続々続々・デレステの使用感を書きあげてみる

年末年始のお約束、デレステ動作環境確認のコーナーです。

なんつか、2017年買ったスマホでだいたい試してみたけど、形状とかもあるんでそこで損しちゃってるのも結構あったりします。

レギュレーション
MV対象曲:Yes! Party Time!!
衣装:パーティタイムゴールド

3Dリッチの環境
観客シルエット:ON
解像度設定:高画質(ただしHD解像度の場合は無効)
歌詞表示:ON
紙吹雪:ON
60fps
映像フィルタ:ノーマル 

3D標準の環境
歌詞表示:ON
紙吹雪:ON
60fps
映像フィルタ:ノーマル 
(ただし、紙吹雪やフィルタが選べないモデルに関しては動作環境内で表記します)

以下、39番目よりnubia Z17Sまでの公開。

39.ZTE MONO MO-01J(Snapdragon 617/Android7.1)

3Dリッチ非対応。解像度を考えると当たり前といえばそうですね。
うーん、やっぱり2D軽量だと快適プレイだけど、3DのMV鑑賞は30fpsでもキツイ感じが否めないですね。
後継機のMO-01KはS435になってしまったため、下手するとこれより酷い可能性があるんですよね。


40.FUJITSU ARROWX NX F-05F(Snapdragon 801AB/Android5.0.2)

3Dリッチ非対応。S801ならまんべんなく動くんじゃね的な発想でもないですね。
正直なところ、(通常動作などにおいても)なぜか動作が散漫になりがちで、2D軽量で譜面落ちすることもあったりします。
メインメモリがこの時期で珍しい2GBと、少ないことが影響してるのかもしれないですね。
3D標準でMVを見る分には特にエフェクトをかけてもそれほど厳しそうな感じでもないのが謎。この辺がS801のパワーなんだと思う。

富士通、シャープはタッチパネル周りのオプションなんかを全部切ってプレイするとすごく快適になったりする話も聞くのですが、この機種に関してはどうもそういうわけでもなさそうです。


41.Apple iPhone7(iOS11)

これと言って欠点が見当たらない。強いて言えばサイズが小さいのが問題というぐらいで、3DリッチのMVでもゴリゴリ動きます。(解像度はHDだけど)
ちょっと気になるのが3DMVの一瞬の間みたいなもので、コマ落ちではないんだけど他の端末より間が長い感じがする時があって、これが何なのかがよくわからない感じです。とはいえ、2D軽量でのプレイなどはおおよそ問題なくサクサクとできて、概ね不満となるものはありません。
長い時間のプレイも発熱などは特に問題なく、比較的軽量で、バッテリーもそこそこ持つので、プレイスタイルさえ合えばベストに近い環境だと思います。

これは別に記事を書こうと思ってるのですが、サイズの割にイヤホンジャックがないため、プレイスタイルを若干変えるひつようがあったりするので、ヘッドホンプレイが主流の既存プレイヤーはどうすべきなのか?という点では、6Sのほうがいいんじゃないかという気もします。


42.SONY XPERIA XZ Premium SO-03J(Snapdragon 835/Android8.0)

キャリアモノではAndroid8.0へのアップデートがいち早く済んでしまったモデルですね。
前回の7.1.1の時期ほど譜面ズレのような現象はないのですが、タップ落ちっぽい感じがたまにします。ただ、貼ってあるガラスフィルムなどの影響も加味することができるので、その辺をどう見るべきかという感じですかね。ちなみに3Dリッチの高解像度モードはフルHD。当たり前ですが4Kコンテンツ認識にはならないですね。
電池持ちも悪くないと言いたいところなのですが、今回のS835搭載機ではワーストな感じはします。
質実剛健で非常に安定もしているし、イヤホンジャックも個人的には良い配置なんですが、何回も言いますけど、重い。こればっかりはちょっと弁護出来ない。


43.Samsung GALAXY S8+ SCV35(Snapdragon 835/Android7.0)

現状のAndroidスマホではほぼ最大に近い、18.5:9の6.2インチWQHD+(2960x1440)液晶という訳の分からない言葉が飛び交うスマホです。
実際にはFHD+(2220x1080)相当が標準設定されており、まずパフォーマンスで落ちることはありません。が、実際にプレイする場合は16:9に合わせて中央表示される形になります。今回は液晶表示を確認するためにWQHD+でスクリーンショットを取っています。
まず2Dモードの表示。
b0237530_04123922.png

2Dモードではそれでも拡大表示されているような感じでほぼ全体をカバーしている感じになるのですが、3DMVでは以下のような表示になります。

b0237530_03213239.png

3Dリッチの高解像度モードはFHDで収まるように作られているので、2Dモードより更に範囲が狭い感じになりますね。計算上では、左右に520ピクセルほどの枠ができることになると思われます。GALAXY S8+にはスケーリング機能があるため、FHDに対して上下を合わせたスケーリングで、実計算よりは少ないとは思います。
ちなみにこの状態でも動作も軽快、コマ落ちもタップ落ちもほぼない、バッテリー持ちも良く、タッチポイントが2.5Dガラスのちょうど曲面に当たるような感じ、しかもXPREIA XZ Premiumよりも20g軽い。が、ゲームそのもの表示に限界が来ているということなのでしょうかね。

ちなみに、全画面表示のゲームでは上下表示が切れるなどのゲームもあったりしたので(きららファンタジアやマギレコなんかは全画面表示すると、著しくゲームUIに難が出てくる)、その辺をどう考えるべきかというところです。


44.LG isai VL LGV31(Snapdragon 801AC/Android5.0.2)

3Dリッチに対応しています。まあ、高解像度だとガクガクになるのは、パワー不足ということでしょう。S801の限界ですね。
2Dプレイそのものに支障はないですが、タッチ切れっぽい感じになったり、譜面落ちもしばしば見られるため、高負荷でクロックダウンをしてる可能性はあると思います。違和感みたいなものは少ないので、その点ではF-05Fに比べて随分マシなのかと思います。
いわゆる3面狭額縁系、5.5インチと比較的大きいモデルなので、親指派はプレイスタイルに違和感を覚えるかもしれません。


45.nubia Z17S(Snapdragon 835/Android7.1.1/メモリ8GB)

FHD+(2040x1080)液晶を搭載し、メモリ8GBと大容量です。極端な話、これにWindows10が搭載されても、ARM版Windowsが普通に動作するレベルです。
やはり参考のために2Dと3Dのスクリーンショットを上げておきましょう。
b0237530_03553642.png
2Dモードは通常のFHD表示と大差ない感じだと思います。
b0237530_03553718.png
3Dモードでは、GALAXY S8+より左右の枠が小さくなっているのがわかるかと思います。単純計算で左右に80ピクセルほど枠が出来ている形です。
GALAXY S8+ほどではないため違和感は少ないですが、16:9前提での表示になっていることはわかると思います。

言わなくてもいいですね。電池持ちに不安はありますが、あらゆる場面でほぼ動作に支障をきたすことはないです。全画面表示のゲームでも、こっちはゲームに支障をきたすレベルの表示にはならないため、16:9から18:9への過渡期を乗り切るためには、2040x1080という解像度は理想なのかもしれません。



まとめ、いよいよ問題となる画面アスペクト比との戦いをどうするか?

言わずもがな、iPhone Xのような2436x1125という特殊な解像度があるものの、iOSはそれでも解像度なんて数種類と限られるので、対応できているのは大きいです。

一方でAndroidに関しては、かなり複雑怪奇な感じで、FHD+という解像度だけでも、2220x1080、2160x1080、2040x1080、2032x1080と言った感じ。Essential Phone PH-1のように19:10、2560x1312という謎解像度も存在しており、今後も高解像度化するごとに訳の分からない画面アスペクト比のモデルが登場することになりそうです。
国内メーカー、特にSONYはFHD以降もWQHDや4Kなど16:9を維持していきそうな感じですが、(海外にベースモデルがあるとはいえ)AQUOS R Compactが17:9と、若干比率が変わってくる要素は出てきてるだけに、今後は解像度による固定なのか、スケーリングで縦横比は気にするななのか、難しいところではあります。

スクフェスの3Dバージョンの話もそうなんですけど、3Dゲームのリッチコンテンツにおいて額縁表示はOKなのか?、iPhone/Android共通で設計されているゲームUIをどう対処すべきなのか?、そしてAndroid OSの足切り点をどこに置くべきなのか?という部分において、2018年は変化の大きな年となりそうな予感がします。



余談ですが、現状S835を搭載しつつ、解像度がHDとかなり抑えられているXPERIA XZ1 Compactのように、処理だけを考えてプレイできるような機種も個人的には面白いんじゃないかなと思ったりしています。
と、考えるとOnePlus 5の8GBモデル、nubia Z17の8GBモデルあたりが、今のところデレステにおいて、最高峰の環境なのかな。





つづく。

[PR]

# by aru32to | 2018-01-12 11:59 | デレステ動作環境確認

ちょっとした話題を取り上げて書いてみる回 2018/01/12

まずはお詫びをば。
au、思いっきりKirin659搭載のHWV31を発表してきましたね。
もうVoLTEのSIMしか発行してないんだから、SoCを無駄W-CDMAに対応させる必要がないのかな。


CESが始まると、なんか物欲まみれになってて、生きてる感じがする。


ThinkPad X1 Carbon(6Gen)が無駄に欲しいぞ
ネイティブ4コア動作するノートPCは割と出てますけど、X1 Carbonに搭載されるとなるとやっぱりこれを買わねばということになるんでしょうね。
いや、別に今の3Genがダメになったあとでいいので、年末ぐらいには欲しいですよね。年末...生きてるのかなあ。
WQHD液晶でHDR、Adobe RGBを100%カバーしてるという点で液晶は問題なし。NVMeのSSDも搭載可能なので、実用で問題はないでしょう。

値段なあ、多分メモリ16GBで凄まじい額しそうな気がする。凄まじいで済むならいいんだけど、メモリ高騰がハンパないのでいくらぐらいで収まるかわからないですね。

Classic IntelliMouseが無駄に欲しいぞ
今でもExplorer3.0が手元にあるけど、あのサイズの親指サイドボタンがほしい気がする。
まあ、とはいえMX ERGOとどっちが欲しいかというと、やっぱりトラックボールなんだよね。M570tもいい加減疲れてきたので、買い替えしようと思いつつ。でもマウスは腐るほど持ってるからキリがないんよなあ。

ShureのRMCE-USBが無駄に欲しいぞ
いや、DACでいいじゃんという話なんですけど、MMCX端子で直接接続できると言うのは意外と使い勝手いいんじゃないかと思うんですよね。
で、地味にケーブル型、もしくはコンパクトサイズのヘッドホンアンプってそんなに数がないので、こういう選択肢が増えるのは非常にありがたいです。

...最近、中国製のaptX HD対応のbluetoothアダプターがアマゾンで出回るようになってるんで、ちょっと欲しい。
けど、そんなん買うぐらいならオーテクのAT-PHA55BTのが欲しいかなと思ったりする。

Livermorium Slider Keyboardが無駄に欲しいぞ
Moto Zなあ、薄い上にギミックガジェットってのがもう面白い。それでスペックがついていくんだからいいよね。
昔backflipとかflip outとかみたいなアホギミックのスマホを作ってたベースを、そのまま現代版に出してみる気はないですかねw


FREETELブランドが残る件
残る分にはいいと思いますけど、次のモデルが本当にこれで最後なのかなと思いますね。
ハイエンド1台とローエンド1台らしいということで、KIWAMI3が出るかどうか...でも多分Helio X25とかだよなあ。
いや、ZTE(ry

iOS11以降じゃないとポケモンGOできなくなりますよ
というかね、iOS10切りが酷くて、結構色々なゲームが出来なくて困ってたので、iPhone5Cをもらいましたよw
新OSへ促すのは結構なんですけど、特にガチャゲー以前のiOS系は買い切りのゲームアプリが32bitのiOS10までしか対応していないなんてのもかなり多いので、そこんところは考えて欲しいと思いますね。
ちょっとしたときにファイナルファイトやりたくなってiPad Airでやってたのに、出来なくて5Cのちっちゃな画面でやるのは結構切ない。


SH-N01がやっぱり重いかなと思い、割と色々なところでプリペイド版のSimplyを探してるんだけど、やっぱり店頭在庫切れしかないんですよね。
いや、別にいらないといえばそれまでなんですけど、代理店なんかの関係で取扱店舗が少なくて、そこから在庫を掘り起こすということが結構厳しいという話。
新宿の場合、ヨドバシカメラの携帯スマートフォン館では契約可能らしいんだけど、在庫がない、秋葉原も駅前のヤマダ電機で契約可能だけど在庫がない。行ける範囲のソフトバンクショップでも取り寄せだけど取り寄せる在庫がないと言われる有様で、逆にLibero2を買わないかとかw
Libero2だけ扱ってたり、301Zだけ扱ってたりという店舗もあったりするんで、なんとなく販売代理店の裁量によるのかもしれない。

まあ、それにしても俺回線持ってるなあと思って調べてみたら、来月に2年終わる回線があったw
ってことは、ワイモバと合わせて3回線MNPできるのか。2回線はSimplyにしておくのが無難かなという気がw



おしまい

[PR]

# by aru32to | 2018-01-12 02:11 | 雑談

公式が出さないのでデレステの推奨スペックを勝手に出してみた

(2016/01/17、その1をエントリー。)
(2016/04/06、その2もエントリー。)
(2016/11/29、その3もエントリー。)
(2017/08/11、その4もエントリー。)
(2016/07/11、メインメモリに関する推測をまとめてみた【動画あり】)
(2017/09/01、イリュージョニスタの3DリッチMVをアップしてみた【動画あり】)
(2018/01/12、その5をエントリー。)
現状、45台を独自に動作確認しました。



---2017/07/29 3Dリッチモードを踏まえ、ランク見直し及び最新のSoCなど数種類の記述を追記しました---
---2017/09/11 iOS端末、及び公式の更新を踏まえ、記述追加しました---
---2017/10/03 iOS端末のSoCの記述追記、細かい修正をしました---
---2018/01/10 iOS端末のSoCの記述追記、細かい修正をしました---

ちゃんと見てるよ。

b0237530_01051673.png

全面的に文章の修正などを行いました。
現状のお話も踏まえつつ、参考になると幸いです。

今回は公式が全く更新しないので、デレステの推奨スペックを書き連ねる回です。
(とりあえず今後のアップデートで解消されることを願いつつ、2018/01/12現在の状態です)

とりあえず、カタログをもらってきて、CPUとかの欄に書かれているものと一致するところをご覧ください。

ちなみにテスト条件を載せないのもアレだったので、今後はレギュレーションを決めて主観的な判断で確認していきます。

MV対象曲:Yes! Party Time!!
衣装:パーティタイムゴールド

3Dリッチの環境
観客シルエット:ON
解像度設定:高画質(ただしHD解像度の場合は無効)
歌詞表示:ON
紙吹雪:ON
60fps
映像フィルタ:ノーマル 

3D標準の環境
歌詞表示:ON
紙吹雪:ON
60fps
映像フィルタ:ノーマル 

以上の環境で動作確認をしています。
なお、スマホのスペック(解像度やメモリ容量など)で若干の差異が発生することを予め考慮の上、参考にしてください。

1.スペック対応し切っていない可能性の高いSoC、iOS端末

Exynos 9810(Mali-G72MP18)
Helio X30/P25(PowerVR 7XT)

以上のSoCに関してはグラフィック最適化がされていない可能性が高いため、解像度やエフェクト、3Dオブジェクトに支障がある可能性があります。
いずれ手を付けたいとは思うのですが、個人的に価格にアドバンテージが見いだせない限りExynosやHelio系のテストはおいそれと出来ないです。
まあ、Exynos9810に関しては、Kirin970が全く問題ないレベルなので、大丈夫だと思いますけど。

ちなみに、2Dで黙々と音ゲーするなら全く問題ないレベルです。

2.3Dリッチでフルエフェクトを掛けてなんとかMV観賞を楽しめるSoC
(メーカー推奨環境レベル)

Snapdragon 835 (Adreno 540)
Snapdragon 821 (Adreno 530)
Snapdragon 820 (Adreno 530)


iPhone X/8/8 Plus(A11 Bionic)
iPhone 7/7Plus(A10 Fusion)
iPad Pro 2Gen(A10X)

特にキャラアップのエフェクトで顕著なフレーム落ちは、現状でAndroid最強のS835ですら起こります。
推測の域を出ませんが、S820以降はSoCが常時可変クロックに近いため、常時フルクロックで動作するような環境をつくれば、フレーム落ちなく視聴出来るレベルではあります。プレイが可能なのはS835クラス、S820やKirin970は鑑賞で止めておくのが無難かなと思います。Huaweiよくここまで上り詰めたなと感心。

2Dプレイは、Ver.3.3.1以降で比べる限り、もうS835でもS820でもそんなに変わらないレベルになったと思います。

iPhone7/8に関しては、3Dリッチの高解像モードがありませんが、これは解像度の問題ですね。特に問題なくゴリゴリ動きます。
ただやはり3Dリッチで解像度まで考えると、8Plusが一番向いているのかもしれません。(iPhone Xはおそらくスケーリング対応の可能性が高い)


3.現状、おおよそのことがない限りはMV鑑賞も十分なSoC
(十分に必須環境を満たすレベル)

Snapdragon 810(Adreno 430)
Snapdragon 805(Adreno 420)
Kirin 960(Mali-G71)
Exynos 8895(Mali-G71MP20)

iPhone 6s/6s Plus/SE(A9)
iPad 5Gen(A9)
iPad Pro(A9X)

Exynos8895は公式が3Dリッチのテストで使用しているモデルですが、Adrenoとの動作比較でここに入れておきました。
いずれも3Dリッチの選択は可能ですが、フレーム落ちが上記SoCより多いため、別カテゴリーとしました。
機種固有の問題がなければおおよそは問題ないレベルです。デレステをやってMVを結構見る、もしくは3D標準でやっちゃう方には向いています。
若干Exynos/Kirin機種は劣ると思いますが、発熱が少なく安定して遊べる点ではS810より上なんですよね。この辺をどう考えるかで甲乙付けがたいですね。
少々フレームは落ちますが、S805でもなんとか3DリッチでMV見ることは可能です。個人的にはここまでがギリギリかな。
S660は実機ではないですが、4Gamerに動画が掲載されていたので、参考までにこれで判断しています。問題ないレベルといっていいと思います。

iPhoneに関しては、見る限りは問題ないけどな感じですね。3Dリッチの高解像モードは確認が取れていません。いずれにしても極端に解像度が違うので、ひとえに大丈夫と言えないあたりは怖いです。片やHDにも満たない解像度、片やQXGAですからねw

4.たまにMV見るけど基本は2Dで音ゲーするには困らないSoC
(メーカー必須環境レベル)

Exynos 7420(Mali-T760MP8)
Exynos 5433(Mali-T760MP8)
Snapdragon 801(Adreno 330)
Snapdragon 800(Adreno 330)
Snapdragon 808(Adreno 418)
Snapdragon 652/650(Adreno 510)
Snapdragon 630(Adreno 508)
Snapdragon 625(Adreno 506)

iPhone 6/6 Plus(A8)
iPad Air2(A8X)
iPad mini4(A8)

この辺りから3D表示が若干怪しくなってくる感じです。3Dリッチでは常時フレーム落ちに近い状況となりますので、素直に3D標準で見ることをオススメしたいです。
それほど心配するレベルではないんですが、3Dエフェクトなどがかかった場合、処理落ちが激しく起こるなどの問題も出てきます。MVをたまに見る感じで、通常は2Dで遊ぶのが妥当なラインです。ただしS800はクロック的に低め(といっても2.2GHzもあるんだが)なので、処理などでも若干の問題は起こるかもしれまん。
S808に関してはさらに若干劣る感じで、3DのMVを見るには30fpsが妥当ではないかという感じです。最新機種に搭載されるには少々役不足感は否めないです。
なお、ネットの情報を確認する限りでは、このカテゴリーでは3Dリッチの選択が出来ない機種があるとの報告もありますし、最初は動作可能だったモデルも7月のバージョンアップで選択不可となった、あるいは今後その可能性もあるので、そこをどう考えるかという感じです。

ゲームとしては完全にこのあたりが分水嶺です。結構安定して動作する機種でも、実際に動作環境外になってしまっている機種もあり、良くも悪くもこのあたりは1年以内に動作環境外になる可能性は高いと思います。

あと、実機の6 Plusでプレイする限りでは、3Dリッチの高解像モードはONに出来ないです。3D MV鑑賞もする人は、少なくともA8あたりはちょっと微妙な感じかもしれませんね。

5.淡々とスコアボードと戦うレベルのSoC
(メーカーではサポートしますとは言い難いレベル)

Helio X20/23/25/27(Mali-T880MP4)
Snapdragon 600(Adreno 320)
Snapdragon S4 Pro(Adreno 320)
Helio X10(Power VR G6200)
Snapdragon 615(Adreno 405)
Snapdragon 617(Adreno 405)

iOS10止まりのiPhone/iPad(最高でもAirのA7レベル)

この辺では3Dリッチがおまけ程度で選択可能と考えてください。
上3つは4のクラスに入るレベルだけど微妙に辛いのでこっちに入れましたけど、実質的にS800とそれほど変わらないので、3D標準でMVなんかをたまに見る分にはそこまで不満は出ないはずです。3Dリッチは選択不可な機種が多いので、そこは覚悟してください。
ハイエンドクラスは2013年ぐらいのモデルからクアッドコア化しているので、中古でバッテリーを気にせず遊ぶような使い方にはいいかもしれないです。

下の3つでもHelio X10とS615/617は相当差が大きいですが、上位に比べると有象無象でコマ落ちなどもするし、S615に関しては3DMVは相当ギリギリな線なので、デレステで遊ぶなら少なくとも選んではいけません。
廉価帯スマホはこの範疇なのが多いので、デレステを多少なりともやるのであれば無理はしてちょっといいのを買うべきだと思います。


6.ハナからデレステやらないSoC
(メーカーサポート対象外レベル)

Snapdragon 400シリーズ全般
Snapdragon 430 (Adreno 505)
Snapdragon 410 (Adreno 306)
Snapdragon 400 (Adreno 305)
MTK6753 (Mali-T720)

現状のAndroidでは全く問題ないのですが、ゲームで遊んだり、動画を見たり、キレイな写真を撮ったりすることはあまり出来ないクラスのスマホです。
正直なところ、これを買うのは1万ぐらいまでとかなんだろうけど、国内メーカーは強気の値段設定で販売しています。
まあスクフェスみたいに2Dで確かに遊べるんだけど、3Dはまるで駄目。何しろ譜面なんかもエフェクトついてるとタイミング調整などが必要になりかねないという点で、S615よりはるかに劣ります。
MTKなどMediaTekのMali-T700系であれば多少はなんとかなるかもしれませんが、CPU側も非力なので、いずれにしても3Dは絶望的、2Dもやや厳し目と考えるのが妥当だと思います。

7.入手困難なので許してほしいSoC
(メーカー対象内でも俺的には動作対象外)

Atom系全般(HD Graphic/PowerVR系)
Tegra4/K1(GeForce)
Surge S1(Mali-T860)
AllWinnerやRockChipなどの中華チップ

マジ勘弁してください。
なお、Nexus9やAST21が推奨端末に入っているため、かすかな望みはあるという感じです。

まとめ 腕を磨いた上で、課金するぐらいなら一番いいスマホを買うべき、その上で課金

3Dリッチという、ある意味スマホの限界に挑戦してる感はベンチマークユーザーにとっても一つの指針として考えていいんじゃないかと思います。
最近はまんべんなく大抵のSoCに対応して来てるということで、以前よりは敷居は低いです。
ただ、少なくともS600やS800でパフォーマンス不足が起こるレベルに到達したのは間違いない事実なので、該当ユーザーはそろそろ買い替えも考えていいと思います。
近い将来、Android4.4以前のモデルはアプリ自体のサポートを打ち切られると思うので、できれば現状で6世代のOSがプリインストールされてるモデルが好ましいですね。そうなるとS801やS810あたりもちょっと微妙な感じですね。
メモリ容量もそうですが、ストレージ容量も出来れば32GB以上のものを選びたいですね。アプリ容量で2GB取られるということは、16GBだと1/8ということになるので、リカバリー領域やシステム領域を除くと、10GB使えないとかいう機種も最近はあるでしょうから、容量管理がシビアになりかねないという気がします。

コストパフォーマンスだけでいえばS820搭載スマホが一番無難でしょうね。国内でも3万円台から中古が買えますしね。
真面目な話、快適に動作するスマホじゃないと腕も上達しないし、デッキ性能が良くてもスマホの挙動で得点が左右するのがこの手の音ゲーの鉄則なので、課金を我慢してでも最初にいい機種を買って、その上で課金をしないと、せっかくのお金が無駄になってしまいますよね。ただ、1年落ちとはいえ、GALAXY S7 EdgeとかXPERIA XZなんかがあるあたり、サイクルの早さを感じる。

SoC選びも重要ですけど、端末のホールド感なども重要な要素なので、カタログスペックとにらめっこしたり、実機を持ってみたりして、個々にあったサイズのスマホを探すところから始めるのがベストですね。

あと、F-03FからDM-02Hに機種変更した知り合い曰く、DM-02HよりF-03Fのほうが快適ということで、そうなると体感できるレベルで言えばS800>S430なのはある意味事実かなと。

いや、なんかもうiPhone7とか機変して3年戦うのも悪くない気がする。Android版は一番いい機種でも2年が限度だと思いますが、スマホのトレンドがおおよそAndroid側へと移行してきてますので、基本性能とかでS835がA11に大差をつけられない限りは、iPhone8/Xは様子見といったところでしょう。現行はS835搭載スマホかiPhone 7/8 Seriesがベストな選択肢ですね。




とりあえずこの見解、おしまい

[PR]

# by aru32to | 2018-01-10 13:10 | デレステ動作環境確認