ちょっとした話題を取り上げて書いてみる回 2018/08/10

比較的、好き勝手に書いている割に、投稿することに対するジレンマに陥いることがあるということを前に書いたと思うんですが、実はこのサジ加減ってのが僕の基準と、世の中の基準が合っているのかどうかわからないんですよね。

で、わかるのはアクセス数だけど、レビューblogがlivedoorのスマホ・ガジェットでおおよそ200PVなんです。良ければこれでアクセスランク15位ぐらいなんです。で、あっちは開設から約2年でのべ10万アクセスぐらいなんですね。自慢じゃなくて、超不定期なレベルのblogがおおよそ20位、毎日平均200PVもある時点で、どこにその需要があるの?って思うんですよ。これは著者として疑問があるんですよね。

ま、かたやこっちのblog、ネット・IT技術に属しているんですが、こっちもおおよそ300PVぐらい、昔はXPERIA需要も合って月10万PVとかあったんですけど、今は落ち着いてますね。
いわゆる、1日500PVの人たちに、僕は話題提供をはたしているのか?という疑問はあります。

いや、だからといって良い子ちゃんになるよって話じゃあないんです。常日頃疑問に思ったことを延々と書くこと、お金を突っ込んで買ったものに対して、自分の感じたことを書いていること、これはこれとしてログなわけですし、当時の自分がそう思ってるわけですしね。まあね、それはそれとしてですよね。

さて、そういうことまで考えて、今回の内容は果たして書かれているかどうかw


2019年の学割市場がもう始まった件
ま、ワイモバイルが9/1からパケット容量2倍、更にデータ増量オプションを合わせると、プランM以上は3倍となるわけです。それが別にすごいわけではないんですが、これってもうSBM側の都合で動いているとしか思えないんですよね。裏付けというか、新型iPhoneが9月に出るとして、SBMはどっちにしろ低容量プランも割高ですから、そういう人たちに対して、ワイモバイルを勧めるための一種の手段かなと思います。
それに対してUQも今日になって、容量増量を発表しています。これは12/1からですが、実際には9月から始まるわけです。
で、ちょっと気になったのは、4年割やリース方式などの問題、そしてAppleの問題が突然ここ一ヶ月ぐらいで表面化してきましたよね。これってどういうことか?ってことになると、実は新型iPhoneって完全SIMフリーか、MVNOにまで買い上げ可能に条件緩和されるんじゃないかということがありうるのかな?って思ったんですよね。
定価でしか売りませんよ。か、回線契約にiPhoneをつけちゃってくださいよ、あなた方の負担で。か。

結局の所、auもSBもおそらくMVNO接続料が半額になった、ということはないでしょうから、SBの場合は、パケット容量に合わせてまんべんなくiPhoneのユーザーを獲得する場合は、SBMもワイモバも使わざるを得ないのではないかと。そして、売上計画をまとめてApple側に出して、数を確保したいのかなと思います。
UQは、auにはピタッとプランがあるので、別に用意する必要はないでしょうけど、これは単なる追随じゃないかなとは思います。ただ、iPhone SEなどの廉価版iPhoneをUQが専用で扱うということで、棲み分けができるようになるわけです。

両キャリアとも、通話ありきでデータ容量を増やしているところを見ると、音声の契約件数によるランニングコスト増と、「どうせ倍にしたってそこまで使うやついないだろうw」って舐めプされてるのかなというイメージがありますね。

と、ここまで説明して、ようやくタイトルの話。
つまり、音声契約を増やす場合、一番簡単な方法は持ってない人が契約するのが一番いいわけですけど、UQの12/1サービスインが公式開始日だとすると、UQの学割に当たる方向性はこのプランだったんじゃないかと。で、そこをワイモバが先んじてやってしまえ的な感じで始めるんで、合わせるしかなくなったという感じなのかなと。
そうなると、もう一つ学割戦線のラインを増やすしかないわけですけど、ワイモバやUQが取り扱うiPhoneは、多分普通にどんな条件でも25歳以下なら一括0円とかになってしまうとか、そういう泥試合になっちゃうんじゃないかなと思いますね。

ドコモもそうなんだけど、仮にMVNOがフルラインナップでiPhoneが揃えた場合、凄まじく数の少ない事業者でも取扱はできそうな気がするんだよね。その場合、18年度末はiPhoneをゴミのように扱い、Androidは全く売れないという非常にアンバランスな状況ができそうな気がしますね。そこまでしてSIMフリー版のiPhoneを卸すようなことまでするのかなと思いますけどね。

個人的にはですよ。やはりiPhoneはステータスであるべきだと思ってますよ。


Meizu 16thシリーズが価格破壊してきた件
あれ、15って今年じゃなかったっけか。Exynos8895ってだけで結構欲しかった感w
それはともかく、Xiaomiと近い値付できるほど大規模展開しているわけではないのに、この値段はなんだ?と思いたくなるレベルです。Samsungとも近く、ガジェットだけ作ってるメーカーなので、ZTEやHuaweiほど某国に目をつけられにくいのもメリットですね。
で、中身は一見するとGALAXY S9とS9+に近い感じですね。ただ、S845じゃなくとも最薄最軽量という部分は大きなメリットだと思います。
買うならPlusの8GB+128GBなんだろうけど、Meizuの商品は基本FlymeOSのグローバルROM版登場という、Xiaomiと同じタイミングで購入するのがベストに近いため、良くても9月10月ぐらいのシーズンですよね。その頃はMi MIX3とかも出てそうかな。
今日、今まさにGALAXY NOTE9の発表がありましたけど、IFA前の9月頭ぐらいが一つの山場な感じはしますね。いろいろなメーカーから様々なスマホが発表されるタイミングなんで、それを吟味した上で、って方向になるのかなあ。発表から1ヶ月ぐらいで出れば、って感じだけどね。

XPERIA XZ3の話も出ている状況ではありますが、10月までにdポイントを結構高額消費しなきゃいけない身としては、どうするべきなのかなあと思いつつ。


Shanling M0を使っている不満ブーブーな俺、やはりここでHiby R3へのアップグレードを考えています。
例の譲りますプログラムで出してみて、買い手がつかないならeイヤホンでいいや感。まあ、それぐらいで考えています。
近々eイヤホンにはいらないオーディオ機器をぶつけてメシ代ぐらい稼いでくる予定なので、そこで技適なんかが通らないものに関しては、同じく譲りますプログラムいこうかなと思ってます。

あと、DAC付きtype-C to 3.5mmアンバランスケーブルを1本買ってみた。今度のは24bit/192KHz対応してて、癖が強いけど結構ガチで使えるかも感。
MMCX to Type-Cケーブルという謎のアイテムも海外から取り寄せてます。こっちはそのうちですね。
Havit G1もそうだけど、この辺のオーディオレビューとかって主観的なので、XBA-300ぐらいダラダラ聞いてて疲れないのがいいのか、ZO6255みたいに没頭感が半端ないモデルがいいのか、それともMDR-1Rのような普遍的な音の出方がいいのか。難しいところですね。判断基準が基準になってないあたりw
まあ、なんか書きます。

なんかサラサラっとAliExpressを見てたら、nubia Z17が288.88ドルなんだが、1台買ってカスROMで遊ぶのがいいのかなあ。
結局赤色も入手できなかったし、Z17の赤とZ17Sの青が揃うってのは結構憧れではあるが、そんなにS835並べて何が楽しいの的な感じになってしまうので、なんとなく却下な感じはする。あくまでなんとなく。まあ、そんじゃなくともHiby R3は買おうと思いながらちょっとした迷いで完全に逸した感があるのが屈辱。まあ、状況として、スマホ、オーディオ系はもうあんまり不満がなくなってきたからなんとも言えない感じがするわね。
最後のピースを埋めるのが大画面スマホだったけど、Mi MAX3の青が延々と出ない状況なので、これもMeizu 16th Plusでいいような気がするし、あとは単純にnubia Z18待ちでいいのかなと。

...LeTV MAX X900って今166ドルなのか...これも悩むなw




おしまい

[PR]

by aru32to | 2018-08-10 02:57 | ちょっとした話題を取り上げて書いてみる