人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ちょっとした話題を取り上げて書いてみる 2021/06/09(WF-1000XM4の話)


予告通りですかね。

Hiby WH2に先を越されてしまった世界初LDAC対応TWSイヤホンの座。でも6/25発売は確定したところを見ると、量産ベースでのLDAC対応TWSイヤホンということになりそうですね。(試作ベースではHiBy WH3 LDACというものがあるけど)
LDACなんですけど、ビットレートが330kbpsと990kbpsの2つしかないんですよね。現状で標準となっていた660kbpsがないんです。一方で、現在のLDACと互換はしている不思議仕様です。Headphones connectでも音質重視と接続重視の2種類しか選べなかったので、とりあえず非対応にしてみたという感じなんでしょうかね。
キモとなっているBluetoothチップは、なんとなくスペック表みる限りAIROHAのAB1568あたりのカスタムチップなのかな。ハードレベルでANC対応していて、LDACに対応出来るチップを搭載することになれば、AIROHAか蟹ぐらいしかないんですよね。ワンチップじゃないとLDACで接続出来る時間も稼げないと思うので、その辺は大量生産してそうな気がする。

あとは、イヤーピースもポリウレタン製のカスタムピースにしてきたところ、パッシブでもノイズキャンセルする気満々ですね。SONYはトリプルコンフォートイヤーピースという非常に良くできたイヤーピースを持っているんですけど、いろんなメーカーがコンプライとか、低反発系のイヤーピースを付けてくるようになった今となっては、ポリウレタン製だけ純正にしちゃうほうがいいと判断したわけですね。まして天下のSONYがこれをやってしまうのは、ただただ勇気があるとしか言いようがないですね。

価格も、33,000円。思った以上に安い。そして大半のソニーストア利用者は更に安く買えてしまう。
正直、AirPod Proの次の世代が出ても完勝しちゃうレベルだと思います。そして、大半のTWSイヤホンユーザーは、ベターな選択肢として買って損なしなモデルだと思います。


ベターと書いたのは、ここまで性能が上がってきて、小型化も達成しているのだから、いっそBA1発+DD1発のハイブリッド型にして欲しかったというのが本音です。WI-1000Xの世代にすでに完成しているモデルを、WI-1000XM2でQN1載っけて壊しにかかってきたのは、その布石だったんじゃないかとずっと思ってたんですけど、まあ、リーク画像のサイズ的に無理だろうなと思ってたので、その辺は2年後のXM5に取っておくべきなのかなと思います。でもXM3も我慢できずに買って、3ヶ月ぐらいで飽きて捨ててますから、きっと買ってすぐ飽きて売るかな。こういうとき、やっぱりQ2sみたいなギミックって大事だよって思うね。


おしまい

by aru32to | 2021-06-09 22:11 | ちょっとした話題を取り上げて書いてみる