カテゴリ:雑談( 97 )

俺はハイエンドスマホで済ませたい、と思う


なぜ、ハイエンドスマホがいいのか?

理由は簡単です。やりたいことが増えたときの伸びしろが半端ないからです。
例えば今の自分のやりたいことが通話とLINEぐらいだったとします。そこでツムツムとかをやりはじめたりするならまだいいですが、ムービーを取って編集するのが面白くなってきたり、写真を取って加工するのが面白くなってきたり、あるいはその最たる例としてゲームですよね。言わずもがな、デレステを別枠で取り扱ってるこのblogでは基本的に3D性能にこだわって欲しいという願いもあり、またプロデューサーが機種選びなんていう課金で失敗しないようにすることをある意味防いでいますから、どうしてもハイエンドになりがちということになります。
例外的に、ローエンドでも4G創世記のMTK6735やS615など、若干スペックの上がったHelio X20やS650などミドルエンドも手を出していますが、もういいんじゃねって気がしてしょうがないんですよね。
そもそも、未来永劫ということはありえないし、SNSサービスだって、ゲームだってサービスインからじわじわなんだし、いつ始めるのも遅くないという言葉もあるぐらいだし、やるかやらないかはともかくとして、確実ではないその時に備えて、自らの端末に余裕を持たせておくべきというのが、持論なのです。

あと、これは今スペックどうこうって書く人たちは、コストにしろ、スマホのスペックなり、何らかの形でこういう業界に詳しい人達じゃないですか。ギーグ層の意見なんですよ。みんながみんな2台持ちをすると思うな。2台ですら異常、3台だと変態ですから。OSが違うならいいと思わない。だって携帯電話ですからね。
今でこそDSDAあるけど、その1台2回線だって「片方は会社の回線を入れて使ってます」じゃあ、説得力ないどころか、あなたのやってることはセキュリティ的に大丈夫なのか?
俺はオススメするけど、スマートさに欠けるわけで、最終的に用途別でスマホを用意したほうが便利っていう理由で、結果複数台を持ち歩くんです。普通はこれを1台にまとめたいわけで、それがハイスペックであることに、何が問題なんでしょうか?という話です。

だから、iPhoneにしておけばとりあえずいいんじゃね。という結論になります。iPhone 7 Plusならなおいいです。ぶっちゃけ嫌いな考え方ですが、合理的な結論です。
いくらボロが出ても、iOSを搭載した最新のデバイスのさらに一番ハイエンドを買っておけば、基本的には何をやっても快適という結論になるからです。で、さらに言えば容量も潤沢な方がいいですから当然256GBを選びます。これで全く問題ないです。107,800円で少なくとも3年使えば十分元は取れるでしょう。(なぜ3年なのかというと、基本iOSのデバイスは3回のOSアップデートに耐えうるハードとして作られるからです)

言わずもがな、Androidだってそうなんですよね。今のドコモがアホみたいな感じで新規の端末購入サポートやってますけど、GALAXY S7 EdgeなりXPERIA XZなりが相応に安い値段になってれば、それ1台で2年ぐらいは使えるんです。当時、XPERIA Z3あたりを買った人が、今の状況で苦しいという話にはあまりなってないんじゃないかなと思うんですよね。(バッテリー関連の問題を除いた場合)

そんな時代が今までは当然のように転がってました。
MNP一括0円で端末ゴロしてれば、基本的には最新のデバイスはよりどりみどりだったわけですし、それにお金がもらえた時代でしたからね。
いや、お金はやりすぎだと思うけど、MNP一括0を辞めてしまう必要性は個人的にはなかった気がするんだよなあ。それが既存ユーザーへのサービス競争にならなかったのが問題なわけで、業界全体が気づいてたのにわざわざ疲弊させちゃったところが駄目だった。個人的には今でもMVNOが流行らないまま終わってほしいとも思ってますからね。あれもアレでもっと無責任なサービスに出来ないものかと思う。

横に反れましたが、一番恩恵を受けていたiPhoneユーザーは今後その辺の舵取りに四苦八苦することになると思うんですよね。
iPhoneってだけでキャリアから有利な条件頂いてたわけですから、それを今更普通のプランにしろよっていうほうが間違ってるとは思うけどね。


だが、コストパフォーマンスなんて言葉が

...だけどね、世の中にはこういう年数に対するコストの掛け方を理解できないわけです。
一発のお金として107,800円は確かに高いですけど、3年使い切ると考えた場合、少なくとも年間35,934円です。これを渋るというパターンが非常に多い。
例えばですけど、1年に1回買い換えるというパターンでも、基本そんな額にならないと思っているわけですけど、ランニングコストを考慮する場合、キャリアならおおよそ5000円+端末の24分割、MVNOでも電話が必要な場合は3GBでも月間2000円ぐらいはかかると思うんですよね。
端末代と通信費を完全に切り離すことが出来るんであれば、そういう買い方も出来ますけど、まず出来ないように日本はなっていますからね。
MVNOだって1年縛りで端末売りつけてくるような時代ですよ。普通はそんなのありえないでしょ。MVNOにするメリットが完全に抜け落ちてしまってますからね。

まあ、つまり本来日本で天秤にかけるべき金額というのは、
「(端末代金+月々の通信費)x利用想定月(1年なら12、2年なら24、3年なら36)」
ということにならないといけないわけです。

余談だけど、2年割があるなら、割引額の大きい3年割、4年割とか、なんかそういうのを求めてもいい気がする。
採算割れを起こさない程度に、4年割で7割引ぐらいキャリア出来なくはないんじゃないかと思うんですけどね。

MVNOが本来目指すべき着地点、それは端末と通信費の完全分離なんですが、残念ながら日本ではそこが理解されていないので、MVNO各社が24回で端末縛りを掛け、「お安いでしょ?」と、スペックから考えたらキャリアより高いパターンなんかを提案しているのが現状です。
(注:ただし、arrows M03のようにキャリアとMVNOで同じ機種が出ている場合は、MVNOの方が圧倒的に安いのを付け加えておきます)

ま、なんにしても、新規参入すればするほど、自社のシェアを守りたい層もあるでしょうから、こういうサービス合戦は今後も続き、結果として「MVNOは日本では根付かなかった」と2021年頃に総務省が結論付けます。大体そんな流れでしょう。


買えるうちに買っておく、だめになったら買い直す

結論として、使う期間をある程度定めて使うなら、高額で一番いいスペックの機種を買うのがベストといえます。
いつも思うんだけど、元本割れする先物取引で、元本割れ=端末の使用料と考えると、結構気楽に端末の買い替えとかできちゃうんです。
自動車なんかではあるんですが、ポルシェの新車でどんどん買いつなぎする人はこういう感じなんだと思います。

ま、ある意味ハイエンド機を買って3ヶ月ぐらい使ったあとで、即売って次のハイエンドを買うって、資産運用みたいなものなんですよ。圧倒的に儲からない資産運用です。でも、正直なところ代えがたい端末への評価や価値なんかには、定価を出して買ってる以上はわかるんですよね。この部分が欲しくて、俺はお金を出してわざわざハイエンドを買うわけです。そして、いつしか旬をすぎるとその機種はダメ出しの対象となるわけです。その時は素直に買い直す。この旬をいつまで保っていられるかが、利用者側の問題で、俺はほぼ3ヶ月じゃないかと思っているわけですよね。



まあ、それをこじらせると、ほぼ同一の仕様の外見が異なる3台を使いまわすなんていう荒業が出来るようになるわけで。




おしまい



[PR]

by aru32to | 2017-03-14 01:05 | 雑談

今だからこそ再評価するSNS特化型としてのiPhone5c

b0237530_20123453.jpg
ちょっとタイミングを失ってたのですが、Wikoの話で思い出したこともいくつかあったので。

今回は、珍しくiPhone5cを買った話と、ちょっと見直したiOSの話。

最初で最後のポップカラー、iPhone5cを今あらためて見直す。

いや、欲しかったんだよw
iPhone5cに限らず、iPhone6ぐらいまでのiPhoneは続落が続いていて、秋葉原ではちょいとした整備で動きそうな、いわゆるiPhone6のジャンクモデルが15K程度で入手できる時代になりました。ぶっちゃけ最強の廉価帯ゲーム機だと思う(無論スマホゲーだけだけど)。

まあ、近くにiPhone6貧乏になってる友人がいることはさておき、今回買った理由は、そもそも12月まで遡ります。会社で使ってた回線がソフトバンクの黒SIM回線だったので、何を思ったかソフトバンクのiPhone5c 16GBを衝動買いしてしまったことにあります。5,000円だったよ。
別にこれと言って何かな感じでもなかったんですが、バッテリーが完全消耗していたので、まあ交換して、乗り切ってしまおうという魂胆でした。

ところが、回線的にもういいですとかいう理由で、黒SIMを返納。
ソフトバンク回線だから使えないしとかそういう理由でテストとしてR-SIMを購入してその時に備えてたのですが、まさかこんなに早く来るとは思わなかったわけです。
問題となったのが、R-SIMは圏外になったときに立て直すのが非常にめんどくさいこと。気づかなければ放置しちゃいますし、だからといってiOSを存続させている理由はせっかく作ったLINEアカウントをそのまま活かすためだったので、最終的にLINEモバイルでつなぐこと前提と。

...ドコモ版探してみようかな。
という話で、ドコモ版の32GBが9,800円で売ってたので、購入。ただ、5,000円のiPhone5cより何故かジャンク度は高く、バッテリー交換の他に液晶交換をしています。この時、今でもなんだけど、iPhone 6 Plusがやっぱり欲しくてどうしようだったんですが、やっぱりサイズ感とデザイン性を重視して、iPhone5cに全力を注いでしまったと。まあ、それでも15Kに満たないので、良かったんじゃないかなあと思いつつ。

なぜ5cなのかというと、いわゆるiPhone5世代なので、iOSの限界という意味で、これがギリギリ現役世代というのが好きです。iOS10のアップデートも出来ますし、Apple Watchも使えます。
サイズだけで考えれば、今ならかんたんに5sなんでしょうけど、なら中身が6sのSEという感じでキリがないんです。理想を言えば4sの4G版なんでしょうけど、絶対に出ないと思う。

それと、チープさとカラーバリエーションが結構好きだからなんですね。
iMacから延々続いたポップカラーバリエーションを、現時点で導入した最初で最後のiPhoneということで、そこに価値を求める感じですね。
メタルフレームのカラバリでも、薄い色が多く、どぎついメタリックカラーを導入することなく、非常にお上品にまとめてます。
このiPhoneというアイコンに色は不要と言わんばかりの姿勢が、今のappleの嫌いなところです。(ジェットブラックはカラバリでもなんでもない)


電話として完成されているiOS

というわけで、約4年ぶりぐらいのiOSです。
最後に買ったのがiPhone5、2013年に入ってから購入しています。

個人的にiOSは好きじゃないんですよね。なんというか、Androidってホーム画面とメニュー画面という2階層で構成されてて、それが主流になりつつある頃に、とりあえずアラートとかガジェット専用画面を作ってみたりとか、急ごしらえな感覚があって、すごく残念なんですよね。これがiOSなんだ!!って押し付けがましいのがAppleじゃないですかw
いいところは取り入れよう。でもApple風に取り入れるので、iOSの操作性や安定性が悪くなるけど許してね的な安易な考えで、ユーザービリティには一切配慮がない気がします。iOS9を使ったときもそうだったけど、一番左の画面の更に左にガジェット的な画面があって、上からスライドすると通知が表示されるとか、いつからこんな感じになったんだっけかと思います。で、追い打ちをかける形でiOS10ではホームボタンを押さないとホーム画面にすらいけない、指紋認証ありきなロック解除ですからねえ。まあ、iOS10までiPhoneに指紋認証がない機器は延命しないだろうという発想もあったんでしょうけどね。

ただ、Androidでは割と起こる通話の不具合が今のところないという点や、SMSなんかも特に問題なく使える点、それと無駄なものを入れてないからとも思うんですけど、とにかく動作が軽快なんですよね。Androidも歴史は長いですが、こっちは電話として本当に10年戦ってきてますから、その分のブラッシュアップは相当されてるんでしょうね。ゆえ、リッチコンテンツがメモリ不足などに陥ることも、ハードの進化がほぼ無いiOSならではとも思います。
ぶっちゃけ、アプリで何かとかしない限り、俺は別にこれで通話とLINEだけで使えるかなという気がします。確かに通話とSNSだけに限って考えれば、片手で疲れず、軽快に操作できるiPhone5系はこの上ないモデルなのかもしれない。


自社コンテンツのクライアント商売もいいですが、特化型iPhone作ってみないですか?

Wikoの時に通話とSNSだけに特化したスマホという表現をしましたが、4.0インチiPhoneって個人的にはそれに究極的に近づいてるシリーズなのかもしれないです。iPhoneSEの後継機が7スペックで出るのも悪くはない気がしますね。
iPhoneの進むべき方向が定まってないのであれば、過剰なスペック向上は一旦Androidにやらせておいて、1年ぐらいはiOSの基本機能のブラッシュアップに終始するというのも悪くない選択肢だと思います。その合間というか、ダウンサイジング的なことで、iPhoneSEの拡充は選択肢にないのかな?とも思いますね。別に16GBで29,800円ぐらいの突っ込んだ値段なら、まさに電話とSNSだけで問題なく使える容量で、VoLTEなんかも対応できる最強の受話器に出来ると思います。(まあ、写真などを保存することが厳しいかもしれないけど)そこまで来たらApple Payにも対応出来ると、日本人は喜んで買うんじゃないですかねw
せっかくいい素材があるだけに、日本をカモにするなら、徹底的にカモにする方法をもっと考えていい。グローバルモデルと違う後進国モデルがあるんだったら、もっと絞り込んだモデルだってあっていいと思うんですけどねえ。

いやでも本当にApple Payを搭載した32GBのiPhone SE2みたいなのが出たらどうするか?って話だよな。夢はあると思いますけどね。




おしまい

[PR]

by aru32to | 2017-02-25 02:46 | 雑談

Wikoに期待してしまう理由をいくらか書いてみる

というわけで、Wiko Mobie Japanのリンクを貼っておこう。
おフランスじゃない、フランス発の、カラーバリエーションに特化した非常に珍しいラインナップを揃えるメーカーです。
まあ、中華スマホに色付けをすることでこんなにポップな印象になるんだなという見本ですね。

今回は願望含め、Wikoの日本展開に期待することを書いていきたいと思います。


堅実な特化型スペック

まず、Tommyの話をしましょう。
本国フランスなど欧州圏では129.99ユーロで入手可能なこのスマホ。挑戦的な価格と書いてありますが、14,800円は妥当な価格です。
最終的には6色展開となるこのスマホを日本市場に投入するのには、ある種の妥当感があります。

SoCにSnapdragon 210を搭載しています。
将来的にはVoLTEに対応するという触れ込みですが、そのためのS210なんですよね。

ご存知かどうか、VoLTE対応のガラケーが去年の冬モデルから本格的に登場していますが、そのガラケーに搭載されてるのが、このS210です。
それどころか、AndroidベースのガラケーはこのS200シリーズが搭載されています。最終期のガラケーではよくあったんですが、Snapdragon S1の1GHz程度がメインチップに組み込まれており、1チップで通話と通信を制御できるため、コストを下げることが出来たと言われています。そのノウハウが日本市場はAndroidガラケーとなり、VoLTEまでたどり着いたわけです。スマホで惨敗なメーカーが回線数が人口以上になっている日本市場で生き残る手段として、実は非常に大きなノウハウです。

それはおいておいて、これまでの廉価帯スマホにおけるMT6735率は非常に高く、対してスペックを必要としなかったWindows 10 Mobileではリファレンス通りにS210が多く、結果として同価格帯での展開が出来たわけです。あ、Windows 10 MobileはVoLTEに対応したら面白そうだな。

で、絶対的なパフォーマンスではMT6735に劣るのですが、Qualcommのチップが強いと言われているモデム部分をフルに活かすことをメーカーとして選んだのは、非常に堅実な考え方であり、徹底的に日本市場の廉価帯スマホに対するニーズや必須部分を調べ上げたのだと思います。
見る限りは素のAndroidに近い感じのものが入ってそうなので、それほど動作も重くはない感じなのでしょう。

若年層のお小遣いかどうかともかく、通話、SNS専用スマホという考え方での14,800円。
想定としては、これにおおよそ1GB程度のMVNOのSIMで運用するということなんでしょうね。実際、日本ではSNSの無料通話が圧倒的に強いし、そこにVoLTE対応となると通話面ではほぼ弱点はないです。ある意味、日本という環境でしか実現出来ないという考え方で攻め込むその意気や良し。

で、あえて苦言を呈しておくと、そんなメーカーであり、フリップカバーがかなり凝っているのに、これを同時に出さなかったのはどうかなあと思いますね。
カラーを売りとしながら、本体のギミックを引き出す周辺機器を同時に発売しない。日本では、本体と同時にしかこういうものにお金を出さないのです。
フィルムやら、本体ケースやらは今日の時点ではまだどこからも出ないようです。フィルムはもしかすると本体に貼った状態で発売されるのかな。
あとサポートかな。シネックスってなんか個人向けのサポートがおざなりになりがちで、量販店などの裁量に任されるケースが多いのも気になる点ですね。

まあ、Wikoが直接サポートまで行うことになるのはハイリスクだし、流通網まで考えるとシネックスに委託しちゃうのが楽だろうなあ。


おそらく世界最軽量、最薄の4.8インチモデル、HIGHWAY PURE 4Gへの想い

さて、Wikoといえば、2015年9月28日のtwitterで「HIGHWAY PURE 4G」を欲しがってたのを思い出しました。
あまりに入手が困難というか、スペックと輸入費用を天秤にかけたときに割に合わないと判断して最終的には諦めた感じでしたね。

何がすごいって、98gという軽さ、5.1mmという薄さで、4.8インチ液晶を搭載している点です。
現時点でも最軽量の部類に入るんじゃないかなと思います。
スペックもS410、2GBメモリー、16GBのストレージを搭載しています。結構日本でも多い仕様ですね。

現在199.99ユーロ前後で購入可能なのですが、立ちはだかるはユーロ圏から日本への輸入コストですね。

一応調べる限り、このスマホは今後どこまで行っても最薄な気がします。Moto Zが5.2mm。クラスは違えどモジュールなしでギリギリこれなんですよね。
4Gに対応しつつ、100gを切るスマホも知る限りは3台、XPERIA SXとAlcatelのPixi 3、それとHIGHWAY PURE 4Gなんです。
(まあ、ちなみにこの次元で言うと、現実的な入手経路でiPhone SEが113gなので、ハイエンドとしてはそれがベストですね。)

すげえニッチではあるんですが、ギリギリスペック的にも通用するのではないかと思います。
問題は日本語化とAndroid6.0への対応。OSレベルではMoto E(2015)が対応してるので、困難は多いと思いますが、できると思うんですよね。
あ、いやそれよりVoLTEが問題か。うーんやっぱり難題が多いですね。

DSDSより2台持ちを好み、一方がガラケーがVoLTEの軽量スマホに変わるのは個人的に歓迎です。
ドコモとか、なんかキャリアで1台でも採用されると劇的に変わるんだろうけど、これを24,800円で出せるとは思えないんだよなあ。
やっぱりMVNO、というかLINEモバイルが専用スマホとしてこういう尖ったメーカーのスマホを出せるようになると、価格帯ではいい勝負できそうですが。


本当に日本で戦うならVoLTE、Snapdragonにこだわってほしい

今後2~3機種を今年は発表するということなのですが、おそらく価格帯から考えると「U FEEL PRIME」(249.99ユーロ)が1機種なのかな。
これも結構凝ってて、指紋センサーに5つの指紋を登録しておくと、その指紋ごとにアクションを割り当てられるという機能があります。これはS430を搭載しており、メモリ4GB、ストレージ32GB、5インチFHD液晶を搭載していて、Tommyの上位クラスと位置づけしてもいいのではないかと思います。スペック的にはZenfone 3 Laserとがっぷり四つですね。
で、これ以上ハイエンドなモデルがどうも現在はなさそうなので、そこはMWC2017に期待しておくべきなのかと思います。

選択肢として、絶対落としてほしくないのはVoLTEへの対応だと思うんですね。その場合、MediaTek系でもMT6750世代(Mali-T800世代搭載モデル)となるため、価格の面でS210あたりと折半がつくのかどうか。それ以前に日本国内のVoLTEってSnapdragonベースで進んでるので、(ExynosはGALAXY S6での実績があるため問題ないだろうが、Kirin系は実はまだ国内ではVoLTEに対応していない)そこを落としてほしくないです。
いやまあ、とはいえMediaTekの電池持ちなどを考慮すると、そのうちHelioでもどっかでVoLTEの対応が明言されるスマホも出てくるとは思いますが、そこはあえて挑戦してほしいとは思います。


個人的には受話器として使えるなら歓迎ですので、頼むからHIGHWAY PURE 4GをそのままVoLTE対応してくれないかな。
(発売されたら必ず買いますので、関係している方見てたら本気でお願い致します。)




おしまい

[PR]

by aru32to | 2017-02-14 23:05 | 雑談

記事のリメイク、差し替えを検討している話。

今思うと、どうなんだろうこれ的な。

今回、今風にリメイクしていこうと思ったのは、
公式が出さないのでデレステの推奨スペックを勝手に出してみた
白ROMを買うときこういう場所、モノを買ってはいけないという話。

いずれも増補改訂版という扱いで、原文に現状の話をつけていくような感じになると思います。
無理なく加筆修正を行う感じですね。
実は、コンテンツの大半を別blogに移した関係で、このへんのコンテンツがかなり上位に来てしまっているため、手を付けないと完全に古い情報だからまずいかなあという話です。

ま、そういうわけで、今後こっそり内容が変わっていることもあるので、その点はご了承ください。



予告、おしまい。


[PR]

by aru32to | 2017-01-17 20:47 | 雑談

【メモ】2016年買ったガジェットを思い出してみる。

1月
XPERIA ZL(C6502ジャンク)
Nexus6
2月
303ZT
TCL 3S M3G
HTC J One HTL22
ARROWS A 202F
Teclast X80 Plus Dual OS
ThinkPad X240s
3月
MDR-100ABN
Xiaomi Redmi Note 3 Pro
XPERIA Z5 SO-01H
XPERIA Z4 Tablet SO-05G
4月
Battery WiFi MF855
XPERIA Z3+
5月
LeECO Le2
6月
XPERIA X Performance F8132
AQUOS 303SH(SIMフリー版)
7月
LeECO LeMAX2
Cube i9
8月
記憶する限りでは何も買っていないw
9月
iPhone4s
HTC Butterfly HTV31
XPERIA Z3+
10月
ZUK Z2
11月
XPERIA XZ SO-01J
Martian A8
12月
iPhone5c

惜しいな8月に何かスマホ買っていれば毎月スマホを買う男できたのになあ。



おしまい




[PR]

by aru32to | 2017-01-15 23:10 | 雑談

【メモ】SBのiPhone5c(iOS9.3.4)でR-SIM10+を使ってSPモードに接続する方法

メモです。明日やれと言われてもできなそうなので書いておきます。

1.まずR-SIM10+を買います。

2.4Gをオンにするをオフ、モバイルネットワークをオフ、Facetimeをオフ、SMSをオフします。

3.SPモードのプロファイルをダウンロードしてくるか、自分で編集して設定しておきます。

4.ホーム画面でSIMを抜き、R-SIMを装着したドコモのSIMを突っ込みます。

5.R-SIMの設定に従って行います。基本書いてある通りにやります。(SIMトレイを1回抜いて入れ直す)

6.おそらく100%圏外になるので、ここでSIMトレイを抜きます。

7.このときにSIMをドコモで使えるように、別の端末で4G接続します。(圏外病の直し方と同じ)

8.再びSIMトレイにSIMを入れ直した上で再起動します。

9.再起動したら、まず圏外なので機内モードにします

10.機内モードを解除すると、なぜかドコモアンテナが立ちます。

11.そのままSMS、Facetime、モバイルネットワークをオンにすると3G接続が出来ます。

12.この状態で4Gをオンにして、なんとか4G接続完了。


さてどうなんだろうかなあ、これを行っても今のところSNSが使えないんだよなあ。(iMessageをAppleIDで使えば問題なさそうだけど)
まあ、別に使うこともないのでいいんだけど、なんか気持ち悪いんで解決したいんだけど、解決方法通りで出来ないんだよね。

これでできるかどうかわかりませんけど、できるとは思えないw
iPhoneはカオスすぎて個体差が多すぎるかなあ。





おしまい

[PR]

by aru32to | 2017-01-05 00:15 | 雑談

2016年が終わる前に買いたかったデジタルガジェット

超個人的に、なんでこれを買わなかったのか?というデジタルガジェットを挙げる回です。
今年も数々のスマホ、PC、デジタルガジェットを購入し、その大半はレビューすることなく終わっているものばかりです。
(例えばZenWatch2、Mi Band2、iPhone5c、XPERIA Z4 Tablet、ThinkPad X240、MDR-100ABNなど)
が、しかし、それを持ってして、まだ飽き足らない部分もあったりなかったりするので、それをまとめて一気に書いてみようと思います。


MI MIX(Xiaomi)
なんで予約しなかったし!!
いや、個人的にはこれが一番の失策だった気がしますね。予想では年内納品が無理なのではないかということもあって、ポンコツだらけのPCを優先したのですが、意外にも現状でヤフオクに現物出品されているところを見ると、出荷時期を見誤ってしまった感がありますね。
この時は完全に価値を見いだせなかったことと、支払い的にはXPERIA XZと被ってしまったことが大きいな要因です。
これは来年への宿題となりそうですが、いざZenfone3 UltraやMate9を見たあとだと、サイズ的にそっちでいいかなあ。そんじゃなくてもNexus6とLeTV MAXで用途足りてるしなあという背徳感で悩みかねないサイズです。来年は来年でLeMAX 3的な6インチモデルが出るといいなあ。

Nubia Z11(ZTE)
発売時期がわからなかったため、結局購入しなかった1台です。我慢できずにLeMAX2を買ったものの、その後色々あって液晶割れという末路をたどるのですが、その時期(8月末ぐらい)にちょうどOPPOmartがこっそり発売し始めて、そのときに600ドル以上したため、泣く泣く諦めた経緯があります。
何と言っても狭額縁でスッキリとしたiPhoneパクリなデザインが心を打ちます。センサーキーなところもポイント高いですね。
これに関しては、S820/821搭載機種でちょうどいいサイズのものが今ないので、ちょっと検討中です。(LePro3あたりと比較中)

ZenWatch3(ASUS)
時期が遅かったかなあ。正直Fossil Q Founderがむちゃくちゃ値下げした時に発売されて、その時期に出たのでいまいち感がありましたね。
どうなんだろ、欲しいんだけど、Android Wear増えすぎる一方で、いまいちMi Bandほど使ってない印象があって、ちょっと大金叩く勇気はないですね。
でも円形のスマートウォッチはちょっと欲しいです。

ThinkPad X1 Carbon 4th Gen(Lenovo)
正直なところ、2nd GenのX1 Carbonは癖が強すぎるのと、いい加減プロトタイプということでなんか苦しめられているので、希望を言えばこれに買い替えをしたかったというのはある。だからといってMartain A8がだめなわけでもないので、そこのところはまあ割り切って使えばいいのかなと思います。
ただ、PCは結構いらない子が増えてしまっていてどうしたもんかなあといったところですな。いや一人でこんなに集めるなって話だけどw
今年は実家と自宅を行ったり来たりしてたので、特に下半期はPCの買い物が目立つ結果になりましたね。

トライアスロン マルチデバイス マウス M720(Logicool)
今年なんかやたらマウスを使う機会が増えまして、実は形が気に入っていたバッファローのレーザー式の5ボタンマウスがBlueLEDに変わってしまって、めちゃくちゃ使いづらい感じなのですよね。
というわけでM705tを買ったんですけど、使い勝手がいい反面、どうもUnifyingレシーバーへの煩わしさが出てしまったのと、自宅でトラックボールマウスM570tを使ってて、複数台マウスを使う環境ができてしまっているのが嫌いで、結果そんなにたくさんレシーバー買えないでしょ?ってのがあって、んじゃめんどくさいのでM720でBluetoothとUnifylingで接続してやろうという野望があります。
ただ、どっちかというとグラフィックやるわけでもないし、特に問題なければ圧倒的にUnifying接続のが安定するし、あとはワイヤードマウスでいいんじゃね感はありますね。
ちなみに、レーザーにこだわる理由ですが、自宅でレーザー式じゃないと、マウスパット兼片付けボックスのリッツ非常用缶で認識が悪い致命的な問題があるためです。



割と数は少ないですけど、なんとなく残念感がありますね。
ThinkPadなんかは買えないレベルでしょうけど、手の届かないレベルではないんですよね。
必要にもうちょい迫られると一つぐらいは買ったのかもしれませんけど、まあ、これも時の運というものですね。


来年こそ、無駄遣いはしないぞw







おしまい

[PR]

by aru32to | 2016-12-31 16:37 | 雑談

2016年が終わる前に書いておきたい個人的なデジタルガジェット界隈の話題

2016年ねえ、なんかあった?


今回は、ブロガーとしての俺の感じる、今年のデジタルガジェット界隈の話題に触れつつ、思いっきり個人主観とひがみをぶちまえる回です。読まなくていいっす。


1.バザップまで中華スマホ...海外通販サイトに侵食されたガジェット界

いわゆるCB乞食が狙う次なるターゲットとして挙げられたのが、中華スマホの転売だったわけです。
今年もコストパフォーマンスを度返しするような機種が次々と作られ、2chなどでは中国メーカーの専用スレが次々と立つ、中華スマホ特需に近い状態になっています。
AXON7やZenfone3 Deluxe、Moto ZなどのハイエンドSIMフリーが出てきた後半でこそ失速気味にはなりましたが、それでも今なおZUK Z2、LeECO LeMAX2、Xiaomi mi5の御三家のコストパフォーマンスには追随できるモデルがないという状況が続いています。円安傾向が進んでも今後そこまで大きく変わることはないでしょうね。

で、それとともに俺自身が問題とするのは、いわゆる海外通販サイトのサンプル貸与です。腹を痛めず、3日ぐらいの中でスラスラっと感想を書き上げる。いやサンプル提供というのはそういうものではありますが、アフィリエイトたくさんのブロガーさんがそれを多々行うようになったことで、それまである程度情報まで容易にたどり着くことができたのが、今現在ではテンプレのように同じことしか書かず、全く調べる方は無益であるという問題が起こっているのではないかと個人的に感じています。
嘘とはいいませんが、受け取り手がいる、書いている人間の責任が問われないという世界において、これほど利益優先で文章を書く事自体が、嘘くさく捉えられてしまうことを少し考えてほしいと思っています。
また、バザップやSMAXなど、中華スマホを取り扱う大手サイトにも、個人的には自粛と大きなリスクがあるということをしっかり明記した上で、こんな面白いものがあるという紹介をしなきゃいけないと思いますね。
特にバザップには、ブログまとめサイトあたりの情報を引っ張るのではなく、実機を触った上での紹介を徹底してほしいです。今の内容では個人ブログでもそうそうお目にかかれないレベルの低い記事で、しかも読者の勘違いを生み出す内容が非常に多いと個人的には感じています。

自身でもレビューブログならびに10月ぐらいまではここのblogでもレビューの掲載をしていますが、以前のように数百PVを1日で出ることはなく、だいたい2桁の後半程度まで下がってきてることを考えると、まあ、自分勝手なことをかける反面、自腹を切って書く情報まで求められてないのなという、今の風潮に疑問を感じますね。

このように、海外輸入というもともとリスク承知でやらなければいけないものを、お手軽に紹介してかんたんですよってのは、FXとか株式とか金とか、なんか儲け話に似てて非常に嫌気がさします。
書いている自身としては、「みなさんオススメしませんけどこういう商品なんです」ってレベルなのに、今のデジタルガジェットの文章は、ためらいなくこれを買えばなんでもできるみたいな書き方してる。レベルが非常に低くなってることにもっと危惧すべきだと思います。


2.もうDSDSやDSDAなんて使わないし。

正直、便利だった試しがありませんでした。
Dual Sim Dual StandbyやDual Sim Dual Activeという意味の言葉ですが、そもさん通話用SIMと通信用SIMに分けて、全体的な料金を下げたいです的なユーザーが潜在的にいるだろうと、日本国内でもそこそこ対応端末が発売されています。が、個人的にこれ何のためにやるのか、結構元も子もない感じがあります。
これ、例えばGSMとLTEを使うためとかで海外では割とカジュアルなことなんですが、通話は2G、通信は4Gという完全に分離された世界だから、そういう需要があるということがあまり考慮されていません。
変わって日本では基本3G+4G。通話だってそこそこ値段するというのに、通信代だけ下がってもあんまり意味がないという問題点があります。
で、さらに言ってしまうと、基本IP通話になりつつあるじゃないですか。よほどのことがない限りSkypeでもLINEで事足りる方が日本では非常に多いんです。最近メアドはいらないからLINEアカウント教えてと言われる方が多いですが、正直俺LINEは未だに信用していない(仕事のケータイに仕方なく入れてるけど)ので、そこはどうなのかなあ?と思うこと多々。
結果、通話用SIMいる?番号保持とかで常時必要ならガラケでもよくね?とか2台持ち以上のメリットが見いだせず、俺はDSDS端末は早々になくなってしまいました。
1台はXPERIA XZですが、もう1台はNexus6だったりLeTV MAXだったり、あとは会社のiPhoneがありますから、毎日ほぼ3台です。でも煩わしさはないですからね。
俺みたいにキャリアごとの通信状態を確認したいとか、そういうマメに切り替える必要性のある用途でない限りはもう無意味なんですよねこの機能。一定数こだわる理由もわからないでもないですが、なんでそこまで節約したいのかがよくわからないです。そこそこ値段しますけど、VoLTEいいですよ?w


3.MVNOが狙ったミドルゾーンは利用者不在のゾーンになってないか?

事実上、ワイモバイルとUQ mobileの不毛な戦いとなっているミドルゾーン。1980円とはいえ、通話+パケット+端末の2年縛りじゃあ、キャリアと何が違うのか?という話になっても仕方ないです。そもそも1980円で2年使えず、1年後には2980円になるんです。この時点で相当問題だと思うんですけど、あれなんで色々介入しないの?
まあ、それもそうなんですけど、下には下がりきったせいか、大容量のプランが次々と出てきて、20GBあたりまでラインナップに加わることになりました。
本末転倒なんですよね。そもそもの発端って通信費が高いとかそういう理由から始まって、それじゃあキャリアが今度は通話代を固定で取ろうって話になって、そこにつくパケットパックが高いから、んじゃ2台持ちとかそういう理由だったはずなのに、パケット大量に使うプランで大差ない料金を払うようになったら、めんどいからキャリアのパケットパックでいいんじゃねって話に集約すると思うんですよね。契約期間もデータであれば1ヶ月とかで良かったはずが、なんか面倒なことになってるケースもあったりしますしね。

単なるキャリアの頭数稼ぎのサブブランド戦略に文句をいうつもりはないですが、とにかく契約期間がどうとかいうなら、土管屋に徹するべきだと思うんですよね。


4.端末価格の最適化?はどこまで行っても進まない

料金を安くする代わりに、という話だったはずの端末料金の最適化。まあお役所の決めたことだけど、訳の分からない状況になっていて、やはり利用者不在の論議となっています。
シャープやら富士通やらが「助けて!端末が売れないの!」ぐらいの話で始まってるせいか、SIMロックの話とともにキャリアは一向に通信費を下げて、端末を定価で売る姿勢が見えてきません。
というかね、1年で機種変できる代わりにキャリアに毎月お金払ってくださいってのはどうなのよ?って思うし、あるいは強制1年端末を使わせるように縛るキャリアもどうなのよ?って思うわけです。
そもさん自分たちは不利益にならないように、月サポと端末購入サポートの一人あたりの上限台数を4台までにしてたりとか、そういうバカなことばかりやってたりする時点でどうなのか?と思います。
買う方の問題もそろそろ定義しなきゃいけない。MVNOも豊富にあるし、別にキャリアのサービスがなくても困らない時代になってきました。端末なんてバカバカたくさん買うものじゃないんだから、もうキャリア側も割り切って、分割せずに一括オンリーにしてしまうほうが、将来的な日本のモバイル業界を健全化できるんじゃないかと思えないんですかね。
俺は自由競争大いに結構で、富士通やらシャープやらは別に安い端末だけを作るメーカーになってもいいと思うんです。だって、分かる人には値段相応の価値があるわけですしね。
ドコモのMONO MO-01Jという新たな方向性、あれはなんか言い訳じみたことを延々ドコモは書いていますけど、取り組みは立派だと思うんですよね。分割で買わせる方向なのが間違ってるだけでw
いやあ、XPERIA XZの本体価格とか見て、一瞬でも「ああ、これは一括で売る気あるんだな」って思わせただけでも俺は今年評価しているんですが、レビューで書いたとおりそのあと端末購入サポート入りしてしまい、やっぱり日本では分割制度が根強いんだなと思いました。これは自業自得だからしょうがないよね。

別に海外製が全ていいとはいいませんが、質の高い、価格相応のSIMフリー端末が市場に溢れたとき、キャリアは今以上におかしな行動に出ると思うんです。利用者不在の利用者を盾にしたサービスなどすっぱりやめて、定価で端末を平等に売る、そしてメーカーは買い替えを促せるだけのいい端末を、専念して今は作るべきときだと思います。


あといい加減AppleはiPhoneをSIMフリーだけで販売するほうに専念したほうがいいと思う。
今のiPhone7にもうちょい魅力があればいいんだけど、あまりに守りに入りすぎて埋没しています。コンテンツ・サービスでも全世界的に厳しくなってきてるのに、一つの国の市場にあまりに介入した仕様を作るだけのリスクを知っているメーカーだけに、そのへんにも疑問を感じますね。


まとめ、本当に誰でもわかるかんたんなデジタルガジェット界隈へ

我々ミクロな存在がそれを指摘しないで、どこから問題が表面化するという話ですが。
もうなんだろね、blogを3つに分けた理由の通り、アクセス数をある程度持ってしまうと、その怖さで記事がかけなくなるとかそういうジレンマに陥るんですよ。
で、こういう怖いことをある程度のアクセス数があるところに載せて、そのうちの100分の1の人ぐらいはそう思ってくれれば、俺は満足かなあと思ったりしています。
今のデジタルガジェット界隈は、品がなく、どこまで行ってもお金しかない世界で、本当にウンザリします。
品行方正になれとは言いませんが、少し自分たちのお金の話を忘れて、本当に社会に寄与できるような提案をしてみたらいかがかなと思ってしまいますね。景気が悪くなると馬鹿でも知恵をつけないとダメなんですけど、どうもマクロな人たちが知恵ではなく金を優先するせいで、どんどん先細りになってしまうことです。
その流れ、ミクロなところまで押し寄せてきても、俺はブロガーやる限りは、ちゃんと売上に貢献して、色々書きたいことだけ書いていこうかなあと思っています。


あ、書き忘れてたけど、今年、そんなに胸躍るようなガジェットはなかったです。修理したX1 Carbonぐらいで。







おしまい

[PR]

by aru32to | 2016-12-25 16:36 | 雑談

なんか新型MacBookProがすごくね?(給電的に)

新型のMacBook Proが発表されたんですって。
まあ、もうそもさんCore i7搭載したり、BootCampが使えたりする時点でMacBookは半分ぐらいWindows機ではありますが、それでもハイエンドノートPCが少なくなった世の中で、これだけ尖った製品を出せるのがappleらしいというか。

んで、今回注目すべきはTouch Barではありません。そんなもんThinkPad X1 Carbon 2nd Genで大半の機能はやっています。
USB type-C/Thunderbolt3ポート(4ポート)という割り切ったポート構成です。これって実はノートPCの制約どころか、デジタルデバイスそのものの制約を打ち破るための構成ですよね。

現行のMacBook最大の問題点は、ACアダプター含め、USB type-Cを1ポートでやりくりするという、利用者には相当難易度が高いデバイスに仕上がったことです。
確かにACアダプターの機能まですべてを1ポートに収めるというのは並大抵のことではないですが、1ポート=挿しっぱなしが出来ないという点がそれ以上にマイナスです。bluetoothがこれだけ普及したって、マウスは未だ優先のUSBで9割以上の人は事足りてしまう現実を考えれば、type-Cをもう1ポート、あわよくば普通のUSBを1ポートと思っているユーザーもいるんじゃないかと思いますね。
これはそのあと、iPhone7でイヤホンジャックをなくして、Lightningに統一した際にも起こった現象です。
デザインにこだわり続けるappleがレガシーデバイスを捨てるときは、大抵見た目が美しくなくなります。実用レベルで変換コネクタが標準化されたデバイスなど、工業製品としては考えちゃうレベルですね。

やはりそこんところMBPでは改善してきました。
それどころか4つ、すべて同じ動作ができるtype-Cポートをスペース的に実装してしまったことで、(既存USBが使えないという重大な問題はあるにしても)空いているポートで給電できるという大きなメリットが生まれました。
これの何がすごいって、据え置きにしろ、持ち運びにしろ、ACアダプターの位置が左右自由にできるので、例えばマカーが好きなスタバのコンセントが右側だったとしても、右側のポートにACを指せば取り回しを考える必要がなくなります。割とビジネスホテルやマックなど、給電位置は1周回ってまちまちになってきたので、そういう点でこの仕様は非常にユーザービリティなのかなと思ってしまいますね。
まあ、あわよくばやはり普通のUSBは欲しい気がしますけど、かっこ悪い変換コネクタを常時指していても、まさか4つ同時に挿すことはないかなと思うので、そこを考慮はして評価したいです。


この考え方、そろそろ中国のタブレットPCや無駄な据え置きノートなんかでも出来なくはないはずなんですけど、まあコネクターをUSB PD化するのがどうしようもなく難しいんじゃないかという気がします。(Cube i9では、結構出力の高いtype-Cコネクターで給電が出来ない感じなので)


もう一つ面白いだろうなと思うのは、この話も最近だったっけか。
そういった意味でLenovo、NEC、富士通のACアダプターが今後共通化し、おそらくパナソニックやVAIOはtype-C側の給電になるでしょうから、近い将来、日本ではACアダプターが2つぐらいで統一できるのかもしれないという夢物語を描けるような気もしないでもないというね。これは地味に大きいと思います。



まあ、とは言え、LANパーティやるようなノートPCはいつまでもACアダプターなんだろうなと思いつつ。


おしまい

[PR]

by aru32to | 2016-10-28 20:15 | 雑談

ライブドアブログに引っ越しだけしてみた

というわけで、fc2を経由し、本命はライブドアブログだったというね。


いや、特になんかあるわけじゃないです。
特に使い分けるわけではないですが、徐々に3つの方向性を変えていくようにはちょっと考えています。(fc2がほぼ日常の愚痴とかになりかねないがw)



おしまい

[PR]

by aru32to | 2016-09-26 23:29 | 雑談