【妄想注意】じゃあ、未来のスマートデバイスはどうなるのがいいの?

この記事を読んで思ったことが、感想文が妄想になるという話。

「人間の発想でしか生まれない」なら「人間の空想で生まれる」のはどうだろうか?
もう、なんというか、アニメで異世界モノが流行ってるのに、そこにスマホが取り入れられる奇抜な設定のアニメがありました。
まあ、と言っても道具ではなくファンタジー特有の宝具的なものとして描かれていますが、この作者が多分スマホを初めていじった時の実体験感、「本当にPCのようになんでも出来るんじゃないか」という思いは少し入ってるのかなと思ったりしています。

もう15年前になりますけど、ガンダムSEEDの1話で、ディスプレイが収納されるキーボード型PCが登場しています。見た目は単なるノートPCの下半身です。疑似スクリーンが枠内に表示され、おそらくプロジェクションマッピング的なディスプレイだと思うんですが、その15年後にいる我々はこのPCを未だに見たことがありません。コンセプトモデルとしても採算度外視してまで作る必要がないということと、タブレット端末が発展していった結果、メーカーはそちらに舵取りをしたのだと思います。
不思議なことに、近未来が舞台になっているモノで、必ず出てくるディスプレイ型キーボードはあまり支持されていません。結局、インターフェースとしてまだ発展途上という理由ではなく、おそらく物理的感覚を求めるからなのだと思います。そういう意味で、ディスプレイ収納型のキーボードPCは実用的だと思うんですけどね。

面白いことに、続編はパナソニックがちょっと技術提供をしたので、P252iSが出て来る反面、やはり疑似スクリーン表示型のディスプレイを持つスマートウォッチ的なものが作中に登場しています。無論、軍用スマートウォッチで、一般の人には携帯電話が主流だったのだろうという技術的な格差みたいなものはあったと思いますが、近未来ガジェットが10年そこそこで実用化出来る技術の研究は延々と進んでいるわけです。
2003年にSIIがドコモ向けに腕時計型PHSを発売しています。作ってる人たちはこれを知っていたのかわかりませんが、技術的には、一部可能なレベルにはなっていたということがわかると思います。
ちなみに、ちょっと驚いたのですが、腕時計型ワンセグTVで、W-SIMに対応したモデルも、5000台だけ生産されていたというのは知らなかったです。

よくよく考えると麻酔銃として使われるのが通例の名探偵コナンの腕時計、アレも通話可能な意味では広域でのスマートウォッチですよね。
また、科学特捜隊のヘルメット、大雑把ですけど、スマートグラス機能なんかもあったりするんじゃないかと思います。

以上のような演出で出てくる小道具からヒントを得ると、意外とまだまだ人間が想像できる進化型ガジェットって、いくらでもあるんですよね。


肉付けをすると完成する?ような生活をアシストするデバイス
一番行けそうなのはエアコンや加湿器なのかなと思います。今でもあるとは思いますが、温度・湿度センサーをくっつけ、気温に合わせてアラートを出したり、過去の使用履歴より最適温度に調節するような機能を盛り込むようにします。例えば、室温が28度を超えたら24度設定でエアコンが付くけど、利用者がリモコンで26度に設定すれば、26度になるようなイメージですね。あとは利用時間から、自動起動したり自動停止したりなど。これまではマイコン制御で、かつ無線LAN経由で外部からのアクセスを基本としていますが、ここにIoT機器とAIを搭載することで、特に高齢者の熱中症・ウイルス対策などには一役買うと思います。
季節家電でちょっと難易度高めではありますが、AIコタツやAIホットカーペットは非常にいいと思うんですよね。足を突っ込むとそちらの方に温風が出たり、座ったらその部分だけ暖かくなるとか、マクロでもないですけど、もっとミクロにまで細かく設定できると面白いと思うんですよね。無線LAN内蔵、もしくはPLC経由でAP機能なんか持たせて、夏でも冬でも使えるAPこたつに、同じく温度調節や範囲の設定も出来るようなものとかあるといいですよね。

書いてて思ったけど、大雑把な話、テーブル型のルーターがあってもいいんですよね。電気スタンドを無線LANのアンテナ内蔵にして、テーブルにはLANコネクタとコンセント、あとUSB充電口とかつけて、あわよくばSIMスロットもつければ、プラン次第で、一人暮らしでは十分すぎるアイテムですよね。まあ、これにNAS用の引き出しとか、TVやレコーダーなんかにLANケーブルを出すコネクタとかあれば、もう完璧ですよね。bluetooth接続で、スマホの通知を表示出来るインジケーターや、声で教えてくれるようなエモパーみたいな機能があるとさらにいいですね。
スマートデスクとしては究極型だと思うんですけど、問題は結構いろいろなメーカーが協力しないと世に送り出せないこと、そしてそれ以前にこれは既存のアイテムを一つに集約しただけで、使い勝手はいいですけど、別に目新しさはないんですよね。でも、一つの商品として世に出たら、見た目は非常にスマートな情報機器のように思えるんですよね。コンセント一つつなげれば、ほぼ一人分のデバイスの給電からネットワーク接続まで出来るわけですしね。
いかがですかイトーキさん、学習デスクにこんな機能つけてみませんか?ワイモバイルとかと組んでコンセプトモデルとかで出したりしませんか?

戻って、スマートグラスはもっと早く実用的になると思いましたけど、意外とまだまだでしたね。セカイカメラが出た時、これがウェアラブルで使えたらどんなに面白いだろうかと思ったんですけど、全然流行らずにGoogle Glassなんかも個人向けは諦めてしまいましたよね。こっちはもっとシンプルで、片目に単にアラートを出すだけで十分いいんです。視覚的にわかるわけですしね。確かにインジケーターとしてナビだったりを表示するのも便利だと思うんですけど、それはなんとなく注意力散漫になってしまうので、今の日本人では怖い存在になっちゃうんじゃないかなと思います。
JINS MEMEが今一番生活に溶け込んだスマートグラスだと思うんですけど、いわゆるARの機能は特になく、体活動計の眼力版みたいな感じだと思うんですよね。
ちょうどこれを書いてるときに目にしたんですけど、Intel Vauntという網膜にレーザーで照射するタイプのスマートグラスなんかも出てくるようで、これがいい悪いは別として、ちょっと降りてくるのを楽しみにしたい感じはありますね。

複数の家電機器だったりが連携した動きをすると面白そうですよね。例えば雨の予報が出たりしたら、洗濯乾燥機が自動的に乾燥モードを追加するとか、掃除機をかけたら空気清浄機が強力モードになったりとか、同一メーカーなら統一のフォーマットでそういう仕掛けができたりすると思うんです。SDKとか出していろいろなアプリに拡張されていけば、なんとなく近未来見えてこないかな?
っていくと、最終的にはスマートホームという概念になるのですが、いいところNFCをカギにするぐらいですよね。本気で玄関開けたら2分でご飯マシンとか作らないですかね。技術的には可能だと思うんですけど、コストが見合わんよなあ。

でも、あっという間になかったことになるのは、もうゴメンだ
全然関係ない方向へ行ってしまったので、話をコンセプトモデルに戻して。

本題:なぜ、MEDIAS Wはダメだったか?の答えがM-01Kで解決されたか?というと、実は更に問題があります。これは友人が結構力説していたのですが、なぜ360度回転出来るヒンジを採用しなかったのか?という問題です。
いわゆる「耐ショック」と開いたときに背面の液晶が指紋だらけになっていることが多いのではないかという、結構当たり前に考えたことですね。機構的に難しいところはあると思いますけど、2in1のノートPCのヒンジなんかを技術的に応用出来ないものかと思います。
ホットモックをいじってみた限り、悪さは感じないんですけど、防犯上の都合で、とにかく折りたたみ出来ないので、コールドモックをおいて欲しいです。
S821ですけど、液晶2枚表示もなんとか出来ていますし、処理能力には不安はなさそうですけど、メインメモリがなんとなく足りないのかな、という気がします。
メイン画面をどちらに出来るか、とか詳細なところはそこまで興味なくていじってないんですけど、ボタン配列が全部左側で、果たしてどうか?というのはあります。
あと、電話だからいけないんですよね。いっそ音声通話はbluetoothだけにするとか、そういう割り切りも必要なんじゃないかなと思います。


もう一点は、液晶の巨大化でしょうか。意外に5.2インチが2枚並ぶと言うのは、なんか変な感じに見えるんですよね。
これなら8インチぐらいのタブレットをマルチタスク機能で2画面分割したり、電子書籍であれば横にすればだいたい見開き2ページ表示を十分読めるんですよね。
6インチぐらいのディスプレイ、18:9で2160*1080の2枚とすることで、2枚展開での1:1の比率は変えず、1画面あたりの大きさはかなり改善されると思います。インカメラモジュールが高性能、小型化されたことで、これをメインカメラ代わりにも出来ると思います。カメラ2つあればなおいいですよね。

それを克服した上で、WindowsとAndroidのデュアルブートスマホというのはいかがでしょうか。昔全然売れなかったですけど、libretto w100というミニPCがありました。これは2010年に出たのですが、2画面のうち、1画面をキーボードとすることで、Windowsを操作できるというものでした。これがM-01Kで出来るのであれば、S835版のMではデュアルブートモデルを出せそうな感じです。
ただ、Windowsで使う場合、画面サイズはさておき、やはりキーボードが必要となりそうですよね。差し込めばWindowsが起動するキーボードなんかを同梱してあげれば、パッケージの魅力は上がりそうですね。

究極的には、一般的スマホのモード、2画面モードを3枚の液晶を使ってやるのが、一番すんなり入ってくるかなと思います。パネルモジュールを2枚詰め込むと今度は厚さの問題も出てきます。1枚画面モードと2枚画面モードで搭載する液晶のサイズを変えるなんて方法もあると思いますが、それでも今のMと同等にサイズを収められるかどうかはかなり疑問ではあります。技術的にはできるだろうし、何より手動で切り替える必要があるとすれば、2画面時のミラーリング機能ぐらいなので、よりスマホ+タブレットというコンセプトには出来るんじゃないかなと思いますけどね。少なくとも、そういうコンセプトモデルが出たら、10万超えても買うと思う。


というわけで、なんだろ、今回はなんだったんだろうか?な回でした。




おしまい

[PR]

by aru32to | 2018-02-06 21:06 | 雑談