来ない。


43.Samsung GALAXY S8+ SCV35(Snapdragon 835/Android7.0)

現状のAndroidスマホではほぼ最大に近い、18.5:9の6.2インチWQHD+(2960x1440)液晶という訳の分からない言葉が飛び交うスマホです。
実際にはFHD+(2220x1080)相当が標準設定されており、まずパフォーマンスで落ちることはありません。が、実際にプレイする場合は16:9に合わせて中央表示される形になります。今回は液晶表示を確認するためにWQHD+でスクリーンショットを取っています。
まず2Dモードの表示。
b0237530_04123922.png

2Dモードではそれでも拡大表示されているような感じでほぼ全体をカバーしている感じになるのですが、3DMVでは以下のような表示になります。

b0237530_03213239.png

3Dリッチの高解像度モードはFHDで収まるように作られているので、2Dモードより更に範囲が狭い感じになりますね。計算上では、左右に520ピクセルほどの枠ができることになると思われます。GALAXY S8+にはスケーリング機能があるため、FHDに対して上下を合わせたスケーリングで、実計算よりは少ないとは思います。
ちなみにこの状態でも動作も軽快、コマ落ちもタップ落ちもほぼない、バッテリー持ちも良く、タッチポイントが2.5Dガラスのちょうど曲面に当たるような感じ、しかもXPREIA XZ Premiumよりも20g軽い。が、ゲームそのもの表示に限界が来ているということなのでしょうかね。

ちなみに、全画面表示のゲームでは上下表示が切れるなどのゲームもあったりしたので(きららファンタジアやマギレコなんかは全画面表示すると、著しくゲームUIに難が出てくる)、その辺をどう考えるべきかというところです。


44.LG isai VL LGV31(Snapdragon 801AC/Android5.0.2)

3Dリッチに対応しています。まあ、高解像度だとガクガクになるのは、パワー不足ということでしょう。S801の限界ですね。
2Dプレイそのものに支障はないですが、タッチ切れっぽい感じになったり、譜面落ちもしばしば見られるため、高負荷でクロックダウンをしてる可能性はあると思います。違和感みたいなものは少ないので、その点ではF-05Fに比べて随分マシなのかと思います。
いわゆる3面狭額縁系、5.5インチと比較的大きいモデルなので、親指派はプレイスタイルに違和感を覚えるかもしれません。


45.nubia Z17S(Snapdragon 835/Android7.1.1/メモリ8GB)

FHD+(2040x1080)液晶を搭載し、メモリ8GBと大容量です。極端な話、これにWindows10が搭載されても、ARM版Windowsが普通に動作するレベルです。
やはり参考のために2Dと3Dのスクリーンショットを上げておきましょう。
b0237530_03553642.png
2Dモードは通常のFHD表示と大差ない感じだと思います。
b0237530_03553718.png
3Dモードでは、GALAXY S8+より左右の枠が小さくなっているのがわかるかと思います。単純計算で左右に80ピクセルほど枠が出来ている形です。
GALAXY S8+ほどではないため違和感は少ないですが、16:9前提での表示になっていることはわかると思います。

言わなくてもいいですね。電池持ちに不安はありますが、あらゆる場面でほぼ動作に支障をきたすことはないです。全画面表示のゲームでも、こっちはゲームに支障をきたすレベルの表示にはならないため、16:9から18:9への過渡期を乗り切るためには、2040x1080という解像度は理想なのかもしれません。



まとめ、いよいよ問題となる画面アスペクト比との戦いをどうするか?

言わずもがな、iPhone Xのような2436x1125という特殊な解像度があるものの、iOSはそれでも解像度なんて数種類と限られるので、対応できているのは大きいです。

一方でAndroidに関しては、かなり複雑怪奇な感じで、FHD+という解像度だけでも、2220x1080、2160x1080、2040x1080、2032x1080と言った感じ。Essential Phone PH-1のように19:10、2560x1312という謎解像度も存在しており、今後も高解像度化するごとに訳の分からない画面アスペクト比のモデルが登場することになりそうです。
国内メーカー、特にSONYはFHD以降もWQHDや4Kなど16:9を維持していきそうな感じですが、(海外にベースモデルがあるとはいえ)AQUOS R Compactが17:9と、若干比率が変わってくる要素は出てきてるだけに、今後は解像度による固定なのか、スケーリングで縦横比は気にするななのか、難しいところではあります。

スクフェスの3Dバージョンの話もそうなんですけど、3Dゲームのリッチコンテンツにおいて額縁表示はOKなのか?、iPhone/Android共通で設計されているゲームUIをどう対処すべきなのか?、そしてAndroid OSの足切り点をどこに置くべきなのか?という部分において、2018年は変化の大きな年となりそうな予感がします。



余談ですが、現状S835を搭載しつつ、解像度がHDとかなり抑えられているXPERIA XZ1 Compactのように、処理だけを考えてプレイできるような機種も個人的には面白いんじゃないかなと思ったりしています。
と、考えるとOnePlus 5の8GBモデル、nubia Z17の8GBモデルあたりが、今のところデレステにおいて、最高峰の環境なのかな。





つづく。

[PR]

by aru32to | 2018-01-12 11:59 | デレステ動作環境確認

ちょっとした話題を取り上げて書いてみる回 2018/01/12

まずはお詫びをば。
au、思いっきりKirin659搭載のHWV31を発表してきましたね。
もうVoLTEのSIMしか発行してないんだから、SoCを無駄W-CDMAに対応させる必要がないのかな。


CESが始まると、なんか物欲まみれになってて、生きてる感じがする。


ThinkPad X1 Carbon(6Gen)が無駄に欲しいぞ
ネイティブ4コア動作するノートPCは割と出てますけど、X1 Carbonに搭載されるとなるとやっぱりこれを買わねばということになるんでしょうね。
いや、別に今の3Genがダメになったあとでいいので、年末ぐらいには欲しいですよね。年末...生きてるのかなあ。
WQHD液晶でHDR、Adobe RGBを100%カバーしてるという点で液晶は問題なし。NVMeのSSDも搭載可能なので、実用で問題はないでしょう。

値段なあ、多分メモリ16GBで凄まじい額しそうな気がする。凄まじいで済むならいいんだけど、メモリ高騰がハンパないのでいくらぐらいで収まるかわからないですね。

Classic IntelliMouseが無駄に欲しいぞ
今でもExplorer3.0が手元にあるけど、あのサイズの親指サイドボタンがほしい気がする。
まあ、とはいえMX ERGOとどっちが欲しいかというと、やっぱりトラックボールなんだよね。M570tもいい加減疲れてきたので、買い替えしようと思いつつ。でもマウスは腐るほど持ってるからキリがないんよなあ。

ShureのRMCE-USBが無駄に欲しいぞ
いや、DACでいいじゃんという話なんですけど、MMCX端子で直接接続できると言うのは意外と使い勝手いいんじゃないかと思うんですよね。
で、地味にケーブル型、もしくはコンパクトサイズのヘッドホンアンプってそんなに数がないので、こういう選択肢が増えるのは非常にありがたいです。

...最近、中国製のaptX HD対応のbluetoothアダプターがアマゾンで出回るようになってるんで、ちょっと欲しい。
けど、そんなん買うぐらいならオーテクのAT-PHA55BTのが欲しいかなと思ったりする。

Livermorium Slider Keyboardが無駄に欲しいぞ
Moto Zなあ、薄い上にギミックガジェットってのがもう面白い。それでスペックがついていくんだからいいよね。
昔backflipとかflip outとかみたいなアホギミックのスマホを作ってたベースを、そのまま現代版に出してみる気はないですかねw


FREETELブランドが残る件
残る分にはいいと思いますけど、次のモデルが本当にこれで最後なのかなと思いますね。
ハイエンド1台とローエンド1台らしいということで、KIWAMI3が出るかどうか...でも多分Helio X25とかだよなあ。
いや、ZTE(ry

iOS11以降じゃないとポケモンGOできなくなりますよ
というかね、iOS10切りが酷くて、結構色々なゲームが出来なくて困ってたので、iPhone5Cをもらいましたよw
新OSへ促すのは結構なんですけど、特にガチャゲー以前のiOS系は買い切りのゲームアプリが32bitのiOS10までしか対応していないなんてのもかなり多いので、そこんところは考えて欲しいと思いますね。
ちょっとしたときにファイナルファイトやりたくなってiPad Airでやってたのに、出来なくて5Cのちっちゃな画面でやるのは結構切ない。


SH-N01がやっぱり重いかなと思い、割と色々なところでプリペイド版のSimplyを探してるんだけど、やっぱり店頭在庫切れしかないんですよね。
いや、別にいらないといえばそれまでなんですけど、代理店なんかの関係で取扱店舗が少なくて、そこから在庫を掘り起こすということが結構厳しいという話。
新宿の場合、ヨドバシカメラの携帯スマートフォン館では契約可能らしいんだけど、在庫がない、秋葉原も駅前のヤマダ電機で契約可能だけど在庫がない。行ける範囲のソフトバンクショップでも取り寄せだけど取り寄せる在庫がないと言われる有様で、逆にLibero2を買わないかとかw
Libero2だけ扱ってたり、301Zだけ扱ってたりという店舗もあったりするんで、なんとなく販売代理店の裁量によるのかもしれない。

まあ、それにしても俺回線持ってるなあと思って調べてみたら、来月に2年終わる回線があったw
ってことは、ワイモバと合わせて3回線MNPできるのか。2回線はSimplyにしておくのが無難かなという気がw



おしまい

[PR]

by aru32to | 2018-01-12 02:11 | ちょっとした話題を取り上げて書いてみる

公式が出さないのでデレステの推奨スペックを勝手に出してみた

(2016/01/17、その1をエントリー。)
(2016/04/06、その2もエントリー。)
(2016/11/29、その3もエントリー。)
(2017/08/11、その4もエントリー。)
(2016/07/11、メインメモリに関する推測をまとめてみた【動画あり】)
(2017/09/01、イリュージョニスタの3DリッチMVをアップしてみた【動画あり】)
(2018/01/12、その5をエントリー。)
(2018/05/17、その6をエントリー。)
現状、51台を独自に動作確認しました。



---2017/07/29 3Dリッチモードを踏まえ、ランク見直し及び最新のSoCなど数種類の記述を追記しました---
---2017/09/11 iOS端末、及び公式の更新を踏まえ、記述追加しました---
---2017/10/03 iOS端末のSoCの記述追記、細かい修正をしました---
---2018/01/10 iOS端末のSoCの記述追記、細かい修正をしました---
---2018/03/07 SoCの記述追加を行いました---
---2018/05/17 MediaTekのローエンドSoCの記述追加を行いました---
---2018/09/03 メモリ、ストレージに関する考察を追記しました---
---2018/09/09 若干内容を追記、修正しました---
---2018/09/19 iOS端末のSoCの記述追記、細かい修正をしました---

ちゃんと見てるよ。

b0237530_01051673.png

全面的に文章の修正などを行いました。
現状のお話も踏まえつつ、参考になると幸いです。

今回は公式が全く更新しないので、デレステの推奨スペックを書き連ねる回です。
(とりあえず今後のアップデートで解消されることを願いつつ、2018/09/09現在の状態です)

とりあえず、カタログをもらってきて、CPUとかの欄に書かれているものと一致するところをご覧ください。

ちなみにテスト条件を載せないのもアレだったので、今後はレギュレーションを決めて主観的な判断で確認していきます。

MV対象曲:Yes! Party Time!!
衣装:パーティタイムゴールド

3Dリッチの環境
観客シルエット:ON
解像度設定:高画質(ただしHD解像度の場合は無効)
歌詞表示:ON
紙吹雪:ON
60fps
映像フィルタ:ノーマル
解像度:16:9(一部機種では画面幅に合わせることが可能になったため)

3D標準の環境
歌詞表示:ON
紙吹雪:ON
60fps
映像フィルタ:ノーマル 

以上の環境で動作確認をしています。
(曲と衣装に関しては、古い機種との兼ね合いで、最新モデルに至るまで変更はしない予定です。)

---2018/09/09追記---
Ver.4.1.2より、メモリ2GB程度のデバイスではゲーム中に突然落ちる(Nexus9を使うユーザー談)ことや、データ肥大化により16GB程度の内部ストレージでは、楽曲ダウンロードやアップデート不可能な機種が出てきました。(XPERIA A4で確認)
また、バックグラウンドアプリなどの常駐ソフトが多い場合、極端な処理落ちや、ゲーム中突然落ちるという現象も確認されています。(メモリ4GBのXPERIA XZ1 Compactで確認)
Unity3Dのバージョンが5.4.5になったことと、GUIの更新などが基本的な処理負担増となっている可能性があるため、(ロード省略など処理面でかなり更新が加えられたと思われる)Android4.4以前のモデルがサポート外となった理由はメモリ容量などでも影響していると思われます。

ちなみに、「ガールズ・イン・ザ・フロンティア」の3DリッチのMV、S835でも上記環境では処理落ちするシーンがあります。

参考までにnubia Z17Sで再生したものをアップしておきました。
AZスクリーンレコーダーだとスピーカーの音を録音する関係で雑音が入るのが嫌なんだよなあ。

イリュージョニスタ以降、現実のライブでは演出不可能なレベルまで来ているMVの演出進歩がここ1年でガンガン上がってきてるので、今の環境がいつまでも快適と思うな、と戒められてる感もありますね。

詳しくは以下の記事も参考にしてください。

従って、今回初めて推奨SoC前に推奨メモリと推奨内部ストレージ容量を表記しておきます。
廉価版スマホや、ほとんどありませんがS845搭載スマホでも、これは最低欲しいと思ってください。
なお、Android OSやiOSのバージョンにより、ベースとなるOS領域や、実使用容量なども異なります。基本的に、OSが新しいほどOSにストレージ及びOS予約メモリが多いと考えてください。
さらに場合によっては、これでも快適ではないということを考慮した上で、下の記事をお読みください。

Android版 Ver.4.1.4の場合(2018/09/09現在)
最低メモリ容量:2GB
推奨メモリ容量:4GB以上

最低内蔵ストレージ容量:16GB(ただし実用性には欠けるためデレステ専用デバイスとして)
推奨内蔵ストレージ容量:64GB以上

iOS版
最低内蔵ストレージ容量:32GB(ただし専用デバイスとして)
推奨内蔵ストレージ容量:64GB以上(1台で済ませるなら128GB以上は欲しい)

ちなみに、この条件だとXPERIA XZ3はメモリやストレージでギリギリ推奨環境というアンバランスなモデルとなりますね。

ARモードは、当方の環境ではiOSのデバイスでしか対応していないため、詳しく表記しません。

---ここまで2018/09/09追記---

1.スペック対応し切っていない可能性のあるSoC、iOS端末

Exynos 9810(Mali-G72MP18)※
Exynos 9610(Mali-G72MP3)※

Helio X30(PowerVR 7XTP-MT4)
MT6739(PowerVR GE8100)
MT8167A/8167B(PowerVR GE8300)
Helio P60(Mali-G72MP3)※
Helio P30/P23(Mali-G71MP2)※
Helio P25/P20(Mali-T880MP2)※

Snapdragon 730/710(Adreno 615)
Snapdragon 636(Adreno 509)※
Snapdragon 450(Adreno 506)※

iPhone XS/XS Max/XR A12 Bionic

※に関しては、他SoCで対応しているグラフィックチップです
調べてみたら割と増えた。

以上のSoCに関してはグラフィック最適化がされていない可能性があるため、解像度やエフェクト、3Dオブジェクトに支障がある可能性があります。
いずれ手を付けたいとは思うのですが、個人的に価格にアドバンテージが見いだせない限りExynosやHelio系のテストはおいそれと出来ないです。(Helio系高すぎないか?)
Exynos9810に関しては、Kirin970が全く問題ないレベルなので、大丈夫だと思います。
何気にKirin系に対応したということは、Mali搭載のモデルもハンデなしでグラフィック最適化できてるとは思うんですが、まだ確認段階なのでコメントは差し控えます。
PowerVR系もまだ未知数ですけど、iPhoneで最近まで採用してましたし、そんなに問題ないと思うんよね。

S636やベンチスコア上でS625以上とも言われているS450がどれ位問題なく3D表示出来るかというのは気になるところですね。両方共Xiaomi初ということもあるのですが、特にS450搭載のモデルを買うならS820搭載の型落ち品と1万違わないぐらいになってるので、パフォーマンスと捉えてしまうのがどうしてもネックかな。

ちなみに、2Dで黙々と音ゲーするなら全く問題ないレベルです。

2.3Dリッチでフルエフェクトを掛けてなんとかMV観賞を楽しめるSoC
(メーカー推奨環境、3Dリッチレベル)

Snapdragon 845 (Adreno 630)
Snapdragon 835 (Adreno 540)


iPhone X/8/8 Plus(A11 Bionic)
iPhone 7/7Plus(A10 Fusion)
iPad Pro 2Gen(A10X)

特にキャラアップのエフェクトで顕著なフレーム落ちは、現状でS835ですら起こります。
推測の域を出ませんが、S820以降はSoCが常時可変クロックに近いため、常時フルクロックで動作するような環境をつくれば、フレーム落ちなく視聴出来るレベルではあります。プレイが可能なのはS835クラス、Kirin970は鑑賞で止めておくのが無難かなと思います。Huaweiよくここまで上り詰めたなと感心。

2Dリッチでも処理落ちはほぼしないレベル。あとは端末ごとのタッチパネル特性みたいなものが違いになりますかね。

iPhone7/8に関しては、3Dリッチの高解像モードがありませんが、これは解像度の問題ですね。特に問題なくゴリゴリ動きます。
ただやはり3Dリッチで解像度まで考えると、8Plusが一番向いているのかもしれません。(iPhone Xはおそらくスケーリング対応の可能性が高い)


3.現状、おおよそのことがない限りはMV鑑賞も十分なSoC
(十分に必須環境を満たす、3D標準レベル)

Snapdragon 821/820 (Adreno 530)
※3Dリッチのイリュージョニスタ以前に対応したMVならそれほど困らないとは思います。
Snapdragon 810(Adreno 430)
Snapdragon 805(Adreno 420)
Kirin 960(Mali-G71)
Exynos 8895(Mali-G71MP20)

iPhone 6s/6s Plus/SE(A9)
iPad 5Gen(A9)
iPad Pro(A9X)

Exynos8895は公式が3Dリッチのテストで使用しているモデルですが、Adrenoとの動作比較でここに入れておきました。
いずれも3Dリッチの選択は可能ですが、フレーム落ちが上記SoCより多いため、別カテゴリーとしました。
機種固有の問題がなければおおよそは問題ないレベルです。デレステをやってMVを結構見る、もしくは3D標準でやっちゃう方には向いています。
若干Exynos/Kirin機種は劣ると思いますが、発熱が少なく安定して遊べる点ではS810より上なんですよね。この辺をどう考えるかで甲乙付けがたいですね。
少々フレームは落ちますが、S805でもなんとか3DリッチでMV見ることは可能です。個人的にはここまでがギリギリかな。
S660は実機ではないですが、4Gamerに動画が掲載されていたので、参考までにこれで判断しています。問題ないレベルといっていいと思います。

iPhoneに関しては、見る限りは問題ないけどな感じですね。3Dリッチの高解像モードは確認が取れていません。いずれにしても極端に解像度が違うので、ひとえに大丈夫と言えないあたりは怖いです。片やHDにも満たない解像度、片やQXGAですからねw

4.たまにMV見るけど基本は2Dで音ゲーするには困らないSoC
(メーカー必須環境、3D標準~軽量レベル)

Exynos 7420(Mali-T760MP8)
Exynos 5433(Mali-T760MP8)
Snapdragon 801(Adreno 330)
Snapdragon 800(Adreno 330)
Snapdragon 808(Adreno 418)
Snapdragon 652/650(Adreno 510)
Snapdragon 630(Adreno 508)
Snapdragon 625(Adreno 506)

iPhone 6/6 Plus(A8)
iPad Air2(A8X)
iPad mini4(A8)

この辺りから3D表示が若干怪しくなってくる感じです。3Dリッチでは常時フレーム落ちに近い状況となりますので、素直に3D標準で見ることをオススメしたいです。
それほど心配するレベルではないんですが、3Dエフェクトなどがかかった場合、処理落ちが激しく起こるなどの問題も出てきます。MVをたまに見る感じで、通常は2Dで遊ぶのが妥当なラインです。ただしS800はクロック的に低め(といっても2.2GHzもあるんだが)なので、処理などでも若干の問題は起こるかもしれまん。
S808に関してはさらに若干劣る感じで、3DのMVを見るには30fpsが妥当ではないかという感じです。少々役不足感は否めないです。
なお、ネットの情報を確認する限りでは、このカテゴリーでは3Dリッチの選択が出来ない機種があるとの報告もありますし、最初は動作可能だったモデルも7月のバージョンアップで選択不可となった、あるいは今後その可能性もあるので、そこをどう考えるかという感じです。

ゲームとしては完全にこのあたりが分水嶺です。結構安定して動作する機種でも、実際に動作環境外になってしまっている機種もあり、良くも悪くもこのあたりは1年以内に動作環境外になる可能性は高いと思います。


5.淡々とスコアボードと戦うレベルのSoC
(メーカーではサポートしますとは言い難い、3D軽量レベル)

Helio X20/23/25/27(Mali-T880MP4)
MT8176/8173(Power VR G6250)
MT6737などの8コア以上のMediaTek製SoC(Mali-T7*0)
Snapdragon 600(Adreno 320)
Snapdragon S4 Pro(Adreno 320)
Helio X10(Power VR G6200)
Snapdragon 615(Adreno 405)
Snapdragon 617(Adreno 405)

iOS10止まりのiPhone/iPad(最高でもAirのA7レベル)

この辺では3Dリッチがおまけ程度で選択可能と考えてください。おおよそまず見れたものではありません。
上5つは4のクラスに入るレベルだけど微妙に辛いのでこっちに入れましたけど、実質的にS800とそれほど変わらないので、3D標準でMVなんかをたまに見る分にはそこまで不満は出ないはずです。3Dリッチは選択不可な機種が多いので、そこは覚悟してください。
ハイエンドクラスは2013年ぐらいのモデルからクアッドコア化しているので、中古でバッテリーを気にせず遊ぶような使い方にはいいかもしれないです。

下の3つでもHelio X10とS615/617は相当差が大きいですが、上位に比べると有象無象でコマ落ちなどもするし、S615に関しては3DMVは相当ギリギリな線なので、デレステで遊ぶなら少なくとも選んではいけません。
廉価帯スマホはこの範疇なのが多いので、デレステを多少なりともやるのであれば無理はしてちょっといいのを買うべきだと思います。

なお、MediaTekのSoCに関しては、8コア以上、Mali-T720以上という条件(Mali-T760など)で3D標準ぐらいならMVを見ることは可能なレベルにでも3D標準は結構厳しくはなっています。試しに見てみようかなぐらいなら問題ないでしょうが、処理落ちが激しい。(2018/09/03追記)

6.ハナからデレステやらないSoC
(メーカーサポート対象外、下手すると2Dですら支障が出るレベル)

Snapdragon 400シリーズ全般(Adrenoのローエンド)
ローエンドのMediaTek系(おおよそMali-T720など)

現状のAndroidでは全く問題ないのですが、ゲームで遊んだり、動画を見たり、キレイな写真を撮ったりすることはあまり出来ないクラスのスマホです。
正直なところ、これを買うのは1万ぐらいまでとかなんだろうけど、国内メーカーは強気の値段設定で販売しています。
まあスクフェスみたいに2Dで確かに遊べるんだけど、3Dはまるで駄目。何しろ譜面なんかもエフェクトついてるとタイミング調整などが必要になりかねないという点で、S615よりはるかに劣ります。
MTKなどMediaTekのMali-T700系であれば多少はなんとかなるかもしれませんが、CPU側も非力なので、いずれにしても3Dは絶望的、2Dもやや厳し目と考えるのが妥当だと思います。
この辺はマルチタッチが2点なんてものもあったりするし、解像度がそもそもHD未満だったりするので、プレイ出来るかわからない可能性すらあるかもしれないです。

7.入手困難なので許してほしいSoC
(メーカー対象内でも俺的には動作対象外)

Atom系全般(HD Graphic/PowerVR系)
Tegra4/K1(GeForce)
Surge S1(Mali-T860)
SpreadtrumのSCシリーズ
AllWinnerやRockChipなどの中華チップ
他、新興国の半導体メーカーが作っているSoC

マジ勘弁してください。
なお、Nexus9やAST21が推奨端末に入っているため、かすかな望みはあるという感じです。


まとめ ---2018/09/03更新---
腕を磨いた上で、課金するぐらいなら一番いいスマホを買うべき、その上で課金

3Dリッチという、ある意味スマホの限界に挑戦してる感は、今後ともベンチマークユーザーにとっても一つの指針として考えていいんじゃないかと思います。
今回のリンク先を見ていただくとわかると思いますが、iPhone5sでも快適に面白い映像を見せるという2Dリッチの工夫などもあり、最近はまんべんなく大抵のSoCに対応して来てるということで、以前よりは敷居は低いです。

醍醐味としては3Dリッチなのですが、ゲームそのものは2D軽量というのが大抵の方だと思うので、スコア出すだけならS801でも問題ないかなと思います。が、3D標準でもUntiy3Dのバージョンが上がればその分パワーが必要になるので、3D標準のMVを60fpsで見るのでもS810、S820程度は最低必要なレベルなのは間違いないかなと思います。
Fire HD8(2017)あたりは2Dリッチでも厳しく、この点を考えると、少なくとも最低条件がiPhone5sぐらいに設定されているのは確実で、それと同等ぐらいのAndroidでは論外、デレステやるなら最低でもS625程度のクラスが必要になってきてるのがわかりますね。
ゲームとしては成り立ちますが、XPERIA ZL(S4 Pro)では3D標準のMVですら、動画と音が合わないです。おそらくiPhone5sで3D標準のMVを見ても、多分大差ないんじゃないかと思います。(デュアルコア1.3GHz/1GBメモリ、5年前のハードウェアを最新OSに対応させてるAppleもどうかと思いますけど)

そう考えると、そろそろ5のカテゴリーのスマホを持っている人でデレステをやっている人は、素直にS820ぐらいのクラスのスマホを買うのがベストじゃないかと思います。ただ、今回メモリ問題が出てきてしまったこともあり、AQUOS系やXPERIA系ではその辺がネック、GALAXYやHTCでも国内モデルは4GBというのが大半のため、一部の超ハイエンドモデル以外ではあまり余裕がなくなってきてるのも事実ではあるんですよね。

逆に言えば、メモリやストレージに余裕を持たせたS820クラスであれば十分戦えるとも取れます。LeMAX2の6GB/128GBモデルなんかは案外今でも問題ないかもしれないですね。ちなみに、高い金を突っ込んだこともあって、nubia Z17Sの8GB/128GBモデルでは、ガチャゲーをバックグラウンドに3つぐらい置いておいても、デレステには支障のでないレベルです。ここまで行くとWindowsやMacOSにも通じるものがありますね。

SoC選びも重要ですけど、端末のホールド感なども重要な要素なので、カタログスペックとにらめっこしたり、実機を持ってみたりして、個々にあったサイズのスマホを探すところから始めるのがベストですね。

いや、なんかもうiPhone8とか機変して3年戦うのも悪くない気がする。出来ればパワーを絞りきれるiPhone 8 Plusならなおいいですね。Android版は一番いい機種でも2年が限度だと思いますが、スマホのトレンドがおおよそAndroid側へと移行してきてますので、特にスペック表には目を配る必要がありますね。

あとは、国内のUntiy採用ゲームがチラチラとiPhone Xや18:9に対応してきたことを見ると、液晶のアスペクト比問題は収束しつつあり、またシャニマスのようにHTML5で完全ブラウザゲーとする方法(おそらく音ゲーでは相当ハードルが高く、更に3D処理などはまず無理だと思う)、さらにはBlueStacksやドコモのShift、DMM系のブラウザ版/アプリ版共通ゲームなどにより、ある意味OSを気にせずゲームができる環境が整いつつあるということで、将来的にはスマホじゃなくてもプレイ可能にはなるとは思いますけど、最適化という点ではやっぱりAndroidかiOSに落ち着くのかなと思います。

---2018/09/09更新---

起動しない、強制終了する、動作が一瞬フリーズする
アプリのアップデートに失敗する、楽曲や衣装、データのダウンロードに失敗する場合の一時的解消策について
基本的にはAndroid/iOSとも同じですが、細かい部分が異なりますので、各OSの詳細はググってください。
他のアプリなども同じように、一般的な解消法として考えられているものですが、いずれも自己責任で行ってください。

起動しない、強制終了する、動作が一瞬フリーズする、40ms以上の音ズレが一時的に発生する場合は、
  • バックグラウンドにソフトが起動している場合は、タスクキルをすることで解消することがあります。
  • スマホの通知が溜まっている場合は、通知を消すことで解消することがあります。
  • ごくまれに、通信環境による問題があります。この場合、WiFi環境で起きる場合はモバイル回線を利用することで解消することがあります。
  • それでもだめな場合、再起動することで解消することがあります。

Androidでは特に自動でタスクキルを行う機能が6.0以降にあるのですが、実際には搭載されているUI依存や、各メーカーのさじ加減もあるため、実際には常駐していないように見えて、一度起動すると、常時メモリを確保しているアプリがあります。再起動することで、一旦そのアプリの動作を止めることができるはずなので、試してみるのがいいと思われます。(OSと自動起動するアプリなどでは根本的に無理だと思いますが)
また、結構やりがちなのですが、OSの連続稼働時間が長いと、OSそのものの動作が不安定となることも、両OSでよくあります。なにはなくとも、2週間に1回程度再起動すると、割とアプリの起動関係の問題は(アプリ側の不具合ではない限りは)減ります。


アプリのアップデートに失敗する、データのダウンロードに失敗する場合は、
  • 極力ゲームではなく、ブラウザやニュースアプリ、SNS、動画再生アプリなどの一時データ(キャッシュ)を削除することで、改善することがあります。
  • 音楽ファイルや動画ファイル、写真などをすべて外部ストレージ、もしくはクラウドストレージにコピーして、空き容量を増やすことで、改善することがあります。
  • ゲームのキャッシュ削除は最後の手段として考えてください。必要なデータを削除するわけではないため、動作には影響ないとは思いますが、データのダウンロードの回数などが増え、通信容量の増加の原因となるほか、データの再取得が必要となる場合があります。

確認したところ、ChromeやTwitter、facebookのキャッシュのほうが、ゲームアプリのキャッシュよりはるかに大きいので、SNSを頻繁に使う方はその辺のキャッシュを確認してみるといいかもしれません。(当方のChromeは3ヶ月で1GB程度のキャッシュが溜まってました、デレステは130MB程度でした。)
また、カメラの高性能化に伴い、オートで写真を撮った場合、最大画素数で撮ると1枚10MBを超えるファイルなどもありますので、写真を撮る機会が多い方は外部ストレージなどに逃がすようにするほうがいいと思われます。











とりあえずこの見解、おしまい

[PR]

by aru32to | 2018-01-10 13:10 | デレステ動作環境確認

ちょっとした話題を取り上げて書いてみる回 2018/01/06

なんとなく始まってしまった2018年です。


こう、完全燃焼したあとだけに、どうもやる気がないというか。
nubia Z17Sが入手出来て、なんかVoLTEに対応しちゃったもので、SH-N01とかSimplyとかの計画が完全に白紙になってしまったのがなんとなくな問題ですね。

うん、いやワイモバのsimで使えばいいという話ではあるんだけど、ドコモのVoLTEに対応してるってのに気づいて荷物減るじゃんとか思ってるわけで。
とはいえ、無駄に契約が3月ぐらいまであるワイモバの3GBのSIMは何かしらで使わないともったいない感じはあるんだよなあ。(注:ワイモバでもCAは確認済み)


CESでThinkPad新製品出るみたいですよ
まさかとは思うが、X280ってNVMeなのかなと。あれ、狭額縁じゃないのね。
T480にHDDという表記があるんだけど、T470みたくどうせ日本じゃ出ないんだろって思うと、M.2の2242+大容量HDDという構成が好きなので、これがダメとなるとなんとなくもうX1 Carbonの新型とかを待つしかない状況なのかなあと思ってしまう。でもお高いんでしょうね。
いや、思った以上にWWANがあると便利なんだよ。


で、結局お金は取るんだなApple
なんとなく思ったんだけど、iOSってバッテリー残量の表示がうまく使えてないという可能性はあるんだろうか?
例えば残量と言っても、最大容量からだんだんマイナスになっていくわけだけど、最初が100-0だった場合、容量が80%だった場合は100-20でシャットダウンしてしまうとか、そういう考え方もできるんだよね。その場合、DELLとかみたいにバッテリー側にもICを搭載して、バッテリー残量と表示をリンクさせるような工夫が必要だと思うんだけど、どうなんだろうね。
嫌な予感しかしないんだよなあ最近のApple。俺も待機状態のApple Watchのバッテリー残量とかたまに急降下する時あるし、もう一山何かしら隠してる気がする。


OPPOとかHuaweiとかキャリアと組んで売りたいらしい
Huaweiは確かにもう全キャリアに端末卸してるわけで、簡単にできなくもないですよね。Mate10とかあれ普通にキャリアものでも行けると思います。キャリア買い取りで端末売ったほうが日本では台数的に儲かると踏んだのでしょうね。
ただ、SamsungですらExynosモデルを出してないのに、Kirinシリーズを搭載したモデルがドコモのラインナップに加わるという想像が出来ないのですよね。auであれば仕方なしにSnapdragonモデルなんでしょうし、ソフトバンク系は多分そのままKirinモデルを出してくるので、まあその辺をどう考えるかですよね。もっとも過去にはHW-03EのようにK3V2搭載モデルもあったことですし、あんまり深く考えるなということなのかな。
OPPOはどうだろう。中国富裕層向けとはいえ、スペック的にはミドルエンドが多く、その辺を大手キャリアが扱う場合、国内メーカーと大差ない金額になるのではないかと思ったりするんですよね。MediaTekのSoCを使ってるモデルは多分排除されるとなると、Rシリーズということになるのですが、仮にR11が日本で販売されたら64800円ぐらいになると思うんです。これって同様のスペックであるarrows NX F-01Kと2万しか違いがないんですよね。(仮として進めてますけど)
nubiaも日本語HPあるんだけど、タイミングを図りそこねてる感じもあるし、Xiaomiみたいに技適マークさえ通れば即販売可能というようなメーカーもあるんですけどね。
ただ、日本における真の敵はAppleなので、そこんところは考えたほうがよろしいかと思います。高くてもiPhoneを持っていたいという島国の方が、メーカーにSuicaまで対応させちゃうほどお金を落としてくれるカモと見られてるんですから、いつまでもゼロサムゲームやってる場合じゃないと思いますけどね。




ちなみに余談なんですけど、地方のイオンとか行くと、休日の出店みたいな特設スペースでワイモバのキャンペーンとかやってるんだよね。携帯電話って移動販売はOKなんだっけかと思ったんですけどね。
で、思ったんですけど、一人1台じゃなくて一人複数回線を契約させるようなキャンペーンなわけですよ。タブレットとセットじゃないとこれは違う価格ですという感じで、セットの値段しか書かれてないわけです。(つまりは実質0円)はっきり言って異常な光景だと思うんですよね。
何においてもそうなんですけど、使う方にある程度の提案をした上で、納得させるべきだと思うんですけど、セットありきで売ってるからそもそもそういう知識も与えられていないわけですし、大体にしても個人個人の利用方法は個々にあるわけで、それを覆すような使い方の提案が出来ない限り、セット売りはしちゃいけないと思うんですよね。

これは真面目に思うけど、そもそもITリテラシーの高い人たちって携帯電話の売り子とかやらないんですよ。で、ITリテラシーの低い人達が好きでもないスマホなりタブレットなりの知識を復唱させられ、ノルマに苦しめられてるわけです。なぜそこにマエストロ的な人材が出来ないのか?彼らからしたら、単純にインフラとしての携帯、あるいはゲーム機としての携帯なんですよね。ギーグ層がいいとは言いませんけど、せめて説明するときに、もうちょっと具体的なところに踏み込んで来れるような商品担当みたいなものはいないものかなと思ったりしますね。その辺、つくづく量販店時代に会った同僚に恵まれてたんだなと思う。
各キャリア、各家電量販店は、客対応へのコンテストもいいですけど、端末なりプランなり、本当に最適なものを進める技術、知識は絶対に身に付けたほうがいいと思います。もう過渡期を過ぎましたし、世間のニーズからはどんどんズレていっていると僕は思いますよ。




おしまい

[PR]

by aru32to | 2018-01-06 19:01 | ちょっとした話題を取り上げて書いてみる