<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

デジカメ、ウォークマンなどの専用機の存在価値とはなんなのか?

封印作品を焼き増しで完全新作にする手法の第二弾。
元ネタは「XPERIA Z4を本当に使っているユーザーの声が聞こえない」という話でしたが、なんか話がこじれてこうなった感です。
「なんかね、メジャーなブロガーさんはおおむねアンバサダーで借りて、1ヶ月ぐらいでああでもないこうでもないと書いてるんだけど、実際にお金を突っ込んでまで買ってる人があまりにも少ない。」
という話からスタートしていますが、ずらずらと弁護の部分は省きます。
以下駄文。


専用モデルが汎用モデルに勝てない理由を考えてみよう。

スマホの評価、レビューを読んでいると、読んでみるとカメラ性能にケチをつけている方があまりにも多いのに驚きました。
個人的なスタンスもあるからなんでしょうけど、僕の感覚では「デジカメの画質はスマホのカメラにはまず勝てないのだから、そこに期待するほうがおかしい」なのです。
なぜビデオカメラとスチルカメラが存在するのか?という話にまで至ってしまいますが、それぞれ専用機が存在しながら、それを使わずにスマホを使うという時点で、それは本気度合いが低いと僕は思ってしまうのですね。だからQX10なんていう全く存在価値もないおもしろギミックなデジカメを買ってるんです。これでも十分スマホを活用できます。

冗談はさておき、デジカメが荷物になるとか、値段が高いとか、そういう理屈は僕の中ではかなりの逃げだと感じるんですね。だって今のデジカメ重くないもん。価格コムで重量150g以下で検索すると、IXY160が112g、DSC-W810が111gで、50店舗以上が扱っています。さらに言えばCOOLPIX S3700が118gながらNFC/WiFiに対応していて、タッチするとスマホにケーブルレスで転送出来るんですって。餅は餅屋の理屈だけど、思った以上に世の中便利になってるもんだなと実感。それでもって1万強ですからね。(そしてふつふつと燃え上がるデジカメ熱w)
FHDの動画とか撮っても、一体何で見るの?MHL経由でTVで見ます?Vineとか正直スゲエ高画質なやつとか見たことないし、仮に上げるとなると、パケットとかすごく食いますよね。それどころか、例えば我が娘の晴れ舞台、自分の孫がデータとして50年後に見た時にキレイに写ってることに驚くかもしれません。(ちなみに、僕の親はそういうのに一切こだわりが無かったので、写真もぶれてるのが多いし、なにせフィルムは経年劣化は避けられないです。)今はデジタルビデオカメラが4Kを平気で残せる時代ですし、4Kなんて向こう10年標準化されるような時代は来ないでしょうが、30年後、50年後はどうなってるでしょうかね。思い出はPriceless。撮るものも最低限とはいえ、安定して長時間撮れるような専用機がいいに決まってます。

なぜこれだけ無駄が多いのに、スマホでキレイな画質の写真や動画を撮ろう思えるのか、そこに不思議があるんですね。
このスタンスなので、このblogにおいてスマホの写真レビューというのは一切載せていないんです。失礼な話をすると、レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドが栃木FCとガチでやって勝てますか?という話ですよ。(現実的には近年のカップ戦を見ると、100回やれば1回ぐらい勝てるとは思うけど)
そこまでとは言いませんが、いずれにしてもなぜ専用機が存在するのか?という疑問には答えたつもりです。

ウォークマンも同じ。基本的にはオーディオ専用機は出力回路などにノイズシールドなどを加工してあるし、例えば「S-MASTER HX」などのアンプチップを載せる必要があって、そこがソフトウェアでは同等の処理が出来ないので、スマホでは搭載出来ないという話です。
まあ、こちらも時間の問題だとは思うんですが、それにしたってスマホに搭載する必要があるかどうかというのは、疑問に感じるところではあります。
今でもその葛藤には苛まれます。Z4が決して悪いわけではないんだけど、純粋に音の好みがイコライザで修正出来るとしても、そのものの出力がなんとなくぼやけてしまう(音の解像度がなんとなく低い気がする)ので、ウォークマンを買おうという話になるんですね。


腹八分目といういい言葉、器用貧乏のメリット

日本には「腹八分目」といういい言葉があります。
スマホに求める各種機能というのは、専用機が出ているものは腹八分目でいいと思うんです。今だ巨艦大砲主義を引きずる人間が言うのもなんですけど、本当にその機能に100%を求める場合、設計の段階で汎用機が専用機に勝つことは出来ないんですね。
大真面目にパナソニックのCM1みたいにデジカメに特化させたスマホってのもありますけど、デジカメに制御ソフトが必要で、独自開発ではコストが掛かり過ぎるので、Androidで制御ソフトを作ってしまえ的な発想だと思うんです。だからデジカメとしては100%に近いですよね。スマホ機能はあくまでオマケと考えると、その発想は間違っていないです。

同様にウォークマンもNW-ZX1/2にはAndroidを搭載していましたが、4.2の頃はまだハイエンドモデルに動画再生機能をつけるとか、そこら辺に迷走をがあったんだと思うんですが、NW-AシリーズやNW-ZX100の登場で、制御ソフトに目処が立ったんだろうと思います。今後ウォークマンにLTEモデムが搭載されることがあるかどうかわかりませんが、少なくともAndroidを搭載する必要はなくなったといえます。

そう考えるといろいろな考え方が出来るんですが、あくまで「スマートフォン」としてのカメラとオーディオ機能を基準とするのは、何を基準と出来るのかという話になるので、それは個人個人に依存する話になってしまいます。
だから腹八分目なのです。すべてが8割出来る器用貧乏であるからこそ、スマートフォンのレベルが向上するのであって、それ以上を求めるなら、どうぞ専用機を買ってくださいということになるのですね。

結局は2択です。
スマホは8割を満たしてくれます。分からない人には100%を満たすことも出来ると思います。それが1台で済ませられるならこれ以上ないメリットになります。
一方で、それを過剰に期待するなら、やはりデジカメ、デジタルオーディオ、さらに言えばスマホではなく通話に特化したガラケー、そしてタブレットの類でも持ち歩いてたほうがよほど気が楽です。こっちはそれぞれの機能にそれぞれのバッテリーを持っている分、稼働時間が延びるというメリットがあります。確かにかさばるとは言いますが、今となっては軽量スリムなので、そこまで重くなるということもないんじゃないかなと思います。

まあ、アレだ。
結論として、「自分が選んだものが失敗だったと認める勇気」と「どこに重心を置いてこういった機器を活用するか」がiPhone登場あたりから完全に欠落しちゃってるんだろうなと。
性能が高度化するにつれて、絶対に頭打ちになった時にはじめて専用機の優秀さが分かるはずなのに、ブランド好きがそうさせないという最大のジレンマに追いやられると、(サクラ含め)ああいった醜い酷評を書けるんだろうなと思います。
あくまで、選ぶ段階で慎重になれないユーザーが悪い、そう言わせてしまうメーカーの売り文句も悪い。だから最終的には「iPhoneユーザーはiPhoneを好きだから使っている」なんて舐められたCMをガンガンゴールデンに流されることになるのです。

そして最後には、自己責任の原則が顔を出す。いいから黙って使ってみようぜ。


---封印解除に際して加筆---
というわけで、なんでこの時こんなにエキサイティングな文章を書いたのかがよくわからんのですよね。ただ、言わんとしてることは今も同じですね。
幸い、期待をせずに使っているとXPERIA Z4も素直に動いてくれてますし、そこまで駄目な部分がないのが逆に問題なんだよね。
まあ、2年使うとかそういうふうな頭で考えると少しは後悔するのだろうけど、それが自己責任ですからね。間違っていないと思い込むしかないんだよね。

え、誰とは言いませんよ。Apple信者そろそろ魔法が解ける時間だから、思い込みでがんばれよとエールを送っているんですよ。好きなら機変しろよiPhone6s(笑)



おしまい

[PR]

by aru32to | 2015-09-19 15:43 | 雑談

どのXPERIA Z5シリーズを買う?いや買わない?

(注:暫定的な話であって、ひとまずモック触るまではスペックシートで話をします)

さあ、iPhone6Sのハードルを上げてしまったぞwww

いつもならば即「Premium」という選択肢を取るであろう俺なのですが、今回は少々状況が異なります。
今回はなんとなく擁護することなく、SONYに駄目だしする話になりそう。

目新しさを探すのが難しいZ5シリーズ

まずは概要、といってもどこもかしこも対して変わりない内容ですからざっくりと上げていきます。
  • カメラモジュールの世代が上がった(IMX230)
  • NCイヤホンがハイレゾに対応した
  • microUSBが全シリーズでキャップレスになった
  • Snapdragon 810 V.3(本当か?)を搭載した
  • 4K(3840×2160)解像度の液晶ディスプレイを世界初搭載(Premium)した
  • 指紋センサー付き電源ボタンになった

まず背面カメラモジュール。書いててそうなのかと思ったんですけど、Z4まではZ1時代のIMX220を搭載していたんですね。
このIMX230、実はもう国内ではF-04Gが搭載していて、さらに画素数を落とした同世代のIMX240もGALAXY S6シリーズに搭載されているという面白さです。
Z4につづいて8月に発表されたM5もIMX230を搭載しており、一時的に廉価版に技術的な遅れをとってしまっている状態だったことになります。
Z4の時も書きましたけど、Z4が当初ないラインナップとして考えた場合では、約1年ほどの時間が経っているため成立する話です。

NCイヤホン(MDR-NC750)のハイレゾ対応は手放しで褒めたいです。詳細なスペックが載っていないのでよく分からないのですが、本体側が今回も24bit/192kHzまでの対応なので、SONY製の場合はXBA-A2程度ないとちと厳しい気がする。5極対応のウォークマンやXPERIAでも利用可能(出力は本体側に依存)らしいので、イヤホンだけでも買っておくと面白いかもしれません。
今回も例のごとく、販売地域によっては付属品にMDR-NC750が付くのではないかと思いますが、どんなもんでしょう。
今回大きく変わる点ってここなんですけど、イヤホンがあればZ4なんかは同等にできちゃうあたりがなんとも言えない点ですね。

microUSBは今更ですね。遅いぐらい。
順番前後しますが、指紋センサーも割とどうでもいいです。これも遅いかな。

さらに、まさかのCompactまでS810搭載。これまで搭載された2機種を使ってわかったのは、まだまだ最適化がなされていないということと、各メーカーのSoC制御の味付けで左右される感じがあったこと。それを考慮すると、V.3と言える制御モードが実装されていてもおかしくないんじゃないかなと思います。

極めつけは、4K解像度のPremiumの登場。
5.5インチ4Kという前人未到の領域。もうドットが粗いとは言わせないと言わんばかりの細かさでしょうが、ゲームの全画面モードがひどくなりそう。


唐突にこれまでのZシリーズのサイズ比較

XPERIA Z(SO-02E) 139 × 71 × 7.9 mm 146g 2330mAh
XPERIA Z1(SO-01F) 144 × 74 × 8.5 mm 171g 3000mAh
XPERIA Z2(SO-03F) 147 × 73 × 8.2 mm 163g 3200mAh
XPERIA Z3(SO-01G) 146 × 72 × 7.3 mm 152g 3100mAh
XPERIA Z4(SO-03G) 146 × 72 × 6.9 mm 144g 2930mAh
XPERIA Z5      146 × 72 × 7.4 mm 153g 2900mAh

XPERIA Z Ultra 179 × 92 × 6.4 mm 212g 3000mAh(6.4FHD)
XPERIA Z5 Premium 154.4×75.8×7.8 mm 180g 3430mAh(5.5QHD)

XPERIA ZL 131 × 69 × 9.8 mm 151g (5.0FHD) 2350mAh
XPERIA A 131 × 67 × 10.5 mm 141g (4.7HD)2300mAh
XPERIA Z1f 127 × 65 × 9.4 mm 140g(4.3HD) 2300mAh
XPERIA Z3C 127 × 65 × 8.6 mm 129g (4.6HD) 2600mAh
XPERIA Z5C 127 × 65 × 8.9 mm 138g (4.6HD) 2700mAh

(いずれもカタログスペック値を参考としています)
とりあえず、これを参考として、以下の話は進めていきます。

5.5インチ、4K液晶は誰のため?

今回登場したXPERIA Z5には3種類のモデルがあります。

XPERIA Z5 Premium 5.5インチQHD液晶
XPERIA Z5 5.2インチFHD液晶
XPERIA Z5 Compact 4.6インチHD液晶

5.2インチと4.6インチ、これは今までのラインナップだからまあ分かる。
継続シリーズですから、当然同サイズを出すのが一番理にかなっています。

5.5インチ...わざわざ0.3インチ大きくしても、どうしようもない気がする。おそらくは海外市場向けに若干大きなサイズが必要となったので、どうせならすごいの作ろうぜ的なノリで作ってしまったんだと思います。一応Premiumだから、プレミアムなモデルにしたかったんでしょうね。
確かに5.5インチの4K液晶を搭載するなどの意義とかそういうものは見えるんですが、実際5.5インチはAndroidだけでなく、iPhone6 Plusも視野に入る世界です。前のエントリーで書いてたと思いますが、中国勢が安価で大型ディスプレイを搭載するモデルが増え、今や主戦場は5.5インチです。大手メーカーはあの手この手を考え、結果がEdgeスタイルだったり、Flexスタイルだったり、ベゼルレスデザインだったり。その中であえて5.2インチというサイズ感を武器にして戦ってきたXPERIAが、なぜ一番競合するモデルのひしめくゾーンに4K解像度のスマホを投入するのか?というのが最大の疑問です。4Kがアドバンテージになるほど世の中は高解像度を求めていないでしょうし、S810搭載機だって日に日に増えている現状、スペックだけで戦えるとは到底思えないんですよね。それこそ日産のR390みたく売る気はなかったけど、やむなく市販することになりました的なワンメイクモデルじゃないんでしょうからね。
俺が今使ってるG Flex2が5.5インチFHDで、152gですからね。結局これがPremiumを躊躇させる最大の要因です。去年もisai FLがそんな感じの状況を作り出していたんですが、もう1台がZL2で、無駄に重かったので救いではありました。以後、Z3、Z3Compact、Z4と無駄な買い物を続けているわけです。

俺が世のXPERIAユーザーが期待していたXPERIA Z5 Ultraは今回もついぞ出ることなく終わってしまったようです。6.5インチ4Kとかなら文句もなかったんでしょうけど、やはりC5 Ultraで我慢しなければいけないのでしょうかね。(一応、E5706が残されているとはいえ)


なぜSONYがZ4を一つの完成形としたか?

さあ、そして今回Z5シリーズが抱える最大の問題点が、サイズの拡張です。
Z5 Premiumの登場で見逃されている感がありますが、Z5はZ3とほぼ同じサイズや重さでありながら、Z4よりバッテリー容量がわずかに減っているという奇妙な現象が起きています。Z5CもZ3Cに比べるとバッテリー容量は増えているものの、厚さや重さがZ1fに近づくサイズになっています。
SONYがSnapdragon810対策として用意したのは、超小型ヒートパイプのような、おそらく放熱のためのスペースじゃないかと思うんですね。これがV.3の正体だったとしたら、相当ガッカリします。
Z4の時に仮説で「もしZ3にS810が間に合ってたら」という話を書きましたけど、皮肉にも解決するためにZ3相当までサイズを後退させてしまったのであれば、確かに完成形を崩すものとなります。
まあ、そうなると、
  • XPERIA Z4=理想で作られた完成形スマホ
  • XPERIA Z5=現実に則した発展形スマホ
となるわけです。
両方ともベース上はZ3だとは思うんですが、Z4はまさに見切り発車ではあれど、コンセプトモデルと呼べる存在、Z5シリーズはZ3のサイズで、Z4のノウハウを生かした量産型モデルと考えるべきではないかと思います。
ああ、サイズ上とはいえ、本当にZ3ベースのS810搭載機になるとはなあw

しかし、そうなるとXPERIA Z3が高騰し続けるのも、なんとなく頷けてしまう話です。いまだにS801ACで不足する場面がない状態で、バランスよくスペックとサイズを折半したわけですから、そういう意味で最高傑作と呼ぶにふさわしいと思います。
  • XPERIA Z3=最高傑作
  • XPERIA Z4=完成・理想型
  • XPERIA Z5=改良・発展形
こうなるわけですね。
Z4の発表会の時にやたら完成形と強調していたのは、この布石ともとれたわけですね。

ここがダメかも。Z5シリーズのなんとなく不安な点。

大きくまとめると、
  • バッテリー容量
  • メモリ容量
  • サイズ
まずバッテリー容量ですが、Z4より少ないZ5に関しては、ちょっとガッカリかなと思います。
Z5 Premiumの3430mAhは妥当なんでしょうが、QHD液晶を表示するだけでも相当消費電力が必要な気がします。Z Ultra以上に心配ですね。
Z5 Compactに関しては、増量しているので、おそらくはZ3Compactと同程度の稼働時間は確保出来ると思います。

メモリ容量。これは日本市場だけ4GBとか、そういうモデルは出せないのかなと思ったりします。キャリアアプリがとにかくメモリを食う上、Premiumの4K解像度にはVRAM領域も今までの4倍確保する必要があるわけで、Premiumは4GBあっていいんじゃないかと思うんですよね。Android 6世代になれば、OSやアプリの64bit化が進むでしょうし、現状の5世代でも64bitOSなんですから、4GBメモリーは決して無駄にはならないと思うんです。
Z5 Compactの2GBもVRAMが少なくて済むとかそういう発想なんだろうか。あるいは非常に考えにくいですが、コンパクトサイズに収めるために、2GBしか搭載出来るスペースがなかったか。ストレージは32GB搭載できるのに、理由が良くわからないんですよね。

あと、上で書いたので多くは書きませんが、やっぱりサイズの問題は避けて通れないかなと思います。薄すぎなZ4よりホールド感が上がるであろうZ5はともかく、Z5 Compactの幅や重さが数値化すると余計目立つ気がするんですよね。
サイズ感に関しては、モックが出てこない限りはなんとも言えない状況が続きます。

発熱に関してですが、現状所持しているS810搭載モデルは2台ともギリギリ熱暴走を回避出来るように制御されているわけですし、熱くて持てないほどの状況には陥ったことはないので、そこまで心配はしていません。いまだに継続的に高いパフォーマンスを出せないことがむしろ問題だと思います。
ノートPCが一番発熱した時代(パームレスト触ったままFPSとかやってると皮膚が腫れてくるんだぜ)とかを知っているので、そういう文句は俺あんまり言えないんですね。だから心配してないと言えてしまうんですけどね。


結局、誰が買うにしても難しすぎる進化系

主にZ5はZ1のユーザー、Z5 CompactはZ1fユーザーがターゲットとなるわけですが、口を酸っぱくして言うように、Android 4.4であればS800とメモリ2GBで十分やりくりは出来ると思います。この2年で登場したパワーの必要なゲームなどは多少厳しくはなっているものの、現実問題として、XPERIA ZL Andorid 5.0.2でfacebookぐらいは楽勝ですし、4系と5系の操作感はWin7とWin10ぐらい微妙に違ってる感じもありますので、そういう点では下手に買い替えするぐらいならバッテリー交換という手も悪く無いと思います。
XPERIA Z1からZ5は、重量やサイズ感を考えれば十分検討といったところですかね。

間違ってもZ2以降のユーザーは買う必要ないと思います。
それどころかZ2/Z3シリーズの安定性長持ちバッテリー、Z4のS810搭載でシリーズ最薄最軽量という、それぞれに魅力を持ち始めたというのもどうかと思います。
今回ばかりは痛し痒し。マニアでもいざ現物までとも行かないんじゃないかと。
ZL2?それは文句なく買い替えでもいいと思います。(個人的にはもっと軽いZL2は見てみたい気がするけど)

難しいのはZ5 Premium。これは指名買い以外で理由付けが出来ないです。
サイズも中途半端、重量も結構ありますし、何せバッテリーが大きくても消費電力が比ではない可能性もあり、もう少しデータが開示されない限りは、未知数のままだと思います。どうせなら、自分で撮った4K写真や4K動画を映せるだけでなく、ガラスマ機能に4K放送受信可能とか、光回線を経由しなくてもスカパー4Kが見られるとか、そういうむやみやたらな4Kの活用法を予め用意しないと、スペック厨でもない限りは購買意欲が湧かないと思うんですよね。
どうだろうなあ、Z1からならサイズ的にもぎりぎりZ5 Premiumはなんとかなるのかな。常時もう10gスマホが重くなるって相当キツイ気がする。
あとは、ズルトラユーザーが仕方なしにサイズダウンを受け入れて買うぐらいしかないんですよね。1インチもサイズダウンして解像度が4倍になるのは受け入れがたいと思います。

肝心のラインナップはまだ各社わからないですが、おそらくはガラスマ機能が搭載された各キャリアモデルが登場すると思います。ただ、今回わからないのは3台同時に展開するキャリアが存在するかどうか。
ラインナップの関係で、一番可能性のあるドコモですら、Z5とZ5 Premiumのどちらかを選ぶというような状況になりかねないと思います。それぐらい5.2インチと5.5インチは市場が同じだと思っています。
まあ、あとはコスト高と円安ですよね。機種代がギリギリ10万を切らないように設定しているので、その辺をキャリア側がどう設定してくるかにもよると思います。
想定されるパターンとしては、多分Z5が割を食う感じで、Z5 Premiumが3キャリア、Z5 Compactはドコモと出てもソフトバンクじゃないかなと思います。
もしくは、3台ともドコモが取り扱い、auとソフトバンクはZ5だけというのもありうるかなとは思います。
個人的にはいずれかをMVNO専用に卸すなり、auのVoLTEのMVNOも見えてきたので、SIMフリー端末で売る可能性もあるんじゃないかとは思います。


まあ、しかしここまでスマホスマホと言ってきましたけど、4K解像度は魅力なのかというところまで疑問に感じてしまうあたりに、現状のスマホの置かれている商品力の限界が見えてきてるのかなと思いますね。
もう一つ、何かブレイクスルーが欲しい。やっぱりギミックなのかな、それともズルトラのようなオンリーワンサイズなのかな。



おしまい

[PR]

by aru32to | 2015-09-03 21:48 | XPERIAの話