2011年の総括&年末年始のご挨拶

b0237530_2227342.jpg

さて、今年も本日で終了です。

2011年は、年間通じてスマホ一色の年でした。
今年何台買ったんだ俺は?感が酷いぐらいします。

んじゃ、順に上げて行きましょうか。
(機種名の後ろに!が付いているものは、現在手持ちのモデルです)

1月
・GALAXY S(Samsung)
・BackFlip(Motolola)
4月
・ISW11HT EVO WiMAX(HTC)!
・IS05(シャープ)
5月
・IS03(シャープ)
7月
・Optimus 2X(LG)
8月
・XPERIA acro IS11S(Sony Ericsson)!
・Optimus Chat(LG)
10月
・iPhone4(Apple)!
12月
・LG Nitro HD(LG)!
・ARROWS Z ISW11F(富士通)!
・REGZA Phone T-01C(東芝)!
…and more(ないない)

合計12台。新旧のモデル混合です。
まー残念ながらすでに手元にない機種が多数。
自転車操業中なのに、これだけよく変えたなと思います。

というわけで、僕的にコメントしたい機種をかい摘んで書いていこうと思います。

「GALAXY S」
初めて持ったスタンダードなスマホでした。(ちなみに、去年12/30にGALAXY 5を買っているため、スマホとしてはそちらが先)
基本的に色々遊べるし、何より使ってて絶対的な不満が出ない。パワー不足を感じないモデルでした。
残念ながら12月に売却済み。保持期間12ヶ月という絶対的な記録を打ち立てています。(今後更新するモデルも出そうだけど)

「EVO WiMAX」
記念すべき国内初のWiMAX搭載スマホ。苦渋の末に購入したはいいが、重いという理由でギャラS→Optimus 2Xに主役の座を奪われた残念機種です。
更に残念なのが残額ありという問題。2月あたりに一括で払ってしまおうか思案中ではあります。
2.3.3になって、ずいぶん使い勝手が良くなったこともあって、割と見かけるのかなと思ったのですが、そもそもHTCの機種を見ることが少ないw
一体アレだけの在庫はどこへ行ってしまったのだろうと疑問になります。
今でも家にありますけど、これは本当にどうすればいいのかわからない状態です。

「IS05」
スペックではacroとほぼ同じ。小型ですが、割と長期間(4~9月)使ったスマホです。
小型で気にせずガンガン使った結果、かなりボロボロになり、その後のスマホケース選びに支障が出たという、実用テストモデルです。
電話という観点では満点。ただメーラーがWiFi対応じゃなかったのが最大の問題だったということです。
概ねガラスマとしては満足の出来だと思いました。動作が2.3.4になったあとどうなったのか、テストしたいとは思ってます。

「Optimus 2X」
7~12月までメインに使っていたスマホです。
国内入手としては最速だったTegra2を積んだモデル(その後MotololaのPhotonが発売されるのだが)で、今でも一線のスペックです。
後述するNitro HDを購入しなければ、基本的に延命したであろうモデルなだけに、惜しいと言えば惜しい。
スマホとしてはスタンダード。CM7でえらく遊べたので、テスト用途とかで買い戻すということも検討したいモデルではあります。
ストレスフリーで、本当にサクサク動いてくれたので、個人的には今年のNO.1機種だと思っています。

「XPERA acro」
9~12月のショートリリーフとして登場。auのEメールアプリ登場後にコンスタントな売上を記録する息の長いモデルです。
ガラスマの機能を抑えつつ、それほど遅さを感じないUIを搭載しています。スマホ素人にオススメするならコレと勝手に思っています。
画面がデカイ、PS StoreなどのSONY独自のアプリなどもあって、非常に軽快でした。
ただ、電波が拾えないことがしばしばあったり、通話が無駄に切れやすいなど、通話にやや問題があったと思われます。

「iPhone4」
なぜ?と言われそうですけど、980円で維持できるならという理由です。
iPhone4Sほどサクサクではないのですが、Androidに比べれば軽快ということで、購入に踏み切りました。(ちなみに購入は4S発売1日前)
iOSアプリも3GSの時代から買ってしまっているので、まあ泣く泣く使っているというところもあります。
個人的にもう少し容量があったら嬉しいのですが、まあそれは16GBなんでしょうがないかなと。980円だし。

「LG Nitro HD」
結局ここまでしかレビューすることが出来なかったのですが、現時点で最強かつ最高のモデルの一つだと思っています。
まあ、正直OptimusLTEを買うべきだったという後悔の念もあるといえばありますが、人と同じのはイヤなのでw
とは言え、1.5GHzのCPU、HD解像度、4.5インチIPS液晶、1800mAh大容量バッテリーなど、強力なハードのお陰で、
Optimus 2XのCM7搭載時と変わらない挙動をメーカーROMで実現させているのがすごいと思います。
今現在、ドコモのSIMが認識しない(このへんがAT&Tのクセの強さ)ため、音声端末として使えないのがネック。

「ARROWS Z」
なんというか、完全なノリだけで買ってしまったモデル。あったからという理由。
とは言え、ハード的なものはギャラS2 LTEと大差なく、富士通だから期待できないけどまだまだ改善する気がしないでもない。
アップデート適用後にはバッテリの持ちも多少改善されて、個人的には割と満足行く機種ではあります。
こんな特殊な使い方をする輩がどれだけいるのか知りませんが、基本3G回線に繋げない通話オンリー端末ですので、熱問題とか全くないですねw
ハード的には4.0以降にも対応出来るのですが、さてどうなるでしょうか。

ちなみにここで挙げなかった機種に関しては、個人的に今ひとつというモデルが多かったか、そもそも電源を入れて数時間というモデル(T-01C)もありますので、割愛させて頂きます。

一応、今年はここまでかな。来年はもうスマホを買わない方向にしたい。(ISW11SCが控えているので、どうしようか思案中)
[PR]

by aru32to | 2011-12-31 22:17 | 雑談