<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

たまには自作PCのスタンスの話でもしよう

本格的なネタ不足。
いや、業界的にネタはすごくあるし、ドコモのプラン追加の話とか、freetelは信用ならんとか、電撃作戦で買ったLeECO Le2とLG L-01Jを本当の資金難で手放したとか、その割に次のネタをAliExpressに発注したけど思ったよりかかっているとか。

いずれも書く気にならんね。



なので、オジサンらしく昔話でもしようかと思いました。
今回は実に9年ぶりぐらいとなる自作PCのお話です。


うわぁ、私の自作PC歴、短すぎ

まあ、もうすでに人生の大半をPCとともに生きているWindows世代なんですけど、意外と自作PCをつくるのは2000年までありませんでした。
理由はいろいろあるんですが、実家に置くスペースがなかったこと、PCを使うような用途が全くなかったこと、そして大きな問題としてそもそも10万が当時高校生だった人間には集めようがなかったこと(これは通ってた高校が私立だったのと、電車とバスを乗り継いで片道1時間半ぐらいかかっていてバイトなんかもできなかった)もあって、家にPCはあるけどそれは親父の仕事用PCだったのでした。

ちょうど同じころ、PC USERという雑誌(Hallo! PCだと分かる人もいるかも)を毎号買っていて、技術解説だの製品レビューだのを読んでたわけですけど、まあ、そこに出ていたある3Dのゲームが遊びたいとの理由で、んじゃ頑張ってPC買おうよとなったわけです。折りしも、大学入学という大きなイベントがあった時期なので、あれよあれよとお金も集まり、そこそこに近いPCを組むことができたんですね。

だけど、自作はSlot Aからはじめてるのです。意外と浅いでしょ。
で、そこからSocket A、Socket 478、LGA775、Socket AM2+と、たった5規格しか使ってないんですね。LGA775の期間が長すぎましたね。
が、2012年で家からデスクトップはなくなっています。もう5年経つんだな。

自分のノートPC歴は同じく2000年より継続中なので、足かけ18年めですね。
ちなみにPDA歴で行くと、museaなので2002年ぐらいから。スマホ歴は2009年から。まあ、なんというか自作PCをいじるよりWindowsCEをいじってる期間のが長いのは意外だなと思ったりしますね。


あの頃、自作PCに熱を上げていたものは何だったのか?

今じゃなくても言えたけど、Athlonの1GHzを焼き鳥にしたり、FSB266のAthlon 1.2GHzをフライングで買ったらコア欠けしてFSB200でしか動かなくなって、そのあとAthlonXPと一緒に買った性能のいいCPUクーラーにしたらFSB266で安定したり。
PenDの830もフライングで入手していて、日本に入ってきたバルクの中の数個を1週間ぐらいだけ先に使えたのも運が良かったです。Core2DuoになってからはもうずっとCore2Duoばっかりになっちゃってましたね。
まだ、MTV3000Wとかを使って同時録画とかやってた時代なので、1台にMTV3000W/MTVX2004HF/MTVX2005/MTVX2006HF/MTU24002台とかを搭載してw本当に何を目指していたんだろうと思いますけど、あの頃はレコーダー持ってなくてまだ地デジ化まで時間があったからこれで問題なかったんですよね。しかもTVにもコンポーネント端子あったし、今で言うHTPCを先んじてやってたわけですよ。
明確なPCパーツの最後となるとPhenom2 X4 940かRADEON HD5750のどっちかなんですが、全盛期→衰退期に当たる時代を経験したわけです。
なんというか、あの頃の俺自身は相当自己満足でPCを組んでて、もう組みかえて遊ぶのが好きだったんですよね。毎月のようにパーツの世代交代があって、制約とか度返しですさまじいPCをポンと作ろうとして予算が尽きたりとか、結構その場その場がおもしろかったわけです。OSすらインストールするのに苦労したなんて、今じゃほぼ考えられないですし、変えたからと言って劇的に何か変わるわけでもないし、いじり系はハマり出したら一直線ですからね。

これが車とかなら、VIPカーとかそういうのまで行き着いて、おそらくローン地獄とかに陥ってそうでしたね。


再びマニア向けのアイテムとなった、自作PCへの憧れ

自作PCを作ってみようとはもう思わないのですよね。
というのは、実際にもうメンテナンスできるほどPCを使ってないこと、ノートPCでも処理能力が十分すぎること、そうそう大きい液晶ディスプレイが置けないことなど、悩みは尽きないです。
まあ、とはいえ部屋を整理したら作るのか?とかTVにつなげる用のHTPCをもう一回作れば?とか考えたりするんですよね。今は大体HDMIあるから表示面での問題は全くと言っていいほどないんですよね。
そして、ある意味最大の難敵が、性能にも関連しますけど、ノートPCのが安いよねというコスト的なものだったりします。
性能さえ追求しなければ自作PCなんていくらでも安くできるんですけど、eスポーツ流行の兆しが微妙にある昨今において、グラボが搭載できない自作PCじゃあ、ノートPCのがずっといいんですよね。グラボがやっぱり値段の半分を占めるようになってきたこともあって、じゃあゲーミングノートでいいかって話になっちゃうわけですよね。いずれにしてもそんなに熱心にゲームやらないわけだし。

ああ、まあ昔からゲーミングノート好きですし、最初に自分用で買ったノートPCがGateway Solo9300ということからも分かる通り、巨艦大砲主義は昔からですしね。




次回はなんか真面目に書きます。
おしまい

[PR]

by aru32to | 2017-04-30 02:16 | 雑談

【メモ】今年ここまでに買った(はずの?)アイテムを書きなぐる

1月
iPhone5c(ドコモ)
nubia Z11
Zenfone2

2月
V20 Pro

3月
XPERIA XZ(601SO)
iPhone 6 Plus(ソフトバンク)
MDR-1ADAC
MDR-1000X

あれ?そんなに多くないぞ。
あともうないアイテムもあるんだけど、どうしたらいいですかね。



おしまい


[PR]

by aru32to | 2017-04-11 20:39 | 雑談

VAIO Phone Aの大手サイトレビューを見て思った件

ええ、なんと言ったら面白く調理できるものなのか...


今回は、ちょっとあまりにもツッコミどころ満載過ぎるレビューがヤフーに載っていて、ぶっちゃけいろいろ可哀想なのと、その点こういうレビューを読者は求めているという模範に近いものが当たり前だけど同時に出てきていたので、そこを比較する回です。要は「これでお金を貰えちゃいけない」という戒めであるとw



そもそも、「なぜそうなったのか?」が考慮されていないのはフェアではない。

まず、この2つのレビューを読んでほしいです。
まあ、言わずもがな両方とも大手のサイトなんですが、上が可哀想なレビュー、下が模範とすべきレビューです。
なぜなのか?と言われると、上のレビューで不満となる点の大半を下のレビューで解説出来ているということです。

細かく突っ込んでいくと、
上のレビューの2ページ目の樹脂素材のくだり、なぜ樹脂素材を使わざるを得ないのか?というのは下のレビューで若干だけど解説がある。
とりあえず分からないかもしれないのできちんと書いておくと、樹脂素材の部分にはアンテナがあり、電波の入りやすさの向上と、CAに対応させるために設計されたパーツであることがわかります。同様の問題はXPERIAでも起こっていて、XPERIA XPでは日本国内版のみCAへの対応で、本体下部に樹脂素材を使っています。別に質感でどうのこうのしたわけではなく、日本ならではの問題を解決するために設計されたパーツなわけです。

同じく3ページ目。指紋センサーへの不満やストレージ容量の不満。これってある意味ないものねだり感が半端なく感じます。
ここまで、「筐体が一緒」と書いていますが、そもそも論として単にBizのOS違いということが理解できていない感じがあります。そこに理解があれば、指紋センサーやらストレージやらの話は出ないと思うんですよね。(まあ、ストレージが少ないのはBiz時代から思っていたので、同意はする)

さらに言えば液晶や筐体サイズそのものにツッコミを入れているんだけど、少なくとも比べるのがiPhone7 Plusなのは違うんじゃないかと思うんですよね。ゴールデンスライムとスライムを並べているようなもので、VAIO Phoneが少なくとも3台も買えちゃうようなスマホと比べるのはフェアではないですね。

俺の理解力が足らない上で簡単に読み解いてしまうと、
上のレビューは「価格しか取り柄がないです。VAIOとは本来こうあるべき。」と〆ています。
下のレビューは「付加価値を考えればコストパフォーマンスに優れています。」と〆ています。


まあ、お金もらってない俺がボロクソに文句を言うのはなんですけど、
上のレビューは「完全に俺目線で、基準は俺の道具」という感じに書かれてしまっています。これでお金を貰えちゃいけないと思う。
下のレビューはそこんところ、目線はなく事実だけを書いている。これが本当にお金をもらって書くべきレビューだと思う。


本来あらゆる角度から見て公平な視点で書く場合、淡々とスペックシートみたいなレビューになるのが正しく、さらに「なぜ、そのようなものになったのか?」という成り立ちなども推測、理解した上で書く感想や使い勝手などは書いてもいいと思うんです。当然比較するなら同価格帯のスマホしかり。
ワンランク上のスペック、CAやVoLTEに対応した作り込み、これが読み取れないで、「VAIOは昔Macと同等に渡り合ったんだから、ブランドの名に恥じる出来でしたよ」って書いてしまったら、ただの思い入れしかない感想文なんですよね。

VAIOに尖ったものを作って欲しいってのは俺らが言うことであって、大手サイトのレビュアーが大手を振って書くことではないと思うんですよねえ。


雑なレビューに振り回されるな、現物を見て判断したい

ぶっちゃけると、格式高い日経様のデジタルレビューは、どなたも結構な割合で個人の感情が入りすぎてしまったり、本来焦点を合わせるべき箇所が違ったりと、的を射ていないことが多いんですよね。限られたスパンの中で絞り出しました的な文章があまりに多すぎて、大手サイトにはあるまじき状況だと思うんです。素人にこれだけ言わせるほどひどい状況にあるって、なかなか出来ることじゃないですよね。
そして、相対的ではありますが、十数年変わらずレビューの質を維持出来ているインプレスの凄さ。プロ集団としての仕事の凄さがよくわかります。

無論見る客層が違うのもそうなんですけど、変なイメージ操作が働いてるじゃないですか。悪いものを悪いと書くんじゃなくて、俺が悪いと思ったから悪いと書く。お金を払って買ってるならともかく、試用品でそれは出来ないですよね。いくら在庫のからみで出てしまった商品とはいえ、VAIOの関係者が両方のレビューを読んで、どう思うでしょうか?俺が中の人だったら、日経にはもう貸出はしないと思います。


ちなみに現物を見ての俺の総評なんですが、十分に購買意欲が湧くだけの仕上がりになっていると思います。やや重たい感じはしたんですけど、及第点ではあります。知れた実機とは言え、Androidは快適に動いてましたよ。筐体も熱くなってなかったし。
スペック云々で1年遅れてることも考慮していますが、さすがに24,800円のスマホの仕上がりではないです。もっと高い値段で出してきてもおかしくない。

ヨドバシのコーナーを見回してみると、やっぱり同価格帯はS430、もしくはMediaTekでプラスチックな筐体ばっかりなんですよね。価格だけのスマホではないですね。個人的には抜きん出るだけの何かは十分に伝わりましたし、あとは余裕さえあれば絶対買ってるんだよなあ。(注:実は予算が完全にイレギュラーでなくなったので)





...書いてて気付いたけど、少し足すだけでLe Pro 3を輸入できちゃう値段なんだなwこれがよくない。








おしまい

[PR]

by aru32to | 2017-04-09 03:54 | MVNO・廉価帯スマホの話