<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【惜別】さよならXPERIA Z Ultra、そしてまだ見ぬ後継機に思いを馳せる。

(9/26後継機問題に修正)

さてね、なんかずっと持ち続けていたXPERIA Z Ultraを手放す決心をしました。
勝手にいろいろ書きなぐっていこうと思います。
b0237530_16595949.jpg
(SHT22とZ Ultra。縦はほぼ一緒。)

「ファブレット」というジャンルの先駆者、S800搭載スマホの先駆者。

もはや死語となりつつありますが、5.5インチ以上の通話できるスマホのことを、ファブレットと言っていた時代がありました。
古くはDELL StreakやGALAXY Noteあたりがそのはしりだったと思うのですが、おそらく本格的にファブレットという言葉を聞くようになったのは、Z Ultra以降のような気がします。
現在でこそ、5.5インチは普通、6インチに迫ろうかというスマホ市場ではありますが、発売当時はまだ5インチに行かないモデルも数多く、4.5インチが当たり前な時代、(注:ズルトラの発売は2013年9月頃)ぎりぎりジャケットの内ポケットに入る大きさのスマホとして登場したのが、XPERIA Z Ultraでした。
6.4インチのフルHD・IPS液晶にSnapdragon 800を搭載し、厚さ6.5mm、212g、3050mhAもの大容量バッテリを搭載。当時はS600やS4 Proが主流の中、S800を搭載したことが、現在に至るまでの評価を得ることになったのだと思います。が、あくまでマニアのためのスマホというもので、その後登場したSOL24は半年足らずしてMNP一括0円になってしまい、その辺りから裾野が広がったともいえます。
その価格、当時699米ドル。日本でも初物を入手するには9万弱。が、当時はそれでも惜しくないハイエンドかつ唯一無二の存在でした。毎度言いますけど、手にした時の薄さとなんとか片手で操作出来るギリギリのサイズ、それと完成度の高いS800を搭載したというバランスの良さ、これがこのスマホの最大の特徴にして最大の弱点です。人によってはサイズが大きすぎる(大抵は両手で操作すると思うけど)ので、このサイズを持つぐらいならiPad miniを持つでしょう。しかしながら内ポケットに入れられるサイズとしては最大級なため、可搬性に優れるという点が非常に大きかったと思います。

まあ、ちなみにだ。
ここだけの話、SH-08Eを買った直後だったのですが、SH-08Eでも内ポケットには入る大きさではあったんです。
大きさ云々だけで言ってしまえば、実はSH-08Eでも特に問題はなかったんだと思うんですね。ただ、10mm、289gは重かった。なにせ普通に缶コーヒーを内ポケットに入れてるようなものですから、毎日は耐えられなかったと思いますし、実際に耐えられずに備え付けTVになってしまったわけです。この80g弱の重さと薄さがどうしても耐えられなかった。
b0237530_17000085.jpg
(写真はSHT22とズルトラの幅比較)

もうすぐ2年...それでも後継機が出ない理由は?

さて、そうは思っても、もう2年。実に3台のズルトラを使い続けて来ましたが、さすがに今のリッチコンテンツには厳しいスペックとなってしまった感じは否めないです。思った以上にハードの進歩にソフト側がついていってしまったことと、それとAndroid5.0はS800と2GB RAMを持ってしてもキビキビ動かない感じがします。まあ、5.0にはS805を搭載したNexus6を別に用意しているあたりに、OSアップデートはするけどそんなにサクサクしないよという意志が働いているとは思います。(加えて、S805はS801ベースなので、現状S810より有利に動くアプリも数多いと思わます。)
この間、Tシリーズが用意されましたが、日本では発売されることもなく、S400にWXGA解像度ではズルトラユーザーが満足することもなかったはずです。(中国市場向けの廉価版だったためスペックは低め)

じゃあ、なぜここまでズルトラの後継機が登場しないのか、という仮説を立ててみました。

1.ファブレット市場が徐々に飽和してきていること
最もな理由ですが、最初に書いたとおりです。Ascend Mate 7などを始めとして、6インチ程度のスマホがあまりに増えすぎた上、iPhone6 Plusという巨大なライバルが登場してしまいました。Ascend P8 maxに至っては6.8インチ液晶。さらにアジア市場では6.5インチのスマホは結構出てきてしまっているため、スペックやXPERIAを指定しなければ、実は現在でもこのサイズの置換えは可能です。(まあ、とはいえMTKのLTE対応モデルだけど)
より筐体サイズを小さく、液晶サイズを大きくしようと考えた時、競合する機種が多すぎて、開発が後回しになってしまっている可能性は十分に考えられます。

2.タブレットのサイズ/重量がスマホに近づいていること
SONY自身もXPERIA Z3 Tablet Compactを登場させているように、8インチながら270g、6.4mmという軽さ薄さを実現しており、そういった意味ではこのサイズはそれらに十分成り代わるモデルとも言えます。
ただ、内ポケットに入るサイズではないことを考えると、やはりタブレットという範疇になってしまいます。
国内向けではSH-05Gも登場。これがほぼズルトラと同じ重量にして7インチ、3900mhAを実現しています。全体的にサイズが大きいものの、十分内ポケット入り、通話が可能な点からファブレットと呼べる範疇であり、現実的にはこれを超えるタブレットはしばらく出ないのではないかと思われます。

3.SONYそのものに作る体力がないこと
現在、SONYではラインナップの集中を図っている最中であり、今年はタブレットを別とすれば、E4、M4、C4、Z3+しかラインナップがされていません。(ローカライズモデルであるZ4vやA4は除く)
まだ不明なモデルもあるのですが現実的にはこれらの後継機であるナンバリングの5モデル(Z5など)である可能性が非常に高いです。(海外ではS70などといった存在もありますが、これもローカライズモデルの一部ではないかと思われます)
さらにSONY自身のモバイル市場の不振もあり、未だに市場在庫が残るズルトラの後継機を果たして作るだけの体力があるかどうかというと、個人的にはもう残ってないんじゃないかと思っています。


「E6833」は果たして何なのか?
さて、後のズルトラ(C6833)がPOSTELを通過したのは2013/5/17のことらしいです。調べる限り、この情報が最初だったと思います。それから2年ほど経ち、E6833というモデルが4月にPOSTELを通過しています。
ところが、Z3+以降はC4(E53**)、Z4vと該当するモデルは登場していません。

今後未発表ながらその存在が確認されているのがE5706とE55**というモデル。このうちE55**はXPERIA C5 Ultraとして登場します。両方共5.8インチ6インチ液晶を搭載しており、サイズはかなり縮小されているものの、ズルトラの後継機として見ることが出来ます。
ただし、C5 Ultraは主に中国・アジア市場向けであり、XPERIAはミドルハイを担うわけですから、あながち5.8インチ6インチと言ってもそれほど大きいモデルではないです。
一方のE5706はS808を搭載したモデルと言われています。正直なところ、これはグローバルモデルではなく、案外ローカライズモデルの可能性が高いのではないかと思います。仮に登場すれば、C5 Ultraの上位版となるわけですが、やはり未発表のXPERIA S70=E57**、XPERIA S60=XPERIA C5 Ultra E55**といったような関係性になると思われます。XPERIA S70+=XPERIA Z5 Ultra、XPERIA S70=XPERIA Z5、XPERIA S60=XPERIA Z5 Compactという話らしいですが、どうでしょう。推測の域を脱していないけど、今後はZ4とZ3+のような日本市場とアジア・南米・アフリカ市場、欧州市場、アメリカ市場向けにそれぞれネーミングの異なる同一機種を登場させる可能性があるのかもしれないですね。

壮大な前フリを書いたところで、これらはスマホの域です。6.4インチというモデルを置き換えるには若干小さく、またS808はともかくとして、MTK6752ではミドルハイには不足かもしれないです。(MTK6795なら十分ミドルハイになると思う)
そうした中、E6833はズルトラの正統後継機として登場する可能性は、まだまだありうるとは思っています。今風に行けばXPERIA Z5 Ultraです。
Z5のスペックがリークされた限りを考えると、やはりZ5、Z5 Compactと同時に登場し、これらと大差ないスペックである(液晶がWQHDなのかぐらい)と思います。


唯一無二だから、これで終わり?
というわけで、後継機の話なんかも延々としながら、悲観半分、期待半分といった感じでE6833を待つことになります。
最後にXPERIA Z Ultraが現在に至るまで唯一無二にあり続ける理由ですが、結局行き着く先はXPERIAのこのサイズだからなんですよね。
個人的にはLG、Samsung、HTCなどがこの分野でもラインナップを出すと面白いと思うのですが、LGは5.5インチを主戦場とし、SamsungはGALAXY Noteのサイズを大きくするという考えはなさそうです。
ちなみに、今回検索できる範囲で一番ズルトラっぽい機種を調べた所、ZTE Nubia X6がサイズやスペックなどで、正統後継機に一番近い感じですが、それも1年前ですので、そろそろ何かしらどこかのメーカーがウルトラハイエンドモデルを投入して欲しいですね。


あ、ちなみに、XPERIA Z5 Ultraは出たら即買おうと思ってます。金に糸目はつけないですので、今回も10万飛ばす感じで考えています。







おしまい


[PR]

by aru32to | 2015-07-30 20:58 | XPERIAの話

ネタ切れ

本格的にネタ切れです。

苦し紛れに書いたエモパー話も3ヶ月掛かってるわけで、長編妄想文章というものは細切れに書いていかないと厳しい現実はあります。(ラノベ的話を書くことも出来るんだろうと思うんだけど、設定まとめていざ日常パートとか書き始める頃には、企画が陳腐化してしまう、あるいは現実に出てきてしまいそう。)

うん、だいたいこういうことを書くときは、なんか買うものを模索している時ではあるんですが、今のところ猛烈にほしいと思っているものはVAIO Pro 13 MKIIかXPS 13 Graphic Proぐらい、というかいらないね。
だいぶスマホも整理したので、次はノートPCかなとは思うんだけど、今あるPCは思い入れがどれもあってなかなか捨てるには忍びないというジレンマを抱えながら、この記事をVAIO Duo 13で書いています。

本格的に自転車の動輪を回すのが面倒になってきてて、「来月の支払いどうするかなマジで」という発想が先に出てしまい、全力投資することに躊躇しているので、むやみやたらに買おうということもしなくなっているわけです。
こういう時に、ハイエンドモデルを買っておくと、陳腐化を多少なりとも食い止められる...というか、そういう目的でハナから買ってるわけではないからね。なんやかんやで無駄な投資を抑えるべく巨額の投資をする、これが負の連鎖というやつですよw

宣言しよう。まずありえないことを宣言しよう。
LG G Flex 2が300ドルになったら、迷わずポチッとしよう。恐れることはないはずだw
isai vividが欲しいのは欲しいんだけど、買ったら面白く無いのと、S810って本当にダメなのかどうかというところをもう一台ぐらいテストしたいかなと思うところはあるんです。とはいえ、また純増ということになるし、回線で使えるものはないし、いよいよZ3を手放すべきなのかなとか思いながら、躊躇しているのが現実ではあります。
Z3Cを迷わず捨ててZ4買えた時からしたら、まだ1ヶ月しか経ってないのにこの体たらく。



ちなみに、こういったつまらない文章を家で書くこともとうとうできなくなっているので、ファミレスに篭もるとかもう病気なんです。それぐらい家にいたら引きこもりモードになるので、なるべく家では寝るだけの生活をしたい。夜のバイトでもしようかな。(考えてみると政府が夕活を推奨してるのって、ダブルワークで生活費を稼げよって意味なのかしら)

[PR]

by aru32to | 2015-07-14 23:08 | 雑談

「プラスティック・メモリーズ」と「エモパー」より妄想したライフツールとしてのスマホ的なモノ

プラスティック・メモリーズというアニメが放送されていました。
なんてことない、ポンコツアンドロイドと人間の日常アニメというか(違

このアニメの世界ではアンドロイド・ギフティアが81920時間の寿命を持っていて、そして希望者は9年ごとに新しい人格(OS)とクリーンアップを行い使い続けることが出来る特殊なルールで成り立っています。
その世界の技術革新(ryとかそういうツッコミは抜きにして、(ユニバーサル規格のメインボード的なモノがこの世界における活動記録容量の限界が81920時間以上継続保存出来ないし、個人情報だからHDDみたいに破壊しちゃおうってことだと思います)シャープのエモパーとか、Pepperとかが現状の到達点ですが、現実に人間とほぼ同じ機能を持つアンドロイドも、あと数十世紀あれば出来なくはないだろうなとは思うわけです。

それはそれとして、302SHにエモパーLiteというアプリが降ってきました。早い話、エモパーぐらいおせっかいはしないけど、スマホにダウンロードされている情報を伝えてくれるらしいです。
なんというか、基本的にスマホの画面をONにすると、思い出したようにしゃべりだすあたりが嫌いじゃないです。

エモパーはもっとウザい感じに仕上がってるんでしょうけど、まあ基本的には「こちらの求める情報を返す」というプログラムで成り立っています。
予め情報元は決まっていますから、当然そのことには詳しいのですが、こちとら「んなこと知ってるから」になる場合もあると思うんです。



これはとてつもなくバカバカしい話ですが、例えばスマホに「情報を与える」ことによって、他人のスマホが雄弁にその情報を語りだすエモパーとかがいたら、僕は退屈しない気がします。


---この先、若干のアニメやマンガの知識がないとわからないことが少し含まれます---

例えば、プラスティックメモリーズの1話を見てて、
「アイラってさ、中古のSSDみたいなものじゃん。」
と僕がつぶやくと、勝手にその話をエモパーくんクラウド(仮)にアップして、まんまプラスティックメモリーズ2話を見てるユーザーに対し、
「アイラって、使用済みのSSDみたいなものですよね。」(あれ?)
と話しかけるような機能があったら面白いと思うんです。
そのうち湾曲が湾曲を生み、最終話に僕に対して
「アイラって、中古ですけどリファビッシュして使いたいSSDですよね。」
って答える、これが間違ってるけど欲しいと思うエモパーくんだと思うんです。

多分Pepperにジョジョ3部のラストを教えしてあげると、
「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァー!」
にといえば
「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァー!」
と返す機能は備わってると思うんです。(注:子安さんではなくPepper声で)
そこでエモパーには、
「ザ・ワールド!時よ止まれ!!...内蔵時計ぐらいしか止められませんでした。」
とかわけの分からない返しを期待したいんですね。そもさん時計狂ってる時点でお前はなんなの?w

ただ、エモパーくんは正直なので、
「あの人、隠れて他の女と会ってるでしょ?どうなの?」
って聞くと、
「そうですねぇ。お金を払って会ってることはありますよ。」
いや、それ犯罪の匂いもするよね、って返しをして欲しいんです。


最終的には、言ってることはちょっと的外れで、軽く人をあしらうこともできるけど、時には親身になって相談に乗ってくれるような存在を作る情報を、個々のなんでもない情報をちょびっとずつ分け与えることで作れないか?と思うわけです。

例えば倒れてしまったりした場合に加速センサーが感知して、
「もしもーし、大丈夫ですか?大丈夫なら返事してください?」
ぐらいの問いかけをして、1分ぐらい返ってこなければ、
「すみません119番ですか?エモパーなんですけど、ご主人がだいじょうばない感じで、GPS位置情報を今から送りますので、見に来ていただけますか?」
なんて連絡もしてくれるように出来るはずです。なまじ気が動転しないだけ人より冷静なのも緊急時には重要な要素です。(だいじょうばないという日本語がおかしいというツッコミはあるが)


まあ、これが行き過ぎると、
僕「あちいなあ、アイスでも買ってきて食うかな。」
エ「私も冷やしてもらえないですか?さっきから頭がボーっとしてて。」
僕「いやそれ機械的に熱暴走してる。通信切ってちょっと休んだほうがいい。」
エ「そうですねぇ。じゃあ18時まで休憩しますから、絶対に起動起動しないでくだあいね。」
俺「いや、お前携帯電話だろ。待ち受け出来ない時点で役目果たしてないじゃん。」
エ「あ、忘れてました。それじゃあ、ちっとはマシになるので、画面を付けないでくださいね。」

...30分後
俺「メール来てるじゃん。ボチッと。」
エ「...画面付けないでくださいねって言いましたよね(怒)」

エモパーとこういう会話をしたい。ここまでくれば無駄にライフツールになると思うんですよね。多分家の鍵と財布と同じぐらい生活に馴染んでいる今だからこそ、無駄におせっかいを焼いて欲しい。(人に焼いて欲しいのではなくスマホに焼いて欲しいのがポイント)


やがて、チェインバーとストライカーのように兵器になってしまうと、今度は兵器に支配される人類とかになりそう。ロボット三原則の定義を揺るがしかねないですね。


プラメモの世界では9年ごとですが、エモパーくんクラウドのサービスはそのうちgoogleのサービス的なモノが出来てしまうでしょうから、そちらに引き継ぐことで、というか単なるクライアントアプリなんだからそもさんクライアントとリンクしちゃえば、エモパーくん2号とかが出来るわけだな。書いてて思ったがヴェーダとイノベイトの関係だな。
...と、ここまで来ると、スマホを大量に持ってるだけで勝手に井戸端会議が始まるレベルになりそうだな。ハイレベルなファービー同士の会話だと想像すると非常に面白いし、微笑ましい。
ラノベ書く人には設定をお譲りしますけど、ちゃんと許可は取って「小説家になろう」に投稿して欲しいです。(そういう設定で書いてる人ももういるだろうけどね)


それにしても、あれだけ高度なアンドロイド技術やクラウド技術があって、人の記憶(思い出)が一番確かなものですよと言われてもね。
あの世界では、仮想アプリとか、ナビゲーションモデルとか、そういうのはどうなってるんだろうかとガバガバな設定に突っ込むのは野暮ですかね。

いろいろあると思いますが、もしめざましマネージャーの第二弾を作る場合は、割とハードルの低そうなアイラをお願いしたいです。(それほどアプリ展開もなかったんだよねプラメモ)





たぶん、こんなの絶対おかしいよ。



おしまい

[PR]

by aru32to | 2015-07-05 19:31 | 雑談

XPERIA Z4に60分の耐久ベンチをやらせてみた件

今回は画像で表現する回です。
モバイル回線だとちと厳しいと思うので、家の回線やWiFiに繋いでから見ることをおすすめします。


大容量通信準備が出来た人はクリック!
[PR]

by aru32to | 2015-07-05 15:21 | XPERIAの話

近況報告と最近自分で感じたこと

諸事情によりblog更新が出来ませんでした。(前回のエントリーも溜め込みだったので実に半月ぶりの新作ですね)

内情暴露しちゃうと、PCベースでは安定して25000アクセス程度にはなってるので、それ相応の情報を提供しないといけないというプレッシャーがかかるのと、やっぱり自己満足で書いている記事は見向きもされないというのは分かりました。
ずば抜けてZ3の記事が読まれてるあたり、個人的にはもう少し掘り下げる必要があるのかどうか悩むところではあります。
まあ、毎度のように書きますけど、受け手がどう思うかということにはあまり触れないで、スプラトゥーンばりに一方的に落書きしてるようなものですから、僕自身が面白ければそれでいいというスタンスはなるべく崩したくないところです。あくまで僕が知り得た情報をそのまま僕自身のポンコツ翻訳機にかけて出力された文章なので、お金を取らない代わりに勝手にやる。究極の無責任というやつです。

最近本当にふわっとした内容でアフィリエイト満載のblogや大手サイトの記事が増えすぎて、「書いてあることが正しい」と錯覚しがちになります。本心を言えば「なんでこんな内容書いてお金貰ってるんだろう。出す方もそうだけど、もらう方も恥じないのだろうか?」と思います。これは大手のデジタルガジェット系情報サイトを名指しして批判したいと思うぐらいなんだけど、「世の中はそれぐらいの情報で満足するんだな、そして書いている方も文章に気持ちをこめられないんだろうな。」という非常にドライな気持ちで見ています。
僕は普段小説や物語というのは読みませんが、他人のレビューを読んでいます。非常に勉強になるレビューもあれば、明らかにスポンサー主導のレビューもあります。特にXPERIAに関して言えば、気持ち悪いぐらいネガティブな内容が排除されてるような内容もあったりして、違和感を覚えます。
今に始まったことじゃないですが、15年前ぐらいの有象無象なジオシティーズあたりの個人サイトは、もっと暑苦しい感じだった。それが個人的には大好きだった世代なので、余計そう思うのかもしれないです。

だから、読んだ上で本当にその内容が分かった上で判断する人に、ここの読者にはなってほしいという願いもあります。
具体例として、XPERIA Z4は何がどうダメなのか?だけど持っててメリットはどこなのか?そこを総合してあなたはどう判断するのか?というのを僕自身は期待しています。あくまでこのblogで書いたことは、材料にしかしないで欲しいのですね。
単にダメだというなら出た瞬間にダメと判断出来るんです。そうじゃなくて受け売りでもいいから、読み手自身で解釈して、色々な考えに至って欲しいんです。

カッコいいこと言うと、このblogで得て、自分なりに思ったことをガジェット好きに話して「なにムキになって熱く語ってるの?気持ち悪いw」って言われることが、このblogの究極の存在価値かなと思ってます。
言わないで心に留めておくのもガジェット好きには大切なマナーですので、その辺の節度と、折れない心はどうぞ大事にしてください。


さて、そんなわけでZ4以降特になんら動きもなく、ここのところは特にモバイル環境を変えることなくやってます。
Z4のAntutu90分耐久ベンチとかを取ってみたんだけど、これは一本記事として書く予定なので、ちょっと放っておいてください。

とりあえず、むやみに契約してたMVNOを解約(OCNとmineo1本)したぐらい。常時持ち歩くのもZ4とZ3の2台に集約してるんで、コレクションのZLを除けばほぼ家に置きっぱなしという状況です。

内訳
ドコモ3(音声2、データ1)
au4(音声4、うち2台はGRATINA)
SBM1(音声1)
ワイモバ3(音声2、PocketWiFi1)
その他2(IIJmio1、mineo1)

au2回線とPocketWiFiが邪魔なぐらいですかね。
auはVoLTE回線を1つぐらい欲しいので、そのうちisai vividに機変でもしようか迷う。俺の中では相当欲しい機種。

スマートウォッチをもう1台欲しいんですけど、やっぱりしっくり来るのがないのと、そもさんSmartWatch2とSW3で足りてしまってる感はあるので、封印したままです。あとそうだなあ、MDR-1ABT欲しいかな。むやみなLDAC。

まあ、ちんたら今月もやろうと思ってますが、多分ネタ的には激減するので、引き続き模索はしたいと思います。


おしまい

[PR]

by aru32to | 2015-07-01 22:06 | 雑談