<   2015年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

スマホの評価はスペックだけでは判断できない(選び方のポイント)

先に結論を書いてしまうと、今回は「実機を見て買うのがいいよね」という話です。

いやね、ここまでスマホでもタブレットでもPCでも乱立すると、どれを買っていいか迷うというのは普通にあるんです。
正直なにか突き抜けるものがないと、使い続けるのがキツくなってきたりするもの。例えば、Appleの言う「iPhoneが好きだと思ってるからiPhoneを選ぶ」というのは、究極的売り文句であり、工夫がないです。日本人は相当ナメられてる証拠なんですよね。好きじゃなくても便宜上選ぶという選択肢はAppleにないらしい。いかにもブランドイメージの会社かと思いますよ。
とはいえXPERIAもCMのあのイラッと来る感じ。別にXPERIAじゃなくてよくね?って思うことをSONYは売りにするなと思う。突き詰めるところ、XPERIAに優位性はほぼない。

書いてる本人がXPERIAが好きですけど、XPERIAは電話としての種類があるからいくらかは選択肢があるわけですけど、iPhoneなんて大雑把な話iPadに通話SIMで音声通話がついてしまえば代替できるシロモノレベルだと僕は思ってるんです。(今でもiPhone4Sのサイズがベストなんで、筐体サイズの巨大化はユーザーに対する背任行為だと思ってる。)電話だからサイズは多少許せる。でも、大半のアプリはあの小さな画面でやるものではない。
アプリ起動に適したiOSだから、逆に画面サイズが大きくなければ、おおよそのことはできないのですよ。だから僕の中ではiPhoneは最終的に音楽プレーヤーとゲーム機に成り下がってしまうのです。という発想で毎回iPad Airに通話機能が付けばいいのになあと思ってはや2年です。(あわよくばiOSで動いて、SIMの入るCoreMのMacBookが欲しいんだけどね)
とはいえ、キーボード付きAndroidなんてもっと使い物にならない感じもするし、最終的に個人が通信環境からシステム制御、プログラム開発環境から、果ては単なるブラウジングに至るまで、すべてを1台に出来るとすれば、Windows10に通話SIMを差して音声通話なんだろうなと思ってしまう。(注:Windows 10 Mobileではない。)


話をパイパスに流したところで、今回もAndroidのスマホを対象にした話です。
世の中における理想のスマホは、Android利用者の数だけ必要になります。実は「自分の1台」に辿り着くまで、こちとら100台ぐらいスマホを使っているわけです。別に僕はそれを趣味としているんですからいいんですけど、たかだか電話のためにそんなに色々使って、いらないから売るとかそういうことができるようなことは、あんまり普通の人ではありえないことではあります。
だからといって、好きでもないしみんなiPhoneだからiPhoneにするという選択肢ではあまりにも視野が狭くないですか?と。(ブランドが売れるとそうなるのは宿命ではあり、XPERIAもGALAXYも似たような傾向に行っているから、責められないのだが)

そこで今回は、スマホを買う上で重要なチェックポイントをいくつか上げてみようという話です。

1.筐体に対する良し悪し
言わずもがな、スマホを握るのかつまむのか、その辺で論議が起こるとは思いますけど、これが一番直観的に判断するところです。
例えば素材や質感、マッド仕上げが好きという人もいれば、ガラス板だったり金属製だったり、人それぞれ好みがあります。
見栄えのいいガラス仕上げは、落とすとまず無事ではないですし、マッド仕上げは使い続けるとだんだんとツルツルになっていきます。多分無難なのは金属だったりするんでしょうけど、これはこれで筐体温度との兼ね合いもあるんで、難しいですね。
使い捨てだったらプラスティックでもいいんでしょうけど、高価なものだと質感的に見劣りしますから、これもこれでどうなのかという話ではあります。

握り心地、摘み心地もチェックしましょう。割と最近はスマホリングのようなもので補助できるとはいえ、やっぱり見栄えが悪い。しっかり握れる、しっかり挟めるというのは、現実的に選ぶべきだと思います。極端にサイズが大きいとこれが後々後悔につながっていきます。
なお、画面サイズが大きいと画面の端っこまで届かなくね?という話もありそうですが、両手で操作も視野に入れれば特に考慮しなくてもいいでしょう。これでサイズ対操作感に納得がいかずにXPERIA Z3Cとかになる人もいるんじゃないかと思います。その感覚も重要です。

そしてボタンやイヤホンの位置などを、握った時と摘んだ時それぞれで確認します。
左右サイド、上部、下部など、左利きなら左側に電源ボタンがあると良かったりしますけど、まあおおよそ右側にボタン系は集約、下部にUSB、上部か下部にイヤホンというのが一般的でしょう。握った時にそのボタンを押せるかどうか、充電器を挿してもスマホは握れるかどうかなども考慮したほうがいいです。代表例として302SHは右側に電源ボタン、右下にタッチパネル式の音量ボタンがあるのに、microUSBコネクタが横右下部にあるという問題があり、充電しながらの使用がなかなかきつかったです。(ちなみにこれはクレードル充電を前提とし、横右上部にはTV用アンテナがあり、microUSBでフルセグTVアンテナを接続するために、横にした時にスペース的に開いている該当位置にしかつけられなかった、と解釈しています。)


2.LTEのバンド対応を確認する。
言わずもがな。せっかくならLTE対応のスマホはLTEできっちり使いたいものです。
キャリアの端末を買う場合は特に気にしなくてもいいですが、カテゴリ分けは一応廉価版スマホということで、何度も書いてるけど口をすっぱく。

まずau系(mineo、UQ mobile)は、基本的に対応するスマホを買うのがいいです。僕が買っている海外モデルのスマホでは、過去にmineoで電波を掴んだことはありません。対応バンドであるB1やB41(これはWiMAX2+だから非公式扱いだけど)が使えないということを考えると、正直なところ非対応扱いと考えていいと思います。
まあ、とは言えこれ以上のことは書けません。あらためて調べてみたところ、なにせ諸事情あって日本ではどっちにしろauの回線は利用不可ということらしいです。
じゃあVoLTEに対応したSIMがMVNOに降りてくると問題なくなるのか?という疑問も残るのですが、SIMがなくてあまり確信を持てないところなので言及は避けようかなと。
理屈の上では、B1(2100MHz)、B11(1500MHz)、B18(800MHz)、B26(800MHz)、B28(700MHz)、B41(WiMAX2+、2500MHz)です。理屈の上ではね。


残り2つ(ドコモ、SBM系)は、そんなに気にしなくてもいいです。
基本的に下のBandに対応していればOKです。

ドコモ B1(2100MHz)、B3(1800MHz)、B19(800MHz)、B21(1500MHz)、B28(700MHz)
SBM B1(2100MHz)、B3(1800MHz)、B8(900MHz)、B28(700MHz)、B41(AXGP、2500MHz)

主にファームウェアのさじ加減でどうにでもなーれ状態なんですが、例えばXPERIA Z3のChina Unicom版などの場合、B3とB41に対応(日本じゃ諸事情で使えないけど)したりなど、ローカライズバージョンが少なからずとも存在するので、(そういうものを主戦場として戦おうと思う方は)注意したほうがいいかと思います。
あと、AXGPはバンド対応していれば使えるかもしれないレベルなので、そこは強調しておきます。一般的なMVNOユーザーはドコモなので、その辺は大丈夫かなと。
たくさん対応してればもちろんいいですけど、結構全国を出張で行って、両キャリアともB1とB3だけで困ったことはほぼない状況ですので、それほど心配しないでいいです。

なお、今後は知りませんが、おおよそのキャリア外端末はVoLTEには非対応です。というか、VoLTEを実感出来るのは過去のレビューとかでも書いているんですけど、肝心のVoLTE同士というのをやったことがないということでお茶を濁しておきます。

なお、安くても3Gオンリーのスマホは、基本的に今はもう買う必要性がありません。(とはいえ、SIMカード付きで4980円とかはちょっとグラつく感)
本気で強いて言えばイーモバイルの1800MHzが使えて、3GのPocketWiFiのSIMを使ってたりする人が延命のために買うとか、そんなぐらいじゃないかなと。(昔、僕もやったacroHDのSIMフリー化)



3.スペック表とにらめっこ

ここでようやく、というかまあその前にバンドチェックなんかやってるんだから、自ずとここを見ますよねという話だ。

注目すべき点を上げていきます。
  • メインプロセッサー(CPU、SoCとも表記あり)
  • メインメモリ(メモリ、ROMとも)
  • ストレージ容量(RAMとも)
  • 液晶サイズ、解像度
  • 無線LAN
この5箇所でOKです。この情報が載っていないショップでは買ってはいけません。なぜかというと、これらより優先してショップが「売りたいもの」を進めてくるために、わざとぼかしている可能性が高いのです。
逆に言うと、どれを買っても大差がないという現状において、書く必要もほとんどないものなんだろうなという話ではあります。

バッテリー容量が入っていない理由は、最後に書いておきます。

具体的に解説。
まずメインプロセッサーは、キャリアやメーカーのスペック表では、大体Pentiumとかそういうブランド名や型番が省略されています。
一言にオクタコアと言われても、本当に同じクロックのコアが8つあったり、4つごとにクロックが違ったりと、メーカーにより様々なところ。
現在はないものの、IntelのAtomのようにコア数は2つだけど、4つに見せかけてるというHTTなども過去にはありましたね。
ただ、CPUの処理能力は現在となってはそんなに問題ありません。今年に入って書いたMediaTekのMTKシリーズは、Android4.4でサクサクと動いてくれましたし、単にAndroidを動かすぐらいなら、何を買ってもそれほど問題となることはないです。
以後は余談に書きます。派手な演出のゲームやりますという人は参考に。


メモリーは大きいほうがいいです。というのは当たり前なんですが、Android5.0ではシステム+フルHD表示に対して、おおよそ700MB程度が使われているようです。当然画面解像度が低ければもうちょい少なくはなると思いますが、それでもメモリ1GBでは到底アプリがまともに常駐することも出来ない状況になっています。
b0237530_13522430.png
(今は訳あってしまっておかなければいけないスマホのメモリ使用量)
このためもあり、廉価スマホでも2GBは普通になってきているほか、キャリアモデルでは3GBを標準としているところもあります。
b0237530_14001606.png
(これがSO-03Gのメモリ使用量)
正直なところ、3GBでもこれだけキツイという状態。もともとAndroid5.0はメモリリークが深刻だったという話もあったんですが、海外モデルはそそくさと5.1にアップ。しかしながらそれでもあまり変わることがないようです。
さらに追い打ちを掛けるのがキャリアのアプリ。ソフトバンク系はもう色々放棄しちゃった結果、あんまりキャリアアプリがメモリーを占拠することも少ないですが、ドコモやauは常駐する上に無効化出来ないアプリも数多く存在するため、結果として3GBでも上記の感じになってしまうというわけです。
多いことに越したことはないですので、出来ればSIMフリースマホでも2GB、キャリアモデルは3GBを選んでおきたいところです。


ストレージ容量(RAM)は、いわゆるHDDです。
最近のスマホは大容量モデルもありますが、おおよそ16~64GBにmicroSDが拡張可能といったところです。実際には削除不可能なシステムアプリとリカバリイメージが入っているので、10%ぐらいは使えないものと考えてください。
一般的な用途ではまずありえないのですが、大量のハイレゾ音源を入れたり、ボリュームのあるゲームを入れたりすると、ポンと10GBぐらいは飛びます。
まあ、この辺はUHS-IのmicroSDXCとかを買えば、今のところは128GBぐらいまでは拡張可能ですので、それほど心配しなくて大丈夫です。
注意点としては、microSDスロットがあるかどうかと、SDXCに対応しているかどうかです。(そういえば、SONYの高音質microSDXCとかはバカバカしくて試してみたい気もする。128GBが2枚買えるけどw)


液晶ディスプレイ、解像度。うーん、実は好みなんですよね。例えばIPS、VA、TNなどの駆動方式や、有機ELディスプレイなど、今は百花繚乱。バックライトも明るくなり、さらに画質補正機能なんかも向上したおかげで、日本で売ってるものはどれもまず見劣りする感じがしないです。いい時代ですね。
コントラストが高くても目が疲れるし、だからといって薄い色だと今度は味気ないし、といったような贅沢な話も今は出来ますから、好みで選んでいいです。
解像度も同様なんですけど、大きいディスプレイだとジャギーが目立つ(5.5インチでHDぐらいだとちょっと気になってくる)ので、本音を言えば5インチを境にフルHDぐらいの解像度で考えたほうがいいかもしれないです。
まあ、とは言え解像度の低いスマホはアンチグレアタイプの保護フィルムを貼って、なんとなくごまかすという方法もありますし、今はHomeアプリが優秀で、ガジェットサイズも自由自在なので、なんとなく影響が出るとすればWebコンテンツの表示ぐらいなものだとは思います。


無線LAN、これもプロセッサー次第になってしまうのですが、1チップでほとんどの機能を有するスマホの場合、あまり無線LANチップを別に用意することはありません。なので、無線方式でいう11b/g/n(最大150Mbps)というものが最低限ではないかなと思います。11b/gだけというものはほとんどないとは思いますが、逆に自宅のAPなどが11nに対応していないという環境もあります。
速度にこだわる方は、11acの2×2(最大867Mbps)接続と対応のルーターを一緒に買ってしまいましょう。(ちなみに、PCにも11acはそこまで普及帯ではない)
肝心のスループット...うーん、家は環境がアレなので、867Mbpsで接続表示されるけどPC同士よりはデータのやり取りが圧倒的に遅いのが難点ですかね。nasneとかおいてあってスマホで見るならあった方がいいかなというレベルです。


最後に、バッテリー容量は重量や稼働時間とのトレードオフ関係にあります。こればっかりは実データを示してくれる情報源が少ないため、基本的に24時間連続で電源が入る状態なら、日本国内に限っては充電出来るところにいるだろうと思うので、問題ないだろうなあと思います。経験上、どんなダメな機種でも、2013年以降は1日ぐらいは問題なく使える。これもそんなに容量は気にせず、自分で持てるサイズのスマホだけで考えていいでしょう。
ただ、先の大震災においても、1週間程度は停電していた箇所もあったりしましたし、予め24時間以上外に出るという可能性がある場合は、モバイルバッテリーをもつ等の考慮はしてください。もしくは必要なときだけ電源を入れるとかで工夫するぐらいしかないかなと。(余談だけど、モバイルバッテリーで充電するぐらいスマホのゲームにはまれる奴ってなんなの?w)


4.お金は大事。しかしどこまでをトータルコストと考えるか?

まあ、価値がどうこう言ってる人がいう口ではないですが、ほしいものを安く買うというのは当たり前の話。コンビニとまいばすけっとが並んで店を出す時代ですが、果たしてどこまで付加価値と見るか、というのは非常に難しいです。

例えば、僕の場合は端末代としての10万と見る場合と、端末+月サポの割引額を相殺して1万と見る場合とで分かれます。前者は主にSIMフリー機種、後者はキャリア機種です。なので、後者はダラダラと毎月3000円ぐらい垂れ流すということもやります。もったいないから回線も使う感じ。
元々回線ありきで売ってますし、こちらも回線欲しくて買ってるわけでもないので、そういう理由でSIMフリーに流れるという話です。

後先考えなければ90~180日ごとにキャリアをMNP一括0円で購入して、その都度旬の端末を売れば、今までは家族でハワイに行けるレベルのCBも夢じゃなかったわけですが、行き過ぎた、というかキャリアもそこまで体力がなくなってきたのと、SIMフリー義務化を隠れ蓑にして、最低契約期間というバカバカしい縛りを付けるようになりました。いや別に2年以上使うならどうでもいいんだけど、そういう人があまりに少ないからそうなりましたというだけです。実に日本的というかw


んじゃ具体例だ。
2015/08/17現在で、ドコモの新規契約でXPERIA Z4をオンラインショップで買って2年使用する場合と、日本語ローカライズも進んでヤマト運輸も使えるEXPANSYSでZ3+を買って、同じドコモのMVNOであり業界最安値を自負するDMM mobileのSIMを差して2年使用する場合、どれぐらいかかるのかを簡単に計算。
ドコモのパケットパックは2GBが最低のため、DMMでもそれに合わせることにします。

(注:音声回線の場合、ドコモではカケホーダイのみ契約可能なため、必ずも公平性に欠けることを先にお詫びします。)

ドコモでSO-03Gを買う場合
端末代金 93,312円
分割支払代金 3,888円×24回
月サポ -1,566円×24回
支払総額 0円(受取の時点では料金は発生しない)

ドコモ利用料金
Xiカケホーダイ 2,916円
パケットパックS(2GB) 3,780円
SPモード 324円
分割支払代金 3,888円
月サポ -1,566円
合計 9,342円
新規契約手数料 3,240円(1回のみ)
24ヶ月総額 227,448円

2年で23万、安いかどうか分からんけど、まあ月1万というのは妥当ではある。

EXPANSYSでZ3+を買う場合
端末代金 67,240円(税抜)
諸税など おおよそ4,000円(Z3の輸入時より算出)
支払総額 71,240円

DMM mobile利用料金
通話SIMプラン(2GB) 1,470円+1分あたり40円の通話料
新規契約手数料 3,240円(1回のみ)
24ヶ月総額 38,520円+合計通話料

合計金額 109,760円+合計通話料

この合計通話料というものが非常に厄介で、月に138分30秒以上話した場合にはドコモの料金が逆転します。そりゃ法人が使わないわけだ、と妙に納得。

基本的には月2時間を目安として、通話するならキャリアのカケホーダイのほうが安心、しないならMVNOと端末のほうが安いという計算になります。

心理的に1回で大金をたたくという怖さはあるんですが、月のケータイ代を考えればある程度の範疇には収まります。

ちなみに、料金の話もあったので、MVNOタイプのデメリットのおさらい。
  • キャリアショップがないこと(SIMに関しては今後ヨドバシあたりで扱いが出てくるかもしれない)
  • 自分で申込、設定などを行う必要があること
  • 日本のネットワークに必ずしも最適化されてないこと
  • 基本的にメーカー保証となるため、修理もしくはゴミとなる可能性があること
  • 一部ゲームやSNSの利用が出来ない可能性があること
  • おそらく今後もガラスマ機能はおサイフケータイぐらいしか期待できないこと

おそらく、自分でAPN設定どころか、申込でつまづくような方もいらっしゃると思いますが、そういう方はキャリアで一括してサポートしてもらったほうがいいと思います。そのためのキャリアショップですからね。


まとめ

というわけで、最後は何を書きたかったのかよく分からない話でしたが、とりあえずスペック表と数値を信じ過ぎるな、ということです。案外自分の感覚は違うことも結構多いですし、思った以上に感覚にハマることもあります。
行き着く先は価格、行き着く先はブランド、行き着く先は愛、これも一つの選び方ですし、悪くはないとは思います。だけど、機械モノは時に価格だけでは、ブランドだけでは、愛だけでは、自分の気持ちが納得行かないことも多いのです。
10回でも20回でも見に行けばいいんです。見に行くうちに他の機種がいいということも出てきますし、それを選べるのも見に行く醍醐味です。
香港とかロンドンとかニューヨークとかまで行けとは言わないし、アキバのSIMフリー取扱店で何時間も触れるわけではないけど、欲しい機種はやっぱり実機を触って、色々確かめて、気持ちよく納得して買おうということです。




え、僕?
見に行けるもの買えない時も結構多いよ。



おしまい。


スペックに関する余談。
[PR]

by aru32to | 2015-08-17 21:46 | MVNO・廉価帯スマホの話