「スマホにマナーを」から「スマホにルールを」にされる前に出来ること

当blog封印作品の一つです。実は2年ぐらい書いては直してを繰り返していました。
これを書いたら、正直このblogの価値とか内容とか、そういうものが全否定されるんですが、現状のものを公開することにしました。

今から書いてある内容はスマホマナーに関するものすごいエゴイズムな文なので、共感出来ない人はそういうものだと思ってください。試しに読もうかなと思っていただけたら、続きをクリックしてください。



このblogではさんざんスマホを煽ってきましたけど、正直な話、タブーなところに踏み込んで文を書いてみようかと思います。

スマホのマナーって、おおっぴらに結構色んな所に貼ってあるんだけど、なぜ「迷惑」なのか、なぜ「危ない」のか、というのは割とぼやけて出していませんか?という話です。
AC JAPANがせっかく有村架純を使っていたCMも年またぎで面白くないCMに差し替わったし(これは事務所側との契約期間の問題だけど)、ACのCMを見る機会も減って、スマホの普及率を上げるためにマナーは二の次になっていないか?という話です。

自分への戒めも込めて、ちょっと考察をしていきましょう。
(注:ここからの文章は厨二病的な文が含まれますが、書いている時のライブ感と感情を優先してそのまま掲載します。生暖かい目で読んでください。)

なぜ「危ない」のか?

危ない理由を書いておきましょう。
  • 聴覚的な要因
  • 視覚的な要因
  • 状況判断による要因

聴覚的な要因としては、外部の音が聞こえないことによる、危険の察知が出来ない、または著しく察知能力が低くなるということにあります。
イヤホンのマナーは今になって始まったことではないですが、例えば予め周囲の音を聞いていれば回避できる危険なんかは世の中にいくらでもあります。自転車でのイヤホン禁止なんて、まさにこれなんですよね。
あと音量の出しすぎで難聴になってしまうという、自分へのデメリットもあります。

視覚的な要因としては、前を向かないことへの危険、スマホ画面への集中による周囲の視覚察知能力が低下することにあります。
一番典型的な「スマホにマナーを」の案内によくあり、最も死に近いであろう問題です。子供がスマホに夢中になりすぎて電車に轢かれるなんて話もありましたが、これもスマホを使わなければ助かったわけです。
視野が狭くなれば判断力も低下しますし、とっさの出来事に焦点が合わず、ポカーンとしてしまうことだってあるかもしれません。
一方で、不注意により盗難被害とかに会うケースだってありえます。もしかしたらスマホより大事なものを盗まれるかもしれないですよ。(あなたの心ではない)

状況判断による要因とは、スマホを使っていたことによって、別に起こった状況の判断が効かなくなるということにあります。
よく電話中にメモを取ろうとして、かばんの中身をぶちまけてるサラリーマンを見かけたりしましたけど、今はかばんの中身が落ちてもスマホに集中して、周りに言われても全く気づかないというような方もちらほら見受けられます。
周りの出来事がさっぱりわからない状態となり、実は手荷物だったり、スマホを持つ手だったり、イヤホンケーブルだったりが他人に対して迷惑行為、もっと言えば人殺しに繋がる行為となるわけです。
例えば、駅のホームで子連れの親子がいて、子供に目を配らずスマホばっかりいじってる若いお母様とかいらっしゃいますよね。とっさに子供をかばうことが出来ず、結果として怪我ならばまだいいですが、子供を殺してしまうということも十分起こりうる可能性はあるんですね。事故で死ぬのではなく、スマホをいじってたお母様が殺してしまうのです。立派な殺人ですよ。(2015年頭で当時のAC JAPANの「スマホにマナーを」のCMのラストはこの状況になり、とっさに母親が子供に目を向ける。)

そういった方に限った言い訳ではないですけど、自分を棚上げして、「自分は大丈夫だと思ってた。」とか言うわけです。
言っちゃ悪いですが、一億総スマホ=一億総危険ぐらいの認識で生きてないと、様々な危機を回避出来ないということも考えてください。
(とはいえ、僕もイヤホンして歩いてたりすることがあったりするので、書いていて耳が痛いことではある、イヤホンだけに。)

なぜ「迷惑」なのか?

それじゃあ、なぜマナー止まりで済んでいるのか。それは単純にそういった法律なり、ルールがないからです。
ルールがない以上、マナーとして利用者の良心にまかせるという性善説的な解釈なんですね。

余談となるけど、僕は記者とかが、ボイスレコーダー代わりにスマホを置いておくというのが気に入らないです。
仮に報道に携わる人間なら、個人情報の塊みたいなものに、大衆が目にする耳にするであろう重要なデータを保存し、あたかも自分のものとして扱ってしまうその雑な感じに、今のマスコミの問題点があると思います。
これだって、自分を棚上げして、「自分は大丈夫だと思ってた。」というんです。記者なんてでっち上げだろうと真実だろうと記せばいいんですからね。
で、不利益なデータがあれば自分のスマホから消して、「そんなものはなかった」と言い張るわけですから、そういう観点で信用出来ないんです。高機能化も問題ですね。

軽くディスったところで、どこまでがマナーとして守るべきものなのか?というと、僕は公共のスペースで、何らかの迷惑行為とみなされるのがラインなのかなと思っています。

例え話が多くて申し訳ないですが、駅の階段の渋滞の先頭がお年寄りならしょうがないと思いますが、それがスマホをいじってパズドラやってる若いお兄ちゃんだと蹴り飛ばしたくなりませんか?
人同士が密着している電車の車内で、自分のスペースを確保してまでスマホをいじり、他人に背中を預けるようなおじさんやお姉さんが近くにいたら、イラッと来ませんか?
よく音量の出しすぎで、いらないノイズが聞こえてきますよね。人間は自分に必要のない音にはストレスを感じます。今に始まったことではないですが、これも当然迷惑行為です。

本人たちは、「スマホをいじる行為=パーソナル・スペースでの行為」と思っているんじゃないか、と思うわけです。先ほどのマスコミの話とも関連しますね。
スマホをいじっている自分は、何か不可侵な行為をしているという勘違いを起こしていると思うんですね。
確かに、パーソナルデータの塊とも言えるスマホなら、そんな考えに及ぶというのも分からなくもないとは思います。
(新聞だったり本だったりを読みながらとか、ガラケーならいじっててもいいだろうという方も昔に比べたら多くなっている気がしますし、世の中でもスマホほど文句が出ないとは思いますが、これだって迷惑行為ですから、節度を守って読んでほしいとは思います。)
これは風潮かなというのもあるんだけど、自分勝手=マイペースという考え方で置き換わると十分考えうることが出来ます。

でも、上の例え話で、あなたがいる場所はどこですか?家ではないですよね。公共の、しかもものすごく混雑した場所ですよね。
迷惑じゃない?じゃあ僕とあなたは多分歩み寄ること出来ないと思います。あなたには悪気が無いですもんね。なんでそれが悪いのかわからないですものね。
無論自分の価値観とか常識とかで僕は書いていますけど、それが他の方には非常識に映ることもあるでしょうし、「別にどうでもよくね?」と思われるかもしれません。
当然、いじっていることが悪いことか?という話にもなると思いますけど、それって水掛け論ですし、僕がこの考えを持っているように、おそらくそういう考え方しか出来ないでしょう。

実際僕はホーム上でスマホいじって早足で歩いている女性にぶつけられて、そのまま停車中の電車にぶつかったことがあります。(今思うと、電車が走っていなくて本当に良かったと思っています。)
混雑した電車の中で、潰されそうになってるドア付近で、他人は邪魔と言わんばかりにスマホをいじり始め、そのまま電車を降りる時までずっといじったまま。当然周りの空気は殺伐とします。
場所は忘れたけど、一度ガラガラの車内で立ってた時に、隣の人が降りると思ったら「邪魔」と言われたので、何かなと見たらスマホをいじったままで降りられないとか、そういう事にも遭遇したことがあります。
これらの方々に共通する点は、謝りもしないし、それどころか自分が正しいと思い込んでいるとも思える行為をしているというところです。普通、電車にぶつかれば気づくと思うんだけど、当事者は何処かへ行ってしまって、別の方に声をかけられるとかしてますからね。

一度身を持って体験してしまうと、「そんなことを自分が当事者として他人には出来ないよなあ」という遠慮とか、そういうのがマナーにつながったりすると思いますけどね。だから生き物ってのは経験が重要であって、その経験で学びますからね。

最近は、タブレットをその状況でいじる人たちも増え、ぶつかればものすごい殺気を出すような人ばかり。その前になぜその状況でタブレットを出して情報を得ようとするのか?という話です。
これらはマナーの部類では悪質だと思うんです。まあ、場の空気とか、流れとか、割にきれいに整うことを好む日本では、はみ出し者はカッコいいとかそういうイメージを持ったりする方もいますからね。邪魔だと思いつつ、生暖かい目で見るのがベターとも言えます。すげーカッコ悪く見えますけどね。

ただ、いいか、想像してみろ。
混雑した社内ででけえ10インチのiPadでパズドラしてる、ってことはパズドラ品評会みたいになってるわけだよ。パズドラでも恥ずいのにスクフェスとかやっててみろってw
そんじゃなくてもいいや。見たくないが、SMSとかLINEの内容とか、facebookとか、そういうの山手線に載ってればゴマンと他人の物を見られるんです。その気になればLINEのIDが分かったりとか、最近のスマホは視野角が広いから見たくなくても見えてしまうんです。日本人よ。スマホなら、なぜそんなに無防備になれる?

飛躍する話だと受け止めてくださいね。
先ほど書いた危険察知能力の欠如によって、あなたが人とぶつかり、そのまま事故が起きれば犯罪者になることもあります。
あなたがチンタラスマホをいじりながら歩いていたせいで、バタフライ効果によって、会社をクビになる人だっているかもしれません。あなたがその方の生活を壊したことになります。
もしかしたら、音漏れのせいで隣の人とトラブルになり、刺されて命を落とすことだって考えられるんですよ。
まあ、これは極端に飛躍した話ですが、その場にそぐわない行為というのは、それだけのマイナス要素をはらんでいるわけです。

例えば至上命題として常日頃上がる「イヤホンの音漏れ」が及ぼす周辺への迷惑への対策の一つの答えが、「いいイヤホンにして、音量が小さくてもいい音で聞けるようにする」ということだったりします。無論、カナル型とかになれば遮音性も良くなるデメリットが生じてしまいますから、どちらがいいのかは本人のモラル次第にはなりますけどね。

名指しで路線名や駅名を上げるとそういうイメージになってしまいますけど、ラッシュ時の山手線、中央線や地下鉄千代田線とか、池袋駅とか新宿駅とかはこういう利用者が多すぎる。10人に一人はこんな感じ。分母が大きいから、当然数撃ちゃ当たる状態のごとく。一度体験してみるといいですよ。


これを迷惑行為と言っておかしいのかな。僕が間違ってるんでしょうかね。
読んでいる読者の方が、この行為を正しいと思えばそう思ってこれからも行動すればいいです。
ただ、僕とはおそらく相容れないとは思います。(「理屈では分かる。でも受け入れるわけにはいかない。」の話)

今はあらゆる方がスマホをライフツールの一つにしていますよね。ガラケーがライフツールになりえなかったのに、スマホならライフツールになり得たわけです。(これは解説しなくていいや。)
手放したら死ぬわけじゃないですけど、その絶望感たるや想像できないですよね。電話をなくし、友人や職場の電話帳をなくし、写真や動画をなくし、ヘタすればSMSのアカウントをなくし、ぐらいですかね。おーこわい。
これだけあなた自身を反映して、形作っているモノがあるとすれば、マメな人がつけてる日記だったり、メモだったり、写真だったりぐらいですよね。

言うなればあなたの分身が、周りを傷つけ、自分を傷つけ、そうやって居心地の悪い世界が出来ていく。最終的に飛躍すると、迷惑じゃないだろうと無責任にスマホをいじってるあなたが作った世界が、この世界となるわけです。セカイ系みたいな話で面白いでしょw

そこまで飛躍させた話を元に戻すと、スマホを使う場をもう少し考えられないものかと。問題意識がない方に、一度考えて欲しいと思っているのです。


そもそも「マナー」は薄れているのか?

ここから多少ずれていきますが...
例えば、僕はアホー知恵袋で「マナーは他人の価値観を押し付ける行為」とか書いてる人を見たことがあります。
まあ理屈から言えばそうでしょうけど、こういった主張が日本では普通は通用しなかったから、世界一秩序が保たれたモラルの高い国になっていたのです。

今、世界に誇れるほどこの国はモラルの高い国ですか?という話ですよ。
今までは自浄作用があったんで、こういった主張はまず通用しなかった...というか黙殺されてきたというのが正しいでしょう。
ところがネット社会の今、同調者がいようものなら、この手の人達は声高に自分の正当性を叫びます。なぜスマホを使っているだけでマナー違反なのかと。
そりゃあ、今までは常識的なことだったかもしれないですが、それを常識ではないという捉え方をし始めた人たちが声を上げ、数の暴力で正当化している状況を見ると、やっぱりルールとして制定する必要が出てきてしまうのかなと。

まあ、これを書くと責任逃れみたいでかっこ悪いけど、そもさんスマホはどういうモノかというのが、未だにぼやけてるのが一番マズイ話なんだよね。ガラケーの代わりです、じゃ話が通じなくなってきてるでしょ。

これを携帯キャリア、販売店、レビューするマスコミのどれだけが、スマホのマナーに関して、こんなに危険なのかと具体的に対策し、説得力を持たせることが出来るか?という話が、マナー止まりで改善していくと思うんです。
誰だって死にたくはないでしょうし、犯罪者になりたくはないでしょうから、こういった行為の危険性を、「NO!映画泥棒!」ぐらいコミカルにした啓蒙活動を、国、総務省、広告代理店、携帯キャリア、販売店、マスコミ、そしてユーザー自身が一体となって行っていくレベルに来ているんじゃないかなと思います。
(だからこそ、有村架純が出ていたAC JAPANのCMなんかは、ソフトな内容でうまい具合に複数の視点からスマホの迷惑行為を見せていて、ちょうど良かったんじゃないかと思ったりするんです。僕自身も気付かされたぐらいですし。)


あと、言うほど俺たちは賢くないからね。
最後にモノを言うのは、自分があった危険な目だからね。所詮は動物なんだよ。



すぐに出来る。スマホ(を使っている人)にマナーを。

じゃあ、具体的にお前は何をやっているんだ?という話。
簡単です。とにかくスマホをいじらない生活をすればいいのです。

難易度が高すぎる。そりゃそうですよね。
じゃあ、例えば今日からこんなことに気を配ってみたらどうでしょう。

  • スマホをいじる場合には、じゃまにならない場所(例えば柱の影とか、壁際とか)にズレて、止まって操作する。
  • 駅やバス停など公共交通機関および公共施設だったら、座った時だけ操作する。
  • イヤホンをして歩くときは、周りの音が入るように、音量を下げて行動する。
  • スマートウォッチを身につける。(アラート対策)
  • 自分が1秒以内で取れるところにスマホを入れない。(こうすることで、スマホの盗難防止と、ちょっとした時間でスマホを見ようという判断を案外しなくなる感じ。)

これだって危険性はあるでしょうけど、今までの迷惑行為に値するようなレベルだとは個人的には思いません。
もちろん、家では好きなだけいじっていればいいんです。
別にガラガラの場所で立っている時にいじってても、周りに危害を加えないと判断すれば、使ってもいいんじゃないかとは思います。
路上でだって、邪魔にならない程度に使うのはいいんじゃないでしょうか。ただ、これを我慢に思えてしまったら、それはスマホ中毒に近いと思います。


ひとえにこういった問題は、結論としては本人がどこまでその自覚を持ち、どのような判断をしているかによると思います。結局行き着く先は「マナーを守れる」かどうかなのです。
俗に言う「今は反省している」では死んだ人は生き返らないですし、犯罪が冤罪になることもないんですから、もっと恐れを持っていてもいいんじゃないかと思います。



最後に皮肉の一つでも書いておこうかな。
自分の夢中になれるもので死ねるなら本望かもしれないよね。





おしまい

[PR]

by aru32to | 2015-05-11 23:59 | 雑談