俺はハイエンドスマホで済ませたい、と思う


なぜ、ハイエンドスマホがいいのか?

理由は簡単です。やりたいことが増えたときの伸びしろが半端ないからです。
例えば今の自分のやりたいことが通話とLINEぐらいだったとします。そこでツムツムとかをやりはじめたりするならまだいいですが、ムービーを取って編集するのが面白くなってきたり、写真を取って加工するのが面白くなってきたり、あるいはその最たる例としてゲームですよね。言わずもがな、デレステを別枠で取り扱ってるこのblogでは基本的に3D性能にこだわって欲しいという願いもあり、またプロデューサーが機種選びなんていう課金で失敗しないようにすることをある意味防いでいますから、どうしてもハイエンドになりがちということになります。
例外的に、ローエンドでも4G創世記のMTK6735やS615など、若干スペックの上がったHelio X20やS650などミドルエンドも手を出していますが、もういいんじゃねって気がしてしょうがないんですよね。
そもそも、未来永劫ということはありえないし、SNSサービスだって、ゲームだってサービスインからじわじわなんだし、いつ始めるのも遅くないという言葉もあるぐらいだし、やるかやらないかはともかくとして、確実ではないその時に備えて、自らの端末に余裕を持たせておくべきというのが、持論なのです。

あと、これは今スペックどうこうって書く人たちは、コストにしろ、スマホのスペックなり、何らかの形でこういう業界に詳しい人達じゃないですか。ギーグ層の意見なんですよ。みんながみんな2台持ちをすると思うな。2台ですら異常、3台だと変態ですから。OSが違うならいいと思わない。だって携帯電話ですからね。
今でこそDSDAあるけど、その1台2回線だって「片方は会社の回線を入れて使ってます」じゃあ、説得力ないどころか、あなたのやってることはセキュリティ的に大丈夫なのか?
俺はオススメするけど、スマートさに欠けるわけで、最終的に用途別でスマホを用意したほうが便利っていう理由で、結果複数台を持ち歩くんです。普通はこれを1台にまとめたいわけで、それがハイスペックであることに、何が問題なんでしょうか?という話です。

だから、iPhoneにしておけばとりあえずいいんじゃね。という結論になります。iPhone 7 Plusならなおいいです。ぶっちゃけ嫌いな考え方ですが、合理的な結論です。
いくらボロが出ても、iOSを搭載した最新のデバイスのさらに一番ハイエンドを買っておけば、基本的には何をやっても快適という結論になるからです。で、さらに言えば容量も潤沢な方がいいですから当然256GBを選びます。これで全く問題ないです。107,800円で少なくとも3年使えば十分元は取れるでしょう。(なぜ3年なのかというと、基本iOSのデバイスは3回のOSアップデートに耐えうるハードとして作られるからです)

言わずもがな、Androidだってそうなんですよね。今のドコモがアホみたいな感じで新規の端末購入サポートやってますけど、GALAXY S7 EdgeなりXPERIA XZなりが相応に安い値段になってれば、それ1台で2年ぐらいは使えるんです。当時、XPERIA Z3あたりを買った人が、今の状況で苦しいという話にはあまりなってないんじゃないかなと思うんですよね。(バッテリー関連の問題を除いた場合)

そんな時代が今までは当然のように転がってました。
MNP一括0円で端末ゴロしてれば、基本的には最新のデバイスはよりどりみどりだったわけですし、それにお金がもらえた時代でしたからね。
いや、お金はやりすぎだと思うけど、MNP一括0を辞めてしまう必要性は個人的にはなかった気がするんだよなあ。それが既存ユーザーへのサービス競争にならなかったのが問題なわけで、業界全体が気づいてたのにわざわざ疲弊させちゃったところが駄目だった。個人的には今でもMVNOが流行らないまま終わってほしいとも思ってますからね。あれもアレでもっと無責任なサービスに出来ないものかと思う。

横に反れましたが、一番恩恵を受けていたiPhoneユーザーは今後その辺の舵取りに四苦八苦することになると思うんですよね。
iPhoneってだけでキャリアから有利な条件頂いてたわけですから、それを今更普通のプランにしろよっていうほうが間違ってるとは思うけどね。


だが、コストパフォーマンスなんて言葉が

...だけどね、世の中にはこういう年数に対するコストの掛け方を理解できないわけです。
一発のお金として107,800円は確かに高いですけど、3年使い切ると考えた場合、少なくとも年間35,934円です。これを渋るというパターンが非常に多い。
例えばですけど、1年に1回買い換えるというパターンでも、基本そんな額にならないと思っているわけですけど、ランニングコストを考慮する場合、キャリアならおおよそ5000円+端末の24分割、MVNOでも電話が必要な場合は3GBでも月間2000円ぐらいはかかると思うんですよね。
端末代と通信費を完全に切り離すことが出来るんであれば、そういう買い方も出来ますけど、まず出来ないように日本はなっていますからね。
MVNOだって1年縛りで端末売りつけてくるような時代ですよ。普通はそんなのありえないでしょ。MVNOにするメリットが完全に抜け落ちてしまってますからね。

まあ、つまり本来日本で天秤にかけるべき金額というのは、
「(端末代金+月々の通信費)x利用想定月(1年なら12、2年なら24、3年なら36)」
ということにならないといけないわけです。

余談だけど、2年割があるなら、割引額の大きい3年割、4年割とか、なんかそういうのを求めてもいい気がする。
採算割れを起こさない程度に、4年割で7割引ぐらいキャリア出来なくはないんじゃないかと思うんですけどね。

MVNOが本来目指すべき着地点、それは端末と通信費の完全分離なんですが、残念ながら日本ではそこが理解されていないので、MVNO各社が24回で端末縛りを掛け、「お安いでしょ?」と、スペックから考えたらキャリアより高いパターンなんかを提案しているのが現状です。
(注:ただし、arrows M03のようにキャリアとMVNOで同じ機種が出ている場合は、MVNOの方が圧倒的に安いのを付け加えておきます)

ま、なんにしても、新規参入すればするほど、自社のシェアを守りたい層もあるでしょうから、こういうサービス合戦は今後も続き、結果として「MVNOは日本では根付かなかった」と2021年頃に総務省が結論付けます。大体そんな流れでしょう。


買えるうちに買っておく、だめになったら買い直す

結論として、使う期間をある程度定めて使うなら、高額で一番いいスペックの機種を買うのがベストといえます。
いつも思うんだけど、元本割れする先物取引で、元本割れ=端末の使用料と考えると、結構気楽に端末の買い替えとかできちゃうんです。
自動車なんかではあるんですが、ポルシェの新車でどんどん買いつなぎする人はこういう感じなんだと思います。

ま、ある意味ハイエンド機を買って3ヶ月ぐらい使ったあとで、即売って次のハイエンドを買うって、資産運用みたいなものなんですよ。圧倒的に儲からない資産運用です。でも、正直なところ代えがたい端末への評価や価値なんかには、定価を出して買ってる以上はわかるんですよね。この部分が欲しくて、俺はお金を出してわざわざハイエンドを買うわけです。そして、いつしか旬をすぎるとその機種はダメ出しの対象となるわけです。その時は素直に買い直す。この旬をいつまで保っていられるかが、利用者側の問題で、俺はほぼ3ヶ月じゃないかと思っているわけですよね。



まあ、それをこじらせると、ほぼ同一の仕様の外見が異なる3台を使いまわすなんていう荒業が出来るようになるわけで。




おしまい



[PR]

# by aru32to | 2017-03-14 01:05 | 雑談

XPERIA XZ Premiumに再び夢を馳せることはできるのか?

というわけで、さんざん食傷気味なほどXPERIA関係のblogでは取り扱っているので、もう俺はいいかなとは思ったんだけどね。

まず、最初に言っておきますけど、俺XPERIA XZを手放しました。
理由は台数余剰とか色々あるんですが、ぶっちゃけ LG V20 Proの出来が良すぎたことに問題があったでしょうね。
V20 Pro、XPERIA XZ、nubia Z11とくらべて、どうしてもスペックが1段階落ちる上に、アドバンテージを示される部分がカメラというのは、俺にとって全くアドバンテージにならないからという理由です。結構高いケースまで買ってしまったし、デザインそのものが好きなので、XZはいずれZL、Z4とともに動態保存機にはしようと思ってます。

さて、XZ Premiumですか。
久々に技術の結晶とも言うべき存在が登場していますけど、ある意味ソニーに対する踏み絵みたいなものですよね。問答無用で即購入するやつは、駄目なぐらいXPERIAにやられています。一括でいくらぐらいになるのか。まあ、価格に迷わず予約して諦めますけどね。おそらく9万ぐらい?かな。ちょっとドコモ版買って通話しようとは思えないので、SIMフリー版でいいです。

あれから4Kコンテンツも...増えてないなあ。そもさんこっちはデレステさえ動けばある程度許容範囲だから別にどうでもいい感はあるんですが、S835初号機という理由で十分言い訳を補強することが出来ます。言い訳...
まあ、この夏最強の一角というのは間違いないとは思います。メモリも4GB搭載したしUFSの64GBにもちゃんとなったし、ハード的には後塵を取った2016年モデルに比べると随分マシにはなったと思いますよね。性能は申し分なしなんだよなあまじで。

あとはなんだろう。足りない部分はほとんどないよね。軽量化ぐらいなものかな。ちょっと195gは重すぎる。敢えて背面をガラスに戻す理由もよくわからないけど、やっぱり開発陣でもデザイン的にはZが理想なんだと思うんですよね。どちらかと言うと背面ガラスって見た目はいいんだけど、軽量化出来ない部分であり、XZのALKALEIDOを使用したボディはそういう意味ではデザインと剛性をしっかり合わせた良いデザインだと思うんです。

ダメ出しで行くと、パッと見では、背面ガラスも2.5Dガラスを使ってる感じがするんだけど、これどうにかならないのかな。背面ガラスにするってことは...って何回か書いてるんですけど、ソニーの開発陣は本当にXPERIAを買って使ってますか?って話なんだよね。高級感を高めたモデルって、必ずカバーだったりとかが必要になるんです。例えば、会社からの支給品だから背面ガラスに保護フィルム貼らなくても、壊れたらまた支給されるからいいやじゃわからないと思うんですよ。(ものに対する個々の価値観によるのですが、会社のiPhoneだから壊したりなくしたりしてもヘラヘラしてるやつが多くて本当に嫌になった)
まあ、多分全面カバーみたいなのをまたアホみたいな値段で出すんでしょうけど、高級ハイエンドモデルこそのシンプルさはもう少しこだわって欲しいです。

その他のラインナップ...XA1 Ultraはちょっと欲しいんだけど、このサイズでHelio P20か。スペック的にやや弱い気がするな。S625かS650が搭載されてたら迷わず行ったかもしれないですね。
結構小馬鹿にされた感のあるXZs。最初からメモリ4GBで出しておけばよかったのにね。

ちなみに、今回結構いろいろなblogで見る「XPERIAは年1のハイエンドじゃねえのかよ?」論ですけど、今年のハイエンドは文句なくXPERIA XZ Premiumなんですよ。それが6月だか7月だかに出て、冬にXZ Premium 2nd Genにはならないと思うんですよね。S835の次もまだ話に出ませんしね。
XPERIA XZsを結構ハイエンドと捉えている、メーカーとしてはとってもありがたい方も多いんですけど、マイナーチェンジモデルがその年のハイエンドと言うかどうかはちょっと微妙なところです。ファーストロットに対するセカンドロットかつ改良型という位置づけなら、別にXZが2017年もハイエンドにいる必要性がないです。更に言ってしまえば、おそらく冬モデルであろうXPERIA XZ2(仮称)は単純にXZ Premiumから4Kディスプレイを抜いた5.2インチモデルであることも明確だろうと思います。これが出てもなおXZ Premiumがハイエンドであればいい話であって、解釈の良い方に捉えるとこうなるということですね。

ところで、今年はいわゆる本当のミドルエンドである、XPERIA Xの後継機がありませんでしたね。考え方としてはXZがスライドするという見方も出来ますけど、X Performanceって名前も嫌いじゃないし、もっと軽量化できればあれでも十分成功する可能性はあったんで、そこをXA1と同じ筐体でX1 Performanceとか作ってくれないものでしょうかね。(X1ってのは実在するXPERIAだからXsとかでもいいんじゃないかと思う)

目新しさというか、何度も言うようにぼくのかんがえたさいきょうのえくすぺりあはXPERIA Z4のS820版か、XPERIA ZLのS820版です。AppleはiPhone SEにまた追加ラインナップを入れるという噂ですし、いい加減今の技術で作った過去のXPERIAを1台ぐらい出してみてもいいと思うんだけどね。

ZLとか真面目にいいと思うんだよなあ。今でもこのデザインが手に収まるサイズとしてはベストだと思う。やっぱりその生まれと流れが嫌われるのかな。



おしまい

[PR]

# by aru32to | 2017-03-02 19:41 | XPERIAの話

今だからこそ再評価するSNS特化型としてのiPhone5c

b0237530_20123453.jpg
ちょっとタイミングを失ってたのですが、Wikoの話で思い出したこともいくつかあったので。

今回は、珍しくiPhone5cを買った話と、ちょっと見直したiOSの話。

最初で最後のポップカラー、iPhone5cを今あらためて見直す。

いや、欲しかったんだよw
iPhone5cに限らず、iPhone6ぐらいまでのiPhoneは続落が続いていて、秋葉原ではちょいとした整備で動きそうな、いわゆるiPhone6のジャンクモデルが15K程度で入手できる時代になりました。ぶっちゃけ最強の廉価帯ゲーム機だと思う(無論スマホゲーだけだけど)。

まあ、近くにiPhone6貧乏になってる友人がいることはさておき、今回買った理由は、そもそも12月まで遡ります。会社で使ってた回線がソフトバンクの黒SIM回線だったので、何を思ったかソフトバンクのiPhone5c 16GBを衝動買いしてしまったことにあります。5,000円だったよ。
別にこれと言って何かな感じでもなかったんですが、バッテリーが完全消耗していたので、まあ交換して、乗り切ってしまおうという魂胆でした。

ところが、回線的にもういいですとかいう理由で、黒SIMを返納。
ソフトバンク回線だから使えないしとかそういう理由でテストとしてR-SIMを購入してその時に備えてたのですが、まさかこんなに早く来るとは思わなかったわけです。
問題となったのが、R-SIMは圏外になったときに立て直すのが非常にめんどくさいこと。気づかなければ放置しちゃいますし、だからといってiOSを存続させている理由はせっかく作ったLINEアカウントをそのまま活かすためだったので、最終的にLINEモバイルでつなぐこと前提と。

...ドコモ版探してみようかな。
という話で、ドコモ版の32GBが9,800円で売ってたので、購入。ただ、5,000円のiPhone5cより何故かジャンク度は高く、バッテリー交換の他に液晶交換をしています。この時、今でもなんだけど、iPhone 6 Plusがやっぱり欲しくてどうしようだったんですが、やっぱりサイズ感とデザイン性を重視して、iPhone5cに全力を注いでしまったと。まあ、それでも15Kに満たないので、良かったんじゃないかなあと思いつつ。

なぜ5cなのかというと、いわゆるiPhone5世代なので、iOSの限界という意味で、これがギリギリ現役世代というのが好きです。iOS10のアップデートも出来ますし、Apple Watchも使えます。
サイズだけで考えれば、今ならかんたんに5sなんでしょうけど、なら中身が6sのSEという感じでキリがないんです。理想を言えば4sの4G版なんでしょうけど、絶対に出ないと思う。

それと、チープさとカラーバリエーションが結構好きだからなんですね。
iMacから延々続いたポップカラーバリエーションを、現時点で導入した最初で最後のiPhoneということで、そこに価値を求める感じですね。
メタルフレームのカラバリでも、薄い色が多く、どぎついメタリックカラーを導入することなく、非常にお上品にまとめてます。
このiPhoneというアイコンに色は不要と言わんばかりの姿勢が、今のappleの嫌いなところです。(ジェットブラックはカラバリでもなんでもない)


電話として完成されているiOS

というわけで、約4年ぶりぐらいのiOSです。
最後に買ったのがiPhone5、2013年に入ってから購入しています。

個人的にiOSは好きじゃないんですよね。なんというか、Androidってホーム画面とメニュー画面という2階層で構成されてて、それが主流になりつつある頃に、とりあえずアラートとかガジェット専用画面を作ってみたりとか、急ごしらえな感覚があって、すごく残念なんですよね。これがiOSなんだ!!って押し付けがましいのがAppleじゃないですかw
いいところは取り入れよう。でもApple風に取り入れるので、iOSの操作性や安定性が悪くなるけど許してね的な安易な考えで、ユーザービリティには一切配慮がない気がします。iOS9を使ったときもそうだったけど、一番左の画面の更に左にガジェット的な画面があって、上からスライドすると通知が表示されるとか、いつからこんな感じになったんだっけかと思います。で、追い打ちをかける形でiOS10ではホームボタンを押さないとホーム画面にすらいけない、指紋認証ありきなロック解除ですからねえ。まあ、iOS10までiPhoneに指紋認証がない機器は延命しないだろうという発想もあったんでしょうけどね。

ただ、Androidでは割と起こる通話の不具合が今のところないという点や、SMSなんかも特に問題なく使える点、それと無駄なものを入れてないからとも思うんですけど、とにかく動作が軽快なんですよね。Androidも歴史は長いですが、こっちは電話として本当に10年戦ってきてますから、その分のブラッシュアップは相当されてるんでしょうね。ゆえ、リッチコンテンツがメモリ不足などに陥ることも、ハードの進化がほぼ無いiOSならではとも思います。
ぶっちゃけ、アプリで何かとかしない限り、俺は別にこれで通話とLINEだけで使えるかなという気がします。確かに通話とSNSだけに限って考えれば、片手で疲れず、軽快に操作できるiPhone5系はこの上ないモデルなのかもしれない。


自社コンテンツのクライアント商売もいいですが、特化型iPhone作ってみないですか?

Wikoの時に通話とSNSだけに特化したスマホという表現をしましたが、4.0インチiPhoneって個人的にはそれに究極的に近づいてるシリーズなのかもしれないです。iPhoneSEの後継機が7スペックで出るのも悪くはない気がしますね。
iPhoneの進むべき方向が定まってないのであれば、過剰なスペック向上は一旦Androidにやらせておいて、1年ぐらいはiOSの基本機能のブラッシュアップに終始するというのも悪くない選択肢だと思います。その合間というか、ダウンサイジング的なことで、iPhoneSEの拡充は選択肢にないのかな?とも思いますね。別に16GBで29,800円ぐらいの突っ込んだ値段なら、まさに電話とSNSだけで問題なく使える容量で、VoLTEなんかも対応できる最強の受話器に出来ると思います。(まあ、写真などを保存することが厳しいかもしれないけど)そこまで来たらApple Payにも対応出来ると、日本人は喜んで買うんじゃないですかねw
せっかくいい素材があるだけに、日本をカモにするなら、徹底的にカモにする方法をもっと考えていい。グローバルモデルと違う後進国モデルがあるんだったら、もっと絞り込んだモデルだってあっていいと思うんですけどねえ。

いやでも本当にApple Payを搭載した32GBのiPhone SE2みたいなのが出たらどうするか?って話だよな。夢はあると思いますけどね。




おしまい

[PR]

# by aru32to | 2017-02-25 02:46 | 雑談