<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

(メモ)自分の端末・回線を整理しておこう8月版

さあ、2ヶ月とかで何買ったんだっけかなとメモしていく。

7/13、XPERIA ZL2 SOL25
8/2、RAZR M 201M
8/5、AQUOS Phone SERIE SHL23
8/9、XPERIA acro SO-02C
8/11、F-07B
8/13、P-01E
8/24、XPERIA M2 D2303

おかしい。
いやZL2以降の流れおかしい。

んじゃ一応全部弁護しておこうか。

201M
AXGPのAPN情報が欲しくて買いました。1日だけ使ってみたところ割と快適でしたが、BTがひどく遅延したのと、本体イヤホンからの音が最悪だったので、用途終了として保管中です。今後は、まあ残留かなと。

SHL23
mineoの回線用です。程なくして液晶のライン抜けが起こり、寝床でTVに格下げされています。が、これはこれで使い勝手もよく今後も回線を入れて利用する見通しです。とはいえすでにZL2の控えではあるが。

SO-02C
ジャンク1880円で買ってきました。auでは発売されなかったaquaです。
サイズ的に問題もなく、普通にFOMAの電話としては優秀です。値段が値段だけにほっといていいかなと。

F-07B
これもジャンク1380円。なんかカメラの12.2Mって表示で、とりあえず買ってしまおうという話。動くし使えるんだけどピンクなのでちょっと使いづらい。
ヨコモーション+ワンプッシュオープン。結構考えて作られてる気もするけど、分厚くなるのはどうしてもマイナスかなあ。

P-01E
さらにジャンク2160円。ワンプッシュオープンボタンがもげているwww
動作そのものは問題ないので、あとはどう使うか。さすがに2年前のモデルなのでガラケーとしては不足なしなんだけど、一番のウリがぶっ壊れてるのがなあw

XPERIA M2
なんかヤフオクでSIMスロット不良というのを落とした。修理に出してもおそらく新品買うより安いレベルの買い物だった。が、これから苦労を考えるとそうでもないかなあと思ったりしています。
ブートローダーがアンロックされてるのと、SIMにより電話番号が拾えてるので、どうも海外キャリア向けにSIMロックされたものがあるんじゃないかという憶測。つかブートローダーアンロックやれるユーザーがROMを書き込めないとは思えないので、なんとなく事故物件な気がします。まあ、これは現在進行形でなんとなくいじっていく予定です。4.8インチでqHD液晶とか初めて見たけどえらいドットが粗い。これは普通にZLでいいや感。一応このblog的にはレビュー書いておけな一品かな。
使えればOCN、ダメならタンスの肥やしか欲しい人に譲ります。

というわけで、今回も順列をつけていきましょう。
(機種名の横は、使える回線)

スタメンが確定しているもの
  • XPERIA Z Ultra(C6833) docomo/SBM
  • XPERIA ZL2 (SOL25/D6353ROM) SBM(AXGP対応)/docomo
  • なんか音声回線用のスマホ/ガラケ(XPERIA ZLかF-04DかD703iかSO-02C)
  • GL10P(最近怪情報でSIMフリースマホに挿せば回線使えるとか見っけたんだが)

ローテーション制
  • LGL23 docomo/mineo
  • SOL24 mineo
  • SHL23 mineo

2軍
  • 302SH SBM
  • 303SH SBM
  • 201M SBM
  • GL07S x2 Y!M(専用)

今回よりタブレットはまた除外となりました。(F-02F、iPad Airのみのため)

実際AXGPのMVNO回線が出てくれないものかなあ、もしくはSIMフリーに対応してくれないものかなあと。

[PR]

by aru32to | 2014-08-25 22:56 | 雑談

自分で買うならこんなスマホを買います2014夏(MVNO回線シリーズ)8/16更新

ゲームセンターCXってまだやってるのね。


さて、MVNOを契約しても、端末がなければ全く意味が無い。
今回も端末欲しさ全開で、俺が買うならこのスマホということで、いくつか昨今のスマホを上げていこうかと思います。

価格は当時のヤフオク落札基準です。じゃんぱらなどでは大体5~10K程度高いことが多いので、その辺は注意してください。(ただし赤ロム化補償はあるので安心 )

※MVNOのAPN設定などは当blogでは責任持てません。
※キャリアアプリなども多分使えないと思います。
※auはmineo、ドコモ/SIMフリーはOCNベースです。

まず全体的な傾向として、auのLTE端末が粗大ごみ化してきているということがポイントです。
正直なところ、初期の800/1500MHzなLTE端末でも特に問題無いと思うのですが、欲を言えば2100/800MHzは欲しい。となると2013年夏モデル以降のトライバンド機種がいいのかなと思います。
ドコモは何を買っても大差ないですが、基本LTE対応のものでないと現在はMVNOのSIMでは使えない恐れがあるので注意してください。

1.XPERIA ZL2(SOL25)
ランチパックと驚くなかれ。中身はZ2とほぼ同等の現行モデルです。
このblogでコテンパンしたのですが、実際ターコイズを買ってみて、「そんなに悪くはないかもしれない」と思いました。ただZシリーズというよりは廉価版というイメージは拭えないです。まあZLだから仕方ないですけど。
中身だけ見ると快適の一言です。S801+3GBメインメモリの効果が思った以上に出ています。(Z1と比べても明らかにサクサクしてる感)CA、WiMAX2+に対応していて、mineoでもその恩恵が受けられます。
弱点は上記外見と、163gの重さです。割とずっしり来ます。Z2でも同様ですが見た目以上に重いです。
MNP一括0円である上、上記理由と売れ行き不振によりZ1よりハイペースで値下がりしています。新品で3万強、中古で2万後半ぐらいです。コストパフォーマンスが良すぎて文句のつけようがないレベルですね。


2.XPERIA Z1(SOL23/SO-01F/C6903)
Z2が出たものの、基本的には最新モデルと大差ないスペックです。auのユーザーでは実際これ以外にランチパック系デザインしか選択肢がないという意味で、Z1とズルトラは貴重です。
弱点は売りの一つだったカメラの性能がそれほどよくないこと(実用にはそれほど支障ないレベル)と、171gと重いことです。
ドコモ版はZ2の発売直後からそれなりに値段が落ちていますが、それでもそこそこの値段はします。国内でしか使えないフルセグやおサイフケータイなどにこだわらないなら多少高い海外版でもいいでしょう。
au版はMNP一括0円の余波を受け続落しており、3万で完品、2万で状態のいい中古が手に入るぐらいになりました。mineo使いにはオススメしたいところです。


3.GALAXY Note3(SC-01F/SCL22)
GALAXY Jもそうですけど、S800+3GBメインメモリも実際体感が結構違います。アプリが何重にも起動している時などには効果があります。所有していたので、今回はこっちをチョイス。
オプションが豊富。GALAXY GEARシリーズなどとの連携も取れますし、地味に「戻るボタン」と「メニューボタン」の配列がAndroid標準と逆だったりするので、GALAXY系のほかにも、Android2.Xあたりからの買い替えには向いていると思います。
Sペン、さらには5.7インチの大画面で、2台目需要には十分答えてくれると。
弱点としては特徴にも上げたGALAXY配列。ファブレット寄りなのでサイズが大きいのも人によっては弱点かも知れません。
意外とドコモ版/au版を問わず新品3万5千円程度で購入可能です。


4.SHL23/FJL22
auのせいでCBのオマケ扱いとなっている2機種です。
どうしてこうなったのか知りませんけど、スペックは上に書いているものと大差なく、フルセグ、DTCP-IP対応アプリあり(.tsにも対応)、防水と、なんら見劣りすることがないのに「在庫処分」という名目でガンガン新品未開封が並ぶ世界になっています。IGZOパネルを搭載するSHL23と、マルチコネクション(通信回線を切らずに無線LANに接続する機能らしい)やmicroUSBキャップレスのFJL22。
じゃんぱらで2万以下で未使用品という圧倒的なコストパフォーマンス。一時mineo効果で持ち直したとも言われていますが、それはXPERIA限定の現象で、こっちは緩やかに下落が続いています。
弱点はやはりauであるためmineo一択。SHL23の場合は3ラインホームが非常に使いにくいという大問題があり、またストレージが16GBしかないというのも最近では心配な部類です。あと戻るボタン直下の音量ボタンもどうしてこうなった感が非常に強いです。FJL22は何がダメなのかよく分からない。値段とスペックを考えれば特に目立った問題はない気がする。(初代アロウズの酷さを知っているだけに)
価格はおおよそ15K程度。(白は両方とも1000円増しぐらい)FJL22のピンクは13K程度という状況もあったようですので、ある程度狙ってもいいと思います。(ただしショッキングピンクなので、男性が使うには覚悟が必要だと思います)

その他、注目の端末

ドコモ
N-02E、N-03EあたりのNEC端末はスペックに比べてなぜか他社より低い傾向があります。N-02Eワンピモデルは1万ぐらいでたまに見かけますし、N-03Eも同様に1万強といったところです。これらは人気キャラコラボの端末なので、使うには少々勇気がいるとは思いますが、結構見かけるので出荷数が単純に多いだけなのかなと思います。
LGは質実剛健な作りで、L-05Eはオススメしておきます。新品20Kぐらいですが、S600搭載で131gと軽量で防水、Qi対応など地味に使い勝手重視となっています。

あとは有象無象ですが、出来れば2012年冬モデル(~E)以降を買わないと、バッテリーの持ちが非常に悪いです。上記の通り3G通信ができない恐れもありますが、別に3GでいいというのであればP-06DやN-05D、SO-03D、SH-06Dなどの最終期モデルしか買ってはいけません。

au
言うまでもないHTL22とLGL22は双璧ですが、店頭在庫も少ない状態で、買い取りバブルもはじけ気味なので、あえて含めていません。両方共新品は2万程度と割に高いままです。
続く形でLGL23とSOL24。ファブレット系も今後はとんでもない投げ売りになりそうです。両機ともフルセグ対応なので、携帯TVとしても使えます。面白いとは思いますけど、かなり使う人を選んでしまう可能性が高い機種です。
初期のLTE対応だと5000円ぐらいが関の山で、それ以上出していいのはHTL21ぐらいだと思われます。LGL21だけ頭ひとつ抜きん出ている感じありますけど、大差ないでしょう。

SoftBank
一括0円+CB攻勢でAndroidは投げ売り中なのに、303SHですら割と中古ショップには出てきません。当然ながらHYBRID 4G LTE対応の30*シリーズがベストですが、MVNOやらなそうなので、使えるユーザーはすごく狭い感じがします。
ワイモバのAXGP対応モデルのSIMとかで使えるのだろうか?というテストとかしてみたいところではありますけどね。

Y!Mobile
NEXUS5もEM01Fもいい端末なのですが、EM01Fは壊滅。NEXUS5もほとんど見かけません。まあ基本的に向かないので、余程のことがない限り中古では買わないほうがいいんじゃないかなあと思います。
4G-SのSIMって使い回しができるとのことですが、そうなったらわざわざワイモバの機種を買う必要無いですしねえ。

その他のSIMフリー系
G2 miniには騙されるなw(G2とはスペックがケタ違いに低い。Photo-U TVとCPUが一緒だぞ。)
全体的にサポートを求める方向けですが、MVNOの事業者が薦めてくる端末は基本的に世代遅れか、型落ちなので買ってはいけません。割賦で買っていいのはmineoのSHL25ぐらいで、ほかは2012年ぐらいの国内モデルと大差ないレベルなので、正直お金の無駄遣いです。
まあ、あえて買うならLTE対応、スナドラS400以上、メモリ1GB以上で2万ぐらいならいいんじゃないでしょうか。該当なしです残念ですね。
あえて、と言ってもSIMフリーで今買うべきは何でしょうか。うーん。HTC One M8とか日本ではまず出ない機種でしょうね。


というわけで、余ったボーナスなり、確変なり、大穴なりでちょっと興味があったら買ってもいいのかなという端末でした。

おしまい

[PR]

by aru32to | 2014-08-11 06:20 | MVNO・廉価帯スマホの話

続:XPERIA ZL2 SOL25をSIMフリー化したあとやったことの話(9/13更新)

b0237530_04183139.jpg
b0237530_04262005.jpg

ついにここまで辿り着いた。
なんだかよくわからないけど、AXGPとLTEの両方のエリア内なのですごく不安定。

この理由がよくわからないのですが、前回の記事以降でやったことを延々書いていきます。


※注意(8/20更新)
当然ですが高い文鎮になることが予想される作業です。自己責任で参考程度にとどめておいてください。
個体差があるほか、ROMのバージョンを合わせても結果としては同じ状況にならない場合もありました。
成功例ですが、基本は失敗すると思ってください。
当然ですがftfの書き込みの前にはデータのバックアップを取ってください。(4回ぐらい忘れてた)

1.まず純正ROMでOCNのSIMで動かす方法を確立させる。
これもようやく確実な方法。ネットワークモードを「海外自動→国内CDMA→国内LTE/CDMA」の順に切り替えていくとほぼ100%LTE接続が可能。
ROMを入れ替えてるうちにSSをなくしてしまったのですが、Band3で接続も確認して、80Mbps強出てることを確認したあと、速度制限がかかるハプニングもありました。(ちなみにLTE接続だけなのがミソ。)

2.なんとかしてdocomoの純正SIMで動かす方法を考える。
telephony.dbでmopera.netを追加しただけでは3Gでしか接続出来ないので、OCNモバイルエントリーDに入ってCPA接続でなんとかならないものかとやってみる。
これは、単純推測でIDに「~@ドメイン名」という風になっていないと純正ROMではAPN接続出来ないんじゃないかというところからスタートしています。
が、あえなく失敗。3Gまでなら接続可能ですが、それ以上は出来ないと。

3.意地でROMを書き換えてドコモのSIMに対応させてやろう。
あまりやりたくなかった...けど、ここまで来たら引くにも引けないので、まずはZ2aのROM(D6563、17.1.1.A.0.438)に書き換えてみる。
この状態だと、ガラスマ機能は全滅する上に、NFCも使えず、ストレージが16GB認識になる。これが問題なんだけどもういいや感。
本当ならこれで解決できるはずだったんだけど、これでもLTEには切り替わらず。当然OCNのSIMではLTE接続が可能。ベースバンドまで含めて書き換えてるのになぜだ感がたっぷりの状態です。(Flashtoolでやってるけど基本全部書き換えている)
結局このあと現在まで3G接続はできるがLTE接続は出来ないという謎状態が続いてるので、そういう個体なのだろうという認識でこのあと話を進めていきます。

4.ならばAXGPに対応させてみよう。
次にHTC速報さんでかかれていたAXGP対応をテストしてみようと思い、APNを調べるために201Mを1台購入。(これはこれで使いやすいスマホだった)
ご存知の通り、AXGPはSIMの情報よりID/パスワードを生成しているので、この辺を解決するために4.0.4のAXGP機が必要となるわけです。そもさん4.0.4でアップデートを止めてる個体を探すのが一苦労。秋葉原で諦めかけたよ。
んで、その情報を元に設定...するんだけど、これもH+(HSPA+)までは接続ができる状態。
そのHTC速報さんの元ツイートのせりさん@Se1i の一連の流れを見ると、Z2のROMを入れ、そのあとにD6563のROMを入れると接続できるんじゃないかと思い始める。が、そんなに簡単な話ではなく、状況は全く変わらずと。

ここまでまとめると
標準ROMではOCNのSIMだけLTE接続ができる。
Z2aのROMでも状況は変わらず。そしてSO-03FのROMでも変わらずと。
(ちなみに、SO-03FのROMは画面の上下が逆転するので、昔のblogっぽく書くと、司波達也並に座標変換してタッチしていかないと大変なことになります。さすがですわお兄様。)

5.そして再現性が限りなく怪しいAXGP/LTE対応へ。
ここまでやってきて一つ試してないことがあった。それはSIMを差し込んだままROMを上書きしていったらどうなるのか?というテストです。
ドコモのSIMを入れて、純正→Z2aとやっても同じ。さらに言えば純正→SO-03F→Z2aとやっても結果的には変わらず。やはりドコモとの相性は最悪のようです。
じゃあここからソフトバンクのSIMを差し込んで、同じことをやってみようという話。純正→SO-03F→Z2aという流れを経て、最初の画面に行き着きました。
なお、単純に純正→Z2aを行った場合は、上記と同様になってしまいます。

分からないとい質問があったので流れをもうちっと書くと、(8/20追記)

1.純正ROMでSBMのSIMを差し込む(当然接続ダメ)
2.FlashtoolでSO-03F(17.1.B.0.318)のftfを書き込む。(BaseBand、systemなどをすべて書き込む)
3.SO-03FのROMでSBMのSIMが挿された状態(上記の通りここはめんどくさいのでスルーする)
4.FlashtoolでZ2aのROM(D6563、17.1.1.A.0.438)のftfを書き込む。(同じくすべて書き込みこのときPARTITIONのみ除外すると一応ストレージ32GBを維持出来るっぽい)
5.完成

仮説ですけど、一度SO-03FのROMを焼くことがポイントのような気がします。こうすることで「ドコモの端末をSIMフリー化した」状態にできて、そのあとにZ2aのROMを書き込むことでうまくいくのだろうと思います。が、その後再現実験を行う気力もなくここで一旦終了という流れに落ち着きました。
3GもOK、H+もOK、ちなみにここでは通話もOK。

最終的にZ2aのROMでは、
docomoのLTE(B1、B3)、SBMのLTE(B1、B3、B41)、auのLTE(B1、B18、B41)で接続可能
docomoはHSDPA(アンテナ表示H)、SBMはHSPA+(アンテナ表示H+)に対応している模様(ともにB1/2100MHzのみ)
なんか下の対応バンド見てる限り、普通にauのSIM入れると通話まで出来そうな気がする。
(エリアプラス化してないけど不自由がない世界で生きているのでスルー)
b0237530_15482237.png

ちな参考速度
b0237530_05195403.jpg
サンクス田端一丁目店の軒先を借りてテストしてみました。
左よりZL2(SBM)、Z Ultra(docomo)、SOL24(au/mineo)です。
意外にどのキャリアもおかしな速度なんですけど、AXGP/LTE B1は案外速いですよね。201Mでもこの近辺では同等速度(最大で50Mbps程度)は出て、AXGPしか対応していないタイプのモデルなので、AXGPに接続してるんだろうという推測です。
とはいえ、仮にB1に接続出来てこの速度が出るのであればAXGPいらねえじゃんって話になります。

結果的にSIM入れはこうなってしまいました。
docomo1(~2014/10)→XPERIA Z Ultra(C6833)
docomo2(~2015/09)→F-02F
mineo1(~2015/06)→SHL23(悔しかったから1台買ったさ)
mineo2(~2015/06)→SOL24
SoftBank(~2016/02)→SOL25とかいうXPERIA Z2a
OCN→LGL23

あまり
302SH、303SH、201M、XPERIA ZL

書いてて、オレバカジャネーノって思いました。

-------8/20更新------

と、やってるうちに、なんかドコモで接続できた。
b0237530_15062921.jpg
b0237530_15063057.jpg
貴重な昼休みにこんなことして30分も時間費やすなw
なんか、ふと「そういえばズルトラ(C6833)にSBMのSIM挿して動くのかな?」という疑問が湧いて、入れ替えをしたらこうなったという話です。
普通にテストで使ったAPNが残ってて、mopera Uでつながりました。
83Mbpsだってよ。家の光回線より速い。

------ここまで------

つづく

[PR]

by aru32to | 2014-08-11 05:39 | XPERIAの話