海外からスマホを買うのはどこがいいのだろう的な


久々、役に立つかもしれない小話をば。
今回は、使ったことのある海外通販サイトのおおよその特徴と、注意点を書いておきます。


そもそも、どれぐらいお金がかかるものなのか?

あんまりインチキ書けないけど、こんな感じです。

商品代金+送料+輸入消費税((商品代金+送料)*0.7)*0.08 = トータルコスト

ちなみに輸入消費税を別途分けたのは、国内に入ってきた時にあらためて払うためで、DHLやヤマト運輸などに受け取り時に払う金額です。
運送会社が前払いをしてくれているので、これは必要経費だと思ってください。

なお、輸入にかかる消費税の割合70%は実際もうちょっと低い可能性(正式には60%と言われております)がありますが、過去に買い物した時の数値を個人的におおよそ算出するとこんなぐらいだったので、一応こんなもんかなと思ってます。

あと、為替レート変動と決済日による価格の違いや、Paypal手数料なども考慮すると、もう10%ぐらいは上乗せされてもおかしくはないですね。


支払いは何が使えるのか?

基本はPaypal、もしくはクレジットカードです。au Walletやプリペイド式クレジットカードでも大丈夫。VISAかMasterならまず問題ないでしょう。JCBは100%アウトなのでそこんところは注意が必要です。
消費税は現金のみとなりますので、到着時に現金を準備しておく必要があります。


配送方法はどんな感じ?

特に表記がない限りは国際郵便物として送られてくることが多いようです。普通の郵便配達で来ますが、国際郵便物の場合は本人受取が必須となるので注意。
有料サービスとなりますが、DHLやFedEx、EMSがあればそちらのほうが安心で早い場合があります。
EMSはまあ問題ないんですけど、DHLは営業所から30キロ圏内にない場合は別の配送業者に渡されるため、さらに別料金がかかります。FedExはおそらく最初から高い値段を請求されますが、DHLのような二段料金にはならないので、そこは安心出来ます。
なお、DHLとFedExは、大半の場合下請けの配送業者となるため、乱雑に扱われる可能性もあることを覚悟してください。
特殊な例では、ヤマト運輸が使えるサイトもあります。


具体的サイト名を上げてみる

それでは、ここからはおそらくメジャーなガジェット通販サイトの個人的感想です。

EXPANSYS
ご存知海外ガジェット通販としては珍しい日本語対応、日本人スタッフがいるショップです。
価格は若干高めなのですが、ヤマト運輸が利用できるため、約1週間で手元まで届くというスピードの速さが特徴です。
また、上記のおかげでサポートもそこそこ対応してくれるので、最初にやってみるにはちょうどいいショップだと思います。

1ShopMobile
こちらも台湾をベースとしたショップですが、北米版のスマホなども扱っています。
価格はおおよそ現地価格に若干割高な手数料程度。法外ではないので、まあ問題ないレベル。
支払いにアメリカアマゾンのAmazon Paymentが使えるなど、支払い方法を選べば無駄な手数料がないのも魅力。
注意点として、本当に新品か?というものもあるらしいです。XPERIAを2回買ってるけど当たったことはないなあ。

Oppomart
メーカーはかなり絞られますが、こちらも広い範囲のスマホを扱っています。
価格は割安なのですが、確実に届くDHLなどが利用されることもあって、送料が非常に高いという難点(30ドル以上)があります。
あと、とりあえずプレスリリースされると予約ラインナップに加えるのですが、現実には入手出来ないという残念なメールが来ることも。
それどころか放置プレイもよくあります。Paypalで支払い出来るのが救いですね。

honorbuy
同様にメジャーな中華スマホのみを扱っているショップです。
こちらは価格もそこそこで、配送方法も幾つか選択出来ます。在庫さえあればDHLなどで3営業日ぐらいで届いてしまうこともありました。
入荷スピードが早いわけでもないので、やや動向が落ち着いてから利用するのがベター。
いわゆるショップROMが入っていないバージョンが送られてくることが多いので、個人的に好感が持てます。

GearBest
ご存知中華ガジェット好きなら一度は買っているショップです。
価格はそれなりに安く、GBポイントなどの還元もあり、使い勝手もそこそこいいです。
日本向けに「JAPAN Via Priority Line」という配送方法も行っており、少額で速く送ってくれます。
一方で、梱包などにたまに問題があったりして、ガラスフィルムが割れているなどあったりします。
あと、結構担当者がゴネてキャンセルまでうまく行かなかったりしてPaypalキャンセルでやっと応じるなど、融通がきかない一面も。

Banggood
いわゆる価格で勝負系のショップです。
価格は安いのですが、元箱から専用ボックスに付属品を詰めて送ってくるなど、商品価値を下げてしまう行為が多いのがマイナスです。
また、出荷完了の連絡が延々と来ないことがあり、手元に商品あるのに出荷予定というようなことが一度ありました。
個人的には二度と買わないお店だと思いますが、値段の面で見どころはありますので、とにかくどんな状態でも商品が欲しいというのであれば、どうぞ。

AliExpress
ショッピングモールサイト的でショップではありませんが、参考までに。
大体の出店サイトで到着まで3週間前後かかりますが、商品を受け取ってからショップに入金される仕組みとあって、あんまり怠慢なところはありません。
あと、必ずどのショップも個人連絡で「星5個付けてね」的なやり取りが来ますが、星5個付けるとそのうちクーポンが来たりとか、それなりにメリットはあります。
Paypalが使用できないので、必然的にクレカ登録などが必要な面はありますので、若干不安な点もあります。


サポート、初期不良などの対応の面は?
まず、まっとうにサポートは受けられません。正直なところ、不良品を当ててもお前のせいという感じで、受付すら応じないこともあります。
あとはEMSで返品をしても、100%返金は絶対せず70%ぐらいなので、その点はどうなのという感じですね。
GearBestなんかは返品しなくていいからポイントをあげる。それで手を打たないか?という対応をよくします。転売してるだけだから返品されても困るんでしょうね。
早くても3ヶ月程度かかるとも言われており、時間がかかりすぎてめんどくさいので、その点は覚悟しといたほうがいいかもしれません。


番外1、Amazonという選択肢
ハードルを下げるという意味ではアマゾンのPrime対応ショップで買ってしまうのが一番手っ取り早いでしょう。
不良返品なども可能ですし、何よりほぼ翌日には商品が来ているというのは一番メリットです。
割高感は否めないですが、5000円ぐらいなら送料と消費税でペイだと考えてもまあ悪くないレベルです。

番外2、実店舗という選択肢
さらに近辺にじゃんぱらやイオシスなどがある場合は、実店舗で購入してしまうという高難度かつ潤沢な資金力で解決する方法があります。
じゃんぱらは中古、イオシスはバイヤーの良し悪しによるとは思いますが、メジャーなスマホならほぼ100%入荷するので、ある意味一番確実とも言えます。
価格は、まあVIP価格ですので、真面目に潤沢な資金力を持っていない限り価値に見合わないと思います。
IYH!的なノリとかまで使わない限り、俺には出来ないかなあ...


まとめ
ハードルは下がったとは言え、やはり今でもかなり不安な要素は多く、コレジャナイって話になるとまためんどくさい。何より、カタログスペックだけで商品を選ぶというのは怖さがあります。ぶっちゃけ人柱側の人間としては、他人のレビューは当てにならないとかで買ってますけど、正直リスクを犯してまで所持したいと思ったデジタルガジェットって結構少ないのかなあと思ったりしています。
あと、これは個人論ではありますが、性能比でXiaomiやLeECOの商品を買っても、ショップROMが入ってることが多く、ただ使うだけだとアップグレードパスがないのも個人的にマイナスなんですよね。ハイスペックモデルほどOSバージョンなどで動作に違いが出てくる可能性もありますし、何より日本語化が簡単とか、ROMの入れ替えが簡単とかあっても、基本Android Studioをインストールした上で、コマンドラインを叩く作業は改造なわけで、そこの数%のリスクに勝てない感じです。
届くまで相当やきもきすることもあり、精神衛生上よろしくない感じもあります。

個人的には日本で売ってるモノで苦しいことになるのは、下調べをせずに買った時ぐらいだと思うので、指名買いでもない限り海外から個人輸入するメリットはそれほどないのかなあと思います。
やっぱり結論づけとしては、個人責任で下調べを十分した上で、遊びレベルの値段のモノを買って、1台潰してもいいぐらいの覚悟を持つのが、海外デジタルガジェットを買う基本でいいんじゃないかなと思います。



おしまい

[PR]

by aru32to | 2017-05-21 12:19 | 雑談