<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

じゃあ、理想のスマホの形を上げてみようか論(スペック無視)

巷でiPhone5が湧いてるとはいえ、秋葉原でau版の在庫があると見かけて、「アレiPhone4Sでも初動が若干鈍かったよなあ」って思いだしてしまいました。本命はiPod Touchです。本当にありがとうございました。


今回のiPhone5の何が駄目かって、あの変に細長い形だと思います。
僕はジョブズを敬愛しているわけではないですが、消費者に訴えかける才能と、プロモーションの才能の2つは認めるところです。思えば単純なパワーアップだった4Sからauが取り扱いできたことは運が良かったとしか言いようがないと思います。
よく僕の友人がどっかから引用して使ってたのですが、「iPhoneのスクリーンサイズは、女性が片手親指で移動できる最大サイズの縦横比を目指して作った」と話していました。納得です。今回アップルはあえてそのコンセプトを崩してデザインしたことに違和感を覚えてしまったのでしょうと。
つか、素直に縦横比を拡大したものを作ればよかったんじゃね感はあると思います。世の中は変型4インチより定型4インチのほうが使いやすいし、なにせ有象無象なAndroid端末との差別化をする必要が、果たして今のモバイルギアに必要なのだろうかと思いますね。


というわけで、アップルへのデザインの不満を前置きとして、今回は「だったら変態さんが使う端末ってのはどこらへんが理想なんですかねこの変態が!!」って感じで僕(変態)が形だけ、デザインとサイズだけで選んだスマホを勝手に挙げていきます。主観的すぎることも問題ですが、値段とかそういうのは知りません。ある意味プラダスマホ的なもんで考えていただけると幸いです。
(順不同です。見て、これイイと思ったものを羅列しているだけです。)

1.IS05
個人的に使ってたというのもあるんですが、万人受けしやすいデザインと片手に収まるサイズだけですでに大勝利感はあります。片手オペレーションで、ボタンや画面上のタスクバーに至るまで親指一つで到達できるというのは、気分的にいいんです。使い勝手はすこぶる良かっただけに、つくづくauの姿勢に不満を持たせるとしか感想が上げられないですね。

2.Xperia SX
家電量販店でいじった限り、これも親指オペレーションできて、2012Xperiaボディなのがいいです。おそらくiPhone4Sあたりを正常進化させるとこのような形になるのではないかと思います。Android4.0なので物理ボタンも廃してしまえたことも、この形にできた要因だと思います。
これに限らず、2012Xperiaシリーズ(NX、acroHD、GX、SX、V)はデザイン的に優れていることに加え、画面サイズが大きくなってもAndroidボタンがギリギリ親指で押せるぐらいの幅になっていると思うので、大画面を使いたい手の小さい方には向いていると思います。
ちなみに言うまでもなく、2011Xperiaシリーズの物理ボタンもそれに近い配列ではないかと思います。

3.102P/P-04D
正直あらゆる部分が失敗作なんですけど、唯一褒められるのがデザインとボディの薄さ。スマホを持つ場合、握るタイプの人と摘むタイプの人がいると思うのですが、摘むタイプの人には嬉しい薄さと、そのまま親指でも画面端まで操作できる4.3インチのギリギリまでボディを縮めたというのがいいですね。
昔はソニーがこういうことをやる会社だったんですが、Xperia SXがそれをやっているのでw

4.ARROWS Z ISW11F
言わずと知れた伝説的クソ端末です。メーカーが思った50%にも満たない完成度と数々のバグで未だに苦しめられる名機種ですが、全体的なスマホのデザインは、個人的には最高だと思っています。薄くて大画面で、デザイン的にもリーチ棒型の物理ボタンや画面サイズまで、同型機であるF-05Dよりデザイン的には優っていると思います。
個人的にはこの形でISW13Fのスペックだったら即全額払う覚悟はあるんですが、auはもとより富士通東芝が駄目な会社なので、そういう考え方は基本的に出ないでしょうね。

5.ARROWS A 101F
その1年後に発売されたはずのソフトバンクのスマホです。はずというのも、実物は量販店で見たことなく、ソフトバンクショップでいじっただけだからです。基本的にアップルの(名実ともに)犬であるソフトバンクなので、売ってるのかどうかは知りません。
僕も含め機械オタクに多いのですが、カドが丸い機種というのはどうしても馴染めない部分がありまして、その点でこの101Fは物理ボタンもでっかく、サイズも4.3インチとそこそこ大画面で、しかも薄いというのですから、ブランド力と合わせて破壊力は半端ないと思うんです。他のメーカーならw
1回持った感想としては、薄いながらしっかりホールドできるので、持ちにくさがないというのが大きいかなと。ちなみにF-05Dもあんまり変わらないホールド感ですが、このへんは形と好みの問題かなと思います。

6.Optimus 4X HD
Optimus 2XやOptimus LTEに比べてデザインがかっこよく見えるので挙げてみました。入手困難な海外モデルです。4.7インチ液晶にLG得意のタッチセンサー式ボタンを配列したデザイン「L-Style」型の最高峰モデルの一つで、これもISW11Fと並んで、個人的には気に入ってるデザインです。
歴代のOptimusはホールド感はよく、握るのではなく、挟むタイプの人でもそれほど問題なく使えたと思いますが、加えてデザインがよくなったというのは大きいと思います。
ほぼ同じOptimus Gも10~11月には発売なのですが、個人的にはTegraシリーズを買わなきゃいけないだろと思っているので、これを買って使おうか迷うレベル。(最も買い換える必要性もないがw)

7.iPhone4/4S
最後にアップルを褒めたいと思います。
僕は忘れもしないエヴァ破の公開日にiPhone3GSを購入したのですが、それから1年でデザインが変わってしまったことにかなり後悔したことを覚えています。
今思うと、あの野暮ったいiPhoneのデザインを一新して、今のスマホっぽい形を方向付けたものは、iPhone4だったのかもしれないです。
言うまでもなく、画面サイズは3.5インチながらスリムで角ばったデザイン。親指1本で操作できる限界のサイズと実感できるあたりに凄さを感じます。このデザインがiPhoneとtouchの違いであり、当時4とスペックがほぼいっしょだったiPod Touchを投げてしまったのもいい思い出です。
今後出るとは思いませんが、これを単純に4.5インチぐらいに大きくしたiPhoneが出たら、iPhoneを意欲的に買おうと思います。(まあ、iPhone5も欲しかったけどね)

さて、この他にも初代MEDIAS(N-04D)やS42HW(これはある意味スマホじゃないな)、IS14SHなどはいいなと思ったのですが、デザインを褒める部分はないかなと思いました。

やっぱり僕が好むのは、
・角張って薄いもの
・物理ボタンなりタッチセンサーボタンなり、画面以外にボタンがあるもの
・握ることもつまむこともできるもの
に尽きるかなと思ったりします。

とりあえず、Optimus G(L-01E)とARROWS X(F-10D)なら、確実にデザインではOptimus大勝利って思いますね。まあ、ボディカラーに白がないのが両方共不満ではあるがw

いよいよ明日から10月、とりあえずauショップに殴りこみをかけてきます。
[PR]

by aru32to | 2012-09-30 19:02 | 雑談

クアッドコアじゃないともう面白みがない件w

というわけでMNPする予定のドコモの機種の検討を付けるためにドコモスマートフォンラウンジでOptimus G(L-01E)を見に行く。

Tegra3のARROW X(F-10D)もそうなんだけど、メーカーのUIの作りこみも良くて恐ろしくヌルヌル。
基本的にAndroid4.0/4.1をスマホで使っているけど、APQ8060だとここまでにならない気がする。まあ何を持ってして快適というのかということもあるんだけど、完全に手が吸い付く感覚ですよこれ。


話はズレますけど、
・・・噂のなんとか5いじってきたけど、アレは正直形が失敗作感強い。
いじった感覚では4Sと変わらない=4と大差ないぐらいの違いなのだろうか。
何が快適かって、両軍ともLTEがiPhone用ということで回線がえらい快適。ビックカメラの店頭ですらXiより速い感じ。明らかにわかるというのは大きい。まあ、これも4Sぐらい台数が増えるとXiとあんまり変わらなくなるかもしれない。GP02の速度が一番落ちずに安定することを考えるとイーモバLTE最強感がここになって感じるところw
つまりiPhone5の快適さは
クソiOS6<<<<<<<<<<<< ってことにあると思われ。
したがって今回もiPhone5の数が増えれば増えるほど「繋がらねえよクソSB」どころか、「繋がらねえよクソau」が現実味を帯びてくると思われる。唯一無二のアドバンテージだったのに回線品質w


で話を戻すと、NX! comfort UIとTegra3/1GBメモリの組み合わせが、唯一LG HomeとAPQ8064/2GBメモリの組み合わせとほぼ同等だということがわかります。
ちょっと前にNOTTVに視聴するような環境が欲しかったんだけど、それを無視してしまっていいならやっぱりARROWS Xが一番サクサクしてるかなとおもいます。4.1でもメモリ1GBでそんなに問題ないので、それを考えれば(毎月割もMNP一括もあるし)ARROWS Xもいいなあと思ってしまった。

注目のL-01Eが10~11月ってことなので、11月の場合1回線を延命させる必要があり、それが最も厳しい感じがすると。もう定価だろうがなんだろうが一括で買ってしまう→データにする→プラスXi割にするというのが一番理想な感じがする。(これに関しては回線を犠牲にせずにどうやって安く買うかってことなんで)
[PR]

by aru32to | 2012-09-28 00:21 | 雑談

auの最近のサービスに関して思うこと(LTE、iPhone5など含め)

さて、iPhone5が発表されたので、なし崩し的にauもLTEサービスをはじめることになってしまいました。

・・・つかさ、将来的に対応予定です。とかでやるのが良かったのではないかと思うんだけど、どうなん?

・まずリリースのまずさ
今回はSBMとのMNP合戦の都合上、いわゆる価格のチキンレースが起こっていて、当日16時から予約開始(これは多分Appleの全世界共通解禁時間だと思う)にもかかわらず、本体価格、サービスプランに至るまで一切の情報が出ないという、一見すると「もうiPhone5出すんだから、いくらでも買えよバカどもwww」って姿勢がミエミエで、本当に嫌でした。
割と前日見て買おうかどうか迷うレベルだったのですが、この一連の流れで本当に嫌気がさすというか、客をバカにしてるとしか思えない態度が、どうも鼻につきます。

・本体価格の妙
SBMが
16GB 51,360円
32GB 61,680円
64GB 72,000円
毎月割は2140円x24です。
(おそらくプランにより1,480円x24というのもありそう)

auは
16GB 61,680円
32GB 72,000円
64GB 82,320円
毎月割は新規2570円x24です。(フラット必須)
auの場合、既存ユーザーをバカにしているので、毎月割は機種変だと2,180円に下がるという有様。


スペックだけ考えれば、液晶以外は割と現在のハイエンドスマホに近いので51,360円なら激安ではあります。値段上ではauでもそんなに高いとはいえないと思います。(内蔵メモリが16GB増えただけで1万製造コストが上がるのは、もともと64GBとして設計しておけばいいんではないかといつも思うんですけどね)

毎月割のメリットは、一括で買った時の毎月支払いの割引を丸々受けられるということです。あくまで一括にこだわりたい理由はそこにあります。

・料金的な問題点

今回の場合は、料金的に拘束力を高めるが、割引を増やすことで一見安く見せることを前提とするauと、
あくまでこれまでの2つのプランを用意し、既存ユーザーでもほぼ平等な割引サービスや利用方法を提示できるSBMで分かれる形であります。SBMは結局iPhone5向けLTEプランは1つしか用意しない。

が、現在のところLTEサービスに関して、ドコモ同様に2段階定額プランを用意したSBMに比べ、LTEの機種を今後発売するにしても、すべてISフラットしか選択できないauは、いったい何を勘違いしてるのかと。

魅力的な機種はLTEで出します。もう3Gではいい機種は出ません。でもLTEにしたらパケットはうなぎのぼりなので、基本的にフラットしか用意しません。もう諦めてこれで使うか、あるいは3Gでらくらくホン的なものを購入してください。でも割引は3Gには付きませんよ、と。

もう一つ、3社共通してホワイトプランになってしまったこと、オプションがWホワイト的なもの(まあ、ドコモは多少考慮して780+780で、ドコモ間話し放題だけど)しか用意していないのかと。
無料通話分ないんだぜ。電話かける時間の自由まである程度奪うんだぜこういうプラン。利用者にそういうのを無理強いするようなプランしか出せなくなってるのはどうなんだろう。
ま、もともと通話には適してないSBMは論外として、auもドコモもLTEサービスにおける無料通話分がないというのが、通話と通信を分離してる身からすると非常に腹立たしいです。

・ここからはauへの恨みつらみな問題点

加えてauは機種変のハードルが高い。例えばいまガラケーにするとしても、3万近く払って廉価版のF001みたいなのを買う必要があるわけです。このあたりガラケーはそれなりに値段が下がるドコモはまだマシだと言えますね。機種変するにしても最近はauショップですらフラット強制な店があるぐらいで、そういう状況でEVO 3D(現在のところ一番安い)を機種変したりした上に、パケットを使いたい放題やられてしまうのはどうかと思います。
個人的にはIS netの規制とかいい加減に出来ないのはオカシイと思います。黙って315円払えっていうし、ショップにいけば切れませんというし、切れたら切れたでau one netにつながるし(+525円)。ドコモとかSBMとかはプロバイダ切ると一切接続できなくなるようにAPN側で制御できるんだから、怠慢としか言えない。

・個人的に不便な点

加えて、ここ2年ぐらいでsimフリーの端末を買うようになって、実質的にLTEはsimフリーでも国内バンドに対応しない限りはアウトだと思われているんですが、その時に3Gで使うことが、au以外はできるのですね。
auの場合、EVO戦術があるとはいえ、買った翌日まで端末が使えない場合があることや、L2フリーの端末がスマホのみに限られてしまっていることなど、問題が多いのです。買った即日にカードを差し替えて使えないのは、もういやなんですよね。
その点、FOMAなりXiなりはだいたいの機種がカード差し替えで動いてしまうわけです。頻繁に端末の入れ替えがある僕にとっては、そっちが大きなメリットです。欲しい機種のために回線契約して2年お布施するのはいい加減嫌なんですよね。


・まとめ、俺はドコモにMNPしますwww

もうauとは13年以上の付き合いではあるんですが、もうauは一切不要感が否めません。せいぜいこの前買ったISW11Fを2年使ったら、CB3万ぐらい積まれた時に考えます。つかさ、CBにしか魅力ないキャリアって本当に酷いと思わないのかな。(幸い、ISW11Fは絶好調過ぎてwww)
個人的にはN-03Dというガラケーでも最新に近いモデル(CA007もそうなんだけど)があるんで、それを利用してドコモにメインをMNPする方向性を探っています。さらにIS01/02の回線も10月で25ヶ月目なので、1つ利用してXiにMNP、もう一つは残念ながら解約の方向で考えています。
幸いドコモも11月にデータがひとつ切れるし、無料通話分がモリモリ溜まっているFOMA回線を仕方なく家族分けあいにでもすれば今と大差なくなるので、いいんじゃないかと思ってます。

ま、また99とか山田とか、面倒なので秋葉原前提で考えようかな。
[PR]

by aru32to | 2012-09-17 15:35 | 雑談

どんだけ好きなんだ俺はwww

b0237530_22402718.jpg


ってわけで、今年1月にXiの回線テストとして契約したドコモ回線をISW11FにMNPしてきた。
MNP0円でしかも30KのCBがもらえる(トータルコストでは15Kマイナスなので、あんまり美味しくはない)

で、毎月割の条件はISフラットオンリーとなるため、プランZもしくはプランSSが最低条件となる模様。(厳密にはプランFはISフラットを付けることが出来ないために、仕方なくどちらかを選ぶ。)
CBを受ける条件は当月に条件解約をしないことなので、プランSS、ISフラット、ISNET、ケータイ補償サポート、auスマートパスとなる。いやコストがかかるかかるw
で、総額から毎月割が引かれる。今日の時点で新規は1050円にMNP加算で980円。おおよそ5Kの出費となりますね。そう考えるとあんまり美味しくはない。

というわけで、しばらくスマートパスのテストと、WiMAXの速度を測ってみたいと思います。
(ちなみにauはIS01とIS02の回線が今月で24ヶ月目、ドコモはデータ回線が来月で24ヶ月目。生活費が安くなったので、3ヶ月程度ならまかなえるとは思うんだが)

(2012/9/10追記)
金額的には、
980(プランSS)+5460(ISフラット)+315(ISNET)-1050-980=4775円が月単価コストの模様。
合わせて399円の携帯保障サポートと315円のスマートパスが12月末まで継続しなきゃダメなので、12月にCB貰っても3万じゃ割にあわないかもしれないw
とはいえ、短絡的に見ればEVOの回線をMNPする予定で、今現状の980+2100+315+2845-2000(EVOは分割24回で買っているため)がなくなる事を考えれば、auも最終的には2台持ちで1万未満ってことになると思うんだよね。
まあ、年末までには確実に2回線開くことを考えれば、悪くはないとは思いますね。

(ちなみに、このまま行くとMNPしてauの2回線はそのまま10月にドコモ、FOMA+Xi音声→Xiデータで+Xi割を組む可能性が相当高いと思われます。1台はガラケにする予定で、その時までにOptimus Gが出てればXiはそれにする予定ではある。まあ、Xi側はMNP0円ならなんでもいいといえばいいがw)
[PR]

by aru32to | 2012-09-10 01:06 | 雑談

久々に「俺の理想のノートを探す」の巻

9月になったので、改めて雑談とか書いていきます。

別に買い換えるわけじゃないんだけど、何気に次のノートPCを検討し始める。

と言ってもね。VAIO Z(VPCZ11)がまだまだ主力で、そのあとにElitebook8560w(モバイルワークステーションw)買ってるし、ThinkPad R61とEdge11を追加してるので、余剰戦力含めもういらないわけだよw
(ちなみに、Willcom D4とVAIO typePもある。VAIOは借り物だけど)

さて、そういうわけで、万が一VAIO Zがぶっ壊れた場合の戦力を考えようかと思った。
というのは、
・2010年に18万もの大金を突っ込んで買ってること。
・Core i7、SO-DIMM、SSD交換可能、GeForce GT330搭載であること。
・それでもってFHDで、1.3キロと軽量であること。
正直、腐ってもデュアルコアの2.66GHz、8GBメモリにSSDを実装してるので、Sandy世代の8560wには負けるものの、他のPCには完膚なきまでに圧勝ではあるんですよね。

で、何がお気に入りかというと、
・独立GPUを搭載して、FHDで1.3キロ
というところがお気に入りなのですよ。Win8があまりに慣れないOSなので、このまま7を使い続けるならば、今のタイミングで1台買ってしまうのもアリなのではないかなと思ったわけですよね。

で、選択肢として13インチ以下でFHDというのはなかなかないもの。
(俺的にはASUSのTF700というAndroidタブがあったのだが、3GやLTEモデルではないので却下)
当然現行VAIO Z(SVZ13)が筆頭候補に上がるのでしょうが、
・クアッドコアだとベースだけで15万ぐらいになる。
・本体が薄い半面、メモリ増設やSSD交換が不可能。
・だいたいドックを付けないと独立GPUが使えない。(とはいえ、HD7670Mはデカイが)
これが問題となるわけです。さすがに16万かけて欲しいと思えないわけですね。

対抗としては、ASUSのUX32VDがあります。
難点としては、
・Ultrabookなので、CPUが通常電圧版ではない(クアッドコアなし)
・GeForce GT620と、Intel HD4000と大差ないレベル
・1.5キロ程度と現状より重く、メモリ増設やSSD交換が難儀。(できなくはないらしいが)
これで12万ぐらい。う~ん、やっぱり高く見えてしまうな。

どうせストレージは外付けなんだし、メインは128GB程度のSSDで十分なのだから、ある意味2キロで15インチFHDとかでもいいのかなあと思ったりする。まあ、無論光学ドライブも内蔵が条件だけど。

まあ、最悪VPCZ1*の店頭モデルを買って、ニコイチとかでもいいかなと思ったりしていたり。
ともかく、Ultrabookへ行く方向はまじめにしたくないかなというのが個人的意見です。

秋冬モデルもそろそろ出るだろうし、もう少し悩んでみます。


オマケ
Nitro HDにCyanogenMod Nightly 10を入れてみた。
Android 4.1.1マジ快適。APQ8060/メモリ1GBでこれだけ快適なら、新しいのいらないかも。
b0237530_23481434.jpg

b0237530_23482582.png


・・・次はOptimus G(L-01E)かOptimus 4X HDかな。
LTE使うからOptimus Gにしようかなあ。
[PR]

by aru32to | 2012-09-05 00:47 | 雑談