<   2016年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

続々・デレステの使用感を書きあげてみる

1月、4月に書いたデレステ実機動作環境シリーズの3回目です。
特に書く必要もない機種が多いものの、実際やってみるとなんじゃこりゃ感のあるものも多いので、参考程度に載せておきます。

なお、今回は11月分のXPERIA XZまでを公開しています。
出荷時よりOSがアップデートされた機種のみ、スペックのあとにOSバージョンを書いておきました。

22.LeECO Le2(Helio X20/3GBメモリ)

デレステ標準解像度にならなかった機種です。流石に今はHelio X20でも対応するとは思いますが、現実的に3D表示は結構厳しいと考えてください。
参考程度に2Dであれば全く問題なく、タッチパネルのエラーも少ないですし、発熱もなく、バッテリー持ちも非常にいいため、持久戦で利用するのに適したモデルと言えそうです。
Helio X20搭載機は大体スペックも似通っているので、まあ大きく外れることはないと思いますね。

23.SHARP 303SH(Snapdragon 800/2GBメモリ)

現状、XPERIAと並ぶ5インチ以下のスマホで、なんとなく気を吐いているのがSHARPかなあと思います。
ガンガン配っていた頃のモデルであり、使いやすかったこともあり、結構利用者は今でも多いんじゃないかと思います。
一般的なS800搭載スマホということもあり、3Dでゲームをやるには若干力不足です。防水系にあるようなタッチパネルの問題もなく、これもちょいとやるぐらいなら問題がないレベルです。
最大の敵は、小型すぎるサイズかなあと思いますね。さすがに4.5インチだと、画面そのものが小さいので、持ち方とかをある程度考えないと、スムーズにプレイしづらいのかなあと思ったりします。

24.SONY XPERIA X Performance(Snapdragon 820/3GBメモリ)

重い。(スマホが)
処理能力に関しては疑う余地はないのですが、なぜか充電してるときにタッチパネル入力ミスが起こったり、基本的にバッテリー持ちが悪く残量が急降下するので、耐久戦には向かないですね。筐体の問題もあって、5インチ液晶が逆に小さく感じてしまう感覚に陥りますね。
あと、2D軽量で頻繁に譜面落ちする瞬間があって、これにイラッとくる感じは否めないですね。なぜか2Dでは起こるのに3Dでは起こらないのが結構な謎。Z以降の歴代XPERIAシリーズでは、おそらく一番プレイに向いてないであろうと思います。
今後7.0以降にアップデートされた際、この問題が解消されるのかどうかという感じなんですけど、多分ムリなんだろうなあと思いつつ。

25.LeECO LeMAX 2(Snapdragon 820/6GBメモリ)

あらゆる場面で快適としか言いようがない1台。メモリ残量に余裕もあるし、FHDの動画キャプチャーを動作させつつプレイしても問題ないという、前代未聞な1台です。今でこそS821搭載スマホがあるので0.5歩後退ぐらいにはなるでしょうが、歴代デレステ動作環境でも1,2を争うレベルです。バッテリー持ちもよく、とことんやり続けられるだけの耐久性もあります。
もう、こうなると好みの問題もあるんだけど、あわよくば置きプレイにも向いた背面フラット型のS821スマホが欲しくなってくるんですよね。
あえて苦言を呈して行くと、たまに3G/4Gで通信不良になり、復帰するのがやや遅いので、移動中のプレイには気をつけたほうがいいのかもしれないです。まあ、海外スマホだからそのへんはしょうがないとは思います。

26.HTC HTV31(Snapdragon 810/3GBメモリ)

ログインするぐらいなら頑張れるかなと思う。バッテリーが全く持たない、2Dですらガクツキが発生するなど、場合によっては強制再起動が起こるなど、動作側に問題が多々あるという悩みがありますね。フロントステレオスピーカーだったり、beat'sエフェクトだったり結構音がいいんですけどね。
そもさん音ゲーで3曲ぐらいしか連続してプレイ出来ないなら、それほど困らないかもしれませんけどね。
とにかくLIVE PARTYが鬼門なレベルなので、カジュアルプレイ、しかも2Dで頑張れるならどうぞ。

27.SONY XPERIA Z3+(Snapdragon 810/3GBメモリ/Android 6.0)

Android5.0では熱暴走防止のスロットリングがちょくちょく起こる感じでしたが、Android6.0化して割と変わった感はあります。処理落ちとタッチミスはどうしようもないですが、頻度は減っているのでプレイするにもそれほど困らないと思います。
たしかに頻度は下がりましたが、処理落ちが始まってしまうと、延々と続くことも多いのでその点は注意です。

28.Lenovo ZUK Z2(Snapdragon 820/4GBメモリ)

処理そのものには問題なし。若干小型なのでホールド感で左右される機種ではあります。
WiFi、4G通信共に結構な頻度で通信エラーになること(例えばホーム画面に戻るたび)が多く、その点でストレスが溜まります。非常に惜しい点ではあります。
あと音を鳴らす場合、内蔵スピーカーが割としょぼいので、イヤホン必須かなあ。

29.SONY SO-01J(Snapdragon 820/3GBメモリ)

XPERIAだけに絞ると、Z4 tabletと並んでほぼ完璧なプレイ環境が手に入る一台。
LeMAX2にも劣らぬ快適さで3D/2Dでもガンガン遊べます。熱を持ちにくいのもポイント。
ややバッテリー持ちが悪い感じもありますので、3時間以上の耐久戦には充電必須でしょうね。


まとめ、S820世代突入で快適、S800世代はいよいよ厳しいか

今回ってハイエンドしかやってないですね。
バカ実験ができる機種が手元にないので今回はやりませんでしたが、S625やS430、Helio P10、kirin系あたりの機種はなんかしら手に入れて遊んでみたいですね。とはいえ、やるほど予算も物欲も正直切れてしまっているんで、今後は完全にペースが下がるんじゃないかなあと思いますね。



つづく

[PR]

by aru32to | 2016-11-29 00:23 | デレステ動作環境確認