人気ブログランキング |

カテゴリ:雑談( 145 )

雑記 2019/06/19

いやあ、辛い。

何が辛いかって、XPERIA XZ2 Compactが重すぎる。いや、正確には画面サイズと重さが比例していないというのが正しいのかな。じわじわとRed Magic Marsロスが広がっています。これ1台でなんとかするのは結構厳しい。
幸い、あと数日でRed Magic 3が来るので、それはそれでいいんだけど、それよりもMarsの液晶パネルが全然届かないことにちょっとしたイラつきはあります。なんだかんだ言ってデータは2週間前のまま。ゲームは移動できたとしても、データ移行まではしてないので、早いところ修理してデータだけでも引き抜きたいところ。これだからシンガポールポストは駄目なんだよ。

XPERIA XZ2 CompactとFOSTEX TM2は一本ずつ記事起こしはしようかなと思っています。レビューサイトもずいぶん放置しっぱなしなので、(と言っても、5/4に投稿してるので、今までに比べたらまだまだスパンは短いはずなんだが)いい加減なんか書こうかなと思っています。
案外この2つ(+Red Magic 3)は需要があるかもしれないかなと思っていますので、まあ気長におまちくださいかな。


おしまい


by aru32to | 2019-06-20 00:00 | 雑談

雑記 2019/06/07

常々思うのですが、第四次スーパーロボット大戦(SFC)において、一番むずかしいステージは37話「栄光の落日」か、42話「アクシズに散る」のどちらかという意見が多数ある中、実は38話「ゲストとインスペクター」が難易度的には一番高いと思うんですよね。
このステージってスーパー系のBチームで、かつ足が遅くてトドメを刺すスーパーロボット(ダイターン3、ゲッター、コンV、ゴーショーグン)ばかりということもあって、メチャクチャ苦戦した覚えがあります。
サイバスター、オーラバトラー系、ZZに乗せたカミーユ、真ゲッターロボあたりを使って強引に増援前に倒すしかないと言わんばかりに2ターン攻略とかを考えるわけですけど、オーラバトラーも宇宙では適正Bなんでダメージも通りにくいし、しかも敵は二回行動してくるやつが出てくるので、そもそも1ターン目の敵フェイズでオーラバトラーが落とされる可能性すらあるというw

ちなみに、上記のステージ含め、319ターン以内クリアを目指してると、案外簡単にクリア出来ます。というか、増援を出す前に片付けるというのがポイントなんですよね。したがって、マップ兵器でいかに数を減らしていくかというのが生死を分けるというかw


でも、第三次とか、FCの第二次とかみたいに、現実に勝てないだろって思わせるようなレベルじゃないんだよなあ。第三次はともかく、第二次なんてドラクエも真っ青なぐらいだったような覚えがあるんよなあ。

ちなみにスパロボはα、GBAのAあたりで止まってて、かろうじてRは一周クリアしたぐらいかな。15年ぐらいやってないw



出張中に朝起きたら、Red Magic Marsの画面が乱れたまま、タッチパネルも動かず、結局動作しないままになってるわけです。充電してて、ケーブルがダメなのか、それともパネル自体がダメなのか、まあ本体のボタンが全て生きていることを考えると、単純にパネル交換で行けそう感はあります。
いつもならAndroidとSIMフリーのiPhone7を持ち歩いてるという話だったんですが、こういうときにiPad miniとd-02KとRed Magic Marsだけしか持ってきてないので、音声端末がないという事態になり、仕方なく近くのゲオに駆け込んで、仕方なくSH-03Eを買いましたが、あ、これSIMアダプターねえじゃんってwww
まあ、とはいえ、なんとなく財布に入ってるSIMピンとSIMアダプターが真価を発揮しましたね。こういうこともあるもんだ。

が、ここで大きな問題が。
現状、唯一無二の存在だった理由は、S845で、ゲームデバイスかつDSDVだったことなわけです。何を今さらといいますけど、Linksmateがないと俺のモバイルネットワーク網は壊滅的になってしまうところもあり、そのためのDSDVだったんですけどね。最悪何かを削ってワンナンバーフォンを復活させるしかないのかなあと思ったり。とりあえず、予備の予備であるXPERIA A4にnubia Z17Sを使ってますけど、S845を体感したあとは、なんとなくパワー不足は感じるんですよね。ましてゲーミングスマホだっただけにね。
まあ、一番いいのは多分Simply+nubia Z17Sか、買ったのに忙しくて放置してるXPERIA XZ2 Compactでしのいで、Red Magic 3に移行して、のちRed Magic Marsを修理するという流れでしょうね。

そういうこともあって、Red Magic 3は急務ではあったんですが、黒の8GB/128GBで行くのは少々気が引けるわけです。妥協点は赤の8GB/128GBかなとは思うんですが、そうは言ってもやっぱりRedblueの12GB/256GBが欲しいというのがあって、479ドルと700ドルの差をどう自分に言い訳出来るか、という話になってきてるわけですね。
迷彩柄にカーボンシートを貼ってそれっぽく見せるというのも考えたんですけど、陰キャなんでどうも見た目的にどうなんだろうなあと思うわけです。結局、まだ売り出してないので、買えないわけですけどね。なんで12GB/256GBの赤を作ってくれないのだろうかとちょっと恨み節。まあ、多分Comoの12GB/256GBを買っちゃうと思いますけどね。


EarStudio ES100を売って、FOSTEX TM2を買いました。
キャラクターが全然違うモノですけど、前者はDACにAK4375Aを2基搭載して、2.5mmバランス接続で、LDAC接続出来るわけですけど、毎度言っている通り、旭化成のDACは音が綺麗になりすぎる気がするんですよね。
正直、Hiby R3のほうがやっぱり好みなのと、そもさんスマホで音楽聞かないじゃんって話なのでほぼ使ってなかったんですよね。いいアイテムだったとは思う。
単にLDACという点ではMUC-M2BT1があるものの、再生時間が若干短いのがネックなので、本当に10時間とは言わずとも、せめて8割ぐらいの8時間ぐらいは持ってほしいと思い、TM2を買ったわけです。
とりあえず7時間半ぐらいは持つ上、味付けはほぼない(QCC3026のDACをそのまま使っている)ので、AKG N40に限らず、ほとんどのMMCX対応イヤホンなら、そのままの音が出てくる感じです。面白いのは、曲によって脳内音座標がアンバランス接続ではなく、バランス接続の音に近い感じがすることです。
バランス接続だと、ちゃんと音源が作られていれば、左右に上下が追加される感じがあり、そこに良し悪しを感じるわけですけど、これに近い感じの聞こえ方はします。まあ、純正の2.5mmじゃないので、はっきりした話ではないんですけどね。
CSRのチップとの違いがあるとは思えませんが、MUC-M2BT1はやっぱりSONYの味付けが少なからずイヤホン側に乗ってるわけで、このあたりが難しいところではあります。ただ、MUC-M2BT1のLDACの接続重視とTM2のaptX接続では、途切れる頻度は前者のほうが高い(ビットレート高いんだから当たり前だけど)なんで、素直にワイヤードで使ってるのと同じ感覚になれるのはいいと思います。
ま、ケースがあんだけでかいのにケースにバッテリーが入ってないのは、許容されるのか?という気もするんですが、いわゆる宝石の収納箱というイメージなのかなと思いますね。



おしまい


by aru32to | 2019-06-07 22:58 | 雑談

雑記 2019/05/22

軽々しく神だの炎上だの賛同だのを使う世の中ってどうなんですか?

日本語って、そもそも複雑過ぎて、大体古文なんていうものがざっくりしすぎて、実際に大陸から伝わったのか?あるいは独自の解釈から発祥されたのかはさておき、それがどのような変化をしてきたか?というと、だいたい250~400年ぐらいでの区切りになっているらしくて、今は明治ぐらいの東京語がベースらしいですね。

当然、500年とかすれば、どっかの教科書にこのblogが出典されたとき、翻訳とか必要になる世の中なんだろうと思うんですが、もうその頃には曖昧な表現(いわゆる外国語におけるYES/NO以外の表現)というのが理解されない世界なんじゃないかなと思ったりするんです。日本語の研磨という点では喜ばしい反面、ボキャブラリーや表現力の縮小は避けられないですよね。そう考えると、僕らの生きている現代は、本当に言語の急速な劣化の中で生きているのかなあ。
でも、ダメなことをダメということより、賛否をもっと考えていくほうがいいんじゃないかとは思う反面、この空気を感じる人間としては、道から外れることへの怖さだったり、同調による共存だったりとかが崩れるんじゃないかということを考えてしまいますね。ゆえ、己の正義が正しいと言ってしまえる世の中なのかなあと。

で、その頃、神という言葉は果たして信仰する者であるのか?炎上や賛同という言葉はいつの間にか物事の賛否だけに使われる言葉へ移っていくのか?というのを見届けられないのは、イチブロガーとしては残念でなりませんね。


なんでこんなことを書いているかというと、単にFF6のガストラ皇帝の会食におけるロビー活動や会話の選択なんかが、非常に大人な対応だったんだなと改めて思い返しただけです。あんまり気にしないでください。


本題。
やっぱり、XPERIA 10 Plusを買ってみようかなって気になってきている話。
F-02KとiPad mini5を買って、それぞれに使っているんだけど、正直なところ8インチというのは携帯するにはいい半面、これを常時情報端末にすることは厳しいという結論に至ったわけです。
理由はいくらかあるんだけど、前にも言ったようにケース付き250gのXPERIA XZ2 Premiumは重いということになり、200gジャストぐらいのRed Magic Marsなんかは特にギリギリセーフ、同じくiPhone7 Plusも持ち歩きにはそこまで問題ないんですよね。
で、XPERIA 10 Plusは180g。確かにXPERIA 1のモックおよびホットモックのハンドリングだと、親指の守備範囲が画面の一番上に届かないのは間違いないんだけど、それでも現在持ち運んでるスマホ2台より10g程度はケースをつけても軽くなって、画面がデカくなるというのはメリットなのかなあ。(LDACとかは副産物的なやつですなw)
イヤホンジャックもあって、これはいいんじゃないかと思うんだけど、それでも俺が買うのは多分グローバル版Red Magic 3買ってからじゃないかなあと思います。(発売日待機)

恨み節じゃないですけど、XPERIA AceにS636さえ搭載していて、5万ぐらいだったら即座に一括するぐらいの準備はあったんですよ。なんやかんやで筐体は95点ですし。(マイナス5点は音量ボタン)S630はねえよなあっていう。ま、結局そういう理由で、最終的にd-02Kを期間限定ポイントでマイナスにして買っちゃうあたりに嫌気がさしますね。

今週は何気にオーディオ関係が結構来ていて、FOSTEXのTM2が来週正式に発売されるようでして。
今のところ読めないというのがあって、争奪戦になるか、キワモノになるかという両極端な未来しか見えないんですよね。逆に付属しているユニットに2.5mmのケーブルつけて使うのもいいのかなあとか思ったり、割と夢が広がるアイテムなのですが、TRN BT20もMUC-M2BT1も使ってないで、結局2.5mmのケーブルを使っているあたり、それと新幹線ではWI-1000X、飛行機ではWH-1000XM3という、これまたANCな世界で生きてるので、使いますか?と言われると、うーんどうなんだろうなあって話ではあります。AKG N40をワイヤレス化しても、流石にANCユニットまでは搭載できませんからね。これなんだよなあ。
あと、忘れないうちにメモしておこうと思ったのが、iBASSOのDC01という、type-Cー2.5mmバランス接続出来るアダプター。これもこれで二重アダプター生活から開放されることを考えると、ありなんじゃないかって思います。あわよくばアンプも乗っけてほしいけど、DACオンリーなんだろうなと。(まあ、これもお前にはES100をケーブルで繋げばいいじゃない問題がありますけどw)

現状報告。
なんかアマゾンでPatriotのメモリ系がえらく安いので、メインのThinkPad Yoga 370に16GBのSO-DIMMとNVMeの512GB SSDを突っ込みました。なんかえらい安いPCだったはずなんだけど、スペック強化していくうちにどんどんダメなPCになっているんだけど、困ったことにちょっと問題が起こっているので、これを解決できるかどうかですね。
あとFES Watch U買いましたけど、4,000円そこそこで、電子ペーパーそのものが不良とわかっていてヤフオクで落としたまではいいんです。えらく電池持ちが悪く、当初は電池交換だけして、電子ペーパーは諦めようと思っていたんですけど、電子ペーパー交換を12,000円でやってもらえるということだったので、やってもらいました。
結果はTwitterの通りなんだけど、いわゆる新品交換です。16,000円で新品のFES Watch Uを買えたと思えば、まあそんなに損はないです。ただ、左手にFES、右手にmi Band3という、非常にカッコ悪い感じにはなってしまいますけどね。


予告だけしておくと、直近でRed Magic 3を入手したあとで、Red Magic Marsかnubia Z17Sのいずれか(多分前者)をヤフオクに出す予定です。それとFOSTEX TM2、あといい加減話にも上がらない1moreのANC付き完全ワイヤレスイヤホン、そのあとぐらいにXPERIA 10 Plusになるのかなと。ジャンルが偏り過ぎてる感がありますけど、まあこのページがそんな感じなんで、許してほしいです。

あと、さっきちょこっとデレステの記事に手を加えておきました。
今回はテスト環境の追加と、リフレッシュレートに関する考察を書いておきましたので、お暇な方はどうぞ。






おしまい

by aru32to | 2019-05-22 20:54 | 雑談

中華スマホを買うときに注意する点を挙げてみる回

一昔前にはアングラな話をしていたblogが、いまや中華通販のセール情報と、提供される商品のレビューばっかりになっていて、そこに記載されている情報があまりにも中華スマホのデメリットを説明していない点に違和感を覚えたからです。スポンサーに骨抜きにされて、本来伝えなければいけない点をスルーしているあたり、日本のメディアと大差ないです。国民の体質なんでしょうね。
というわけで、無責任にやってるblogの割に、こういうところが無責任じゃない?といろいろなblogを見てて思うので、いくらか挙げていこうと思います。

※本格的にRed Magic Marsを使ってる以上、電波法云々は避けられませんが、自己責任原則で考えてください。

Google Playが使えない国のスマホ事情
前提条件として、やはりGoogleと中国の対立は続いていることを知った上で読んでください。
ざっくりとした理由としては中国政府のWeb検閲と、Googleのプライバシーポリシーに対してそぐわないという点があります。個人向けクラウドサービスもやっているからこその話なのですが、過去に中国からのサービスへのハッキングがあったためという側面もあり、実際に中国でのサービスが再開されたとしても、ごく限定的なものになってしまうと思います。
なお、おそらくOSそのものはオープンソースなので、AndroidベースとしたUIを搭載したスマホは特に問題ないとの認識のようです。仮に素のAOSPベースのOSが入っていても、アプリは独自のものが入っている可能性があり、それがセキュリティ的には安全なのか?という問題もありますけどね。

もっとも困るのはアプリの追加などになるのですが、これは基本的に端末メーカーやキャリア、ポータルサイトなどで入手可能になっており、その中にはGoogle Playなども含まれていることがあります。いわば、「名目上はGoogleアプリは非搭載だが、任意でのインストールは可能」とする形なのですが、日本ではOKでも中国に持っていくとそれもかなわないというサイトも存在しており、ひとえに揃えられていないのが現状というわけです。
まあ、WeChatやQQなんかもあり、JD.comやタオバオなどの独自通販なども発達、さらにゲームなども中国で別途サーバーを持っているようなソシャゲなんかもあったりします。日本の通信事情ほどガラパゴスとは言わないまでも、中国の独自サービスで代替出来るようなところは十分にあるということです。
さらに言えば、主に若い人などを中心として、中国国内での写真をtwitterやfacebookなどで書き込んでいるところを見ると、案外国外のVPNやプロキシサーバなんかを利用している方も多いんじゃないかと思います。ザルといえばザルなんだけど、そこまで徹底出来ない事情もあるんじゃないかと思います。(今後はわからないけど)


グローバルROMとはなんぞや?から調べる
そういう理由でGoogleサービスがインストールされていないというにもかかわらず、中国が世界で使える通販サイトでは、「グローバルROM」という言葉が出てきます。
XiaomiやHuaweiのように、グローバル展開している商品がある場合は、本当にグローバルROMが搭載されている(か、ある程度時間が経って、ブートローダーアンロック出来る状態でROMを書き換えてる)ので、そこまで心配する必要はありません。
それらのメーカーを持ってして、例えばXiaomi Mi Pad4やHuawei honor 8X MAXなどのように中国国内向けという特殊なモデルは存在します。人口の1/10でも1億台強ですから、当然作ってもおかしくないんですよね。

さて、そこでグローバルROMの話になるのですが、
  • root化
  • Open gappの導入
  • OTA Updateの無効化
がおおよそセットにされているケースが多いです。

場合によってはブートローダーアンロックもされているため、日本の基準から厳密に言えば、「ジャンク」ということになるわけです。この場合はメーカー保証外となるわけですし、経験上それを返品するようなことはなかったので、早い話実用ベースではそれほど問題はないとは思います。ちなみに、特にいじるなと注文しても、勝手にやられてしまうことも多いですが、利便性を考えるとやられて当然になっちゃうのかなあと。
これのデメリットは、root化されていることです。メリットとも取れる方もいるとは思いますが、これがOSの改ざんと認識され、特にゲームなどがプレイ出来ない、DTCP-IPによるメディアプレイヤーアプリが使えないという問題が大きいです。ハイエンドAndroidを選ぶ理由は、大抵の場合ゲームを快適にプレイしたいという点に尽きるため、割と本末転倒になってしまいます。
さらに厄介なのは、リセットをするとgappsが削除されることが結構多いという問題もあります。

またOSのアップデートも無効化されますが、セキュリティパッチや、OSのバージョンアップなども行われないため、例えば2019年5月の時点でAndroid 9.0が搭載されていないと、その時点で世代遅れになってしまいます。(例えばS855搭載でAndroid 9.0モデルは聞いたことがないけど)
商品サイクルが非常に速い世界であるため、ひとつ前のバージョンのOSをを搭載した上で、とりあえずリリースするものの、そのまま別商品の開発に回るため、結局OSのバージョンアップはされないことは、世界中のスマホメーカーであることです。
XPERIA Z世代の頃、国内では4.4.2止まりだった国内版に比べ、グローバル版では5.1.1まで行われました。ローカライズなどでもこの問題は起こりうるので、その辺はある程度割り切ることも必要なのかなと思います。

前述の通り、各メーカーのソフトストアでインストールすることが出来ることもありますし、極力OTAアップデート出来るほうが使い続けるためには一番いいので、本当であれば、メーカーROMを利用するのがベストです。


中華スマホでも地域によりgapps入りグローバルROMを出している主要メーカー
(日本国内で販売されていないメーカー)
※必ずしもすべてのモデルでグローバルROMを出しているとは限りません。
Xiaomi/Redmi
Vivo
Meizu
Nubia
ELEPHONE
ONEPLUS/Realme(OPPOなのでそれほど違いはないがw)

OUKITEL、UlefoneやDOOGEE、HOMTOM、LEAGOOなどはちょっと審議ランプになります。ただ、アマゾンで取扱があるメーカーも一部はあるので、このあたりは細工なのかメーカーROMなのかはちょっとわからないです。
この内、MeizuとNubiaはグローバル展開としては相当狭く、ほぼこのパターン。逆にXiaomiやOPPO/Vivoグループはほぼグローバルモデルを作っているので、買う時点でのハードルは低いと言えます。
なお、これらの導入に際してブートローダーアンロックをされてしまっている場合は、前述の通り、保証対象外になるとは思います。


1/3/8/41の壁は意外と低い?
もう一点、中華スマホのLTEのバンドがおおよそ1/3/5/7/8/38/39/40/41という点です。これは中国3キャリアと台湾で使われているバンドであり、そこに欧州向けの20、米国向けの4/66、徐々に対応してきたグローバルバンドの26や28などに一部対応してきた形です。
日本国内では、これまでSBグループとの相性が非常に良く、一部ではB41(AXGP)も利用可能と考えられています。(公式には接続出来ないとしている)そのため、ワイモバイルで利用するのが、実はベストだったりします。
しかしながら、ドコモもずいぶん前にB3に対応し、auや楽天もB3を取得し、さらにB41(WiMAX2+)も利用可能のようです。(無論、これも公式には接続できていないとされています)
で、面白いのは一部メーカーでここのところ、B19の対応を行いはじめた点です。まあ、単純に考えるとB26対応による副産物の可能性が高いのですが、チャイナ・テレコムやスプリントなどがB26を利用しているので、それならば包括されるB19も一緒に対応しちゃえという話なのでしょうね。
まあ、日本のMVNOは大半がドコモで、auやSBのMVNOなどはまだまだ少ないです。しかしながら、SBの場合はAXGPが使えないだけで、基本的にB1/B3/B8/B28となります。

また、地域により対応バンドが異なるキャリアもあるため、こういう系の端末を買う場合はどこに住んでいるかも重要なポイントかもしれません。
ドコモはB1とB19が全国バンド。東京・大阪・名古屋の東海道ベルトではB3。地方ではB19とB21が利用できることが条件です。また、B42は中継局リプレースなどが関係しているようで、利用者などを考慮すると、地方都市のほうがCAによる瞬間速度は速いかもしれません。
SBはB1とB3がメインで、B8/B11/B28/B42は今のところ予備扱いです。キャリア側がサービスエリアを細分化していないため、利用されているのかがよくわかっていません。B8に関しては3Gとの兼ね合いもあるため、果たして現在はどうなっているのか?という疑問はあります。ソフトバンクとワイモバイルでは更にB41(AXGP)が利用可能なので、MVNOに比べてその分のアドバンテージはありますが、それを抜きにしてもおおよそ全国でB1とB3で接続出来るのはメリットです。帯域が多い割に、CAはB1-B41/B3-B41なんてのも結構多いこともあり、速度理論値が100Mbpsを切っているケース(5MHz、1x1、37.5Mbps)もあったりするんじゃないかと思います。あとやっぱり主要道路周辺から外れたりすると、一発でアウトということもあります。
ドコモ、ソフトバンクの共通点として、メインバンドは低周波数帯ではないため、屋内にやや弱い点は共通しています。(以前よりは全然マシだけど)

auはどうなんだろうなあ。メインはB18/B26、B1/B3/B11/B28/B41/B42はサブと言いつつ、B1やB11、B41(WiMAX2+)はメインバンドクラスと考えていいでしょう。
ネガティブ要素は、そもそも中華スマホのメインストリームであるB1/B3が厳しい点。さらに通話利用の場合、VoLTEでの利用が前提となるため、果たして問題なく利用が出来るのかどうかは怪しいです。
ネガティブ要素はさらにあって、楽天がMNOとしてサービスインする際、しばらくはau回線のローミングを行うため、回線的にどうなるのか不特定要素が多すぎる点です。それゆえ、やはり中華スマホには合わないとしか。


まとめ:ある程度の逃げ道を作ることで、自分にとって最適化出来る中華スマホを買いたい
根本的な問題は何一つ解決していませんが、今まではそこがスタートラインだったわけです。その後自己責任でブートローダーアンロックしようが、特定のゲームが出来る/出来ないだろうが、MVNOやワイモバイルのSIMを別途用意しようが、文鎮化しない限りはトライすることがある程度出来ないと、実際は厳しいと思うんですよね。
また、線引も重要で、これが出来ればOK、これが駄目でもしょうがないというラインは必ず用意しておくことが重要です。

ちなみに、僕の場合、このライン分けは、
  1. データ端末+主要ゲームの動作
  2. データ端末+全てのゲームの動作
  3. DSDV、またはVoLTE(HD Voice)に対応し、音声端末として問題なく利用が可能
1番はおおよそroot化されてショップROMになっているバージョンです。台数をたくさん持ちあるくことが出来るなら、これでも妥協点にはなります。ちなみに過去にこれ以下はありませんでした。
2番は日本のVoLTEを封印されている、というかXiaomiやONEPLUSなんかはこれですよね。QPSTで解決できる可能性があるとはいえ、ベースバンドの書き換えなどはやっぱり不安要素となるため、ここで止めるのが得策とも考えられます。そして3番。古くはLeECOでSBのVoLTEが利用できた(非公式、実体験)のですが、今、僕がNubiaブランドにこだわる一つはこの点です。nubia Z17Sで日本のVoLTEやB19に対応したことで、音声端末としてようやく行けるようになり、Red Magic MarsでDSDVによる4Gデュアルスタンバイが可能になりました。実際ここに至ってしまうと、買い替えに躊躇する点はこのあたりですね。まあ、Red Magic 3でも特には問題ないでしょうけどね。

と言った感じで、ある程度のライン切りはしておいたほうがいいとは思います。
別に3G通話でもいいという人もいますし、ワンナンバーフォンのような、ワンナンバーサービスを利用すれば2番でも全く問題ないので、周辺機器や、逆にローエンドの国内スマホとの2台持ちなどでカバーする、などの工夫で解決してしまうという手もあります。

とりあえず、買う前にはある程度の下調べ、日本語の実機のないレビューではなく、英語や中国語の翻訳からニュアンスを解釈出来るのがベストです。それほど難しい言葉を使うニュースサイトはないので、まず理解できるんじゃないかと。
その上で買う場合は、セルラーとのやり取りでさらなる心労となる可能性もあるので、そこまでを楽しめるようになると一番いいんじゃないかなと思います。




おしまい

by aru32to | 2019-05-20 18:35 | 雑談

雑記 2019/05/15

いやね、お金がないときに来るメールなんていつもほぼスルーなんですけど。

だってさ。
詳細は触れませんけど、グローバル版がその時期から受付らしいです。いよいよ見えてきたね。


もう完全にXPERIA 1のラインは消えてしまっているのですが、XPERIA Aceの値段次第では...という可能性も捨てきれてない。
更に言ってしまえば、ここ2週間ぐらい、最終的在庫処分として端末購入サポート機種が増えるんじゃないかという淡い期待もいだきつつ。

一つ言っておくと、XPERIA XZ2 Compactもやっぱりしっくり来ないですね。
なんか指紋認証センサーにイラッとする。なぜもっと上につけようとしなかったのだろうかね。




おしまい

by aru32to | 2019-05-15 21:50 | 雑談

10-2=4+4 GWで思ったことと、買ったものを上げてみる

実は前半の連休で、オフハウスでPORTERのバックやらキーケースやらを買ったせいで、本業のおもちゃを買えなかった屈辱感がありますがw

結局前半4日と後半4日、5/1と5/2は仕事してました。仕事というほどの話ではないですが、会社でPPPoE接続の書類をずっと探すだけに2日費やして、結果として成果なしです。ホント、なんなんでしょうね?


ぶっちゃけた話をすると、どっかしらかでRed Magic 3をAliで買ってしまいたいという思いがあったんですが、そもさんいつものように生産が追いつかないのか、出荷数を絞っているのか、というか2日ごとぐらいに次回発売を予告するなら、まとめて用意しろよって言いたい。(5/3完売→5/7完売→5/9予約中)
まあ、グローバル版が出て、その後でMars同様にグローバルROMの提供がされれば、ほぼ購入確定ですね。

その他の日はダラダラしてました。
強いて言えば、シャニマスでアイドル作成を数ヶ月ぶりにやりました。12時解禁で見られる無料10連ガチャが、大事じゃなくてもクソガチャ。というかだな、愚痴が続くけど、正直100打席でSSR1枚程度出れば1%という可能性は嘘ではないと思うんですが、あまりにもpSSR/sSSRが出ないあたりにこのゲームの闇を感じる。
だってさ、デレステであんだけSSR出てるんだぜ。あれも確率論的には同じはずなんですよ。逆にiOS向けテストに使ってるサブ垢ですらちょっとした軍隊出来てますから、割とゆるいんですよ。そこんところ283プロは弱小だから厳し目にしてるとかいらない設定を入れてるんじゃないかと邪推すらしたくなりますわw
シャニマスに関する不満はまだまだあるんですが、1年で1キャラあたりpSR/sSRが2~3枚しか出せないという体たらく。二週間に1回とすると、計算上は25*3で75。理屈の上では結構出てるよと言いたいんだろうけど、その枠の中でプレイヤーとサポートが更に分かれるので、そうなるとほぼ1キャラあたり1~2種類しか年間に増えないというわけです。頭数が190と15で、その1~2種類というのは差が大きすぎる。1キャラあたりプレイヤー1種に対してサポート5種ぐらいあれば、ユニット作成なんかでも選択肢は取れるんでしょうけどね。

もう、冬優子だけでいいよマジで。

b0237530_15180855.jpg
というわけで、辻褄合わせの愚痴を延々と書いたところで、今回の本題です。

SONYのFES Watch U。まあ、E-INK表示が不良なんですけど、このネタがやりたくて買っただけです。大満足とは言いませんけど、1万ぐらいで正常動作品が出たら買ってしまいたいというぐらい遊べるかなとは思います。意識高い文字盤とかいらんのですよ。どこまでも俗物的で行きたいw
落とし所が難しい商品で、時計が欲しい人はこれ買わないし、スマートウォッチとしての機能もないし、おまけにゴムバンドだし。結構ガチャガチャするには怖いアイテムですね。

で、やってるうちにWearOSでも文字盤編集出来るソフトが出てたりして、結果的に「こんなんいらねえよ」になったのは言うまでもないです。そもそもmi Band3で事足りるしね。

b0237530_15180805.jpg
やっちまったなあ。
1台(左)は2月に買ったんですけど、トリニティが外装ケースをようやくセールし始めたので、今使ってる方はその外装に変え、あまりのケースがあったんで、たまたま売ってたCOREだけを買ってきて2台にしました。

1台は会社のアカウントを紐づけて、メールチェック用に使っているんですが、もう一台はどうしようという話ですね。




...気づけばnubia Xが安くなってるけど、これを買ったら負けだよなあ。






おしまい

by aru32to | 2019-05-07 21:16 | 雑談

雑記 2019/04/30

世の中は10連休だそうですがもう3日も終わってますからね。


なんつか、年号が変わってすぐ歳を取るんですよ。
去年の時点で平成最後の誕生日だったわけですけど、その辺意識したこともないですし、なにせ8年ぐらいは昭和世代ですからw

というわけで、Red Magic 3が発表されて、中国では5/3から発売らしいんですけど、今日になってグローバルサイトでも一応予告が出始めたんで、どこまで待つべきなのかという点で悩みはあります。(一応5月末にはグローバル販売も始まるらしいが)
悩みは他にもあって、幅が78.5mmと結構デカイこと、5000mhAと冷却ファンのせいで、6.65インチAMOLED搭載ながら212gと結構重いこと、それと赤は8GB/128GB、もしくは12GB/256GBの紅藍色を選ぶしかないという、定番のハイエンドカラーになってることですね。
どうせグローバルROM出るんだろうし、そういう点では今年はこれ1台でいいという形で12GB/256GBでいいんだろうけど、いいところ500ドル程度でなんとかしたいところなので...というか、8GB/256GBを作れよって思うけどw
アタッチメントに有線LANコネクタがあるのもちょっとおもしろい。けどこのドックも高いんじゃないかなと思ったり。

ただ、XPERIA 1が180gで、バッテリーが1.7倍程度増えるとはいえ、236gで我慢出来なかった人間が果たしてXPERIA Z Ultraやhonor 8X max級の212gに耐えられるのか、という疑問は依然として残ります。そういう点では、圧倒的にXPERIA 1なんですよねえ。
いやスマホとして考えるから良くないのでは?タブレットとして考えれば...うん、まあ大丈夫だろう。(XPERIA XZ2 Compactも買ったし)

とりあえず、AliExpressで初値を見てから考えようかなと思います。
8GB/128GBで550ドル程度ならまあ行ってしまおうと思いますけどね。(Marsはどうするんだって話だがw)



おしまい

by aru32to | 2019-04-30 01:55 | 雑談

雑記 2019/04/26

いつもの話ではあるんですが、今年のゴールデンウィークは実家に帰ると妹夫婦がいるので、変に気を使うので、どうしたもんかなという感じです。

なんだろ、運良くiPad mini5を買えてしまったあたりが運の尽きだったかなあ。
結局のところ、RedMagic MarsとiPad mini5、それとF-02Kがあると、おおよそのことは出来てしまうわけですよね。まあ、入力デバイスの関係でどうしてもPCは必要なんで、そういう点でThinkPad Yoga370は常時使ってますけどね。

ここ数日、iPad mini5用にLogicoolのCrayonを買ったんだけど、使う頻度を考えると買う必要性がなかったかなと。

ThinkPadも含めてタッチパネルとスタイラスペンがあるんだけど、一切使わないのが問題なんですよね。
元来、グリップを付けようが、もともと細いスタイラスペンで、ボールペンより汚い字をデバイスに書き込むということにどうしても抵抗がある人間なんで、GALAXY Noteなんかも結局大きいスマホ的な使い方しかしなかったわけです。
アナログな発言でおかしいと思うのですが、多分一番問題なのが、ファイリング方法なのではないかという答えになんとなくたどり着いたわけです。メモはいちいちネームをつけないし、見直すのにUIからメモを探す手間を敬遠するんじゃないかと。紙のメモだったらだいたい手の届くところにあって、パラパラすれば見つかるじゃないですか。これをアプリベースとして考えた場合、UIでファイルを探し、ファイルを見るというところに煩わしさを感じるのかなと思います。

情報端末ならどれでも見られて、メモを探すことが出来るというのは大きなメリットではあるんですよ。常時起動しているタブレットなら、なおさら使い勝手はいいんでしょうけどね。
行き着く先、「ラフに扱えない」。メモとして使う紙は非常にラフに使えるし、さらに言えばノートだってきれいに書こうぜ的なことはリアル中2ぐらいにもう思っていないんですし、なにより強度のある板ではないのが、紙としての最大のメリットなのかなとも思い始めました。ゆえ、シュレッダーが必要になってくるわけですけどね。
皮肉にも領収書や契約書なんかは電子交付でいいだろうと言っていた人間が、プリントの裏紙にメモ書きをすることになんら疑問を持たないあたり、デジタルデバイスへの考え方がまだまだ高価だった20年前で止まってる感ですね。


と、まあ厨二病的な言い訳文章ではどうかと思ったんで、紹介してなかった買ったものでも書きなぐりましょうか。
  • Apple iPhone7 Plus(ソフトバンク版)
  • SHARP AQUOS Sense2 SH-01L
  • FUJITSU ARROWS Tab F-02K
  • SONY XPERIA Z3+(SIMフリー、なんと5代目)
  • nubia RedMagic Mars
  • Amazon FireTV(現行世代)
  • SONY WI-1000X
  • Apple iPad mini5
  • au INFOBAR A03 KYV33
  • SONY XPERIA XZ2 Compact SO-05K(今日注文した)



現在はRedMagic 3買うかXPERIA 1を買うかで悩み中です。





おしまい

by aru32to | 2019-04-26 19:38 | 雑談

雑記 2019/04/10

で、Red Magic Marsをいろいろいじってるんですが、ちょっと気になる話。

AntutuのスコアがChina ROMとGlobal ROMで大きく異なっている点。
b0237530_23155900.png
これがChina ROM。いわゆるベンチマークなどでおかしいスコアが出ているというほうです。

b0237530_23155952.png
対してGlobal ROM。
3D性能のスコアがほぼ半減してるんですよね。スコアだけならS835のスマホ以下ということになります。
3DMark、GeekBenchなんかはスコアに違いはないんだけど、なぜAntutuだけこんなにスコアが違うのかが謎。


まあ、ゲームなどではS835に対して格段に動きがいいし、Global ROMでは結構鬼門と言われているANIPLEX系のゲームアプリが普通に動いてしまう(=rootなしでgappsがROMに入っている)ので、スコアのためだけにChina ROMでブートローダーアンロック→root化をするのもバカバカしいかなと言い聞かせながらw
ガバガバなデレステなんかはともかく、きらファン、マギレコ、スクフェスなどが動くので、台数を減らせてうれしい。
XPERIA XZ2 Premiumを完全に留守番にさせられる出来です。

そのうち落ち着いたらレビューを書きますけど、8GB/128GBを買えばよかったかなと後悔している。





おしまい

by aru32to | 2019-04-10 23:28 | 雑談

雑記 2019/04/02

買ったんですわ。
b0237530_22272733.jpg
b0237530_22272789.jpg
カッチョイイ。

nubia Red Magic Marsのメタリックレッドです。予算の関係で6GB+64GBモデルですが、409ドルと比較的安い値段で買えました。グローバルサイトは、予約開始の時点では日本も配送範囲に入ってた気がするんだけど、無理なんじゃしょうがない。

グローバル化するのがものすごく簡単で、公式においてあるイメージをダウンロードして、リカバリモードでリカバリ、その後フルワイプするだけという、今どき珍しい感じの簡単さです。

性能は...というより、軽くて画面がデカイっていいね、って思った。
何とはいいませんけど、これぐらい軽ければ、もう少し頑張ってみようかなと思ったんだが。



おしまい

by aru32to | 2019-04-02 23:50 | 雑談