人気ブログランキング |

カテゴリ:雑談( 152 )

雑記 2019/08/12

声のデカい意見ほど、的を得てないものはないと思うんです。
言っちゃ悪いと思いますが、言葉の暴力と事実の湾曲を繰り返して、今の世の中があるんですけど、そんなことばっかりやってるから、結果的に声のデカいやつが偉いって錯覚に陥りがちなんですよ。
善意にせよ、悪意にせよ、それが論議されることもなく、一方的に発信ばかりしてるから、世間からはだんだん見放されていって、凝り固まった主張になって、つまらない対立が起こってしまうんです。匿名を民意に都合よく挿げ替えちゃうあたり、やっぱり世界中で人間の劣化が進んでるんじゃないかなと思っています。反省終わり。


いやあ、辛い。
ちょこっと書きましたけど、甲子園が始まってから終わるまで、東京にいないでずっとホテルぐらしなんです。やさぐれパンダ化しますよ。
まあ、幸い仕事ではあるものの、8割は基本を忠実にこなすだけの仕事なので、それほど考えることもなく色々できちゃうんですが、そんな中、たった1日だけ移動日と言う名の休憩日があるんです。いいかよく聞け、移動日だからなw
で、問題はその移動なんですけど、10時そこそこに北海道の帯広空港から羽田に飛び、羽田から東京駅に戻り、新幹線と車で三重と奈良の県境あたり、名張って言えば分かるのかな?に今います。8時間の移動の末、しかも帯広の今朝の気温は14度。18時ごろの名張が31度、人間はたった8時間(もっと言えば羽田からの移動ですでに30度超の状態に叩き込まれてるけど)で15度の気温差があると、異様に消耗していくわけです。
辛いのはこれだけじゃなくて、この合宿日程で、行き先が3箇所あり、最初の北海道は荷物を持参しないと予定どおりにこなせないし、三重に持ってくる荷物も、3箇所目に行くための荷物と合わせて持ってくるため、結果として無駄に荷物が増えるという。で、今日になって、上司がここで使う予定だった肝心のデータバックアップ用HDDを東京に忘れてくるという惨事となり...。
リュック何キロあんの?13キロありますって言ったけど、使う工具から、長期遠征では何かと壊れるスマホとか、そういうのを持って歩くと13キロになるんです。伊達に13キロないんですよwそういうリュックなんですからw
まあ、ちなみに1TB*3らしいんですけど、自宅のNASデータの持ち運び用の外付けHDDも4TBが1台あるんで、その気になればそこにバックアップすることも出来なくはないというね。

そして、一点はほしいと思ったものがそうそう入手出来ない点です。
まあ、全部自宅に送るという荒業で、色々買ってしまうということでもいいんですけど、ストレスの捌け口をそれにしてしまうと、あとで大変なことになるので、極力買っても特に苦労せずに持ち運べるものを買っています。とはいえ、無駄遣いになるので、その辺が食費あたりに転化され、夕飯に1000円使ってみようかなって思うようになってしまうんですよねw

最後の一点は、旅費精算が4ヶ月に1回程度と、非常に遅い点です。
多分今回は旅費だけで10万単位を自腹で叩いているので、突然凄まじい額が振り込まれて、それは日頃の生活で使ったあとのお金ですっていう話になってくるんです。ゆえ、アマゾンのカードだとポイントが一ヶ月に2000pぐらい付いてる時あるんですよね。(普通にアマゾンで物を買って払っていればポイント付くわけだから、なんとも言えんのだけど)

前回、あんだけNubia Z20の話をしておいて、11/11を目安と話した理由はそんなところです。買いたくても買う予算が仕事で取られているという現実が憎いですね。



おしまい


by aru32to | 2019-08-12 22:58 | 雑談

雑記 2019/08/06

敵を作る言い方しますけど...

個人的に、UMIDIGIが異様なほどアフィブログで押されている理由が全くわからないんですよ。
純粋にお金もらってるってのを差し引いても、同じ価格帯なら総合的にいいものがありますよねと。
200ドル出してHelio系買う人ってのは、どうしてそれを買うのか?って疑問が湧くんですよね。
絶対的なパフォーマンスだったら他に選択肢あるし、DSDV対応だって今更な感じはありますよね。
...というか、UMIDIGIって技適取ってたのね。もしかして売りはそれなんだろうかな。

なんか、スマホってカテゴリで分けるのがだんだん無理になってきてる気がする。
S675あたりのスマホってミドルじゃない気がするんですよね。だからといって、S630搭載してる某メーカーが某キャリアで5万で販売してて、「あのXPERIAがこの価格で!!」なんて出しちゃってるわけですからね。かたやAce、かたやXZ3だからねwかのキャリアではミドルエンドだと思ってるのがどうかと思います。
現状、Antutuなんかのベンチマークで性能面を見ることが多いけど、AntutuのVer.6とVer.8では大きく異なりますからね。その辺を考慮しなきゃいけないし、逆にスコアだけだとトータルバランスを見ることが出来ない。この辺が難しいところです。

いや、でもXPERIA Aceの外見や液晶サイズで10 Plus相当のスペックを搭載すれば、多少高くても買おうかなって感じにはなりますけどね。


一度会社を潰しちゃった人の会社なんで、全然信用出来ないんですけど...
53,784円で6GB+128GBが買えるのは割と衝撃的だったりする。まあ、外見とかがアレですけど、普通のスマホとしてのパフォーマンスはベストに近いので、そこを知って欲しい。
ハイエンドをこれぐらいの価格で買えるようになる土壌が出来てくると、ハイエンドが腐るほど売れた結果として、進化しすぎてしまったリッチコンテンツ先行の今でも十分扱えるのかなって気がしますね。ただし出る前からすでに型落ちなのが玉に瑕。


なんか、GALAXY Budsをヤフオクで見てるんだけど、ただで配ったせいか結構値崩れしてきてるので、ちょっと欲しくなってます。GALAXYのおまけで付いてるイヤホンと同じでAKGチューニングだけど、さすがにおまけのイヤホンよりは音がいいんじゃないかと思っています。
Samsung傘下になったとは言え、AKGは完全ワイヤレスイヤホン作る予定もないでしょうし、N20系が終了してしまったことで、さらに縮小してしまわないかちょっと怖いです。

...まあ、N200NCなんていうトンデモが出るっぽいんですけどね。

WI-1000Xの後継モデルが出なかったらとりあえずこれ買うかな。





あああ~。8月はこれで東京を出るのか。出張行きたくないよ。







おしまい

by aru32to | 2019-08-06 21:56 | 雑談

雑記 2019/07/21


去年もそんなことを考えていましたけど、あん時はX1 Carbon 3Genだったんだよね。
今はYoga370。ほぼ大差ないあたりが問題っちゃ問題。

恒例のカスタマイズ計画の時間です。
予算は限られているとはいえ、今のYoga370に比べれば拡張余地がずいぶん大きいので、ミニマム構成+後付でごまかすという流れでしょう。

1.CPU
CPUは今はBGAなので、(正確にはマザーボードを交換という手段はあるにせよ)交換できないという点で後々悩むことになりそうではあります。これが一番の迷いどころで、i7-9750Hであれば6コア12スレットとなり、ゲーミングノートとして見劣りはしないです。が、基本的に一般用途という点で、遡ればi7-7500Uぐらいから(もっと言えばi7-5500Uから)苦しい状態にはないということです。ノートPCでエンコードとかしない限りは確かに必要ないかなとは思ったりします。
i5-9300Hも4コア8スレ、45WのTB高クロック仕様ですし、現状のi5-7300Uに比べれば雲泥の差にはなると思います。

2.液晶パネル
これも現実問題としてパネル交換は出来るけど...という話になってきます。
徐々にeBayやAliなんかでも15.6インチUHDのLenovo保守パーツが出てきて、一応は入手可能というレベルにはなっています。UHD対応のeDPのケーブルなんかの入手が可能なのかという話になるので、そこまで考えると無難にメーカーカスタマイズで選択してしまうのがいいのかなと思います。とは言え、その差+48600円...。
13インチFHDで拡大率100%、これで慣れてしまってると、15.6FHDってのは大きいと感じてしまいそう。

3.メモリ・ストレージ
ぶっちゃけ最低限で、総入れ替えが一番ベストかなと思っています。
急反発という見方もありますが、特にストレージ絡みは3D NANDに加えQLCによるところが大きく、今後も同価格帯を維持するんじゃないかなと思っています。それじゃなくても、もうメインストリームは512GBから1TBへ移っている気もしないでもないです。
メインメモリ容量は、困らない限りは16GBでいいので、余っている8GB DDR4-21300と最低限で選択可能な8GBでデュアルチャネル動作させればいいとして、SSDはメインに512GB程度のNVMe TLC、もう1スロットにSATA QLCの大容量モデルという感じでしょうか。
ちなみに、初代Extremeはデフォルトが16GBとなっていて、メモリが1枚か2枚かという感じで選べたのですが、今回は8GB追加で17280円。ストレージに至っては1stの512GB NVMeで+27000円と、両方とも1ランク上げるだけで結構キツイ感じになります。純正はその時々によりますが、メモリがだいたいサムスン、SSDはIntelかサムスンだったと思います。

4.その他
地味に外付けLANコネクタがデフォルト選択されており、これを外すと5400円引かれます。というかこのコネクタってX1や今のYogaシリーズなんかと同じだった記憶があり、普通に買っても3240円だった気がする。PXE bootとかは自分用PCで必要ないので、使えなければもういいやと。有線LANが必要ならUSB3.1とかで拡張しちゃってもそれほど問題はないです。
保証...新品のPC買っても即こじ開ける感じなので、1年あればいいんですよね。ある意味ThinkPadは治すのも醍醐味ですし。
あとはACアダプター。こればっかりは135Wが絶対に必要な感じなんだろうけど、基本出先ではUSB PDの65Wで乗り切るというのがベストなのかな。

まとめ
結局、大きな迷いとしては、UHDにするか、FHDに甘んじるかという点なのですが、ショッピングローンなどを通す場合、20万円が目安となるので、その辺が悩みどころではあります。
さらに言ってしまうと、テンキーなしモデルじゃなければ、DELLでもMSIでも、同等かそれ以上のスペックのモデルは買えてしまう。UHDとなれば選択肢は少ないものの、それでも買えてしまうメーカーすらあるというのが大きな問題です。
5万ぐらい差が出てくれば1Genでもいいかなと思ったんですけど、今の所はそこまで大きな差が出てないので、どうせ買うなら現行世代のほうがいいかなとは思っています。


イチかバチか、9月のギリギリあたりで24回を通してみるってのは面白いと思うんだよなあ。






おしまい





by aru32to | 2019-07-21 04:10 | 雑談

雑記 2019/07/16

いい加減体調が戻らない...。

まあ、原因としては、7月に入ってから数日周期で関東と関西を往復してて、その都度東京と大阪で10度近く気温が違う状況で、だんだん衰弱してるという感じ何でしょう。
通常攻撃がマップ兵器で二回行動のお母さんを見るためだけに強行軍を強いた俺がいかんのですよ。なんかタイトル違うがw


なんとなく、Ultimate EarsのUE900sをヤフオクで落として、リケーブルしながらいろいろ使ってみたんだけど、純正の3.5mmケーブルが一番しっくり来る音になるんです。それはそれで当たり前なんですけど、気に食わないのは、Hiby R3の2.5mmバランスでは、手持ちの2.5mmケーブルではしっくり来るものがなかったということなんですよね。
なんとなく悔しいのもあって、FOSTEX TM2にUE900sをくっつけてみたんですけど、派手なホワイトノイズを除けば、純正ケーブルより好みの音に近く、もうこの組み合わせで使おうかなって気がしてます。
とはいえ、そもそもに音楽を聞くってこと自体が、移動の時か、家で滅入ってる時で、割と適材適所にしていて、
  • 飛行機が必要な移動→WH-1000XM3+Headphones Connect/Music Center
  • 新幹線が必要な移動→WI-1000X+Headphones Connect/Music Center
  • 近距離移動1→AKG N40/BL-AKX1+Hiby R3 ※これが現状一番気に入っているシステム
  • 近距離移動2→Ultimate Ears UE900s/FOSTEX TM2+Hiby R3 ※暫定
という感じで使っています。ANCの有無と、それを活かすためにどうすればいいかということを考えた結果ではあるものの、もしかしたらHiby R6にHeadphones Connectさえブチ込んでしまえば解決できそうな問題ではあるんだよなあ。でもR6は販売終了だしなあ。うーむ。


まあ、今月はもう諦めて静かにしておきます。





おしまい


by aru32to | 2019-07-16 22:47 | 雑談

「最大」再生時間=連続再生時間ではないっておかしくね?

重箱の隅をつつくような話で申し訳ないです。

最近、充電なしでも10時間程度連続再生出来るTWSが結構出ています。
それに関しては手放しで素晴らしいの一言に尽きます。ある程度遠くまで新幹線で往復しても電池がギリギリ持つわけですから、こんなに煩わしくないことはないです。

で、問題はこのあとです。
TWSで25時間再生って聞くと、「え、それはおかしくね?」って思うんです。このカラクリって、ご存知の通り、ケースで充電している時間は考慮されていないんです。25時間連続再生ではなく、25時間再生と表記されるのはそういう理由なんですよね。
素人判断では間違いなくミスリードを狙っているものなんでしょうけど、なかなか難しいのは、スマホとかでも、電源のON/OFFをすれば、確かに稼働時間としてはそのぐらいになるので、ひとえに表記として間違いではないと思うんです。
そうなると、最初に話した10時間連続再生出来るTWSは、例えば、本来40時間再生と表記しても、間違いではないということになってしまうんですよね。

企業がプレスリリースする上で、カタログスペック上の数値は必要だと思いますが、それが25*1なのか、5*5なのかは、見出しの部分で明確にすべき。これはメーカーサイドにとって、特に売りがなければそういうウリ文句を作るしかないということも分からないでもないんですが、単純に見たときにミスリードを与えるということは、買ったあとにメーカーのブランド力や評判を落としたいのであれば別にいいですけど、なんか最近こういうすごくつまらない小細工をするメーカーが多すぎないかって思うんです。
出したあとに追記で情報なり、謝罪なり、クレーマー対応なりするのって、めちゃくちゃ労力がかかるじゃないですか。そこに営業部門だったり、広報だったり、サポートだったりの連携に欠けていて、結果として商品が失敗してしまう理由が、最近はこの辺にあるんじゃないかと。

なんだろ、曖昧な表現が日本語の特徴でもあり、結果的にミスリードを与える欠陥でもあると思うし、結果として「間違えたほうが悪い」って感覚に、今の工業製品が行きがちになってるのは、いい流れではないと思いますね。

読む方・買う方も警戒はしなきゃいけないですけど、あえてそれを強いるやり方はやっぱり好きじゃないです。




おしまい

by aru32to | 2019-07-16 20:39 | 雑談

雑記 2019/07/09

今回は読まなくてもいい回です。スルーしてもいいです。



「あまり現実的じゃないですよね。」

これって、いい大人ですけど、案外多用してしまう言葉だと思うんです。
歳を取ると、この現実的じゃないことを頭で理解出来てしまうので、そこで使う機会が多いのかなと。
まあ、デスマやったり、ひ孫受けやったりしている業界では、当然のように現実的じゃないことを掲げるんですけど、そこに携わる人間の質とかまである程度理解出来てしまうと、ずいぶんと下方修正が入るのですね。まあ、リスク承知でやるということより、メンツなんかを全面に押し出すと、絶対に乗らないロードマップが作成されてしまい、予算確保後に下方修正し、したり顔でペコペコするような場面を何度も見ていますから、やはり現実的じゃないんだろうなと。

いちいちブログだからソース云々より妄想とかでもいいじゃんという話ではあるんですが、大手メディアの記事とかで、あまりに現実とかけ離れたことを、妄想ではなく実現可能だと言い切っちゃう感じの書き方が僕はすごく嫌なんですよね。ぶっちゃけ10通りの方法があって、10通りとも現実的に不可能な話って、記述として残すには忍びない感じが僕の中ではあるんです。現実路線ではないにしろ、一応自分の中で書きながら脳内ブレインストーミングしながら書くわけですけど、その時点で死蔵となる記事だって、結構あるんですよ。
例えば、僕がスマホメーカー作りますって書いたら、それは現実的に不可能ですよ。スマホメーカーを作る気がありますですら書いちゃいけないレベルですよ。それこそ前にちらっと書いたまま実行してない、2割程度負担するから、誰かスマホを共同購入しない?ってレベルを書くのが現実的な可能性として精一杯なんですよね。

妄想です。でも建設的意見です。だけど物理的、予算的、あるいはそもそも検討に値しないようなことは、すでに建設的意見でもなんでもないんですよ。ブレインストーミングでは、「それはろんりてきではない」とは言われないものの、どうやったらその意見に具体性を持たせられるかってなったときに「どうやっても具体的妥当性に値しない」ってのは建設的意見じゃないでしょ?
妄想を建設的意見と言い張るなら、言い張るだけの論理武装をしてからやりなさいよって思うんですよね。
多分、25年前の僕に藤崎詩織が爆弾持って伝説の樹をふっ飛ばすゲームが出るって言って、「はぁ?」って言われるところを、どうやったら彼を納得させられるか?って話になるわけです。コナミとハドソンの話とか、ボンバーマンが萌えゲーになってしまったとか、そういう話を彼に納得させるとか不可能なレベルですけど、自身でもそれを四半世紀の年月で片付けられるわけでもないでしょ?って話になります。ここを納得させる要素として、可能性へのアプローチを事細かに説明して、理解してもらわないと、建設的意見まで行かないよって思いますよ。
こういう妄想を書ける人って、ある程度子供ならまだいいんです。でも推定年齢を見ると、いい歳してその妄想はなくね?っていうものは多いと思うんですよね。それがポータルサイトに載ってて、読む方が「これはおかしい」って思う記事を止めるべき人間もいないって、おかしいですよカテジナさんってなるでしょ?

まあ、夢のあるレベルで片付けられる話は心の中に留めておきたいものではあります。それが建設的なのかどうかは自分しきい値になっちゃうから、すり合わせをするための論理武装ではあるんだろうけどね。

前々から(メディアなり、アフィリエイトなりで)お金を貰って記事を書く人への責任というか、義務というかはよくよく書いてきているんですけど、お金を貰ってなくとも、文字として世の中に広まって、残ってしまうことをなんとなく頭に留めておきたいものだなと思っています。
(ここまですげえ早口で言ってそうな内容だわw)


さて、なんでこんなことを書いているのかというと、参加出来ていないAMD祭りの凄さがメディアを通して伝わってきたからです。(今までの駄文がIntelのチック・タックに対する説明義務ってわけではないですけどw)
AMDが元気になってる=自作PC市場が元気であるみたいなところがここ20年ぐらいあって、それがまた来たなと思い。
と言っても、僕が最後に自作PCを作ったのって、Phenom II X4 940BEで、SocketAM2+とかだったはずなんで、えーと、10年作ってないことになりますね。今の自宅に引っ越してからは自作PCは作ってないですし、メディアサーバーにしていたこのPCは2012年ごろに売却をしているので、まあ本当に10年自作PCをいじることはなくなってしまった感じですね。(その分ノートPCに金を突っ込むようになったわけだけど)
この前パワリポの月刊最終号を読んでてちょっと話になったんだけど、CPUにおけるAMDだったり、Cyrixだったり、Crusoeだったりって、なんかかっこいい感じがしません?アウトローなんですよ。でも絶対Intel製には勝てないんだけど、その図式を初めてAthlonが書き換えてしまって、そこで他のメーカーもちょっと元気になったんだけど、PenM→Core2あたりの流れでまた一変しちゃうわけです。
そこからAMDが再浮上するのはRyzenまで待つことになるんですけど、ちょっとだけSocket939のデュアルコア時代にも盛り上がった時があって、その都度自作好きならAMDに移行しちゃうタイミングだったと思うんですよね。

僕の自作PCのピークは、多分、初回分のA7M266とAthlon 1.2GHz(FSB266)を買って、コア欠けさせて、FSB200でしか動かず、その後カノープスのFirebirdを買ったあとに試してみたら、普通にFSB266どころかFSB300ぐらいまで回せてしまったところですかね。後にも先にも、1台のPCに突っ込んだ金が、普通に当時の一番グレードの高いThinkPad A23とか、VAIO GR9Eとか買える金額...ああ、そう言えば俺はThinkPad T42にそれに近い金額叩き込んだなw
まだ一線でデスクトップ使ってた時代ですし、ショップでバイトもやってたので、なんとなく負けるのが嫌だったのもありましたけどね。
いや、真面目に動かないんですよ。そもそもFSB200でも動かないんですよ。DDR SDRAMってPC1600でも高くて、128MBの2枚組で何故か片方だけで起動するとか訳わからない話になったり、VGAがその前のPCに刺さってたRADEON256じゃ起動しなくて、仕方なしにSiS6326のPCI VGAとか、Intel 740のPCI VGAとか試したり、マザーがBIOSのアップデートをすると、なぜかPCIカードが認識しなくなったりとか、本仕様に至るまでにPCが2台ぐらい作れるんじゃないかっていろいろ試したんですよね。今の俺には現実的じゃないですが、当時の俺にはその現実が楽しめたんでしょうね。
なぜか、このPCって最終的にマザーボード交換まで行って、MTV2000でTV録画とかしてるんですけど、まあスタンバイがうまく動かないもんだから、諦めてPC付けっぱなしにしたりと、無駄が非常に多い時代でした。

で、愕然としたのは、その後FSB800のPentium4(Northwood)で組んだPCがエラい安定しちゃって、スタンバイとかも出来るようになってて、なんだこれ...ってなったのは言うまでもなく。

久々に小型DTを組んでみようかなって思う要素は結構あるんだよなあ。
ただ、おんなじお金を掛けるなら、自宅でしか使えないデスクトップよりノートPCのが優先順位で全然上になってしまう。これが昔からどうも変わらない感じなのがなあ。
最近は持ち運び出来る15インチぐらいのモニターもあるし、確かに現実的にはなってきてるけど、そもそも膝の上モバイルだとモニターはキーボードに固定されているほうが格段に使い勝手がいいし、プラス3キロの重量が良しとするなら、プラス3キロ分の別デバイスを用意したほうが、シングルタスク・マルチデバイスっていう使い方に適しているんですよね。

世の中マルチタスク出来るのに、デバイスが減らないと、タブ3枚にスマホ2台、そこにPC1台ってわけわからない環境が出来上がってしまうわけで。いい加減になんとかすべきなんだろうなw









おしまい

by aru32to | 2019-07-10 22:49 | 雑談

雑記 2019/06/30

ファッ、6月終わるwww

なんでも、僕の7月の予定がすでに出張で20日ぐらい埋まってるんですよね。
どうじてこうなった感があるんですけど、まあ、仕事だししょうがないね感に包まれています。

いかんせん、ホテルの部屋にネット回線があればだいたいのことは出来るんですけど、いろいろストレスに感じることがあって、もう月額100GBぐらいのモバイル回線を契約しようかと迷うところです。そうすればホテルのWiFiに依存しなくとも案外行けるんじゃないかと思います。

とはいえだ。ここまで来るとある意味東京に住んでる理由すらないですよね。
自宅に居ても、結局は出張先にいる時間のほうが長いですし、いい加減、実家に帰ることも考えたほうがいいのかな。


なんか、デレステが結構大きなアップデートしたそうで、これはまたベンチっぽいものを出してきたなと思い、Red Magic3を拾い上げてみたら、なんか新しいファーム(Ver.2.11)のお知らせが来て、22時過ぎにわちゃわちゃしてます。
このあといつもの撮って出しでYoutubeにアップしておきます。

...どうしてこうなった...。



おしまい


by aru32to | 2019-06-30 23:21 | 雑談

雑記 2019/06/19

いやあ、辛い。

何が辛いかって、XPERIA XZ2 Compactが重すぎる。いや、正確には画面サイズと重さが比例していないというのが正しいのかな。じわじわとRed Magic Marsロスが広がっています。これ1台でなんとかするのは結構厳しい。
幸い、あと数日でRed Magic 3が来るので、それはそれでいいんだけど、それよりもMarsの液晶パネルが全然届かないことにちょっとしたイラつきはあります。なんだかんだ言ってデータは2週間前のまま。ゲームは移動できたとしても、データ移行まではしてないので、早いところ修理してデータだけでも引き抜きたいところ。これだからシンガポールポストは駄目なんだよ。

XPERIA XZ2 CompactとFOSTEX TM2は一本ずつ記事起こしはしようかなと思っています。レビューサイトもずいぶん放置しっぱなしなので、(と言っても、5/4に投稿してるので、今までに比べたらまだまだスパンは短いはずなんだが)いい加減なんか書こうかなと思っています。
案外この2つ(+Red Magic 3)は需要があるかもしれないかなと思っていますので、まあ気長におまちくださいかな。


おしまい


by aru32to | 2019-06-20 00:00 | 雑談

雑記 2019/06/07

常々思うのですが、第四次スーパーロボット大戦(SFC)において、一番むずかしいステージは37話「栄光の落日」か、42話「アクシズに散る」のどちらかという意見が多数ある中、実は38話「ゲストとインスペクター」が難易度的には一番高いと思うんですよね。
このステージってスーパー系のBチームで、かつ足が遅くてトドメを刺すスーパーロボット(ダイターン3、ゲッター、コンV、ゴーショーグン)ばかりということもあって、メチャクチャ苦戦した覚えがあります。
サイバスター、オーラバトラー系、ZZに乗せたカミーユ、真ゲッターロボあたりを使って強引に増援前に倒すしかないと言わんばかりに2ターン攻略とかを考えるわけですけど、オーラバトラーも宇宙では適正Bなんでダメージも通りにくいし、しかも敵は二回行動してくるやつが出てくるので、そもそも1ターン目の敵フェイズでオーラバトラーが落とされる可能性すらあるというw

ちなみに、上記のステージ含め、319ターン以内クリアを目指してると、案外簡単にクリア出来ます。というか、増援を出す前に片付けるというのがポイントなんですよね。したがって、マップ兵器でいかに数を減らしていくかというのが生死を分けるというかw


でも、第三次とか、FCの第二次とかみたいに、現実に勝てないだろって思わせるようなレベルじゃないんだよなあ。第三次はともかく、第二次なんてドラクエも真っ青なぐらいだったような覚えがあるんよなあ。

ちなみにスパロボはα、GBAのAあたりで止まってて、かろうじてRは一周クリアしたぐらいかな。15年ぐらいやってないw



出張中に朝起きたら、Red Magic Marsの画面が乱れたまま、タッチパネルも動かず、結局動作しないままになってるわけです。充電してて、ケーブルがダメなのか、それともパネル自体がダメなのか、まあ本体のボタンが全て生きていることを考えると、単純にパネル交換で行けそう感はあります。
いつもならAndroidとSIMフリーのiPhone7を持ち歩いてるという話だったんですが、こういうときにiPad miniとd-02KとRed Magic Marsだけしか持ってきてないので、音声端末がないという事態になり、仕方なく近くのゲオに駆け込んで、仕方なくSH-03Eを買いましたが、あ、これSIMアダプターねえじゃんってwww
まあ、とはいえ、なんとなく財布に入ってるSIMピンとSIMアダプターが真価を発揮しましたね。こういうこともあるもんだ。

が、ここで大きな問題が。
現状、唯一無二の存在だった理由は、S845で、ゲームデバイスかつDSDVだったことなわけです。何を今さらといいますけど、Linksmateがないと俺のモバイルネットワーク網は壊滅的になってしまうところもあり、そのためのDSDVだったんですけどね。最悪何かを削ってワンナンバーフォンを復活させるしかないのかなあと思ったり。とりあえず、予備の予備であるXPERIA A4にnubia Z17Sを使ってますけど、S845を体感したあとは、なんとなくパワー不足は感じるんですよね。ましてゲーミングスマホだっただけにね。
まあ、一番いいのは多分Simply+nubia Z17Sか、買ったのに忙しくて放置してるXPERIA XZ2 Compactでしのいで、Red Magic 3に移行して、のちRed Magic Marsを修理するという流れでしょうね。

そういうこともあって、Red Magic 3は急務ではあったんですが、黒の8GB/128GBで行くのは少々気が引けるわけです。妥協点は赤の8GB/128GBかなとは思うんですが、そうは言ってもやっぱりRedblueの12GB/256GBが欲しいというのがあって、479ドルと700ドルの差をどう自分に言い訳出来るか、という話になってきてるわけですね。
迷彩柄にカーボンシートを貼ってそれっぽく見せるというのも考えたんですけど、陰キャなんでどうも見た目的にどうなんだろうなあと思うわけです。結局、まだ売り出してないので、買えないわけですけどね。なんで12GB/256GBの赤を作ってくれないのだろうかとちょっと恨み節。まあ、多分Comoの12GB/256GBを買っちゃうと思いますけどね。


EarStudio ES100を売って、FOSTEX TM2を買いました。
キャラクターが全然違うモノですけど、前者はDACにAK4375Aを2基搭載して、2.5mmバランス接続で、LDAC接続出来るわけですけど、毎度言っている通り、旭化成のDACは音が綺麗になりすぎる気がするんですよね。
正直、Hiby R3のほうがやっぱり好みなのと、そもさんスマホで音楽聞かないじゃんって話なのでほぼ使ってなかったんですよね。いいアイテムだったとは思う。
単にLDACという点ではMUC-M2BT1があるものの、再生時間が若干短いのがネックなので、本当に10時間とは言わずとも、せめて8割ぐらいの8時間ぐらいは持ってほしいと思い、TM2を買ったわけです。
とりあえず7時間半ぐらいは持つ上、味付けはほぼない(QCC3026のDACをそのまま使っている)ので、AKG N40に限らず、ほとんどのMMCX対応イヤホンなら、そのままの音が出てくる感じです。面白いのは、曲によって脳内音座標がアンバランス接続ではなく、バランス接続の音に近い感じがすることです。
バランス接続だと、ちゃんと音源が作られていれば、左右に上下が追加される感じがあり、そこに良し悪しを感じるわけですけど、これに近い感じの聞こえ方はします。まあ、純正の2.5mmじゃないので、はっきりした話ではないんですけどね。
CSRのチップとの違いがあるとは思えませんが、MUC-M2BT1はやっぱりSONYの味付けが少なからずイヤホン側に乗ってるわけで、このあたりが難しいところではあります。ただ、MUC-M2BT1のLDACの接続重視とTM2のaptX接続では、途切れる頻度は前者のほうが高い(ビットレート高いんだから当たり前だけど)なんで、素直にワイヤードで使ってるのと同じ感覚になれるのはいいと思います。
ま、ケースがあんだけでかいのにケースにバッテリーが入ってないのは、許容されるのか?という気もするんですが、いわゆる宝石の収納箱というイメージなのかなと思いますね。



おしまい


by aru32to | 2019-06-07 22:58 | 雑談

雑記 2019/05/22

軽々しく神だの炎上だの賛同だのを使う世の中ってどうなんですか?

日本語って、そもそも複雑過ぎて、大体古文なんていうものがざっくりしすぎて、実際に大陸から伝わったのか?あるいは独自の解釈から発祥されたのかはさておき、それがどのような変化をしてきたか?というと、だいたい250~400年ぐらいでの区切りになっているらしくて、今は明治ぐらいの東京語がベースらしいですね。

当然、500年とかすれば、どっかの教科書にこのblogが出典されたとき、翻訳とか必要になる世の中なんだろうと思うんですが、もうその頃には曖昧な表現(いわゆる外国語におけるYES/NO以外の表現)というのが理解されない世界なんじゃないかなと思ったりするんです。日本語の研磨という点では喜ばしい反面、ボキャブラリーや表現力の縮小は避けられないですよね。そう考えると、僕らの生きている現代は、本当に言語の急速な劣化の中で生きているのかなあ。
でも、ダメなことをダメということより、賛否をもっと考えていくほうがいいんじゃないかとは思う反面、この空気を感じる人間としては、道から外れることへの怖さだったり、同調による共存だったりとかが崩れるんじゃないかということを考えてしまいますね。ゆえ、己の正義が正しいと言ってしまえる世の中なのかなあと。

で、その頃、神という言葉は果たして信仰する者であるのか?炎上や賛同という言葉はいつの間にか物事の賛否だけに使われる言葉へ移っていくのか?というのを見届けられないのは、イチブロガーとしては残念でなりませんね。


なんでこんなことを書いているかというと、単にFF6のガストラ皇帝の会食におけるロビー活動や会話の選択なんかが、非常に大人な対応だったんだなと改めて思い返しただけです。あんまり気にしないでください。


本題。
やっぱり、XPERIA 10 Plusを買ってみようかなって気になってきている話。
F-02KとiPad mini5を買って、それぞれに使っているんだけど、正直なところ8インチというのは携帯するにはいい半面、これを常時情報端末にすることは厳しいという結論に至ったわけです。
理由はいくらかあるんだけど、前にも言ったようにケース付き250gのXPERIA XZ2 Premiumは重いということになり、200gジャストぐらいのRed Magic Marsなんかは特にギリギリセーフ、同じくiPhone7 Plusも持ち歩きにはそこまで問題ないんですよね。
で、XPERIA 10 Plusは180g。確かにXPERIA 1のモックおよびホットモックのハンドリングだと、親指の守備範囲が画面の一番上に届かないのは間違いないんだけど、それでも現在持ち運んでるスマホ2台より10g程度はケースをつけても軽くなって、画面がデカくなるというのはメリットなのかなあ。(LDACとかは副産物的なやつですなw)
イヤホンジャックもあって、これはいいんじゃないかと思うんだけど、それでも俺が買うのは多分グローバル版Red Magic 3買ってからじゃないかなあと思います。(発売日待機)

恨み節じゃないですけど、XPERIA AceにS636さえ搭載していて、5万ぐらいだったら即座に一括するぐらいの準備はあったんですよ。なんやかんやで筐体は95点ですし。(マイナス5点は音量ボタン)S630はねえよなあっていう。ま、結局そういう理由で、最終的にd-02Kを期間限定ポイントでマイナスにして買っちゃうあたりに嫌気がさしますね。

今週は何気にオーディオ関係が結構来ていて、FOSTEXのTM2が来週正式に発売されるようでして。
今のところ読めないというのがあって、争奪戦になるか、キワモノになるかという両極端な未来しか見えないんですよね。逆に付属しているユニットに2.5mmのケーブルつけて使うのもいいのかなあとか思ったり、割と夢が広がるアイテムなのですが、TRN BT20もMUC-M2BT1も使ってないで、結局2.5mmのケーブルを使っているあたり、それと新幹線ではWI-1000X、飛行機ではWH-1000XM3という、これまたANCな世界で生きてるので、使いますか?と言われると、うーんどうなんだろうなあって話ではあります。AKG N40をワイヤレス化しても、流石にANCユニットまでは搭載できませんからね。これなんだよなあ。
あと、忘れないうちにメモしておこうと思ったのが、iBASSOのDC01という、type-Cー2.5mmバランス接続出来るアダプター。これもこれで二重アダプター生活から開放されることを考えると、ありなんじゃないかって思います。あわよくばアンプも乗っけてほしいけど、DACオンリーなんだろうなと。(まあ、これもお前にはES100をケーブルで繋げばいいじゃない問題がありますけどw)

現状報告。
なんかアマゾンでPatriotのメモリ系がえらく安いので、メインのThinkPad Yoga 370に16GBのSO-DIMMとNVMeの512GB SSDを突っ込みました。なんかえらい安いPCだったはずなんだけど、スペック強化していくうちにどんどんダメなPCになっているんだけど、困ったことにちょっと問題が起こっているので、これを解決できるかどうかですね。
あとFES Watch U買いましたけど、4,000円そこそこで、電子ペーパーそのものが不良とわかっていてヤフオクで落としたまではいいんです。えらく電池持ちが悪く、当初は電池交換だけして、電子ペーパーは諦めようと思っていたんですけど、電子ペーパー交換を12,000円でやってもらえるということだったので、やってもらいました。
結果はTwitterの通りなんだけど、いわゆる新品交換です。16,000円で新品のFES Watch Uを買えたと思えば、まあそんなに損はないです。ただ、左手にFES、右手にmi Band3という、非常にカッコ悪い感じにはなってしまいますけどね。


予告だけしておくと、直近でRed Magic 3を入手したあとで、Red Magic Marsかnubia Z17Sのいずれか(多分前者)をヤフオクに出す予定です。それとFOSTEX TM2、あといい加減話にも上がらない1moreのANC付き完全ワイヤレスイヤホン、そのあとぐらいにXPERIA 10 Plusになるのかなと。ジャンルが偏り過ぎてる感がありますけど、まあこのページがそんな感じなんで、許してほしいです。

あと、さっきちょこっとデレステの記事に手を加えておきました。
今回はテスト環境の追加と、リフレッシュレートに関する考察を書いておきましたので、お暇な方はどうぞ。






おしまい

by aru32to | 2019-05-22 20:54 | 雑談