On-Lap1302とOn-Lap1501をつけてVAIO Duo 11をトリプルディスプレイにしてみた。

b0237530_014812.jpg


というわけで、スタンドアロンながら3画面同時表示という荒業です。
液晶2枚+VAIO Duo 11でだいたい3キロ程度。恐ろしく軽いと思うんですよね。

今回はOn-Lap1501とOn-Lap1302という2枚の液晶を購入。しめて27,600円。今ならノートPC1台買ったほうがおそらく安くて効率がいい値段だな。(書いてて気づいたわ)

USBで電源を取り、HDMIやVGAなどの端子から映像入力を行うというわけ。これを使えば理屈の上ではどこでもトリプルディスプレイが可能になるわけですよ。VAIO Duoも大容量バッテリがもう1本たまたま手に入ったので、長時間の運用も可能です。
何がいいってUSB接続なので、PS3とかであれば本体のUSBから給電しながらゲームやったりとかできるわけです。音が出ないのが難点ではありますけどね。

HDMI側はHDCP対応のため、画像の通りTVの視聴も可能です。残念ながらVGA側では無理ですが、動画再生などは可能なので、ブラウザゲーなんかを開いておくのがいいのかもしれない。
基本的にVAIO側はFHDと非常に高い解像度なので、Webブラウザや通常のPC利用。15インチは横にしてnasneのモニタ。13インチは縦配置でメッセンジャー専用モニタにしています。昔はVGAとS-VIDEOが排他だった感じでしたが、今はHDMIが標準になってきて、オンボのグラフィックでも基本3画面出力できるぐらいなんとでもなるわけです。(ちなみに自宅にあるPCはX201i以外はすべて3画面表示可能なノートなので、いざとなれば別の環境を構築することができるわけです。一番使ってるのはX201iなんだがw)

ちなみに難点を申し上げると、
・テーブル(こたつ)の大半がモニタになってしまう。
・VAIO Duoのタブレットモードでは自機以外操作できないのでUSBでキーボードやマウスをつなげる必要がある。(これもLenovoのトラックポイントキーボードを使うから大丈夫)
・VGA側は留め具がないため、結構外れて映らなくなる。(このためメッセンジャー用に成り下がる)

そして最も問題と思えるのが、液晶の映りが非常に悪いということw
光沢加工されているので、とりあえず反射防止フィルムをつけてなんとかごまかしてるんですけど、横から見ると色が違うどころか、まるっきり見えなくなるという問題があります。
視野角が中心より45度ずつあると書いてあるのにもかかわらず、30度ぐらいから全く色が違う感じ、45度ぐらいになると見えなくなるといった感じです。なまじVAIOがIPSなので、その色の違いが明らかとなってしまうわけです。発色も悪く、いわゆる中華タブのような色合いです。
デフォルトの色温度調整などでも本当にその色温度?っていうぐらい青みがかっているので、この辺りをどうにかこうにかモニタ側で調整して行くしかないんだけど、今度は静電式のタッチパネルボタンの認識の悪さともうなんか凄まじい悪循環のコンボに陥るわけですよ。
これってどこかのノートPCの液晶なのかな。正直これが搭載されたノートPCとか売り物にならない気がするよ。どっかの余り物なのかな。


あんまり金額かかった割にメリットがあまりなかった。
とりあえずスタンドアロン3画面で解像度が微妙に高くなったことがメリットかなと。
良い子も悪い子も真似しないでください。あまりに価格対効果が低すぎるのでw
[PR]

by aru32to | 2013-02-27 01:11 | 雑談