公式が出さないのでデレステの推奨スペックを勝手に出してみた

(2016/01/17、その1をエントリー。)
(2016/04/06、その2もエントリー。)
(2016/11/29、その3もエントリー。)
(2017/08/11、その4もエントリー。)
(2016/07/11、メインメモリに関する推測をまとめてみた【動画あり】)




---2017/07/29 3Dリッチモードを踏まえ、ランク見直し及び最新のSoCなど数種類の記述を追記しました---

ちゃんと見てるよ。

b0237530_01051673.png

全面的に文章の修正などを行いました。
現状のお話も踏まえつつ、参考になると幸いです。

今回は公式が全く更新しないので、Android版のデレステの推奨スペックを書き連ねる回です。
(とりあえず今後のアップデートで解消されることを願いつつ、2017/07/29現在の状態です)

とりあえず、カタログをもらってきて、CPUとかの欄に書かれているものと一致するところをご覧ください。

ちなみにテスト条件を載せないのもアレだったので、今後はレギュレーションを決めて主観的な判断で確認していきます。

MV対象曲:Yes! Party Time!!
衣装:パーティタイムゴールド

3Dリッチの環境
観客シルエット:ON
解像度設定:高画質
歌詞表示:ON
紙吹雪:ON
60fps
映像フィルタ:ノーマル 

3D標準の環境
歌詞表示:ON
紙吹雪:ON
60fps
映像フィルタ:ノーマル 

以上の環境で動作確認をしています。
なお、スマホのスペック(解像度やメモリ容量など)で若干の差異が発生することを予め考慮の上、参考にしてください。

1.スペック対応し切っていない可能性の高いSoC

Exynos 8890(Mali-T880MP12)
Helio X30(PowerVR 7XT)
Snapdragon 660(Adreno 512)

以上のSoCに関してはグラフィック最適化がされていないため、解像度やエフェクト、3Dオブジェクトに支障がある可能性があります。
Exynos8890に関しては、情報がほぼないため、実際どうなのかというのがわからないというのが正しいです。ただ、Helio X20以上のMali-T880が対応した以上、なんとなくそこそこ動きそうな気はする。
S660はすでに実機が出ているのですが、まだS835搭載機並の価格のため、テストが出来ない状態です。3Dスコアを見る限りでは3のカテゴリーだとは思いますが、KyroコアとAdreno512が思った以上にベンチマークスコアが高いので、ギリギリ2のカテゴリーにも入りそうな勢いではあります。
そしてiPhoneでおなじみPowerVRシリーズ。久々登場ですが、こっちもiPhoneが対応してる以上は、多分対応すると思うんですよね。まあ、搭載端末が今後日本で販売されるとしてもKIWAMI3とかまで待つことになると思われます。Helio X30は期待できる気がする。
いずれ手を付けたいとは思うのですが、個人的に価格にアドバンテージが見いだせない限りHelio系のテストはおいそれと出来ないです。

ちなみに、2Dで黙々と音ゲーするなら全く問題ないレベルです。

2.3Dリッチでフルエフェクトを掛けてなんとかMV観賞を楽しめるSoC

Snapdragon 835 (Adreno 540)
Snapdragon 821 (Adreno 530)
Snapdragon 820 (Adreno 530)
Snapdragon 810(Adreno 430)※LeTV LeMAXのみ

特にキャラアップのエフェクトで顕著なフレーム落ちは、現状でAndroid最強のS835ですら起こります。
推測の域を出ませんが、S820以降はSoCが常時可変クロックに近いため、常時フルクロックで動作するような環境をつくれば、フレーム落ちなく視聴出来るレベルではあります。
S810に関しては事情が特殊で、常時フルクロックでもスロットリングが起きない可能性の高いLeMAXのみ対象となります。
ちなみに2Dプレイという観点で言うと、まだS821/S820のほうがどうも快適な気がしているので、S835に関しては今後のバージョンアップでの最適化が進むんじゃないかと思います。(LG V20Proのほうがnubia Z17よりタイミングなどの観点でズレが少ない)

3.現状、おおよそのことがない限りはMV鑑賞も十分なSoC

Snapdragon 810(Adreno 430)
Snapdragon 805(Adreno 420)
Kirin 960(Mali-G71)
Exynos 8895(Mali-G71MP20)

Exynos8895は公式が3Dリッチのテストで使用しているモデルですが、Adrenoとの動作比較でここに入れておきました。
いずれも3Dリッチの選択は可能ですが、フレーム落ちが上記SoCより多いため、別カテゴリーとしました。
機種固有の問題がなければおおよそは問題ないレベルです。デレステをやってMVを結構見る、もしくは3D標準でやっちゃう方には向いています。
若干Exynos/Kirin機種は劣ると思いますが、発熱が少なく安定して遊べる点ではS810より上なんですよね。この辺をどう考えるかで甲乙付けがたいですね。
少々フレームは落ちますが、S805でもなんとか3DリッチでMV見ることは可能です。個人的にはここまでがギリギリかな。

4.たまにMV見るけど基本は2Dで音ゲーするには困らないSoC

Exynos 7420(Mali-T760MP8)
Exynos 5433(Mali-T760MP8)
Snapdragon 801(Adreno 330)
Snapdragon 800(Adreno 330)
Snapdragon 808(Adreno 418)
Snapdragon 652/650(Adreno 510)
Snapdragon 625(Adreno 506)

この辺りから3D表示が若干怪しくなってくる感じです。3Dリッチでは常時フレーム落ちに近い状況となりますので、素直に3D標準で見ることをオススメしたいです。
それほど心配するレベルではないんですが、3Dエフェクトなどがかかった場合、処理落ちが激しく起こるなどの問題も出てきます。MVをたまに見る感じで、通常は2Dで遊ぶのが妥当なラインです。ただしS800はクロック的に低め(といっても2.2GHzもあるんだが)なので、処理などでも若干の問題は起こるかもしれまん。
S808に関してはさらに若干劣る感じで、3DのMVを見るには30fpsが妥当ではないかという感じです。最新機種に搭載されるには少々役不足感は否めないです。
なお、ネットの情報を確認する限りでは、このカテゴリーでは3Dリッチの選択が出来ない機種があるとの報告もありますし、最初は動作可能だったモデルも7月のバージョンアップで選択不可となった、あるいは今後その可能性もあるので、そこをどう考えるかという感じです。

5.淡々とスコアボードと戦うレベルのSoC

Helio X20/23/25/27(Mali-T880MP4)
Snapdragon 600(Adreno 320)
Snapdragon S4 Pro(Adreno 320)
Helio X10(Power VR G6200)
Snapdragon 615(Adreno 405)
Snapdragon 617(Adreno 405)

この辺では3Dリッチがおまけ程度で選択可能と考えてください。
上3つは4のクラスに入るレベルだけど微妙に辛いのでこっちに入れましたけど、実質的にS800とそれほど変わらないので、3D標準でMVなんかをたまに見る分にはそこまで不満は出ないはずです。3Dリッチは選択不可な機種が多いので、そこは覚悟してください。
ハイエンドクラスは2013年ぐらいのモデルからクアッドコア化しているので、中古でバッテリーを気にせず遊ぶような使い方にはいいかもしれないです。

下の3つでもHelio X10とS615/617は相当差が大きいですが、上位に比べると有象無象でコマ落ちなどもするし、S615に関しては3DMVは相当ギリギリな線なので、デレステで遊ぶなら少なくとも選んではいけません。
廉価帯スマホはこの範疇なのが多いので、デレステを多少なりともやるのであれば無理はしてちょっといいのを買うべきだと思います。

6.ハナからデレステやらないSoC

Snapdragon 430 (Adreno 505)
Snapdragon 410 (Adreno 306)
Snapdragon 400 (Adreno 305)
MTK6753 (Mali-T720)

現状のAndroidでは全く問題ないのですが、ゲームで遊んだり、動画を見たり、キレイな写真を撮ったりすることはあまり出来ないクラスのスマホです。
正直なところ、これを買うのは1万ぐらいまでとかなんだろうけど、国内メーカーは強気の値段設定で販売しています。
まあスクフェスみたいに2Dで確かに遊べるんだけど、3Dはまるで駄目。何しろ譜面なんかもエフェクトついてるとタイミング調整などが必要になりかねないという点で、S615よりはるかに劣ります。
MTKなどMediaTekのMali-T700系であれば多少はなんとかなるかもしれませんが、CPU側も非力なので、いずれにしても3Dは絶望的、2Dもやや厳し目と考えるのが妥当だと思います。

7.入手困難なので許してほしいSoC

Atom系全般(HD Graphic/PowerVR系)
Tegra4/K1(GeForce)
Surge S1(Mali-T860)
AllWinnerやRockChipなどの中華チップ

マジ勘弁してください。


まとめ 腕を磨いた上で、課金するぐらいなら一番いいスマホを買うべき、その上で課金

3Dリッチという、ある意味スマホの限界に挑戦してる感はベンチマークユーザーにとっても一つの指針として考えていいんじゃないかと思います。
最近はまんべんなく大抵のSoCに対応して来てるということで、以前よりは敷居は低いです。
ただ、少なくともS600やS800でパフォーマンス不足が起こるレベルに到達したのは間違いない事実なので、該当ユーザーはそろそろ買い替えも考えていいと思います。
近い将来、Android4.4まではアプリ自体のサポートを打ち切られると思うので、できれば現状で6世代のOSがプリインストールされてるモデルが好ましいですね。

コストパフォーマンスだけでいえばS820搭載スマホが一番無難でしょうね。国内でも3万円台から中古が買えますしね。
真面目な話、快適に動作するスマホじゃないと腕も上達しないし、デッキ性能が良くてもスマホの挙動で得点が左右するのがこの手の音ゲーの鉄則なので、課金を我慢してでも最初にいい機種を買って、その上で課金をしないと、せっかくのお金が無駄になってしまいますよね。

SoC選びも重要ですけど、端末のホールド感なども重要な要素なので、カタログスペックとにらめっこしたり、実機を持ってみたりして、個々にあったサイズのスマホを探すところから始めるのがベストですね。

あと、F-03FからDM-02Hに機種変更した知り合い曰く、DM-02HよりF-03Fのほうが快適ということで、そうなると体感できるレベルで言えばS800>S430なのはある意味事実かなと。

ちなみに事務所作りは相当非力でもそこそこ動いてしまうので、2Dプロデューサーでも十分楽しめます。
箱庭ゲー好きで自分のぷちでれらがウロウロしてるのを見るので十分なら、S410でも大丈夫かなあと思います。






とりあえずこの見解、おしまい

[PR]

by aru32to | 2017-07-29 03:10 | デレステ動作環境確認