続続々・デレステの使用感を書きあげてみる

サブ垢ねえ、久々サブ垢だよ。
そしてそのサブ垢で嫁を迎え、かたやメイン垢で鬼のような戦力増強をしてしまった。(無駄とは言っていない)
多分簡単にVAIO Phone Aが1台吹っ飛ぶぐらいです。まあ、やってしまった以上はどうしようもないんですけどね。

今回は2016年12月より、nubia Z17までの公開です。

30.iPhone5C(iOS10.1)

久々辛い端末でのプレイ。AppleのA6を搭載しています。
電話としての性能は優秀なのですが、OSがハードについていかないAndroidと違い、SoCの世代が毎度のようにきちんとアップしていくiOS系では、露骨に性能不足に直結するので、流石に現在進行形のゲームではもう役不足です。
2D軽量でフレーム落ちすることもしばしばあり、ちょっとプレイするには厳しいと言わざるをえないですね。
いや、素直にiPhone6ぐらい買っていいと思いますよ。

31.iPhone6 Plus(iOS10.1)

で、世代が2世代違うA8を搭載した、最初のFHD iPhoneです。
使い勝手が大きく異るのですが、こっちは最近のAndroid世代とサイズが変わらない点で、それほど違和感なくプレイ出来ます。
3DのMVなども十分対応できるレベルであり、まだまだ現役世代といえます。(3Dリッチは非対応)
まあ、むしろ今後怖いのはアプリサイズによるストレージ容量の余裕。現状メインのスマホで使ってる人って64GBで足りてるのかなという疑問が湧くぐらいiOSのアプリは大きいものも多いので、できれば容量は大きいものを選んでおくに越したことはないでしょう。
まあ、重いので素直にiPhone6を買うという選択肢も捨てないほうがいいとは思いますが。

32.nubia Z11(Snapdragon 820/4GBメモリ/Android 6.0)

変わってS820世代。左右がほぼベゼルレスというiPhoneデザインで、5.2インチサイズながら5.5インチ液晶を搭載しています。
特にこれと言ってスペック不足を感じることはありませんし難点というのがほぼないです。DACも搭載しているので、イヤホンプレイにも適しています。
3Dリッチモードでプレイするなど超ハイエンド環境ではない限りは、ある意味決定打とも言える1台だと思いますけど、今となっては入手困難かもしれないですね。

33.LG V20 Pro L-01J(Snapdragon 820/4GBメモリ/Android 7.1.1)

遅れてきたS820コンパクトタイプ。Quad DACという音楽特化型で、かつ145gとかなり軽量モデルです。
音の出力箇所によりタイミングが結構変わるという不思議なモデルですので、プレイ前にタイミング確認はしたほうがいいと思います。
手のサイズにもよりますが、長期戦前提として考える場合はこの5.2インチ、145gが地味に効いてきます。アタポン型イベントでのダラダラとしたポイント稼ぎやLive Groove系のイベントとの相性がいい機種だと思います。バッテリー持ちが並なので、軽い分のトレードオフとなってしまう点は残念です。

34.LeECO Le2 X527(Snapdragon 652/3GBメモリ/Android6.0)

5.5インチFHDながら4100mAhバッテリー、S652搭載とミドルエンドながらハイエンドモデルに近いモデル。一時的に130ドルを切るという事態になりました。
基本的にはS820やS810などと違いAdreno510搭載のため、一般的な3D性能ではやや劣るものの、3DでMVを見るぐらいは問題ないレベルです。3Dプレイには向きません。この機種に限らず、S652/650搭載モデルは非常にバッテリー持ちがよく、長期戦向きなモデルです。2Dプレイで徹底的に譜面を覚えるなどといった用途では簡単にバッテリーが減らないのが強みです。
また、最近のトレンドとも言える、イヤホンジャックがないモデルなので、不格好なアダプターやbluetoothタイプのイヤホンなどを別途購入しない限りは充電しながらのイヤホンプレイが出来ないです。

35.LeECO LePro3 X720(Snapdragon 821/6GBメモリ/Android6.0)

同じく5.5インチFHD、4100mAhバッテリーで、S821/6GBメモリ搭載という、S820世代では最強クラスの1台です。
3DリッチでのMVなどはS820以上のスペックがないと辛い感じですが、S820搭載モデルより高クロックのSoCであるため、S820ではキツイエフェクト箇所が若干ながら緩和されるといった効果は見られます。が、有象無象レベルなので大きく期待すると失望感は否めないです。
メモリ容量のおかげもあって、他のアプリの通知などがあっても滑らかに譜面が落ちてくるのは圧巻です。つくづくLeMAX2とはクレイジーだったんだなと。
あとイヤホン端子はないですが、地味に前面ステレオスピーカーなので、この点はMV観賞にプラスですね。

36.SHARP SH-M03(Snapdragon 808/3GBメモリ/Android6.0)

4.7インチFHD液晶、120gながらS808を搭載してる点で、他の小型スマホを圧倒する存在です。匹敵するのがiPhone SEぐらいです。
とは言え、世代的には2世代前であり、S810で標準レベルとなってしまった現行のデレステでは軽いプレイで頑張れる程度でしょうかね。
3辺狭額縁液晶なので、やや片方に寄りがちのグリップスタイルになるのがマイナスです。

37.SONY XPERIA XZ Premium(Snapdragon 835/4GB/Android7.1.1)

5.5インチ4K液晶、S835搭載と現状入手可能なスマホでは圧倒的なスペックです。
3DリッチでのMVなどで違いを生み出せる機種ですが、いずれにしろゲームではFHD表示となるため、自慢の4Kディスプレイが活かせないのはお約束。
スピーカー、イヤホンプレイでどうしても音ズレ的なタイミングが取れないのですが、aptXやLDACなどの低遅延bluetooth機器を利用すると緩和されるため、ある程度はなんとか出来るレベルなのかなとは思います。
どうしても重さが気になりますね。テーブル置きプレイとかだと気にならないのだろうと思うのですが、少なくとも7月のLive Grooveではこれでプレイすることはなかったので、お察し下さいレベルです。

38.nubia Z17(Snapdragon 835/6GB/Android7.1.1)

前モデルのnubia Z11に続き左右ベゼルレスの5.5インチFHD液晶を搭載。S835/6GBと性能も申し分ないです。
同じく3Dリッチでその性能をいかんなく発揮する機種です。ある意味ネイティブでFHD、6GBメモリと相まってXPERIA XZpより最適化されてるのかなと思います。
タイミングはXPERIA XZ Premiumより取りやすく、スピーカーで合わせてもプレイには支障ないレベルかな。
モノラルスピーカー、イヤホンアダプタ経由だとノイズが気になるので、素直にaptXのbluetooth機器でプレイすることをオススメします。


まとめ、3Dリッチモードが快適に動作するのはまだ先か?

というわけで、3Dリッチモードが試せた機種に関しては若干の記述はしていますが、動作確認なども含め、S835での最適化がされていないのか、それともパワー不足なのかという疑問は解決しないまま、今回は持ち越しという形になりますね。
しばらくはS835世代が天下でしょう。どっかでExynos8895試したかったんだけど、Meizu Pro7に搭載モデルがなかったので、今回もスルーになりそうですね。あるいはS660なんかも、スペック上はハイエンドSoCに近いレベルなので、面白そうかなとは思います。
Helio X30のためにMeizu Pro7を買う勇気はないですが、3万円程度で搭載モデルが入手出来るならやぶさかでないです。

あと、中華スマホだけのブームに留まりそうにない狭額縁モデル、GALAXY S8のようにバランス良く四方に狭額縁できればいいんですけど、Xiaomi mi MIXや一時のシャープスマホに多かった3方狭額縁タイプは、なんとなく手持ちプレイでのポジションに苦労しそうな気がしているので、(このゲームだけに関して言えば)果たして良い方向性なのかなという疑問はまだあります。利き指じゃないほうをカバーしたりするにはいいのかもしれない。

しかし、個人資本、まとめ記事とかではなく実機レベルでよくもまあ38台まで動作チェックしてるなと思いますね。次は12月ぐらいまでないでしょうか。





この回、おしまい

[PR]

# by aru32to | 2017-08-11 02:48 | デレステ動作環境確認

公式が出さないのでデレステの推奨スペックを勝手に出してみた

(2016/01/17、その1をエントリー。)
(2016/04/06、その2もエントリー。)
(2016/11/29、その3もエントリー。)
(2017/08/11、その4もエントリー。)
(2016/07/11、メインメモリに関する推測をまとめてみた【動画あり】)




---2017/07/29 3Dリッチモードを踏まえ、ランク見直し及び最新のSoCなど数種類の記述を追記しました---

ちゃんと見てるよ。

b0237530_01051673.png

全面的に文章の修正などを行いました。
現状のお話も踏まえつつ、参考になると幸いです。

今回は公式が全く更新しないので、Android版のデレステの推奨スペックを書き連ねる回です。
(とりあえず今後のアップデートで解消されることを願いつつ、2017/07/29現在の状態です)

とりあえず、カタログをもらってきて、CPUとかの欄に書かれているものと一致するところをご覧ください。

ちなみにテスト条件を載せないのもアレだったので、今後はレギュレーションを決めて主観的な判断で確認していきます。

MV対象曲:Yes! Party Time!!
衣装:パーティタイムゴールド

3Dリッチの環境
観客シルエット:ON
解像度設定:高画質
歌詞表示:ON
紙吹雪:ON
60fps
映像フィルタ:ノーマル 

3D標準の環境
歌詞表示:ON
紙吹雪:ON
60fps
映像フィルタ:ノーマル 

以上の環境で動作確認をしています。
なお、スマホのスペック(解像度やメモリ容量など)で若干の差異が発生することを予め考慮の上、参考にしてください。

1.スペック対応し切っていない可能性の高いSoC

Exynos 8890(Mali-T880MP12)
Helio X30(PowerVR 7XT)
Snapdragon 660(Adreno 512)

以上のSoCに関してはグラフィック最適化がされていないため、解像度やエフェクト、3Dオブジェクトに支障がある可能性があります。
Exynos8890に関しては、情報がほぼないため、実際どうなのかというのがわからないというのが正しいです。ただ、Helio X20以上のMali-T880が対応した以上、なんとなくそこそこ動きそうな気はする。
S660はすでに実機が出ているのですが、まだS835搭載機並の価格のため、テストが出来ない状態です。3Dスコアを見る限りでは3のカテゴリーだとは思いますが、KyroコアとAdreno512が思った以上にベンチマークスコアが高いので、ギリギリ2のカテゴリーにも入りそうな勢いではあります。
そしてiPhoneでおなじみPowerVRシリーズ。久々登場ですが、こっちもiPhoneが対応してる以上は、多分対応すると思うんですよね。まあ、搭載端末が今後日本で販売されるとしてもKIWAMI3とかまで待つことになると思われます。Helio X30は期待できる気がする。
いずれ手を付けたいとは思うのですが、個人的に価格にアドバンテージが見いだせない限りHelio系のテストはおいそれと出来ないです。

ちなみに、2Dで黙々と音ゲーするなら全く問題ないレベルです。

2.3Dリッチでフルエフェクトを掛けてなんとかMV観賞を楽しめるSoC

Snapdragon 835 (Adreno 540)
Snapdragon 821 (Adreno 530)
Snapdragon 820 (Adreno 530)
Snapdragon 810(Adreno 430)※LeTV LeMAXのみ

特にキャラアップのエフェクトで顕著なフレーム落ちは、現状でAndroid最強のS835ですら起こります。
推測の域を出ませんが、S820以降はSoCが常時可変クロックに近いため、常時フルクロックで動作するような環境をつくれば、フレーム落ちなく視聴出来るレベルではあります。
S810に関しては事情が特殊で、常時フルクロックでもスロットリングが起きない可能性の高いLeMAXのみ対象となります。
ちなみに2Dプレイという観点で言うと、まだS821/S820のほうがどうも快適な気がしているので、S835に関しては今後のバージョンアップでの最適化が進むんじゃないかと思います。(LG V20Proのほうがnubia Z17よりタイミングなどの観点でズレが少ない)

3.現状、おおよそのことがない限りはMV鑑賞も十分なSoC

Snapdragon 810(Adreno 430)
Snapdragon 805(Adreno 420)
Kirin 960(Mali-G71)
Exynos 8895(Mali-G71MP20)

Exynos8895は公式が3Dリッチのテストで使用しているモデルですが、Adrenoとの動作比較でここに入れておきました。
いずれも3Dリッチの選択は可能ですが、フレーム落ちが上記SoCより多いため、別カテゴリーとしました。
機種固有の問題がなければおおよそは問題ないレベルです。デレステをやってMVを結構見る、もしくは3D標準でやっちゃう方には向いています。
若干Exynos/Kirin機種は劣ると思いますが、発熱が少なく安定して遊べる点ではS810より上なんですよね。この辺をどう考えるかで甲乙付けがたいですね。
少々フレームは落ちますが、S805でもなんとか3DリッチでMV見ることは可能です。個人的にはここまでがギリギリかな。

4.たまにMV見るけど基本は2Dで音ゲーするには困らないSoC

Exynos 7420(Mali-T760MP8)
Exynos 5433(Mali-T760MP8)
Snapdragon 801(Adreno 330)
Snapdragon 800(Adreno 330)
Snapdragon 808(Adreno 418)
Snapdragon 652/650(Adreno 510)
Snapdragon 625(Adreno 506)

この辺りから3D表示が若干怪しくなってくる感じです。3Dリッチでは常時フレーム落ちに近い状況となりますので、素直に3D標準で見ることをオススメしたいです。
それほど心配するレベルではないんですが、3Dエフェクトなどがかかった場合、処理落ちが激しく起こるなどの問題も出てきます。MVをたまに見る感じで、通常は2Dで遊ぶのが妥当なラインです。ただしS800はクロック的に低め(といっても2.2GHzもあるんだが)なので、処理などでも若干の問題は起こるかもしれまん。
S808に関してはさらに若干劣る感じで、3DのMVを見るには30fpsが妥当ではないかという感じです。最新機種に搭載されるには少々役不足感は否めないです。
なお、ネットの情報を確認する限りでは、このカテゴリーでは3Dリッチの選択が出来ない機種があるとの報告もありますし、最初は動作可能だったモデルも7月のバージョンアップで選択不可となった、あるいは今後その可能性もあるので、そこをどう考えるかという感じです。

5.淡々とスコアボードと戦うレベルのSoC

Helio X20/23/25/27(Mali-T880MP4)
Snapdragon 600(Adreno 320)
Snapdragon S4 Pro(Adreno 320)
Helio X10(Power VR G6200)
Snapdragon 615(Adreno 405)
Snapdragon 617(Adreno 405)

この辺では3Dリッチがおまけ程度で選択可能と考えてください。
上3つは4のクラスに入るレベルだけど微妙に辛いのでこっちに入れましたけど、実質的にS800とそれほど変わらないので、3D標準でMVなんかをたまに見る分にはそこまで不満は出ないはずです。3Dリッチは選択不可な機種が多いので、そこは覚悟してください。
ハイエンドクラスは2013年ぐらいのモデルからクアッドコア化しているので、中古でバッテリーを気にせず遊ぶような使い方にはいいかもしれないです。

下の3つでもHelio X10とS615/617は相当差が大きいですが、上位に比べると有象無象でコマ落ちなどもするし、S615に関しては3DMVは相当ギリギリな線なので、デレステで遊ぶなら少なくとも選んではいけません。
廉価帯スマホはこの範疇なのが多いので、デレステを多少なりともやるのであれば無理はしてちょっといいのを買うべきだと思います。

6.ハナからデレステやらないSoC

Snapdragon 430 (Adreno 505)
Snapdragon 410 (Adreno 306)
Snapdragon 400 (Adreno 305)
MTK6753 (Mali-T720)

現状のAndroidでは全く問題ないのですが、ゲームで遊んだり、動画を見たり、キレイな写真を撮ったりすることはあまり出来ないクラスのスマホです。
正直なところ、これを買うのは1万ぐらいまでとかなんだろうけど、国内メーカーは強気の値段設定で販売しています。
まあスクフェスみたいに2Dで確かに遊べるんだけど、3Dはまるで駄目。何しろ譜面なんかもエフェクトついてるとタイミング調整などが必要になりかねないという点で、S615よりはるかに劣ります。
MTKなどMediaTekのMali-T700系であれば多少はなんとかなるかもしれませんが、CPU側も非力なので、いずれにしても3Dは絶望的、2Dもやや厳し目と考えるのが妥当だと思います。

7.入手困難なので許してほしいSoC

Atom系全般(HD Graphic/PowerVR系)
Tegra4/K1(GeForce)
Surge S1(Mali-T860)
AllWinnerやRockChipなどの中華チップ

マジ勘弁してください。


まとめ 腕を磨いた上で、課金するぐらいなら一番いいスマホを買うべき、その上で課金

3Dリッチという、ある意味スマホの限界に挑戦してる感はベンチマークユーザーにとっても一つの指針として考えていいんじゃないかと思います。
最近はまんべんなく大抵のSoCに対応して来てるということで、以前よりは敷居は低いです。
ただ、少なくともS600やS800でパフォーマンス不足が起こるレベルに到達したのは間違いない事実なので、該当ユーザーはそろそろ買い替えも考えていいと思います。
近い将来、Android4.4まではアプリ自体のサポートを打ち切られると思うので、できれば現状で6世代のOSがプリインストールされてるモデルが好ましいですね。

コストパフォーマンスだけでいえばS820搭載スマホが一番無難でしょうね。国内でも3万円台から中古が買えますしね。
真面目な話、快適に動作するスマホじゃないと腕も上達しないし、デッキ性能が良くてもスマホの挙動で得点が左右するのがこの手の音ゲーの鉄則なので、課金を我慢してでも最初にいい機種を買って、その上で課金をしないと、せっかくのお金が無駄になってしまいますよね。

SoC選びも重要ですけど、端末のホールド感なども重要な要素なので、カタログスペックとにらめっこしたり、実機を持ってみたりして、個々にあったサイズのスマホを探すところから始めるのがベストですね。

あと、F-03FからDM-02Hに機種変更した知り合い曰く、DM-02HよりF-03Fのほうが快適ということで、そうなると体感できるレベルで言えばS800>S430なのはある意味事実かなと。

ちなみに事務所作りは相当非力でもそこそこ動いてしまうので、2Dプロデューサーでも十分楽しめます。
箱庭ゲー好きで自分のぷちでれらがウロウロしてるのを見るので十分なら、S410でも大丈夫かなあと思います。






とりあえずこの見解、おしまい

[PR]

# by aru32to | 2017-07-29 03:10 | デレステ動作環境確認

VoLTE受話器に最適だけど苦労したらくらくスマホ3の話

b0237530_22251105.jpg
安かったんで買ってみたんです。
らくらくスマホ3 F-06Fというモデル。

ドコモのXPERIA XZを売り、V20 Proも売り、VoLTE受話器がないのと、そのわりにはドコモのVoLTE対応機種ってそんなに多くないので、まあ2980円なら最悪どうにでもなるだろうと思いました。

敵はGoogle Playがないことにありましたね。
大真面目な話、電話帳ですらGoogleサービスに登録しちゃってるんで、iPhoneのときもそうだったんだけど電話帳を移すのが結構な大作戦となるんです。おまけにファイルエクスプローラー的なアプリなどらくらくスマホには皆無です。仕方なしに赤外線のあるAndroid(今回は202Fを用意)し、赤外線経由で電話帳を移すという作戦を断行しました。
vcfファイルは受け付けるので、あっという間に電話帳です。

Google Playを入れる方法を延々考えてやってみたんだけど、結局のところGoogle Playがエラーを吐いてしまい、まともに動いてくれないので、adb経由でESエクスプローラーを入れ、Gmailを使えるようにして終わりにしちゃいました。
docomo IDをセットすると自動的にいろいろなアプリにログインするもので、ドコモのメールなんて数年ぶりに使えるようになったもんだからなんか500件ぐらいメール落ちてくるし、なんかうまい方法ねえかなあと思いつつ、いや別に電話するだけなら電話帳ですでに解決できちゃってるなと。

というわけで、色々頑張るのもなんかアレだし、当初の目的どおり電話としてなら十分だと思って使っています。
ちなみに、超がつくほど使い勝手悪いです。これは本当にここから携帯電話をいじるような人向けに作られてる気がしてしょうがない。ガラケーから移行するのだってかなり苦労すると思うよ。よくもまあ、カラケーユーザーにこれ売って便利になったでしょ?って言えるなマジで。


ま、いいや2980円だったし。








おしまい

[PR]

# by aru32to | 2017-07-04 22:58 | 雑談