<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドコモのカケホーダイ&パケあえるでの月サポ分けあいの話

過去エントリーで割とボコってみたんですけど、月サポの話がでてきたんでとりあえずそれも合わせて話を進めてみようかと思います。


ということで、現状の販売端末と合わせてみた場合はどうなるのか?を検証してみる。(2014/4の月サポ額です。現在の月サポ額は要確認してください)

まず条件が非常に面白い。
親:パケットパックの加入
子:シェアオプションの申し込み
となるらしい。

と、いうことはですよ。
親がルーター、子にFOMAというのもできなくはないという話なんですよ。

あと、moperaUが200円となったので、この点を考慮します。
キャリアメールは1つで十分だろって判断です。

1. 上記条件の毎月料金
((1200+200+3500)+(2200+300+500))*1.08=(4900+3000)*1.08=8532円
はっきり言ってこの条件で使う方は3台以上持ちということになる。(それこそNEXUS7とかiPad miniのパターン)
現在最も月サポのつくルーターはL-02Fで972円、ガラケはN-01F(MNP)で1260円となる。
8532-972-1260=6300円
...お、おぅ。そんなに安くないぞコレw

2. FOMAガラケ+Xiスマホを合わせた場合
((2200+300+3500)+(1700+200+500))*1.08=(6000+2400)*1.08=9072円
この場合ガラケは新規、XiスマホはMNP即データ化とします。
とりあえずセットということで、N-01F+SO-02F(XPERIA Z1f)とする。
N-01Fが864円、SO-02Fが3420円となる計算です。(ただし本体一括だと定価で12万以上する)
9072-864-3420=4788円
これでようやく現状の+Xi割と同等ぐらいになる。

3. XiスマホとXiタブレットを組み合わせた場合
おそらく最も多いパターンです。
((2700+300+3500)+(1700+200+500))*1.08=(6500+2400)*1.08=9612円
どうすればいいんだろ。とりあえずSO-02F(XPERIA Z1f)とF-02F(ARROWS Tab)でも選んでおきます。
必然的にSO-02FはMNPで3420円、F-02Fは新規で3267円。(ただし本体一括が定価で17万以上。無駄遣い)
9612-3420-3267=2925円
妥当というか、これぐらいで運用してる人もいるよね。

4. まずいないと思うけどXiスマホとXiルーターを組み合わせた場合
((2700+300+3500)+(1200+200+500))*1.08=(6500+1900)*1.08=9072円
この場合SO-02FとL-02Fを組み合わせ。
SO-02FはMNPで3420円、L-02Fは972円。
9072-3420-972=4680円
割とこれも現実的な数字です。

ま、ちなみにだ。
FOMAのガラケの場合は素直にFOMAプランを使うのが、月サポを生かしつつ使えるということなりかねない感じです。
SO-02F(MNP)だと6500*1.08-3420=3600円。現在とあんまり大差はないです。
まあ、そう考えると、8月までは通話し放題とデータ7GBを選べる感じですね。

月サポを維持する条件として必ず1台に3500円のパケットプランSが必須ということで、MNPでも3500円を超える高額月サポが現実的じゃないことと、更に基本プランでスマホなら1900円(データ)もしくは3000円(音声)という額はどうしようもないものではあります。
シェアプランでデータ回線だとすれば1900+500=2400となるため、ここで1000円浮かせられるような月サポ回線があれば、メイン回線を安くすることは可能です。
とは言えSC-05DやSC-04DのMNP回線はもう時期的に2年経っているでしょうし、現状ではN-03EやミクさんをMNPで即データ契約するぐらいしか浮かばない。

個人的に思うんだけど、今一度通話にスポットを当てる理由ってなんでしょうかと思うんですよ。各社のLTEプランがあまりに通話をないがしろにして、LINEだのSkypeだののシェアがガンガン上がっていったわけでしょ。
じゃあLINEを気軽に利用できないようにパケットの容量を減らしました。これでみんな音声回線で通話するだろってwww
いやそんな考えで書いているわけではないんですけど、結局お金は落としてほしいので、どこをどうしたらお得感が出て金を巻き上げられるかなって考えしか見当たらないです。
個人的に通話プランは評価していますけど、パケットはハナから1GB1000円とかでそれ以上は速度規制or通信不可になるとか、そういう自己容量申告制でいいんじゃないかと思うんです。自ずとパケット節約も自覚できるだろうし、ある程度容量コントロールが利用者側でできると思うんですね。

というわけで、過去エントリーと合わせてよ~く検討してみてください。
このblog的にはあまりおすすめしないということで結論です。

[PR]

by aru32to | 2014-04-23 00:35 | 雑談

[メモ]GALAXY NOTE 3(SM-N9005)に日本語化をしてみた件

b0237530_23231314.jpg
ちょっとした手違い的なアレでGALAXY NOTE 3(ドイツ版)が手元に来てしまった。

メモね。

GALAXY NOTE 3が最初から4.4.2で、当然海外版なので日本語使えない。
最近morelocaleを使うにもadbコマンドを打つ必要があるらしく、めんどくさいけどVAIO Fit15AにAndroid SDKを突っ込む。
フォルダ名変えればよかったと思いながら、とりあえずadbコマンドでmorelocale2のPermissionを変更する。

…あれ?日本語追加できないぞw

と、仕方がないので似たようなアプリ「Locale & Language+」を試してみる。
こっちは親切に日本語化するときにadbコマンドが画面に表示されるので、必死に打ち込む。

おお、普通に日本語フォント出てきた。


おしまい。

[PR]

by aru32to | 2014-04-14 23:50 | 雑談

ドコモのカケホーダイ&パケあえるは得なのか?というお話。(9/17補足)

(プランに関するご相談はドコモショップへお願い致します。)


家族がいてもお得感ゼロです!!


1台持ちの場合、現状は6030円+通話料で3GB、改定後は6524円で2GBで電話はかけ放題ということになります。

始まってみないとわかりませんが、基本プラン+ISP(SPモード/iモード/mopera)+パケットパックを使用せず、データプラン契約しsim寝かしで1200円というのが、寝かせの最安値維持だと思います。(月サポの扱いが書いていないけど、おそらくはパケットパック加入が条件で月サポ適用なのだと思う)

現状でパケットパックS+ISPの金額を上回る月サポ端末はないため、維持するにも基本プラン料金が掛かってしまうわけです。恐ろしくマイナスです。
更に値段はほぼ変わらないで、電話かけ放題な代わりにパケットは2GBしか使えない。

おそらくみんなパケット使わないでしょ?って発想で来てるんでしょうけど、1台持ちな人ほどパケットをガンガン使っていく傾向がありますから非常に危ういんですよ。世の中にはYoutubeにセットリスト作ってストリーミング再生しながら通勤する連中がそこら中いますからね。これは日常生活でスマホを使っていない人が机上の空論で組み立てた結果でこうなったのだろうと思いますね。

あと、考え方が古い。基本家族を想定している点は単身者にとってどうにもならない問題です。プランシミュレーションもしかり。
今どき4人家族なんて団塊世代より下ではかなり厳しいと言わざるをえないし、ある意味ドコモから「結婚しろ」って言われてるようなもんですからね。親戚に言われるのですら嫌なのに、なんでお金払ってる連中にそんなこと考えさせられるようなことをされなきゃならんのだと。

ちなみに社長が自らこんなこと言ってる ぐらい。つまり25歳以上は家庭を持っているという前提なんですよ。この辺をリサーチしきれていないというのが情けない。auとかSBMとかがこの辺割に優秀だからなおさらそう見えるんですよね。
世の中がなぜ少子化で、核家族化しているのか全く無視しているあたりがお役所仕事と言われちゃう所以なんでしょうね。

もっと言えばうちみたいに家族全員がドコモじゃない家庭だってあるんだよ。うちの妹なんか昔は友人関係によってキャリアが変わってたんだぞ。
で、家族全員がドコモにならという条件とかを出されても、おそらくもうすでに家族全員ドコモになっていて、最少料金な両親なんかは値上げなんですよ。

いずれにしろ家族全員で10GBなんてパケット食いが二人いれば瞬殺する可能性があるんです。だからといってパケットパック30に22500円もの金額を払うような家庭はこのプランにおそらくしません。その都度パケットを巡って家族会議になるんじゃないですかね。(ドコモ内でも想定されているらしく、ここ にそんなことが書いてある)今やそれですらなく家庭は冷戦の時代に突入するでしょう。家の中で明るい会話があるのは朝ドラの風景ぐらいだと考えるべきじゃないの?



電話をほとんど使わない人のプランが用意されず、さらにパケット上限を下げる割に料金がそこまで下がらない。
これでは適当に+Xi割でも組んでいたほうが絶対的に安くなるんですよ。
現状
FOMA1台目
(934+372+300)x1.08=1630円
Xiデータ(データ7GB)
4094+540=4644円(+Xi割適用)
合計 6264円

データのみ新プランにした場合
FOMA1台目
(934+372+300)x1.08=1630円
Xiデータ(データ7GB)
(1700+5000+200)x1.08=6916円
合計 8546円

新プランでシェアオプションを適用した場合は、ドコモのHPに乗っている通り10500x1.08=11340円。
これはデータ5GBをシェアする形になります。
参考までに2GBだと
(3000+2000+3500+500)x1.08=9612円
つまりシェアプランですら金額は上がるわけです。電話をカケホーダイ出来ることしかメリットがないです。
大体1000円で収まるような通話しかしなくても、2回線で+Xi割持ちより高くなるというのはおかしいよねと。

まあ、真面目に利用者個々の金額を上げるだけのプラン変更にしかならないんですよこれ。
サービス改悪とまでは言いませんけど、今まで7GBなり3GBなりのプランを出していたはずが、突然2GBまででちょっと値引きする代わりに強制カケホーダイで基本使用料払えというのはやっぱりおかしいんじゃないかと思うんです。

例えば選択肢としてケータイカケホーダイプランにパケホーダイダブルを組み合わせられると最高なんだよね。
当面FOMAプランへの変更が可能なので、分け合い含め無料通話分内で済んでしまうのなら、そっちのほうがいいですね。

一応8/31まで従来プランも選べるとは書いてあるものの、6/1以降の新規契約はこっちに強制させられることになると思うし、ヘタすれば機種変更でも気づくとこっちのプランに強制される可能性も高いと思うんですね。(量販店だけではなくドコモショップでも気をつけないとこういうことは普通に起こるようになってきてます。)
すでにSBMでは、4/21以降の新規契約をスマ放題に強制しろというお達しが来ていたりするようですので、ドコモもこれに追随するのではないかと思います。つーか、キャリアオプションが相変わらず強制な各キャリアショップはどうなのかと思います。堂々と頭金と書いてくれたほうがこっちも気分いいんです特にauショップ。


ま、何が驚くって、そのSBMのスマ放題とヘタすれば大差がなくなるということです。
スマ放題のSプランの場合、(980+5980(2GBプラン)+300)x1.08=7284円
ドコモだと(2700+3500(2GBプラン)+300)x1.08=6524円
スマ放題の場合、なんやかんやでWiFiセット割がつづくでしょうから980円引きになると。ヘタすればMNPで基本使用料2年間無料も継続になるかもしれません。となると形勢逆転となるわけです。今まで通りの高いドコモから脱却することができないですね。(ちなみにサービス内容はSBMのほうが劣るが)

で、結局auも大差ないプランを出してくると思います。
田中プロの言葉を信じればSBMよりは安くなるでしょうけど、おそらく現在の934+5700+300以上の単価を稼げるプランを用意するでしょうから、多分ドコモ以上SBM以下の程度に収まるのかなと予想されます。(auの3G通話は急速につながりにくさが上がっているので、VoLTEを早いとこ用意しないといけない事情もあって、3Gユーザーには多少の優遇措置はあるかもしれない。)

したがって、おそらく一人1台を順守した場合が一番割高で、6000円台の料金を献上するという状況が起きてくる可能性は非常に高いです。
端末は抜きにしても、キャリアで番号維持をすることでも毎月6000円ものお金がかかるであろう現実を各キャリアは直視してみて欲しいところです。

僕の実家の両親とかは二人合わせても3000円でお釣りが来るレベルで、家族割を強いるのも非常にめんどくさいので、これから端末が壊れた場合は必ず連絡させるようにしないと、ショップの思う壺になってしまいますね。

というわけで、ついに端末を買うためにはMNPをするという時代も終わりかなと思います。
スマホを使い始めてから2台持ちを始めて3年、通話をLTEにできない時代はまだまだ続きそうです。それどころかまたガラケの吟味をしないといけないという悪循環に陥りそうです。(個人的にはFOMA終焉まで3G通話プランで逃げるつもりではあるw)
まあ、上に書いたとおり、パケホーダイダブル的なパケットプランを用意してもらえるのが一番ありがたいですが、最悪2700円でiモードも切り、キャリアメールを完全になくすということも考えるかなと。僕は幸いメイン回線をAndroid化した時にGMAILに移行してるからその辺の犠牲は少ないです。


このプランの疑問点。
多分IMEIにより料金が変わるのだと思うんです。
まだXi対応のガラケが出てないからだと思うんだけど、それならそれでドコモデータベースに登録されてない海外端末やSIMフリー化したソフトバンクやイーモバイルの端末はどこに適用されるのだろうかと。
なので、僕のような週ごとに端末が変わる人は当然スマホプランになりますよね。
データプランもおそらくはIMEIによる判断で変わってくる。したがってルーターにsimを突っ込むか、もしくはsim外しでデータ回線を維持するという方法が取れるのではないかと考えています。

ところで、このプランは一人で音声5のデータ5を持っている場合、データシェアプランはどうなるのだろうという話。
例えば現状と同じく月サポが3000円を超える機種が出てくる場合、データシェアプランを組み合わせればこんな感じかな。
現状は計算するのが非常にめんどくさいですが、単純に上の6264x5=31320円と考えます。(音声Xiプランでも寝かせで二段階の人とかだと更にお金を払ってる計算となります)
あるいは、ドコモおすすめの例で行くと((743+4700+300)x1.08)x5+4644x5=54320円
これが、(3000x5+2000x5+9500+500x10)x1.08=39860円となります。これは10GBのシェアですね。
規約読んでるともしかしたら一人で契約してる場合、2GBのシェアも出来るのかもしれないけど、この辺はちょっと曖昧です。
確かに音声5回線全てがXiでパケホーダイライトに入っている場合はずいぶん安くなりますが、個々に7GBで合計70GB(Xiパケホーダイライトだと1台あたり3GBなので、合計50GB)。対して合計10GB上限となるので、無駄なくパケットを使っている人には全くメリットがなくなるんですよね。
一応5回線かけ放題の回線できますけど、トランシーバーごっこをスマホでやりたいとは思いませんよね。

なお、今回ずっとドコモ割は計算に入れていません。理由はたかが知れてるからです。
1台持ちで16年もずっと使っていて600円+基本使用料半額(2年縛り)しか引かれないとか、家族でシェアしても1000円しか割引しないとか、利用者を舐めているわけですから、こっちもそんなもんはないものと考えます。公平じゃない?そりゃ公平じゃないプランですもん都合よく解釈しますよ。
(大体HPに出てる家族は、2万オーバーのプランで1000円割引されて喜んでる場合じゃないぞもっと危機感持てw)

まとめると、
  • 現状のプランで通話をあまりしない場合、大多数の人はプラン変更をしないほうが安上がりでメリットがある。(Xiパケホーダイだと特にそうかも)
  • 通話プランの無料通話分を大きく超える人、Xiで通話メインの人、2916円以上の音声プラン契約をしている人、合計金額で毎月6524円以上を支払っている人ならカケホーダイプラン変更してもいい。ただしパケットプランは見劣りするし、パケットプランを契約しないと従量制となる。
  • さらに言えば4536円以上の音声使用料が毎月ある場合は、2年縛りすら必要ないでカケホーダイプランに変更してもいいかもしれない。
  • 多少我慢を強いられるが、MVNOやイーモバのPocketWiFiなどで対応出来る範囲なら、2台持ちのほうが圧倒的に安い。
  • 言うまでもなく+Xi割は廃止。恩恵を受けているなら多少高くとも維持するほうが、将来的には安上がりかもしれない。(というより継続利用でドコモから打ち切りを言われるまで契約し続けるのがベター)
  • 月サポも使い回しが出来る らしいので、今後ももしかすると3円維持が可能か?

カケホーダイだけでパケットも通信もしないというプランが組めるぐらいしか現状メリットを感じられない。(Xiトーク24と変わらんか)


撤回しろとは言いませんけど、確実に改悪になるユーザーが多いということです。
再び転出するとは思いませんけど、3Gへ戻る利用者が増える可能性もあることは考えておいていただきたいのですね。
業界全体から見ても、契約件数が一連の流れの中でMVNOへの流出だけにとどまらず、純減していくという予測が出てないのも、見通しの甘さがあると思いますね。

しかし珍妙なのは、ここに来てドコモが+Xi割やらルーター割やら2回線持ちをやたら推してくるところです。
最初は契約数だったでしょうけど、これは最後の奉仕だと思って契約しておくのが無難かもしれないですね。

とりあえず、ここに来てまさかイーモバ回線が塩漬けになるどころか、このまま使ってもいいんじゃないかとまで思うようになるとはw
SIMケース買うか、それともGL07Sをもう2台増やしてしまおうか、8/31まで悩む日々は続きそうです。

[PR]

by aru32to | 2014-04-13 06:10 | 雑談

2ヶ月ぐらい使って思ったSBM、イーモバイル、ドコモとの付き合い方(2014/05/2更新)

俺も謝罪会見音声でも作ったら面白いのかなw
なんか今日ほど「好きはでかいんですよね」って言葉が身に染みたわ。

2/21にSBMの契約と久々にして、結構色々引っ張り回してきて、結局どんな人がどのキャリアを契約すべきなのかというのがある程度絞られてきたので、ちょっとまとめてみる。

そもさんAXGPはどれ位快適なのか?

金ドブと言われて久しいSBMの回線ですが、302SHなどの2013年冬モデルのAndorid端末では、Hybrid LTEに対応しています。
早い話、Softbank 4G(AndroidなどのAXGP)とSoftBank 4G LTE(iPhoneなどのLTE)が両方使えるというわけですわ。

で、基本SBMといえばサービスエリアは「あんなの飾りです!偉い人にはそれがわからんのです。」と言わんばかり。
そういうわけで、買った人にしかわからない、しかもAXGPなんて正直前評判最悪の状況で来てます。
でも、実際には使ったことがないからなんとも言えない。なら買って真実を確かめてみようと。

ちなみに今回の調査範囲ですが、幸い3月に死ぬほど出張に行ったおかげでかなり広範囲になっています。
広島県呉市、岐阜県多治見市・美濃加茂市、長野県松本市、茨城県つくば市など、地方都市もそこそこ。
東京・横浜・名古屋・大阪・神戸などの都市圏も調べています。あと実家の栃木w

まず結論から言うと、大都市圏と言われるところのメインどころ(例えば山手線内とか、名古屋駅周辺、なんばなど)はAXGPの恩恵に預かることが出来ると思われます。というか、恐ろしく速い。
b0237530_23550378.png
朝の規制が解除された直後だから速かったんかなと思ったんだけど、実際秋葉原のZOAあたりで休日の昼間に測ってみた時に80Mbpsとか出てたような気がするんで、(SSがないので参考程度)これは単にユーザー数が少ないから速いんだろうなあという話ですね。

ところがこの端末の問題点として、AXGPを使っているのか、LTEを使っているのかがわからないのですね。全部まとめて4G扱い。
そこで一緒に契約したGL10PでAXGPの範囲なのかを確認しています。
結果、基本的に幹線道路沿いだとAXGPがそれなりにつながるんですけど、その他はそもそも送信局がない感じだということがわかりました。

おおむねイーモバイルLTEよりエリアが狭いのは知ってたのですが、やはりSBMのAndroid端末はマイナー扱いということなので4G LTEよりもエリアが狭いのだろうと思います。

なので、非常にユーザーは限られると思うのですが、AXGPの恩恵が確実に受けられる範囲での大都市が生活圏で、かつ2年走り切る自信があればいい選択肢だと思います。(山手線の内側だけで生活が完結している人とかw)
なお、おおよそ目安ではあるんですが、早稲田付近や三田付近などの裏路地ではそもそも「4G」が範囲外となることもありますので、大都市圏でも確実だとは言えない状況です。あと地下はまるっきりダメなので、定期的な地下鉄利用者は避けるべきかと思います。

2年経ってイーモバイルLTEはどうなった?

さて、2014/3/11まではsimフリー利用者御用達だったGL07Sを有していたイーモバイルです。
イーモバイルの問題点は、現在発売されているスマホの周波数帯が全部違うということです。
(EM01FがAXGP、EM01Lが4G LTE、GL07SがイーモバLTE)
GL11Sが出たり、あるいは301FなどがEM02Fとして登場した場合はHybridLTE対応という可能性もありますが、現状ものすごく紛らわしいです。
ここでは、GL07S以前に登場したBand3対応のイーモバLTEのみを対象にします。

こちらはこちらで基地局をほとんどLTEと3Gの併用型に変更されたせいか、地方都市などでも案外問題ないレベルです。特筆すべきはこの速度w
b0237530_21363220.png
長野県松本市の松本バスターミナル、まだXPERIA ZLで使えていた時期ですね。
おおよそ37.5Mbpsまでの基地局が多い中、おそらく75Mbps基地局をほぼ独占出来るとこのぐらいの速度が出るということらしいです。

そういうこともあり、今は割と安定して10Mbpsぐらいまでは出ることが多いですが、やはり混雑すると「つながりやすさ(笑)」になりやすいのは変わらず。同じ場所で302SHとGL07Sを使うと、(電波の対応もあるけど)やはり302SHのほうが快適だし、おそらく優先順位が高いのでしょう。

エリア範囲外でも大都市圏から50キロぐらいまでなら割と安定してLTEをつかむので、割と広範囲に活動する方にも向いています。例えば駅で言うとつくばや宇都宮、高尾など。多治見市や呉市などでも中心地から3キロぐらい離れてもLTEにつながりますね。
難点は絶対的な速度が速くないし、場合によってはGP02を使ったほうが速いぐらいの箇所もあるということです。こればっかりはどうにもならないので、YMOBILEになった時に改善されるのかどうか。
比較的安価(786円)での維持が可能なので、2台持ちのバックアップ回線として持っておくのにおすすめです。
(なお、2550円とGL01P代、あとSIMカッターがあればSIMフリー端末で、Band3対応機はem.stdで使えると思います。)

腐ってもドコモ?

んじゃドコモはどうなのよ?って話。
まず前提としてドコモのLTEはサービス開始が他社に比べて2年長いため件数が多く、さらに利用者がほぼ都市部に集中しているということを考慮します。
ドコモがなぜ遅いかというのは、キャリアシェアに対してLTEの基地局を建ててもそれ以上の利用者増となるため、結果として遅いということになるわけです。
あと、基本的に都心はBand1で5MHz幅→Band1で10MHz幅→Band3で20MHz幅という順番で増設しているのではないかと思われるため、Band1で5MHz幅しか持っていない基地局に集中すると、そのエリアだけが集中混雑をするということもよくある気がします。(F-01Dが登場した時点では5MHz幅でしか受けられず、結果端末説明に37.5Mbpsが上限と書かれたことも昔あったぐらいですし)

まあ、上記を参考にすると本当にエリア通りアンテナを展開してる分いいのですが、これがものすごく厄介で、自分の機種がどのバンドに対応しているかと、UE Categoryの対応で、大きく異なるという話です。

例えば、カテ4でBand3(1800MHz)に対応しているXPERIA Z Ultraではこんな感じ
b0237530_17192023.png
今(2014/5/2現在)安売りされているL-01Fの場合、UE Categoryは4ですが、Band3に対応していないという致命的な問題があります。そのため1500MHz帯では112.5Mbpsまでしか現状は速度が出ません。最新の機種であってもこのようなことは起こるようです。(ちなみに海外版はなぜかBand3にも対応)
今は機種ごとにHPに対応バンドも書いてあるので、一応注意はしたいところです。

ドコモが他社より大きく出られる点は、この周波数帯の豊富さです。
Band1(2100MHz)、Band19(800MHz)、Band21(1500MHz)、東名阪ではBand3(1800MHz)にも対応、来年からはBand28(700MHz)にも対応します。
正直どこかしらにアンテナがあってLTE相当の速度が出る可能性が高くなるというだけで、ずいぶん希望の持てる話だと思います。

が、現実はどうだろう。
都心でもBand1で5MHz幅しかないエリアはまだまだ多い上に、高速移動に異様に弱いというのも問題です。おまけにバンド間切り替えがシームレスに行われればいいですが、Band3からBand1に切り替わる際に1分程度(山手線で新宿-池袋間が相当な鬼門で、ここではバンド切り替えが頻繁に起こる感じです)は通信不能になります。Band3はまだ対応機種も少なく凄まじく速い(本当に100Mbps超もありえる)ので、早いうちに体感したい人は該当機種を買ってしまうのもいいかもしれないです。


[PR]

by aru32to | 2014-04-10 00:19 | 雑談