どうせゲームなんかやらねえから(略

A列車で行こう9 Masters Edition発売のお知らせ。

最初の9って2010年2月だったのね。いやはやまさか4.0だってさ。

いや当時はノートPCなんか1台買っちゃってね。延々使い倒してやろうと思ったんですけど、その後まとまって時間が取れないので、動かせるようにしておいて、放置プレイというのが基本なのですよ。
なにせ線路ひいてダイヤ組むだけで20時間ぐらいかかってしまうのでまさに一晩作業。若くないのでもう無理なんだよそういうの。
(注:ガンブレ2合宿の時は、延べ2日で16時間以上ガンブレ2やってました。パッケ買って初めたやつがランク50ぐらいまで行き、4人プレイで収録ミッションを70ぐらいまでクリアしちゃう時間w)
箱庭ゲーはそういうつまらない作業がガッツリ出来るインターフェイスが据え付けられてないと難しいんですよw(昔はトラックボールマウスとFPS用のショートカットキーボードつなげて作ってたんですよ。)

ただ、その20時間さえ終われば、あとは徐々に半日ぐらいかけてダイヤのブラッシュアップしていくだけ。とはいえ街の発展には時間が必要だし、高速化するとかなりの確率でダイヤが破綻する可能性が高いへっぽこスジ屋なので、ちんたら1週間ぐらい放置しとくと、あら不思議立派な街が出来てます。おしまい。こんな感じでやってます。

で、歴代のA列車シリーズで一番問題となるのが、最大運行本数で、例えば7だと60本。9だと100本と、ハードの進化に合わせて拡張はされるんだけど、ニコ動なんかのプロスジ屋さんだと、この本数で複数の超過密路線は案外厳しいんですね。だけど100本とかだと地下鉄直通含め西武池袋線ぐらいは完全再現出来なくもないのか。
なんか今回これが200本まで拡張されたらしい。200あれば西武池袋線と新宿線を同時に完全再現ぐらいは出来そう。


どうせ買うならもういい加減新規パッケージで買おうか迷うところ。つかアクティベーションかける仕様はいい加減何とかならないのかと。1本1ライセンスとはいえ、アンインストール後に再インストールするにも上限回数があって、実は2回までしか許されてない。(アートディンクサポート談)
これのせいで、面倒くさいからビュアーで自分のマップを展開しちゃうんだよね。

とはいえ、最近はリモートデスクトップでその辺解決しそうな気がするんだけど、どっちにしろ2.0以降の拡張パッケージは買ってないので、なら1本ソフト買って、1台PC買ってしまおうかという話です。


アプリ的に64bit化はされてないので、メモリをどれだけ積んでも4GB以上はあまり意味がなさそう。(とはいえ、OSの64bit&アプリ割り当てメモリを3GBぐらい普通に使うんだろうが)

なにせ昔ほど部屋が広くないので、ガチなデスクトップは100%無理なんですわ。そうなると、今回もパッケージ買うけどElitebook 6560Wとかで無闇矢鱈感ですかね。...っと、VAIO Fit 15Aあるじゃん。これでソコソコ動くのだろうか。


まあ、それ以前にちょいとしたスマホ買えちゃうよねこのソフト。



おしまい


[PR]

by aru32to | 2015-05-11 22:42 | 雑談