わかるやつだけやればいいというのはダメなのかなあ(SIMフリー義務化に関する話)

SIMロック:解除を義務化へ 15年度にも実施 総務省(毎日新聞)

まあ、始まってもいないのに、結構な人がこれに食いつくのが面白い。
すごい不思議なことを書くと、なんでイオンスマホあたりは悪意のある記事がほとんど無いのか?ってのも、こういうふうに既成事実を作るための口実になってそうで嫌なんです。ビックのスマホしかり、あんなの日本市場じゃ粗大ごみでしょマジで。(それも端末代が1万ぐらいなら納得行くけどね)

このblogもSIMフリー端末が結構出てくるので、その辺の見解を書いておきましょう。

まず、賛成か反対かというと、どうでもいいのが現状の状況です。
ちょっと前にキャリアの定額制に関する記事を書いたんだけど、ここを見ている層の人から総ツッコミを入れられそうな内容だったので、掲載をやめてテキストデータとしておいたんですけど、この中で「お金のない人がiPhoneを持ち歩いてるのはおかしい」ということを書いたのです。
なんで?と思いますが、先進国どころか全世界でもトップクラスで日本の携帯料金は高いのに、端末が投げ売りされているこのいびつな構造はおかしいと思ったからです。結果的にMNP一括0円を割と推奨しているガジェット好きとしてはジレンマに苛まれる問題ではあるのですが、その端末の価値は対価を払わないと分からないと思うんですね。
このblogではアップル寄りの意見を出すことはめったに無いのですが、あれはやっぱりあの定価みたいなのを出して買うから、毎度毎度それに見合う対価を得ているかどうかで論議されると思うんですよね。そういう意味でアップルは正しいわけです。
この感覚を分かれというのは難しいとは思いますけど、去年9月にXPERIA Z Ultraを9万で買ってる人間としては、「欲しい欲しいと思っていたSOL24がMNP一括0円になったので契約しました」ではその価値はわからないんじゃないかなと思うんです。無論このあとキャリアにお金を払うわけですからそれに9万の価値を見出すことはできるんですけど、それまでですよね。なぜその時に9万を払ったのか?とか、その対価とか、なぜもう1台同じ機種を買ってしまったのかという価値観には至らないと思うんです。(それを人は奇人変人と言うんですけどね)
だから高いお金を払ってもともと高い端末を買って好きなSIMを挿せばいい。それだけのことです。
今までそれができない代わりに料金がそれなりでしたが、これからはMVNOで好きにできる。これだけで十分譲歩してると思いますよ。

もう一つ言うなら別にsimフリーにしても、ソフトバンクがやってるようにSIMカードそのものに制限をつけちゃえば、SIMフリーとか関係ないしって話になります。現実にSIMフリー端末売りながらIMEI認証をするようなキャリアがありますし、別にそれに対して文句を言うような人はさっさとMNPしたんじゃないかと思うんですね。3月あたりはみんなりんご狩りとかやってしまったでしょ。
予め抜け道を作ってしまえば、あとはそれに乗るだけ。非常に簡単ですし、ホワイトプランのように今までどおりプラン契約に対して縛りをつけることが可能です。

今までは高い端末をMNPで買ってその代わり月間の維持費を安くして、かつ端末の売却代金でペイできるなら御の字だったわけです。それがいつの間にかMNP一括0でCBが5万ついて、端末を売ればさらに3万になります。90日ごとにこれを繰り返せば理論上はお金が増えていくんです。そりゃ普通に回転するでしょ。
ま、そういうわけで、その一部の人がからくりを知ってしまったから大金を稼ぐようになり、かたやまじめにキャリアにお金払う人はバカバカしいでしょってのも、この論議を加速させた一因でしょうね。

逆に他のキャリアにMNPするときに、SIMだけ契約するというバカな方はいらっしゃいますか?という話にもなりますよね。
目の前に憧れの10番があって、それを見過ごすような真似ができますか?って話ですよ。欲しい端末があれば、考慮した上でMNPという選択肢しか僕にはないです。それが世の中の方にはiPhoneだったりしませんか?そういう人たちはiPhoneを安く買えれば満足なんです。回線品質とか、料金プランとか、そういうのは気にしないんですよ。気にする人たちだけが最終的にMVNOに逃げ道を求めるんですよ。そういう理解じゃダメなんですかね。


で、みんなが料金が高くなるとか、そういう心配をしていますけど、もう高くなってるので心配しなくていいんです。
なぜ新プランを導入したのかの返答としてこのSIMフリー義務化なのかなと思うんです。表向きは通話がどうたらとか言いますけど、すでに利用者との利用想定がズレている時点で明らかな単価アップを狙っているということでドコモをこけおどしましたが、結局どれ位料金を上げても利用者はついてくるか?という手段として通話定額を導入したんだと思うんです。これならコストをかけなくても(注:VoLTEの設備費用を捻出するとかあると思いますが、そんなものは予め昔から組み込まれていたものだと思われます)現時点での一人単価は上がりますし、パケットを使う人はさらにお金を払ってくれると。通話定額なんて数少ない3%ぐらいのユーザーにしか恩恵などないのだと思うんです。だってみんな基本通話しないでしょ?我々利用者は案外試されているわけです。
憶測の域でキーボード叩いていますけど、損して得を取れの道理であれば、ドコモが普通に2200円でスマホプランを出してくると思うんです。それなのにあえて料金をガラケと分けたのは、おそらく損しない程度にXiユーザーが通話するギリギリの金額が2700円だったからという話じゃないかなと。まあ、よく出来た話です。能無しソフトバンクもauも追随した結果、全く同じ料金プランが出来ましたと。後付サービスなんていくらでも出来るんですから、その辺どのキャリアも後出しジャンケンで強気でしょうね。後出しオプションに料金をつければいいんですからw
総務省の目論見としては、お前ら高すぎる料金いい加減下げていったら?ってケチをつけたんでしょうけど、キャリアは負けじといらないサービスを基本プランにして結果料金が上がってしまいましたの巻なんです。税金で飯食ってる人と利益で飯食ってる人の考え方の食い違いですよね。


おいそれと機種変更できませんなんてことを言っている輩もいますけど、普通の人々はおいそれと機種変更するの?という疑問はあります。
こちとら毎月新しいスマホ買っていらないスマホを売ってるんでそんなに損得勘定しないですけど、基本的な方は2年に1回とか、壊れたときに買い替えるとかそういうレベルだと思うんです。iPhoneだって想定されるiOSのメジャーアップグレードはだいたい3回。3年は使えるのに、たいていの方は2年縛りに踊らされて買うパターンです。機種変更が今日本で端末を買うのに最も高い買い方なのですから、その場合高い端末代でもよくね?→端末代金なんて関係ないじゃんの世界になってしまうのかなあと。
結果「お金のない人がおいそれと機種変更やんじゃねえよ」って話になって、結果端末をめぐる健全化になるのかなあと。

まあ、あと日本市場は異様にハイスペックな端末が好まれる傾向で、今はすべてのメーカーSnapdragon S801を搭載。そこら中にひしめき合う世界なんですね。思えば海外では2年前のスナドラS4Proがまだまだ一線で戦え、基本的にスマホのCPUなんてMediaTekとかスナドラでもS200な世界なのですから、そこからしたらスクフェスが快適に動かないS4Proが遅いとか言えてしまうのはやっぱり異常としか言い様がないです。リッチコンテンツが恐ろしく発達してしまったというか。
そんな国なので、SoCのハイスペック化がそろそろ鈍化してくれば、買い替えスパンは長くなるでしょうし、当然中古市場で問題ないという結論に達する人も今後は多くなるんじゃないかと思うんです。中古が嫌なら高いお金で機種変更すればいい。



ジレンマがお分かりになったでしょうか。よくもこんなつまらないことをずらずらと書いたものですね。
結論としては、「わかるひとだけやればいい」ということになります。やはりこのblogの行き着く先になってしまったな。

…分からないかなあ。分からないだろうなあ。


おしまい。

[PR]

by aru32to | 2014-07-14 21:51 | 雑談