とりあえずレビュー用のテンプレつくってみたお(スマホ用)

以後、当blogの要となるであろうレビューの記事に関して、もうちょい見やすくしようかなと思案。
結構フリースタイルで書き込む場合、何を書けばいいのかわからなくなる場合もあるんで、極力同じフォーマットで書き込むようにしようと思った次第です。

・購入の経緯


・スペック


・体感速度


・液晶の表示、動画再生機能など


・タッチパネルの感度、操作性


・オリジナルUIの使い勝手


・筐体の特徴(ボタンやスピーカーなど)


・電池の持ち


・総評(点数とその理由)


と、9個も項目があればいいでしょ。
(コピペは自由ですので、読者さんのblogなりmixiなりfacebookなりで流用して頂いていいです。)
「カメラ」を敢えて入れませんでした。カメラはカメラに任せるという僕の基本理念ですし、全てをひとまとめにすると確実に不足する機能が出てくるのがスマホだと思っていますので、そのへんは大手のしっかり仕事で書いているレビューをご覧ください。
[PR]

# by aru32to | 2012-01-01 00:00 | テンプレ

2011年の総括&年末年始のご挨拶

b0237530_2227342.jpg

さて、今年も本日で終了です。

2011年は、年間通じてスマホ一色の年でした。
今年何台買ったんだ俺は?感が酷いぐらいします。

んじゃ、順に上げて行きましょうか。
(機種名の後ろに!が付いているものは、現在手持ちのモデルです)

1月
・GALAXY S(Samsung)
・BackFlip(Motolola)
4月
・ISW11HT EVO WiMAX(HTC)!
・IS05(シャープ)
5月
・IS03(シャープ)
7月
・Optimus 2X(LG)
8月
・XPERIA acro IS11S(Sony Ericsson)!
・Optimus Chat(LG)
10月
・iPhone4(Apple)!
12月
・LG Nitro HD(LG)!
・ARROWS Z ISW11F(富士通)!
・REGZA Phone T-01C(東芝)!
…and more(ないない)

合計12台。新旧のモデル混合です。
まー残念ながらすでに手元にない機種が多数。
自転車操業中なのに、これだけよく変えたなと思います。

というわけで、僕的にコメントしたい機種をかい摘んで書いていこうと思います。

「GALAXY S」
初めて持ったスタンダードなスマホでした。(ちなみに、去年12/30にGALAXY 5を買っているため、スマホとしてはそちらが先)
基本的に色々遊べるし、何より使ってて絶対的な不満が出ない。パワー不足を感じないモデルでした。
残念ながら12月に売却済み。保持期間12ヶ月という絶対的な記録を打ち立てています。(今後更新するモデルも出そうだけど)

「EVO WiMAX」
記念すべき国内初のWiMAX搭載スマホ。苦渋の末に購入したはいいが、重いという理由でギャラS→Optimus 2Xに主役の座を奪われた残念機種です。
更に残念なのが残額ありという問題。2月あたりに一括で払ってしまおうか思案中ではあります。
2.3.3になって、ずいぶん使い勝手が良くなったこともあって、割と見かけるのかなと思ったのですが、そもそもHTCの機種を見ることが少ないw
一体アレだけの在庫はどこへ行ってしまったのだろうと疑問になります。
今でも家にありますけど、これは本当にどうすればいいのかわからない状態です。

「IS05」
スペックではacroとほぼ同じ。小型ですが、割と長期間(4~9月)使ったスマホです。
小型で気にせずガンガン使った結果、かなりボロボロになり、その後のスマホケース選びに支障が出たという、実用テストモデルです。
電話という観点では満点。ただメーラーがWiFi対応じゃなかったのが最大の問題だったということです。
概ねガラスマとしては満足の出来だと思いました。動作が2.3.4になったあとどうなったのか、テストしたいとは思ってます。

「Optimus 2X」
7~12月までメインに使っていたスマホです。
国内入手としては最速だったTegra2を積んだモデル(その後MotololaのPhotonが発売されるのだが)で、今でも一線のスペックです。
後述するNitro HDを購入しなければ、基本的に延命したであろうモデルなだけに、惜しいと言えば惜しい。
スマホとしてはスタンダード。CM7でえらく遊べたので、テスト用途とかで買い戻すということも検討したいモデルではあります。
ストレスフリーで、本当にサクサク動いてくれたので、個人的には今年のNO.1機種だと思っています。

「XPERA acro」
9~12月のショートリリーフとして登場。auのEメールアプリ登場後にコンスタントな売上を記録する息の長いモデルです。
ガラスマの機能を抑えつつ、それほど遅さを感じないUIを搭載しています。スマホ素人にオススメするならコレと勝手に思っています。
画面がデカイ、PS StoreなどのSONY独自のアプリなどもあって、非常に軽快でした。
ただ、電波が拾えないことがしばしばあったり、通話が無駄に切れやすいなど、通話にやや問題があったと思われます。

「iPhone4」
なぜ?と言われそうですけど、980円で維持できるならという理由です。
iPhone4Sほどサクサクではないのですが、Androidに比べれば軽快ということで、購入に踏み切りました。(ちなみに購入は4S発売1日前)
iOSアプリも3GSの時代から買ってしまっているので、まあ泣く泣く使っているというところもあります。
個人的にもう少し容量があったら嬉しいのですが、まあそれは16GBなんでしょうがないかなと。980円だし。

「LG Nitro HD」
結局ここまでしかレビューすることが出来なかったのですが、現時点で最強かつ最高のモデルの一つだと思っています。
まあ、正直OptimusLTEを買うべきだったという後悔の念もあるといえばありますが、人と同じのはイヤなのでw
とは言え、1.5GHzのCPU、HD解像度、4.5インチIPS液晶、1800mAh大容量バッテリーなど、強力なハードのお陰で、
Optimus 2XのCM7搭載時と変わらない挙動をメーカーROMで実現させているのがすごいと思います。
今現在、ドコモのSIMが認識しない(このへんがAT&Tのクセの強さ)ため、音声端末として使えないのがネック。

「ARROWS Z」
なんというか、完全なノリだけで買ってしまったモデル。あったからという理由。
とは言え、ハード的なものはギャラS2 LTEと大差なく、富士通だから期待できないけどまだまだ改善する気がしないでもない。
アップデート適用後にはバッテリの持ちも多少改善されて、個人的には割と満足行く機種ではあります。
こんな特殊な使い方をする輩がどれだけいるのか知りませんが、基本3G回線に繋げない通話オンリー端末ですので、熱問題とか全くないですねw
ハード的には4.0以降にも対応出来るのですが、さてどうなるでしょうか。

ちなみにここで挙げなかった機種に関しては、個人的に今ひとつというモデルが多かったか、そもそも電源を入れて数時間というモデル(T-01C)もありますので、割愛させて頂きます。

一応、今年はここまでかな。来年はもうスマホを買わない方向にしたい。(ISW11SCが控えているので、どうしようか思案中)
[PR]

# by aru32to | 2011-12-31 22:17 | 雑談

VAIO Z(VPCZ11)レビュー

2本目、悩むまもなく、先代のVAIO Zである、VPCZ11のレビューを載せたいと思います。

これは数回に分けて色々解説したので、文章が繋がらない感じなんです。
やや補足や内容変更をしています。
まー今更ながら中古で買うようなPCでもないので、前回同様適当にそういうものということで。

ちなみに買った当初のスペックが載ってなかったので、一応掲載しておきます。

Core i7-620M
PC3-8500 2GBx2
320GB HDD
FullHD 13インチ液晶
MOTION EYE付き
光学ドライブなし
天板 プレミアムカーボン
本体カラー シルバー

普段黒いPCしか使わないので、シルバーというのはなかなか今でも気に入っています。

さ、そういうわけで、どうでもいいようなレビューのスタートです。

----到着直後----

b0237530_1510176.jpg


到着。
パームレストがシンプルでいい。正直フェリカリーダーとか俺使わないもん。

基本、プレミアムカーボン+シルバーってあんまり人気じゃないので、逆にいいかなと思ったり。
なんか9日到着なんだけど、発売日に届いてしまったのがねw


ファーストインプレッションとしては、
・やっぱりアイコンが小さいかな?とおもったけど、実際X200sなどの変態解像度に慣れてしまったので、そうでもない。
・ファンは爆とは言わないけど、そこそこうるさい。旧モデルよりは少しまともになったと思う。
・一見、色以外で違いが分からないかも知れない。奥さんがうるさい方はいいかもしれない(黒)
・HDDモデルなので、ややレスポンスが気になる。まあ、サムソンのSSDを買ってしまったので、そっちに入れ換える予定ではある。(Trimコマンド対応版)

----SSD換装作業----

b0237530_15104380.jpg


良い子は真似しないでください。(本気で保証が切れますので、自己責任で)

えーと、まあ簡単でしたね。こんな簡単に外せるとは思ってなかったです。

考察として。
・その際、絶対に順番を覚えておくこと。写真などを取りながらやって行けば誰でも出来ます。
・ちなみに、ネジの長さは3種類。外側ほど長いネジなんですけど、まんべんなく当てはまらないので、難しい。
・普通のプラスドライバーと、精密ドライバーが1本あれば問題なし。
・バラす場合、ねじを抜いた後に本体を開き、手前(タッチパッド側)からガパっとはずせばOKです。ケーブル注意。

MMCRE64G5MXP-0VBのOEM商品(最新ファーム導入済みで、Trimコマンド対応)らしいので、実際には以前使っていたZと条件上は一緒になります。

気づいた点。
・液晶を開いたとき、天板(プレミアムカーボンのせい?)下のあたりが異様に熱くなる。(触れないわけではないけど)
・片手で持てるけど、ThinkPadほど剛性があるとは思えない。構造上もあり、ややしなる感あり。
・なぜしなるのか?というのは、中がスカスカだから。やっぱり右パームレストを片手で持ってはダメ。
・いわゆるマウンターでHDDをつなげているので、フレキケーブルの加工ができれば1.8インチSSD+ドライブということも出来ないことはないかもしれない。(ドライブのコネクタは確認済み)
・相変わらずキーボードの一部キーを強く押さないと反応しない場合がある。(i,o,pなど)俺の問題かも。
・旧Zでは誰得?なカードリーダーは、今回修正範囲内。左パームレスト下にある。
・液晶は、今のところBDなどをみるときに非常に重宝。FHDってのもあるけど、色が気持ち悪いw
・熱い、と思われるのは三角スイッチのあたり。この辺は液晶フレームまで熱くなる。夏は冷却台必須かな。
・タッチパッドは旧Zのほうが良かったかな。なんか時々中心あたりで反応しなくなる。
・Apple MagicMouseと相性が悪いのか?しばしばカーソルがフリーズする場合がある。(デザイン的には旧ZとMacBookProの中間をいっていると思いますのでw)
・USB3つのうち、2つをバスパワーとすればBD-ROMの動作は可能。しかもBD再生可能。USBの外付けHDDならバスパワーは片方でもOK。
・相変わらずなれないアイソレーションキーボード。どうも僕自身が右側の手の守備範囲が広いがゆえの問題かもしれない。まあ、これでプログラミングするわけではないので、特に問題なし。
・重心が悪い。やはりCPU付近のヒートシンクに重心が偏る。そのため、持つ場合はそこらへんを片手で持つのがよいのかもしれない。

非常に細かい点ですが、割に気になる点は多いので、それほど気にならない人はいいですね。
(まあ、それ以前にこれを買ったという満足感でお腹いっぱいになっているはずなので、気にならないと思う)

今後の挑戦は。
・旧Zのドライブを手に入れ、さらに1.8インチSSDを買ってみる。
・フレキケーブルをどうにかMicroSATA変換させ、強引にはめてみる。
・自作でシングルSSD+ドライブ構成を作ってしまう。

ってことぐらいかなあと思います。
ま、絶対にパーツが揃わないと思いますね。(ドライブだけなんて、見たことないw)
なぜ旧Zなのかというと、イジェクトボタンが新型のドライブにはないからです。
どうもHDDモデルとSSDモデルではこの辺の回路が違うらしいので、(HDDはボタンがアプリケーションボタンになっています。)コレを使わずにあけるとしたら、旧Zのモノを使うしかないのです。


とりあえずA列車9はそこそこ動く模様。
旧Zは9300M GSだったというのが足かせだったのですが、今回はGT330Mなんで、そこそこ期待出来るのですが、まあそれはそれで。

考察すると、
・20fps程度まで出す場合、影やLODなどを切るのはもちろん、音を消すことでなんとか解決。
・FHDの場合は、HD+程度まで解像度を落としてゲームをやった方が、綺麗に見える。
・ちなみに解像度を下げても、これ以下はfpsにほぼ大差なし。

T9600のときのスロットリングはないですね。下の三昧下ろし写真や、レビューなどを見るとわかるように、冷却ファン性能がすごいんじゃないかと思いますね。
しかし、全開になるとやっぱり旧Zよりうるさいw(あくまで主観)

あー・・・、なんでこれがVAIOなんだろうなあ。

ゲーム系のスコアね。
FFHigh 8279
MHF 3629
3DMark06 5671
コア475MHz/メモリ1400MHzです。

割りとケースに入れて持ち運びましたけど、天板に早くもキズが出来てしまった以外、特に問題はないですね。
華奢な子ですから、丁寧に扱ってあげたいのはやまやまなんですが、このキズで吹っ切れました。
もー狂ったようにA列車をのべ2日以上つけっぱなししました。もう別に壊れてもいいですよと言わんばかりだったんですが、案外TB3.33GHz(片コア全開。推測する限り高クロックのCore2DuoでもOKだろ)を延々とシバキ上げても、耐えられますね。ひとえにGT330Mの低クロック化と省電力性によることもあると思います。(GalleriaGTはこの間もA列車で放置プレイw)

FHDも普通に使えますし、やっぱりキーボードで、打てない字があることがあるのが気になる。(これはThinkPadの固さでOKなので、アイソレーションに慣れてないことに原因があるんじゃないかと)
基本的な動作や画像、動画の編集なども、解像度ありきで問題なくできますね。

今から買う方には、2.5インチHDD+外付けBD-ROMという組みあわせをお勧めしたいですね。
自己責任+3年保証をフイにする覚悟が必要ですが、自分の好きなSSDを組み合わせて使えばいいだけですし、何よりBDをdot by dotで見られるすばらしさは代え難いですねえ。

とやかくいっていますが、なんやかんやでいいPCです。
高いカネを突っ込んだだけあって、性能もデザインも、なにより軽さが嬉しいですね。

正当な対価としては、確実にそれ以上のものが来るのですが、
コレをモノの基準として見るには、あまりにも高性能過ぎます。
僕はこのblogで何度も書いているのですが、いいモノは基準をたくさんもってこそわかるものなのです。

例えば、X200sが僕の中で最強だということは、このblogでのX200sへの評価でわかるものだと思います。少なくとも、性能においてZには完全に負けるのですが、使い勝手の問題でしょうね。
Zの性能を持ったX200sがでれば僕の中では、おそらくモバイルでは最強だと考えます。
(そもさん、X200sとZはSuperGTのクラスでGT300とGT500ぐらいのクラスの違いがありますが)

とはいえ、ZはそのA4サイズでX200sとほぼ同じ重さ(9セルね)、稼働時間は1/3程度ですが、それと引換にフルスペックのA4ノート並の性能を獲得したわけです。ほぼ納得ではあります。
コレをモバイルノートというのは非常に贅沢な選択肢。床の間にでも飾っておきたい、持ち運べるのに引き篭らせたくなるノートです。(もちろん意味がないのですけどw)

まあ、僕はちょっと異常なユーザーなので、使ってる台数だけで考えればある程度説得力はあると思います。先代より大幅なパワーアップをしていても、歴代のベスト5に入るかどうかは今後の愛着次第かなと思います。
最初の1台にはお勧めできません。どうしてもほしい場合は、店頭モデルを買うことをお勧めします。
これを基準とした場合、今後これ以上のノートPCはZしか出ない可能性が高いので、非常に幅が狭くなります。

一応、今後はEOS 50D用のモニターといった、写真趣味での相棒として使おうかと思っていますが、おそらく50D(レンズ+ボディ)とほぼPCが同じ重さっていうだけで、面白いですね。
今後はAdobe RGB液晶の圧倒的な表現力を見せつけてやりたいですね。(誰に?)
そういった使い方で(RAW編集など)では、間違いなくベストチョイスとなると思います。

まあ、要は適材適所。
今後長く使っていけそうなPCではあると確信しています。


----そして現在----

というわけで、現在は自宅で寝床用PCとして使っています。
T420sが来た時に、ひざ上PCとしてリビングに移動させるという手もあったんですが、結局HDDを数台繋げて使っていた関係で、移動できないままになっています。
寝床用としては画面が小さいのですが、不足はないですし、メモリはPC3-10600の8GB、SSDも128GBのものに交換しているので、光学ドライブがない以外はほとんど店頭購入モデルに近いんだよね。

VPCZ21があまりに期待はずれだったので、VPCZ31には期待しつつ、今回は終わりにしようかと思います。
[PR]

# by aru32to | 2011-11-16 20:00